「メリット」の検索結果

今すぐ視聴する

ろ〜る5 私の勇者様~!
えんどろ~! ろ〜る5 私の勇者様~! 歴史上、多くの勇者は国家の支援を受けて旅を続けていました。なぜなら魔王勢力への対抗手段である勇者は、時に国民に王家の威信を示す強力な広告塔にもなったからです。勇者と王家は切っても切れない関係であり、そしてユーシャたちの元にも、ついにナラル島の王族のお姫様が現れました。さて、彼女の目的はなんなのでしょうか?(『為政者のための勇者支援のメリットとデメリット』より抜粋)
#89:"思わず泊まりたくなっちゃうブスの家"のヒミツ
おぎやはぎの「ブス」テレビ #89:"思わず泊まりたくなっちゃうブスの家"のヒミツ ▼アプリ&プリクラ加工が生んだ「カメラマンに文句をいうブス」の実態。 ▼「思わず泊まりたくなっちゃうブスの家」のヒミツを番組ADが体験!「マッサージがすごい...」 ▼ブスの別れ方がとても悲しい...「法律を盾に返金要求」「メリットを100個書け」 ▼心のブス度が分かる心理テスト”ココロンブス”「気になる男性から彼女の相談をされたら?」
対米貿易摩擦の中国でシンポジウム 日中協力に関心
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 対米貿易摩擦の中国でシンポジウム 日中協力に関心  アメリカとの貿易戦争が激しさを増す中国で政府系シンクタンクが日本の政府関係者や学者を招いてシンポジウムを開きました。日本との積極的な関係改善を目指す動きが活発化しています。  シンポジウムには福田康夫元総理大臣や中国の戴秉国元国務院国務委員なども参加し、政治や安全保障、第三国市場での日中協力などについて意見交換しました。  福田康夫元総理大臣:「アメリカと色々、衝突し、議論してきたことは必ずしも悪かったことだけではない。社会を変え、経済の構造を変え、そういうことによって国全体、国民全体にどういう利益を与えるかということを考えた場合にメリットも大きいことをぜひ考えて頂きたい」  日本側から1980年代の日米貿易摩擦の分析などが発表されると、アメリカとの貿易協議が続く中国側からは日本の経験に対して強い関心が示されました。
野菜の売り方あの手この手…好みの大きさにカットOK
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 野菜の売り方あの手この手…好みの大きさにカットOK  スーパーにカボチャなどの野菜を好みのサイズにカットしてくれる売り場が登場した。注文すると目の前で切ってくれる。  スーパーでよくありがちなのが、欲しいサイズの野菜がない。そんな時、自分の好きなサイズにカットしてくれる店舗がある。売り場の真ん中に加工場があり、野菜をカット。まるで魚売り場のよう。硬いカボチャはもちろん、彩りにちょっとだけ使いたいパプリカもカットで買える。気になるのはどこまでやってくれるのか。あくまで調理するためのカットはしないが、水菜やニラなども小分けで売ってくれる。  一方、スーパーの牙城に乗り込んできたのは…。入り口を入ると新鮮な野菜が並ぶ。オープンしたばかりの無印良品銀座は1階フロアすべてが食品売り場となっている。フレッシュジュースに弁当、生鮮野菜まで。ミニトマトは1個から販売する。何より気になるのは野菜に詳しいアドバイザーがいること。食べ方を説明してもらい、納得してから買えるのがメリットだ。

おすすめの作品

世界経済への影響は?“米中貿易戦争”激化で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 世界経済への影響は?“米中貿易戦争”激化で  もしアメリカが中国からのすべての輸入品に25%の制裁関税をかけた場合、アメリカの景気は後退する恐れがあるという懸念も出ています。  日興アセットマネジメントアメリカ、ジョン・ベイル氏:「全輸入品に25%の関税が課されたら、米国が景気後退に陥る恐れがある。そうなると世界的な保護貿易戦争が始まり、非常に悪い結果を招くだろう」  また、アメリカメディアはアメリカの消費者に一世帯あたり年間で22万円の負担が生じると試算しています。  アメリカ国民:「(関税は)アメリカ国民に対する税金だ。悪いアイデアだと思う」
中国政府が対抗措置 米製品600億ドル分に追加関税
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国政府が対抗措置 米製品600億ドル分に追加関税  アメリカの関税引き上げを受けて、中国政府は来月から600億ドル分のアメリカ製品の追加関税を最高25%に引き上げると対抗措置を発表しました。  中国国務院によりますと、中国は来月1日から600億ドル、日本円で約6兆6000億円分のアメリカ製品への追加関税を最高25%まで引き上げるということです。25%の対象品目には砂糖や塩などの食品やビールやワインなどのアルコール類に加えて、テレビやパソコンといった電化製品、シャンプーなどの日用品、それに液化天然ガスなど様々な品目が含まれています。中国のアメリカに対する報復措置で、「アメリカの単独主義、保護主義への答えである」とする一方、「アメリカが中国と同じ方向に進んでほしい」ともコメントしています。
日本車の輸出制限 米側は求めず…茂木大臣が確認
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 日本車の輸出制限 米側は求めず…茂木大臣が確認  トランプ大統領が検討していると報じられた日本の自動車のアメリカへの輸出制限について、茂木経済再生担当大臣はアメリカ側が否定したことを明らかにしました。  茂木経済再生担当大臣:「(数量規制を)改めて米側に確認し、日本に対し、そのような措置を求めることはないという回答だった」  一部のアメリカメディアは、トランプ大統領が日本とEU(ヨーロッパ連合)に対してアメリカへの自動車の数量規制を検討していると報じています。茂木大臣はアメリカ通商代表部のライトハイザー代表に確認をしたところ、日本への数量規制は求めないと回答が来たと明らかにしました。
中国「約束違反のレッテル貼っている」 米の批判に
最新の国際ニュース【随時更新】 中国「約束違反のレッテル貼っている」 米の批判に  アメリカのトランプ大統領が中国は貿易協議で約束を破ったと批判していることについて、中国政府は「約束違反のレッテルを貼っている」と反発しました。  中国商務省・高峰報道官:「アメリカは中国に『後退』とか『約束違反』というレッテルを貼っている」  中国商務省は、会見で「アメリカが関税の引き上げを実行するなら中国も対抗措置を取らざるを得ない」と強調しました。さらに、「あらゆる可能性に対応する準備は済ませた」として、アメリカが引き上げれば中国も直ちに応戦する構えを見せました。一方で、「中国は一方的な関税の引き上げに反対してきた」とも述べ、アメリカ側が思いとどまるよう促しました。
貨物船“没収”米を非難 北朝鮮国連大使が緊急会見
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 貨物船“没収”米を非難 北朝鮮国連大使が緊急会見  国連の制裁決議に違反したとしてアメリカが北朝鮮の貨物船を差し押さえたことについて、北朝鮮の国連大使が緊急会見を開いてアメリカを強く非難しました。  北朝鮮・金星(キム・ソン)国連大使:「我々の貨物船を差し押さえたことを最も強い言葉で非難する。アメリカは船を速やかに返還すべきだ」  アメリカの司法省は今月、北朝鮮の貨物船が安保理の制裁決議に違反したとして初めて船を差し押さえました。北朝鮮の金大使は「今回の差し押さえが米朝関係に与える影響をアメリカは認識すべきだ」として、非核化を巡る米朝交渉が停滞するなか、トランプ政権を強く牽制(けんせい)しました。
米政府 情報流出の恐れ 中国製ドローンの使用警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米政府 情報流出の恐れ 中国製ドローンの使用警告  アメリカ政府が中国製のドローンの使用について警戒を呼び掛けました。  CNNによりますと、アメリカ国土安全保障省は中国製のドローンによる飛行情報が中国メーカーに送信されて中国政府がその情報を入手できるとして、アメリカ企業に警戒を呼び掛けたということです。特定のメーカーを名指ししたものではありませんが、アメリカで使われているドローンは中国のDJI社の製品がシェアの8割を占めています。DJIは、ANNの取材に対して「技術の安全性は世界で繰り返し検証され、そのなかにはアメリカの政府やトップ企業による独自の検証も含まれる」と反論しています。
トランプ大統領訪日を前に 米が農産品の輸出に意欲
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領訪日を前に 米が農産品の輸出に意欲  アメリカのトランプ大統領の来日に先立ち、実務担当者がワシントンで貿易問題を協議し、アメリカ側は改めて農産品の輸出増加を目指す姿勢を示しました。  協議ではアメリカは農産品の輸出に意欲を見せる一方、日本はアメリカに自動車市場のさらなる開放を求める立場を示し、互いの認識を確認しました。トランプ大統領はTPP(環太平洋経済連携協定)の発効により、日本への農産品の輸出が不利になった認識を示しています。21日の協議ではアメリカ側の担当者も「互いに開きがある」ことを認めていて、今回の首脳会談の決着では難航が予想されます。
関税引き上げまでわずか 米中が瀬戸際の貿易協議
最新の国際ニュース【随時更新】 関税引き上げまでわずか 米中が瀬戸際の貿易協議  アメリカが中国に対する制裁関税を引き上げる期限が1時間余り後に迫るなか、米中の閣僚がワシントンで貿易協議に臨みました。  ワシントンに到着した中国の劉鶴副首相は、アメリカのライトハイザー通商代表らと夕食を交えて4時間余り協議しました。2日間の日程のうち初日の話し合いは終わりましたが、内容は発表されていません。  アメリカ、トランプ大統領:「合意の重要な部分である知的財産の窃取問題で、中国側は仕切り直しをしようとした。それは許されないことだ」  これまでの交渉で中国は合意文書の大半を修正したほか、アメリカが求めている知的財産の保護を義務付ける法改正を拒否しているとされ、アメリカは反発を強めています。また、中国による国営企業への補助金の扱いも焦点になっています。このまま進展がなければアメリカはこの後、日本時間の10日午後1時すぎに中国に対する追加の制裁関税を現在の10%から25%に引き上げる方針です。
中国が来月1日から米製品600億ドル分に追加関税
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が来月1日から米製品600億ドル分に追加関税  アメリカのトランプ大統領が中国製品への追加関税を引き上げたのを受け、中国政府は来月から対抗措置を取ると発表しました。  中国国務院の発表によりますと、中国は来月1日から600億ドル、日本円で約6兆6000億円分のアメリカ製品の追加関税を最高25%まで引き上げるということです。中国のアメリカに対する報復措置で、「追加関税を調整する措置はアメリカの単独主義、貿易保護主義への答えである」としています。アメリカのトランプ政権は10日に2000億ドル、日本円で22兆円分の中国からの輸入品に対して追加関税を25%に引き上げていて、さらに第4弾として中国製品に対する新たな制裁関税について発表する見通しです。
中国「反撃措置取らざるを得ない」 米の制裁関税に
最新の国際ニュース【随時更新】 中国「反撃措置取らざるを得ない」 米の制裁関税に  アメリカによる制裁関税の引き上げを受け、中国政府は「反撃措置を取らざるを得ない」と表明しました。  中国商務省は、アメリカが関税引き上げを発動してから約3分後にホームページで談話を発表し、「アメリカが関税を引き上げたことに深く遺憾の意を表明する。中国は反撃措置を取らざるを得ない」と強調しました。また、「アメリカは中国側に歩み寄り、ともに努力し、協力と協議を通じて問題を解決してほしい」と要求しています。