「ユキムラ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

1部 現世に召喚
無料
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 召喚スペシャル 1部 現世に召喚 死神(イ・ドンウク)とサニー(ユ・インナ)がナビゲート! 制作発表会から撮影の裏側まで、物語の名シーンを交えながらお届けします。トッケビ✕ウンタク、死神✕サニ-カップル、そして、トッケビ✕死神のブロマンスなど、仲睦まじいメイキングも!
2部 天界に召喚
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 召喚スペシャル 2部 天界に召喚 死神(イ・ドンウク)とサニー(ユ・インナ)がナビゲートする、「トッケビ(原題)」の裏側すべて見せます!「トッケビ召喚スペシャル PART2」。キャストの素顔が詰まったNGシーン、コン・ユ✕イ・ドンウク✕ユク・ソンジェ仲良し3人組の笑いが絶えないアドリブも満載! 話題を集めたCGや特殊メイクの秘密も大公開!
【PR】オススメ番組「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」
無料
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 【PR】オススメ番組「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」 【韓流ドラマの最高傑作】 キミを見つけた。恋を知った。 究極のオトナ男子と天真爛漫なヒロインのピュアすぎる恋の行方は...!? 最上級のトキメキに包まれる、胸キュン♡ファンタジー・ラブロマンス。
第4話 胸に刺さる剣
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第4話 胸に刺さる剣 胸に突き刺さる剣の存在には最初から気づいていたとウンタクに言われ、動揺するシン。「まだ生きていたい気もする」と言うシンに死神は、ウンタクをあの世に連れていくことを提案する。そんな死神に一度は感謝したシンだったが、住む家を失ったウンタクに「一緒に住まわせてほしい」と言われ再び動揺する。ひとまずウンタクを高級ホテルのスイートルームに泊まらせることにしたシンは、死ぬことも生きることも選べずにいた。
第5話 芽生え始めた恋心
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第5話 芽生え始めた恋心 歩道橋で再会したサニーと死神は、カフェに行くことに。しかし死神は無言でコーヒーを飲み続け、しびれを切らしたサニーは話をするよう促す。ようやく会話を始めるも、死神は名前を尋ねられた途端に帰ってしまう。そして彼は自分に名前がないことを悩み始める。一方のシンはウンタクへの恋心を自覚し、彼女のために、この世を去ろうと決意する。そして剣を抜いてもらうために、ウンタクのホテル暮らしをやめさせ同居を始めるが...。
第6話 トッケビと死神の悩み
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第6話 トッケビと死神の悩み 10年後の29歳になったウンタクの姿を見たシンは、ウンタクに剣を抜いてもらおうとする。ところが、剣を抜くことの本当の意味を知らないウンタクは、まずは自分の望みが何かを考えるようシンに言い残してアルバイトに行ってしまう。その頃、ドクファを連れてサニーに会いに行った死神は、職業を聞かれたり名刺を要求されたりして再び困惑する。“何も持っていない”死神と、ウンタクに剣を抜いてもらえないシンはそれぞれ意気消沈し...。
第7話 初恋
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第7話 初恋 全国一斉の大学修学能力試験を終えたウンタクが帰宅すると、シンと死神とドクファがケーキで出迎えてくれた。これに感激したウンタクは、「トッケビさんと映画を観に行きたい」と願い事をし、2人で映画館に行くことに。楽しいデートになるはずだったが、シンの失態で台なしに。後日、ウンタクは推薦入試を受けに行った大学で、偶然にも初恋の相手テヒと再会する。2人が楽しそうに話す姿を目撃したシンは嫉妬し、テヒのもとに乗り込むが...。
第8話 花嫁の証明
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第8話 花嫁の証明 ついにウンタクが剣の柄をつかむが、トッケビは痛みと恐怖からウンタクを突き飛ばしてしまう。驚いて気を失いながらも「トッケビの花嫁だと証明できてよかった」と笑うウンタクに、シンは複雑な表情を浮かべる。一方、シンが大破させた車の映像を見たドクファは、財閥と死神の力を最大限に使って事態を収拾する。剣が動いたことにショックを受けるシンと、古い掛け軸の絵を見て涙を流した死神だが、いつものように言い争う気力はなく...。
第9話 行方不明
トッケビ~君がくれた愛しい日々~ 第9話 行方不明 死神から剣の秘密を聞いたウンタクは、シンの前から姿を消すことを決意し家出する。シンは心当たりのある場所を捜し回るが、ウンタクを見つけることができず、最終手段として死神に“処理漏れ”の申請を出すよう頼む。そして申請を出した途端にウンタクの名簿が届き、シンはウンタクを救出しに向かうのだった。一方の死神は、サニーの記憶を消した罪悪感から彼女に連絡ができず、帽子で姿を消してサニーに会いに行くのだが...。
#2 「Transformation;変移」
アクセル・ワールド #2 「Transformation;変移」 バーストリンカーになったハルユキを待ち構えていたのは、凶悪な骸骨ライダー――アッシュ・ローラーとの対戦と敗北。≪ブレイン・バースト≫の正体はポイントを奪い合う対戦格闘ゲームだった。訳も分からず敗北を喫したハルユキに、黒雪姫は≪ブレイン・バースト≫の原則を教える。ポイントを失えば≪加速≫の力も失ってしまう。まずは失ったポイントを取り返すため、再戦に備えてのレクチャーを受けるハルユキだったが……。