「ユリノ 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

第200話 最硬の体!?ノイトラを斬れ
BLEACH 第200話 最硬の体!?ノイトラを斬れ 捕らえたネムを媒体として新しく生まれ変わったザエルアポロ。しかしネムの体内には、マユリの開発した新薬が仕込まれていた。ザエルアポロは、その恐るべき効能を身をもって体験するが…。一方、ノイトラ、アーロニーロとの戦いで意識を失っていた茶渡とルキアは、駆けつけた四番隊の治療によって目覚める。そんな中、剣八とノイトラの決着が見えない戦いは続いていた。エスパーダ最高硬度を誇るノイトラの「鎧皮(イエロ)」を斬ることのできない剣八は、次第に押されはじめる。
第198話 2人の科学者、マユリの罠
BLEACH 第198話 2人の科学者、マユリの罠 ゾマリの能力「愛(アモール)」は、その目で見たものの支配権を奪うというものだった。その力でルキアの身体を支配し、盾にしたゾマリに静かに怒った白哉は、ついに卍解。「吭景・千本桜景厳(こうけい・せんぼんざくらかげよし)」で、今、戦っているアーロニーロの宮をも内側から破壊する。だが、その爆発の中でもゾマリは生き延びていた。深手を負い、追いつめられたゾマリは、持てうる全ての力を使った技で白哉に挑んでくる。一方、石田と恋次のもとに現れたマユリは、ザエルアポロのつくりだした五感を支配する人形に苦戦していた。
第199話 聖誕、蘇るザエルアポロ
BLEACH 第199話 聖誕、蘇るザエルアポロ 涅マユリに自らの能力がまったく効かず、激昂するザエルアポロをマユリの卍解「金色疋殺地蔵(こんじき あしそぎじぞう)」が飲み込んだ。だが、その時人質となっていた十二番隊副隊長「ネム」に異変が起こる。なんとザエルアポロはネムの内部に侵入し、その霊子を吸い取ることで新しく蘇ったのだった。お互いを騙し合う、マッドサイエンティスト同士の戦いは再び振り出しに戻る。一方、剣八とノイトラの戦いも未だ決着がつかずにいた。同等の力で斬りあい、それを喜ぶふたりの戦いも更に激しさを増していく。
#4 「Declaration;告白」
アクセル・ワールド #4 「Declaration;告白」 ハルユキがチユリと直結したと聞いてご機嫌ナナメの黒雪姫。シアン・パイルがチユリのニューロリンカーを通して対戦を挑んでいたという推測を告げる間もなく、立ち去ってしまう。彼女が妬いているのではと聞かされたハルユキだったが、劣等感からそれを認められない。つい冷たく当たってしまった彼の態度に、初めて激しい感情を露わにする黒雪姫。すれ違い、言い争うふたりの背後には、暴走した自動車が迫っていた……。
#5 「Aviation;飛翔」
アクセル・ワールド #5 「Aviation;飛翔」 シアン・パイルの正体が判明し、対戦を挑んだハルユキに浴びせられる、思いもよらぬ醜い言葉。≪加速≫の力を手に入れて変わってしまった彼に、自分の想いを、そしてチユリの想いをぶつけて戦うも、シアン・パイルの前になすすべもなく倒れ伏してしまう。ボロボロになったシルバー・クロウの前でベッドに横たわる黒雪姫。その姿は、ハルユキの胸に、守れなかった後悔と、優しく強い、あの言葉をよみがえらせ……。
#13 「Violation;侵入」
アクセル・ワールド #13 「Violation;侵入」 新学期。同じクラスになったハルユキとチユリ、そしてタクム。元の3人の関係に戻れるのではないかという淡い期待の中、チユリの猛烈なアタックに押し切られたタクムは、彼女に≪ブレイン・バースト≫をコピーすることに。ハルユキとタクムの心配をよそに、無事インストールに成功した彼女のデュエルアバターには、希有な力が備わっていることがわかり……。一方、梅郷中の新入生に、バーストリンカーがいる事が判明する――。
#20 「Domination;支配」
アクセル・ワールド #20 「Domination;支配」 シルバー・クロウとの直接対決で衰弱したダスク・テイカーを救ったのは、《ライム・ベル》――チユリのアバターだった。能美によるチユリへの凶行に激昂したシアン・パイルだが、返り討ちに遭い無残に斬り裂かれる。その惨状を受け怒りに駆られたシルバー・クロウは、自分の中で黒い『何か』がはじけた音を聞く――。だが、そこでバトルはタイムアップにより遮られてしまう。ハルユキとタクムの狙いは失敗に終わったが……。
#24 「Reincarnation;再生」
アクセル・ワールド #24 「Reincarnation;再生」 お前とはもう、永遠にわかりあえない。ブラック・ロータスの助けを得て、決着をつけるべくダスク・テイカーと対峙するシルバー・クロウ。ふたつのデュエル・アバターが空を裂き、《心意》の光が交錯する。そして、シルバー・クロウの手刀が相手の胸を貫き、とどめの一撃が放たれる直前。傷ついたダスク・テイカーにライム・ベルの《シトロン・コール》がかけられる。そこにはチユリの本当の狙いが込められていた……。

おすすめの作品

第5話 「地獄に咲くか愛の炎・おまえはもう死んでいる!!」
無料
北斗の拳 第5話 「地獄に咲くか愛の炎・おまえはもう死んでいる!!」 かつて、力ずくでケンシロウからユリアを奪ったシン。だが、シンと暮らすユリアの顔に笑顔が浮かぶことはなかった。ユリアの心の中には、常にケンシロウがいたのだ。ケンシロウはシンとユリアを追い求めて、シンの城に乗り込むが、二人の姿はもうそこにはなかった。
第22話 「第一部完結 ユリア永遠に...そしてシンよ!」
無料
北斗の拳 第22話 「第一部完結 ユリア永遠に...そしてシンよ!」 ついに宿敵シンと対決することになったケンシロウ。しかし、ユリアは自殺して他界したことを告げられショックを受ける。が、シンもユリアの後を追うように自殺を図った!
雲のむこう、約束の場所
雲のむこう、約束の場所 雲のむこう、約束の場所 南北に分断された日本。北海道にそびえる謎の「塔」まで飛ぼうと約束したヒロキとタクヤ。それから三年後、ヒロキたちは憧れていた少女・サユリが眠り続けていることを知る。彼女を救おうと決意した二人は、思いもかけず「塔」とこの世界の秘密に近づいていく…。
第99話 「悲しき五車星!お前は愛と宿命をひきずる女!!」
北斗の拳 第99話 「悲しき五車星!お前は愛と宿命をひきずる女!!」 世紀末、覇者の鍵を握る南斗最後の将、ユリア。先に城に入ったのはラオウ。ユリアを目指すケンシロウの前に拳王影部隊が立ちはだかっていた。黒王号とともに群がる南斗の兵を蹴散らし、ラオウは遂にユリアの前に立った。
第100話 「究極の奥義無想転生!ラオウ、遂にお前を追いつめた!!」
北斗の拳 第100話 「究極の奥義無想転生!ラオウ、遂にお前を追いつめた!!」 ラオウを倒さねばユリアの命はないと感じたケンシロウは、ユリアとの再会を前にラオウのもとへ走った。リハクとラオウの戦いに割って入ったケンシロウはラオウと向き合う。ケンシロウは最初の一撃でラオウを吹き飛ばす・・・!
第106話 「悪夢におびえるラオウ!ユリア、もうお前しかいない!!」
北斗の拳 第106話 「悪夢におびえるラオウ!ユリア、もうお前しかいない!!」 拳王敗れるの報を受けた拳王部隊に混乱が生じ、ラオウの野望が足下から崩れだした。ラオウはケンシロウとフドウとの戦いで自分に無いものとは「哀しみ」だと悟る。そしてその「哀しみ」はユリアを失うことで得られると思うのだった。
第109話 「最終章・完 いま語ろう!北斗2000年の歴史!!」
北斗の拳 第109話 「最終章・完 いま語ろう!北斗2000年の歴史!!」 北斗練気闘座ではじめて出会ったケンシロウとユリア。そして北斗神拳の後継者になったケンシロウが、目の前から消えたユリアを再びとり戻すまでの長い宿命の旅。哀しみを背負うたびに強さを増していったケンシロウの足跡を辿る・・・。
第1話
無料
邪神ちゃんドロップキック 第1話 東京古本屋街、神保町。そこから少し離れたアパートの一室では、天使の「ぺこら」曰く「魔女花園ゆりね主催のサバト」、“すき焼きパーティ”が開かれようとしていた。  立ち上る湯気と食欲をそそる音は、部屋の主「花園ゆりね」、「メデューサ」、「ミノス」、「ぺこら」を魅了する。「邪神ちゃん」特製割り下で仕上げるすき焼き…。楽しくあるべき食卓。だが、「邪神ちゃん」の横暴がはじまるとき、それは一変する。
第6話
邪神ちゃんドロップキック 第6話 神保町、ゆりねのアパート。邪神ちゃんの献立、食卓にはカツカレー。「今日の晩御飯はカレーですの~」。翌日、翌々日もカレーが登場する。 「ちょっと、ちょっとちょっと!・・・」ゆりねのツッコミをよそに、カレーの話題が展開する第6話。遊佐と浩二の雪女姉妹の再登場に、ぺこらには生死をも左右する刺客が!そして、邪神ちゃんのドロップキックが炸裂する時、天使の輪を無くしたぺこらの胸に感謝の言葉が過るのであった。
第11話
邪神ちゃんドロップキック 第11話 必殺のドロップキックと共に物語は最後の時へ!急病で高熱を発するゆりね。浮かれる邪神ちゃんだが、結局メデューサ、ミノスたちと看病することに。病床のゆりねに邪神ちゃんが歌いかけるオリジナルソング『神保町哀歌』は果たして…。ぺこら、ぽぽろん、芽依も参加する花見に、すずらん通りのエピソード。そして、ひとつの風船が空を飛ぶとき、ついに邪神ちゃんを見つけるペルセポネ2世。だがそれは別れの時でもあった…(テレビ放送)最終回!