「ユン ウネ コン ユ」の検索結果

今すぐ視聴する

第3話 私シンデレラになります!!
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第3話 私シンデレラになります!! 遂に皇太子妃になることを決心したチェギョンは、入宮と同時に皇太子妃としての教育を受けることに。宮廷用語はもちろんのこと、婚礼の順序など、覚えなければならない事が山積みで前途多難なチェギョン。そんな彼女の元をシンが訪れ、自分が大人になって自由に物事を決められる年になっても、チェギョンが王室に馴染めなければ、そのときは離婚してやると話す。そして、初の民間出身の皇太子妃として全国民の期待と注目が集まるなか、シンとチェギョンの婚礼の儀が盛大に開かれる。ちょうどその頃、シンのプロポーズを断ったヒョリンは、タイで開かれた国際バレエ・コンクールの舞台に立っていた。
第13話 初夜は突然に!?
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第13話 初夜は突然に!? 済州島を訪れていたチェギョンは、太皇太后(※)の提案で付き人に内緒でこっそり外出し、シンと太皇太后と3人で楽しい時間を過ごす。しかし、宮廷に戻ると入宮したファヨンから皇太子妃としての自覚が足りないと叱責され、勉強の内容まで細かく注意されてしまう。それを知った皇后は、チェギョンにまで干渉するファヨンと対立。一方、ネットで皇太子夫婦の不仲説が流れてしまい、それを鎮めるために王室はふたりの床入り(初夜の儀式)を早めることに。何も知らないチェギョンとシンは、離れの楼閣・義愛合に連れて来られ、一晩閉じ込められてしまう。しかも、シンは事前にコン内官から謎の漢方薬を飲まされていて......。※追尊により、皇太后は太皇太后へ

おすすめの作品

第8話 2人の王子の間で...
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第8話 2人の王子の間で... 里帰りを終え、宮廷に帰って来たシンとチェギョンの距離は縮まり、お互い気になる存在に。特にチェギョンの家で温かい家族の関係を知ったシンは、自分の親子関係を比べて心を痛めるが、チェギョンの存在に救われる。そんななか、ヒョリンの勧誘によりチェギョンとユルは乗馬クラブに入会。ヒョリンの本心が読めないシンの友人たちは、チェギョンの入会に反対するが、ヒョリンは自分が世話をするからと強引に話を進めてしまう。そんなある日、宮中遊技である騎馬打球中にシンとユルが落馬。大勢がシンに駆け寄り、ユルは二の次になっている状況を見て、チェギョンはユルを助けるが、それを見たシンは快く思わず......。
最終話 宇宙征服の日まで!
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 最終話 宇宙征服の日まで! シンとチェギョンのもとに放火犯が現れたとの連絡が入り、喜ぶふたり。しかし、放火犯がシンの指示でやったと供述したため、シンの濡れ衣は着せられたまま疑いは深まるばかり。チェギョンが海外に旅立つ前日、シンは3人の因縁を終わらせるため、ユルにあるものを手渡す。それを見て「悪縁が悪縁を招く」という言葉の意味を知ったユルは、ファヨンを責め、運命を憎む。そしてチェギョン出発の日、チェギョンに全ては自分のせいだと謝るユル。そんななか、警察に召喚されるシンの車を見かけ、泣きながら追いかけるチェギョン。そんなふたりの姿を見たユルは、ある決意を持って会見を開く。
第22話 秘められた過去
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第22話 秘められた過去 チェギョンを助けるために、王族が集まる席で、彼女への気持ちを告白したユル。シンは、全てを捨ててでもチェギョンを手に入れようとするユルと対立するが、肝心のチェギョンは席藁待罪中に会いにこなかったシンを責め、気持ちはバラバラに。ユルの想いを知った皇帝は、距離を置けば心も遠くなると、ユルを宮廷の外に出す処分を考える。しかし、それを知ったファヨンは、全てをかけてでもそれを阻止しようと、ユルを支持する王族会に働きかけることに。そして、ユルとチェギョンのことを知った王族会は、ユルを追放するなら、チェギョンも廃妃にするよう要求。それを聞かされたチェギョンは......。
第2話 もうひとりの皇太子?
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第2話 もうひとりの皇太子? チェギョンは家を救うため、結局シンとの結婚を受け入れる。しかし、結婚に対してシニカルな態度を取るシンを見て、早くも後悔してしまうチェギョン。考えた末、結婚を断ろうとするが、時すでに遅し、ふたりの結婚を知らせる号外が街で配られてしまい、引き返せない状況になるばかりか、号外が出たことで公式発表や式を急ぐことに。一方、14年前に死亡した孝烈(ヒョヨル)皇太子の息子ユルは、シンの結婚を知り、夫の皇位を取り戻そうとする母親ファヨンの命に従って、急遽イギリスから帰国。デザインを勉強していたユルは、チェギョンと同じクラスに通うことになるが、この突然のユルの帰国に、皇后はただひとり疑問を抱く。
第14話 ユルの逆襲
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第14話 ユルの逆襲 チェギョンの床入りを知り、居ても立ってもいられないユルは、翌朝、彼女の元に駆けつけ、無事を確認して思わず抱きしめてしまう。しかし、そこをシンに見られ衝突。そのことでシンはチェギョンともケンカになる。ユルはチェギョンに「君を愛してしまった」と告白するが、彼女から今さら後戻りはできないと言われてしまう。一方、タイでのシンとヒョリンの写真が出回り、チェギョンを心配するガンヒョンたちはヒョリンに詰め寄る。慌てて止めに入ったチェギョンは、偶然にもヒョリンの秘密を知ることに。そんななか、チェギョンはシンとヒョリンがキスをしている写真を見てしまい、ショックを受け......。
第4話 サプライズ!?
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第4話 サプライズ!? 結婚式が終わり、皇太子妃としての新たな生活を始めるチェギョン。しかし、シンは結婚する代わりに出していた条件を果たせてもらえず、皇后にわざと反抗してみせる。そんななか、チェギョンは自分名義の私有財産を知らされ有頂天になるが、久しぶりに学校に行くと、急に皇太子妃になったことでクラス全員から無視されてしまう。そんなチェギョンの相手をしてくれるのは、転校生のユルだけで、チェギョンはユルに愚痴を聞いてもらい親しくなる。一方、ヒョリンは夢だったロイヤル・バレエスクールの特待生になる話が進むなか、シンたちの結婚のニュースをテレビで見てしまい、入学の話を蹴り、帰国してしまう。
第6話 初めての公式行事。さ〜大変!
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第6話 初めての公式行事。さ〜大変! 誕生日パーティーでのことでシンとまたケンカをするチェギョン。そんななか、ユルのおかげでお茶会で恥をかかずに済んだチェギョンは、彼に感謝する。その後、チェギョンはシンと王室主催の展覧会のテープカットに参加するが、マスコミの写真撮影中、シンに卵がぶつけられる事件が発生。とっさにシンをかばったチェギョンは、帰宅後、彼を心配して様子を見に行こうとするが、そんな彼女をユルは止めようとする。一方、秘密裏に帰国し、着々と計画を実行に移し始めたファヨンは、ヨガセンターをオープン。そこに現れたヒョリンがシンの彼女だったという情報を耳にしたファヨンは、彼女に接近する。
第10話 突然の告白!
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第10話 突然の告白! ヒョリンを空港まで送ったシンは、急いで予定されていた会見場に駆けつけ、スピーチを立派にこなす。一方、無断で外出したチェギョンは皇后に叱られ、謹慎処分を言い渡される。チェギョンと一緒にいたユルは、チェギョンをかばおうとするが皇后に聞き入れてもらえず、立場の弱さを実感し、ファヨンに自分を皇帝にしてほしいと頼む。そんななか、イギリスのウィリアム王子が来韓し、チェギョンはユルの助けを借りながら、なんとか無事に公務をこなす。皇帝を散歩に誘ったファヨンは、考烈皇太子の追尊※を願い出る。そして、タイからシンが帰国するが、チェギョンは......。※追尊...死後に称号を贈り、生前の徳を讃えること。
第20話 皇太子妃、初めてのスキャンダル!
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第20話 皇太子妃、初めてのスキャンダル! 夜遅くチェギョンが男と密会していたと新聞にスクープされ、太皇太后らに呼び出されたチェギョンは、ユルをかばって一緒にいたのは父親だったとウソをつく。チェギョンはユルから、みんなに本当のことを話せと言われるが、これまでずっと助けられてきたから、友達として一度くらいは助けたいと、ひとりで解決しようとする。しかし、チェギョンの不倫スキャンダルは過熱する一方で、とうとう皇后に一緒にいたのがユルだったとバレてしまう。そんななか、チェギョンはヒョリンが夢を実現するため留学することを知る。一方、ユルはチェギョンに、離婚できる方法を見つけたと、その方法を彼女に話す。
第5話 シンデレラはホームシック
無料
宮~Love in Palace ディレクターズ・カット 第5話 シンデレラはホームシック 食事中、ヒョリンからの電話がきっかけでシンとケンカしてしまうチェギョン。気分転換に宮内を歩いているとユルに出会い、彼が義誠君(ウィソングン)だったことを知る。そんななか、チェギョンの両親が宮廷に来ることを知り、喜ぶチェギョン。しかし、勉強が終わらないと会えず、やっと終わったときには、すでに両親が帰ってしまった後だった。悲しみにくれるチェギョンは、引き止めなかったシンを責めるが、両親に気を遣わせないようシンは顔を出さず、会えなかったことすらも知らなかったことを内官から聞かされ誤解を解く。そんなある日、シンの誕生日パーティーが開かれるが、そこにはヒョリンも出席していて......。