「リン」の検索結果

今すぐ視聴する

第1話 皇室再建案に関する国民投票、電撃実施?!
無料
マイ・プリンセス 第1話 皇室再建案に関する国民投票、電撃実施?! 国賓を案内していた外交官のヘヨンは、アルバイト中のイ・ソルと最悪な出会いをするが、デパートで偶然再会する二人!ヘヨンはイ・ソルのとんでもない頼み事(?)に開いた口がふさがらない...。一方、青瓦台では大統領の権限により、皇室再建案に関する国民投票を実施するというが...。
第2話 夢ではありません。本当に皇女様なのです!
マイ・プリンセス 第2話 夢ではありません。本当に皇女様なのです! 自分の探していた「イ・ソル」という女性が、あのハチャメチャな女子大生だったことを知ったヘヨンは思わず言葉を失ってしまうが、しばらく様子を見ようと、ペンションに泊まることに。しかし、彼女の「ぼったくり商売」にヘヨンの涙ぐましい孤軍奮闘は続き...。一方、ユンジュは純宗の親書を突然発表する。裏切られたと思ったジョンウの怒りはどんどんつのり...。
第3話 プライドをかけて君を皇女にはしない!
マイ・プリンセス 第3話 プライドをかけて君を皇女にはしない! 皇室の再建案が通過すれば、大韓グループの全資産を社会に還元するというパク・ドンジェ会長の突然の発表で、政財界は大パニックに陥る。イ・ソルを訪ね、突如ソリム大に現れたヘヨンは、自分を取材するために集まった報道陣から逃れようと、イ・ソルの手を取り駆け出す。TVではヘヨンの「隠し恋人」に関するニュースが速報で報じられ、インターネットでも検索ワード1位に「抱擁女」が上がるなど、国中が大騒ぎになる。一方、報道陣を避けホテルに静かに隠れていたヘヨンとイ・ソルを、ユンジュが訪ねて来る。イ・ソルが問題のあの「皇女」という事実を知ったユンジュは、さらに不機嫌になるが...。
第4話 私の人生にこれ以上のアンチはごめんです!
マイ・プリンセス 第4話 私の人生にこれ以上のアンチはごめんです! 法務部長官の命令でイ・ソルが出国禁止になったという事実に驚いた二人!まずイ・ソルは、家を出ながら母親に残した手紙を回収するため、教会で礼拝中の母親を訪ねる。しかしそこでもハプニング(?)は起こり、結婚を全国に知らせることになったヘヨンとイ・ソルは、結婚届を出すよう勧める母親の言葉に仰天し...。一方、ドンジェは皇女を奪い、留学に送ろうとしたヘヨンに烈火のごとく腹を立てる。ヘヨンといえば、父親がドンジェから捨てられた事実のてん末を聞き、結局激怒してしまうが...。
第5話 次は、姫様のお答えを伺います。
マイ・プリンセス 第5話 次は、姫様のお答えを伺います。 イ・ソルは、目の前に広がったきらびやかな宮殿の風景にただただ驚くばかりで、皇女になった娘と宮殿で再会したダボクは、涙を流しながら娘を抱く。ヘヨンは、「皇女を愛した財閥3世」というレッテルを貼られ、マスコミの関心を一身に浴びるが、泣きっ面に蜂とはこのこと、こんなへヨンに上部から待機命令が出される。一方、イ・ソルの入宮と同時にドンジェは皇室財団の設立を急ぐよう指示する。ユンジュは、財団を自分に任せて欲しいと名乗りをあげるが...。
第6話 私を本気で皇女に教育できますか?
マイ・プリンセス 第6話 私を本気で皇女に教育できますか? ヘヨンは外交部の特別な部署である皇室課からの命令により、イ・ソルの教育と式典を任され、入宮する。皇室の存亡をかけ、ヘヨンとドンジェが一歩も譲らぬ対立を繰り広げる中、ヘヨンの皇女教育プロジェクトは「第1回皇女能力評価」を皮切りに、本格的にスタートする。ユンジュは正式に皇室財団理事長に任命され、ジョンウもまた、ユンジュの提案どおり財団理事の席に着くが、以前とは違った冷たい態度をとる。一方、イ・ソルは、現在の家族と戸籍を別にしなければならない事実に落ち込むが...。
第7話 皇女になってみせる!罪悪感なんてこれっぽっちもない。
マイ・プリンセス 第7話 皇女になってみせる!罪悪感なんてこれっぽっちもない。 ユンジュにより本格的な皇室財団発足式の準備が進められ、自分に対して露骨に敵対心を示すユンジュの態度に、イ・ソルはそれまでの罪悪感を拭い去り、皇女として宮殿でうまくやってみせると宣戦布告する。記者会見を目前に、ヘヨンはイ・ハン皇帝孫を知っているという人物とコンタクトを取る。イ・ソルはヘヨンと共に父親を憶えているという人物を訪ねるが...。
第8話 私を置いて行った理由は...そんなことだったの?
マイ・プリンセス 第8話 私を置いて行った理由は...そんなことだったの? ヘヨンが消えたことを知ったイ・ソルは動揺し、同じ時刻、記者会見場に到着したヘヨンはイ・ソルに電話をかけ、記者会見に出席できないよう置いて来たと打ち明ける。イ・ソルの代わりに記者会見に臨んだヘヨンは、イ・ソルを育てた養父の罪を告白する。ニュースでこの事実を知ったイ・ソルと家族たちは、ショックを受ける。一方、記者会見に現れない皇女を取り巻き様々な噂が飛び交う中、イ・ソルは宮殿の全ての者に皇女として話したいことがあると告げるが...。
第9話 このイ・ソルに教えてください。私が何をすべきかを。
マイ・プリンセス 第9話 このイ・ソルに教えてください。私が何をすべきかを。 イ・ソルは、ユンジュと結婚すると言ったヘヨンに困惑する。ヘヨンは、自分が記者会見で明かした内容により、イ・ダンから憎まれてしまったイ・ソルのためにペンションを訪れ、記者会見での発表はイ・ソルの指示ではなくへヨンが独断で行ったことであると打ち明ける。一方、皇室財団発足式の会場に、威厳に満ちた様子で堂々と入っていったイ・ソルは、誰もいない会場を目にして戸惑うが...。
第10話 俺の愛する女として生きるのは嫌か?
マイ・プリンセス 第10話 俺の愛する女として生きるのは嫌か? 夜遅くにユンジュから連絡を受けたヘヨンが現れると、イ・ソルはすっかり失望し、へヨンもまた重い気持ちでその場を去る。皇女に対する国民の関心は、日を追うごとに高まり、皇室に全国からファンレターが殺到するようになる。ヘヨンはイ・ソルにくれぐれも用心をと、インターネット禁止令を出す。一方、ユンジュはヘヨンの父親が皇帝孫の死に関わっていたことを知り、顔面蒼白となるが...。
第11話 何も自由に話せなかったの!
マイ・プリンセス 第11話 何も自由に話せなかったの! ただ自分の愛する女性として生きてほしいと言うヘヨンの言葉にイ・ソルは動揺するが、自分のために大統領と敵対したヘヨンが苦しむことが忍びなく、返事はしないと答える。ユンジュはジョンウに匂い袋の真偽を問い詰め、大統領は反旗を翻したヘヨンが信じられず、今すぐ宮殿から向かうよう指示する。一方、ジョンウから匂い袋を受け取ったイ・ダンはユンジュに会い、ヘヨンはイ・ソルのいる秘密の部屋に向かうが...。
第12話 必ず戻って来てみせる!必ず...。
マイ・プリンセス 第12話 必ず戻って来てみせる!必ず...。 全員の人生からイ・ソルさえいなくなればいいと話すユンジュに、イ・ソルは必ず戻って来るという言葉を残し、宮殿を後にする。やっとの思いで父親の連絡先を突き止めたヘヨンは、迷いながらも電話をかけ、留守番電話にメッセージを残す。一方、イ・ソルは、イ・ハン皇帝孫の知人を尋ねる広告を見て連絡をしてきた一人一人に電話をかけ、父のことを知っているか確認する。シン尚宮からイ・ソルが宮殿を出たことを知ったヘヨンは、イ・ソルを探し出しジョンウの家に向かうが...。
第13話 だから、もうヘヨンさんと別れます...!
マイ・プリンセス 第13話 だから、もうヘヨンさんと別れます...! 二人だけの甘い時間を過ごすヘヨンとイ・ソル!しかし突然ヘヨンの父であるテジュンからの電話を終えたイ・ソルは、幼い頃の悲しい記憶を全て思い出し...泣きながらヘヨンのもとを離れる。一方、ジョンウは、自分が匂い袋をすり替えたと告白し、ユンジュに理事長の席を辞するよう勧める。イ・ソルはドンジェを訪ね、これ以上皇女としては生きないことを宣言、ドンジェはショックのあまり倒れてしまうが...。
第14話 君がいるべき場所は...あそこだ!
マイ・プリンセス 第14話 君がいるべき場所は...あそこだ! 後先考えずにペンションに泊まるというヘヨンの態度にイ・ソルは慌てる。時間が必要だというイ・ソルにヘヨンは、目の前にいる自分から逃げるのではなくただ思い切り憎めと言う。へヨンの配慮でペンションにやって来たソナとシン尚宮、ゴニ、ジョンウと共に、イ・ソルは楽しい時間を過ごす。一方、ジョンウを中心に据えた皇室財団の理事陣営は、偽皇女事件に対する責任を取り、ユンジュが理事長をやめることを正式に勧告する。ヘヨンは緊急記者会見を開き、それまで明かされなかった大韓グループの過去の出来事を洗いざらい打ち明け、国民に対し謝罪するが...。
第15話 私が...ヘヨンさんを愛しています。
マイ・プリンセス 第15話 私が...ヘヨンさんを愛しています。 会って関係を整理しなければならない人がいたと、一ヶ月ぶりに現れたヘヨン。イ・ソルは会いたくてしかたなかった気持ちを素直に表現できない。しかしヘヨンはイ・ソルを温かく抱きしめる。テクは意気消沈したユンジュのため、無理やり見合いの席を作る。突然現れたジョンウに手を引かれて行ったユンジュ。よりを戻そうと言うジョンウの言葉に涙を流す。一方、ヘヨンは、全資産を社会に還元するという祖父の意のまま相続放棄の書類を差し出す弁護士へ、自分は今すぐサインする意思がないことを打ち明けるが...。
最終話 ヘヨンさんが望むから。そして私が望んでいるから。
マイ・プリンセス 最終話 ヘヨンさんが望むから。そして私が望んでいるから。 国民投票から2年が過ぎたある日、イ・ヨン皇太子の日記帳が英国王室博物館に保管されているという記事を読んだイ・ソルは、日記帳の返還を求める努力をしながら皇女としての公務に励み、出国していたヘヨンと劇的な再会を果たす。イ・ソルと二人だけの楽しい時間を過ごしたヘヨンは、ワシントンで任務をまっとうするよう大統領から指示を受ける。へヨンはワシントンに向かう直前、迷った挙句イ・ソルにプロポーズするが...。
第一話 ある冒険者たちの結末
無料
ゴブリンスレイヤー 第一話 ある冒険者たちの結末 女神官は冒険者となったその日に、ゴブリンに攫われた娘を助け出すため、新米の冒険者たちと共に森の洞窟へと向かう。 モンスターの中でも最弱と言われるゴブリンだったが、洞窟に仕掛けられた罠にはまり彼女たちは絶体絶命の危機に陥ってしまう。 その時、全身を鎧で覆った銀等級(序列三位)の人物が女神官の前に現れた。 淡々と手間を惜しまずゴブリンを退治していくその男は、自らを“ゴブリンスレイヤー”と名乗るが…。
第二話 小鬼を殺す者
無料
ゴブリンスレイヤー 第二話 小鬼を殺す者 鎧を着た銀等級の男、ゴブリンスレイヤー。手段も選ばず、ただひたすらにゴブリンのみを退治し続けている彼は、 辺境の街のギルドを利用する冒険者の多くから敬遠されていた。 ゴブリンスレイヤーに助けられて以来、一緒にゴブリン退治をしている女神官は、 彼と行動を共にしていくうちに、ゴブリンスレイヤーの持つ信念や悩みを徐々に理解していく。
第三話 思いがけない来客
ゴブリンスレイヤー 第三話 思いがけない来客 ゴブリンスレイヤーの元に、妖精弓手、鉱人道士、そして蜥蜴僧侶が尋ねてきた。 彼らはゴブリンスレイヤーに、世界を滅ぼそうとしている魔神王が復活したことを告げる。 魔神王の軍勢の討伐に協力するよう妖精弓手たちから依頼されたゴブリンスレイヤー。 だが彼は討伐に興味を示さなかった。そこで妖精弓手たちは…。
第四話 強き者ども
ゴブリンスレイヤー 第四話 強き者ども 古代の遺跡に潜入したゴブリンスレイヤーたち。そこは魔神王の軍勢であるゴブリンたちの根城になっていた。 妖精弓手たちと協力し、淡々とゴブリンたちを退治していくゴブリンスレイヤー。 しかし突然、遺跡の奥よりゴブリンたちを統べていた“オーガ”が現れる。圧倒的な強さで蹂躙されるゴブリンスレイヤー一行。 ついに“オーガ”の振るう戦鎚がゴブリンスレイヤーを捕らえた…。
第五話 冒険と日常と
ゴブリンスレイヤー 第五話 冒険と日常と 遺跡での激戦を経て辺境の街に帰還したゴブリンスレイヤーたち。 傷を癒したゴブリンスレイヤーは幼馴染である牛飼娘と辺境の街のギルドに向かう。 ギルドでは巨大鼠に武器を奪われた新米戦士と見習聖女に戦い方のアドバイスをする。 そんな折、ゴブリンスレイヤーはギルドの受付嬢からある依頼を受ける…。
第六話 水の街の小鬼殺し
ゴブリンスレイヤー 第六話 水の街の小鬼殺し 突如ゴブリンスレイヤー宛にゴブリン退治の依頼が届いた。その送り主はかつての魔神王を打ち倒した“剣の乙女”だった。 ゴブリンスレイヤー、女神官、妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶の一行はさっそく水の街に向かう。 風光明媚な水の街だが、昨今不審な事件が多発しているという。 多くの人たちが暮らす街の地下には下水道が通っている。そこにゴブリンが潜んでいると睨んだゴブリンスレイヤーたちは、 早速地下水路に侵入する。
第七話 死へ進め
ゴブリンスレイヤー 第七話 死へ進め 水の街のゴブリン騒動が人為的に引き起こされたものだと考えたゴブリンスレイヤー一行は、地下水路の探索を進めていく。 地下墳墓まで到達したゴブリンスレイヤーたちだったが、そこでゴブリンの大群に襲われる。 何とか窮地を凌いだものの、ゴブリンたちの猛攻は止まらない。そしてついに、ゴブリンスレイヤーたちの前に、 小鬼英雄(ゴブリンチャンピオン)が現れた。
第八話 囁きと祈りと詠唱
ゴブリンスレイヤー 第八話 囁きと祈りと詠唱 小鬼英雄との戦闘で深く傷つき、生死の境を彷徨うゴブリンスレイヤー。 剣の乙女は女神官と協力し、奇跡の力によるゴブリンスレイヤーの蘇生を試みる。 その頃、地下水路の探索を進めていた妖精弓手たちは、ゴブリンとは全くことなる未知のクリーチャーと遭遇する。 未知のクリーチャーの圧倒的な攻撃力により、一度は攻略を諦めた一行だったが…。
第九話 往きて、還りし
ゴブリンスレイヤー 第九話 往きて、還りし 祭壇に設置された巨大な鏡。地下水路に大量発生したゴブリンの群れ。そして度々現れるゴブリン以外のクリーチャー…。 ゴブリンスレイヤーたちは今回の騒動の核心に迫っていく。 地下奥深くでは、以前ゴブリンスレイヤーたちを苦しめた小鬼英雄が彼らを待ち受けていた。 だがゴブリンスレイヤーには、ゴブリンを一網打尽にする起死回生の作戦があった。
第十話 まどろみの中で
ゴブリンスレイヤー 第十話 まどろみの中で 辺境の街まで帰ってきたゴブリンスレイヤー一行。 世界は勇者が魔神王を打ち倒したという知らせを受け祝賀ムードになっていた。 ゴブリンスレイヤーも一見いつもと変わらない淡々とした生活を送り始める。 しかし彼もまた、仲間たちとの交流を通して少しずつ心情に変化が生まれはじめていた。
第十一話 冒険者の饗宴
ゴブリンスレイヤー 第十一話 冒険者の饗宴 日課の見回り中に大量のゴブリンの足跡を発見したゴブリンスレイヤーは、 ゴブリンの大群が今夜中に牛飼娘の牧場に押し寄せることを予見する。 牛飼娘に逃げ出すよう説得するが、彼女は、ゴブリンスレイヤーの“帰ってくる場所”を守るために牧場から離れようとしない。 牧場を守るためゴブリンスレイヤーは一人、辺境の街のギルドに向かう。
第十二話 ある冒険者の結末
ゴブリンスレイヤー 第十二話 ある冒険者の結末 小鬼王(ゴブリンロード)率いるゴブリンの大軍勢と辺境の街にいる冒険者たちの戦いが始まった。 敵の大群に立ち向かう妖精弓手、鉱人道士、蜥蜴僧侶をはじめとしたギルドの仲間たち。 しかし更なる強敵が冒険者たちに襲い掛かる。 苛烈を極める戦闘の中、ゴブリンスレイヤーは一人、小鬼王の前に姿を現す…。
第1話
無料
屋根部屋のプリンス 第1話 王世子イ・ガクは世子嬪が死んでいるのを発見し絶望する。イ・ガクは世子嬪が殺害されたと断定して犯人捜しを始めるが、臣僚たちは世子嬪が誤って死亡したと言い張る。イ・ガクはソン・マンボ、ト・チサン、ウ・ヨンスルの3人を特別に採用し事件の解明を命じる。世子嬪殺害を目撃した者がいるという話を聞きその者を訪ねるが、道中、刺客に追われ崖から転落してしまう。一方、パク・ハは屋根部屋で王世子と3人の臣僚に出会うのだが...
第2話
屋根部屋のプリンス 第2話 パク・ハは宮廷に戻るというイ・ガクと臣僚3人を昌徳宮の前に置いて帰る。4人は昌徳宮の中に入ろうとするが、警察が来て追い出されてしまう。空腹の王世子はコンビニに入り店員に食べ物を要求するが、驚いた店員は警察に通報する。結局、王世子ら4人は留置場に入れられてしまう。保護者の連絡先を求められ、パク・ハのトラックのナンバープレートの番号を教え、警察はパク・ハを訪ねることに...