「リーダー」の検索結果

今すぐ視聴する

#20 「スリーピング・ナイツ」
ソードアート・オンラインII #20 「スリーピング・ナイツ」 アスナは、ユウキがリーダーを務めるギルド《スリーピング・ナイツ》への協力を頼まれる。《スリーピング・ナイツ》は、メンバー同士の事情で近く解散することを決めており、解散前の思い出作りとして、自分たちのパーティーだけでのボス攻略に挑んでいた。しかし、通常は複数パーティー合同の49人で挑むボス敵を、《スリーピング・ナイツ》+アスナの7人のみで倒すのは極めて困難。勝算の薄さから、返事をためらうアスナだが……。
episode8 Dancer in the Dark
Angel Beats! episode8 Dancer in the Dark 料理を一般生徒へ振る舞い終え、その片付けをしていた戦線メンバーの前に天使が現れた。 だが、いつもの様子と違い、好戦的な言動を取り戦線メンバーに襲いかかってくる。 そして、その刃が音無に向け振るわれようとする寸前、音無達と行動を共にしていた、もう一人の天使が、彼女と刺し違える事態になってしまった。 翌朝、傷付き眠っている天使がいる保健室に集まった戦線メンバーの前で、ゆりは天使が「harmonics」のスキルで分身した事を説明し、その分身を消すための方法を探り始める。 そして、再び侵入した天使エリア(天使の部屋)で分身を消す為のプログラムを仕込んだのだが、時を同じくして、天使が病室から攫われてしまう。 目撃情報から、幽閉場所はギルドの可能性が高いと睨んだゆりは、彼女を救い出す為に、戦線メンバーと共に、再びその最深部を目指すこととなった。
episode10 Goodbye Days
Angel Beats! episode10 Goodbye Days 音無は天使と協力し、この世界からの戦線メンバーの卒業を目指して行動を開始した。 音無が最初に卒業させようと考えたのはユイ。彼女は日々を楽しく過ごしている事から、少し背中を押せば、 この世界から卒業出来るのではと考えたのだった。 だが、話を聞くと、どうやらユイには、沢山やりたい事があるらしい。 幼い頃に事故にあって身体が動かなくなってしまい、ベットで寝たきりの日々を過ごしていたユイは、テレビで見ていた「バンド」「野球」「サッカー」「プロレス」など、様々な事に憧れを持っていた。 まずは「プロレス」の夢を叶えようとする音無であったが、ユイの願いはジャーマンスープレックスホールドという難易度の高い技。何度も繰り返すが、なかなか上手くいかない。 だが、何時間も頑張ってブリッジの練習をした結果、見事に技を決め、夢を叶えたのだが…。
第26話 太宰、中也、十五歳
文豪ストレイドッグス 第26話 太宰、中也、十五歳 ヨコハマ租界近くの擂鉢街に〝とある人物〟が現れたという噂を耳にしたポートマフィアのボス・森鴎外は、十五歳の少年・太宰治に真相究明を命じる。だが、調べを進める太宰に、敵対する組織の一つである「羊」のリーダー・中原中也が襲い掛かった。「お前が調べている『アラハバキ』について、話してもらおうか」と、聞き慣れぬ名を口にする中也。しかし2人は、突然の爆発に巻き込まれ……。そのとき太宰が見たのは――黒い爆炎を背に立つ「先代ボス」の姿だった。
第19話 最後の四聖獣・朱雀!/霊界探偵編
幽☆遊☆白書 第19話 最後の四聖獣・朱雀!/霊界探偵編 桑原たちの協力で、四聖獣のリーダー・朱雀の部屋に飛び込んだ幽助は、虫笛に操られた人々に追い詰められる螢子とぼたんの姿を見せられる。怒った幽助は、朱雀に挑むが、奥義・暗黒雷迅拳に苦戦する。
第9話 『神経衰弱』
覇穹 封神演義 第9話 『神経衰弱』 十天君のリーダー・王天君の予期せぬ手助けによって、金鰲島のバリア解除に成功した楊戩。崑崙山と金鰲島の衝突によって、戦況も一変する。張天君との戦いによってボロボロの楊戩を救出するため、金鰲島潜入を決意する太公望。一方の金鰲島でも、太公望の来襲を予期する王天君が、十天君を使って迎え撃つ作戦を立てていた。太公望と四不象、そして楊戩の師である崑崙十二仙・玉鼎真人による楊戩救出作戦が始まる。
#23:【純烈メンバー対決】白川裕二郎vs小田井涼平!純烈SPライブも!
無料
買えるバトルクラブ #23:【純烈メンバー対決】白川裕二郎vs小田井涼平!純烈SPライブも! あの紅白出場歌手!純烈がバトルクラブに緊急生出演でまさかのメンバー対決&スペシャルライブで「プロポーズ」を熱唱! 2007年デビューから苦節11年目にして悲願の紅白出場を果たした純烈だったが、 「芸能界で勝ち残るためにバトルクラブで闘争心を磨きたい!」というリーダー兼プロデューサー酒井の希望で特別バトルが実現! その対決はメインボーカル白川裕二郎vsコーラス小田井涼平! 白井は過去に相撲部屋に入門していた過去を持ち「根性と気合でやってきた、情熱を持って売るので負けるわけがない!」と断言! 一方の小田井も「5年間サラリーマンで営業をやってきた、社会人経験していない白井に負けるわけがない!」と応戦! メンバーとして、そして男として、意地とプライドを懸けた絶対に負けられないバトルがついに始まる!!
第15話 スキルアウト
とある科学の超電磁砲 第15話 スキルアウト 「武装無能力集団(スキルアウト)」による能力者狩りが頻発。通報を受けて駆け付けた黒子たちは彼らを逮捕するが、襲われた婚后によると、なぜか能力が使えなくなって気を失った後、気がつくと全員が倒されていたのだという。どうやら、背中に黒いクモの入れ墨を入れた革ジャンの男に助けられたらしい。その話を聞いて呆然とする固法。その後も能力者狩りは終息せず、捜査の結果、「ビッグスパイダー」という組織が、闇ルートから非合法な武器を入手して行っていたものと判明する。リーダーの名前は黒妻綿流。婚后を助けた男と同じく、背中にクモの入れ墨があるらしく……。
#06 屍喰部隊(スカベンジャー)
とある科学の一方通行 #06 屍喰部隊(スカベンジャー) その凶悪さから封印されていた4人の能力者による暗部組織『屍喰部隊(スカベンジャー)』。『DA』抹殺のために放たれたその牙は、彼らの憎む諸悪の根源――『センセー』たる黄泉川と、『優等生』エステルへと向けられる。紙を自在に操り着ぐるみのようにまとって戦うナル、液体の比重を操る薬丸、摩擦係数を操る清ケ、作戦立案と有機的な連携攻撃を指揮するリーダー。一筋縄ではいかない屍喰部隊に対し、エステルと禍斗は失神した黄泉川を守りながらの戦いを余儀なくされる。常人離れした禍斗の膂力と、それを補助するエステルの死霊術でなんとか食い止めようとするものの、ナルひとりを止めることすら叶わない。まるで戯れるようにナルの攻撃に磨り潰される禍斗に、エステルが絶望し心折れそうになったそのとき。ふたりを守るように、アクセラレータが立ちはだかる――!!
第五話 マリオネット〜前編〜
TVアニメ「あんさんぶるスターズ!」 第五話 マリオネット〜前編〜 【S1】から一夜明け、『Ra*bits』のなずなはスバルから英智が退院したと聞き、一年前の出来事を思い返す。一年前になずなが所属していた『Valkyrie』は、絶対的リーダーの宗が作り出す完璧な芸術性で学院の頂点に君臨していた。声変わりをしたなずなは歌うことを許されず、意志のない操り人形としての日々を送る。そんな中、生徒会が推奨するドリフェス制度により、学院ではユニット同士の抗争が激化していく。
第9話 「能力追跡(AIMストーカー)」
無料
とある科学の超電磁砲S 第9話 「能力追跡(AIMストーカー)」 施設防衛の依頼を受けた暗部組織『アイテム』のひとり、フレンダによって張り巡らされた罠を突破し彼女を追い詰めた美琴。その目の前を、まばゆい光の帯が駆け抜ける。現れたのは『アイテム』のリーダーにして『原子崩し(メルトダウナー)』の名を持つ、第四位の『超能力者(レベル5)』麦野沈利だった。消耗していた美琴は逃亡を図るが、麦野の激しい攻撃は止む気配を見せるどころか、着実に後を追ってくる。それは麦野の背後にいるもうひとりの『アイテム』のメンバーの能力で――。一方、脳神経応用分析所に呼び出された布束は、かつて自らがかかわっていた研究の後始末をつけるべく、決意を固めていた。
第8話 一握りの希望
オーバーロードⅢ 第8話 一握りの希望 転移の罠にかかった《フォーサイト》は、第六階層の闘技場に飛ばされてしまう。そして彼らの前に現れたのは、アインズ・ウール・ゴウンと名のる墳墓の主。その圧倒的強さを悟ったリーダーのヘッケランは、無礼を詫びて許しを請う。アインズの答えは絶望的なものだったが、会話の中にわずかな希望を見つけたヘッケラン。自分たちはある人物から、ナザリック地下大墳墓に立ち入る許可を得たと言い出す。
第5話
タンタラ~キミを感じてる 第5話 ソクホがハヌルとは旧知の仲であったことに気づいたことを知ったハヌルは、懐かしさとうれしさで号泣する。 ソクホが言っていたように手紙を読んだハヌルは、再びバンド活動を行うと心に決めてソウルに上京する。 一方、グリンから話を聞いたソクホはハヌルのぬれ衣を晴らすために調べ続け、KTOPのジュハンから事件の真犯人がいることを聞く。 しかし、その犯人とは長年ソクホが育て上げたJACKSONのリーダージヌだった。 事務所でジヌと対面したソクホは、あまりの驚きで言葉を失ってしまう。 そしてジュハンから事の内幕をすべて聞かされる。ジヌが舞台恐怖症のために1年くらい前から薬を服用していた。 ジヌはある日、薬と酒を一緒に飲んでしまい、ちょうどクラブに居合わせたジヨンに利用されたのだった。 ジヨンはハヌルを婦女暴行犯に仕立て上げ、一方ではジュハンを脅し、新人のガールズグループのメンバーとなってデビューを果たす。ハヌルのぬれ衣を晴らしたい思いと、ジヌを警察に突き出せない思いとで苦しむソクホだが・・・・・・。