「ルディア」の検索結果

今すぐ視聴する

狼と希望と絶望
無料
狼と香辛料II 狼と希望と絶望 アマーティとの間に黄鉄鉱の信用売りの契約を交わしたロレンス。その契約の終局は、黄鉄鉱の相場の振れ方如何でどちらかが深い痛手を負うというものだった。手元に黄鉄鉱が無いまま契約を結んだロレンスは、錬金術師と通じるディアナを頼るが、ディアナは黄鉄鉱を買い付けに来た先客がいると告げるのだった。勝負の鍵を握る黄鉄鉱を手に入れられず、失意のままマルクの店にたどり着くロレンスに…?
ロビン・カタラン vs ステファー・ラハルディアン
ONE Championship 2019 ロビン・カタラン vs ステファー・ラハルディアン 現地時間2019年1月19日にインドネシア・ジャカルタで開催されたONE Championship「ETERNAL GLORY」をAbemaTVで配信!!世界最高峰の総合格闘技「ONE Championship」から目が離せない!!
第12話 愛は乙女の力
七つの大罪 神々の逆鱗 第12話 愛は乙女の力 メラスキュラによって暗澹の繭(あんたんのまゆ)に囚われてしまったメリオダスと、怨霊に憑かれ操られているディアンヌ。自らを犠牲にしたヘルブラム、そしてエレイン、覚醒したエリザベスの力によってディアンヌはようやく怨霊から解放されたが、今度はメラスキュラが大蛇へと変貌して一行を襲う。さらには、脱出不可能と思われた暗澹の繭を破り、凄まじい邪悪な波動とともに漆黒の翼を広げる「殲滅状態」のメリオダスが我を失い姿を現して――!?
狼ととめどなき涙
無料
狼と香辛料II 狼ととめどなき涙 暴動で混乱に陥ったレノスの町の裏側で、商人同士の商戦も勃発していた。それを勝ち抜くべく奔走するエーブとロレンス。しかし、商人の誉れである莫大な利益を目前にして、ロレンスの胸には一抹の不安と迷いがあった。傍らのホロはそれに感づくのだが…。
狼と別れの決意
無料
狼と香辛料II 狼と別れの決意 エーブと協力して毛皮を買い付けることになったロレンスは、ホロを担保にデリンク商会から融資を引き出す事に成功する。既にエーブは毛皮の買い付け先も確保しており、ロレンスは夢実現への道筋をつけたも同然だった。ホロの身柄と現金の引き換えを翌日に控え、宿で穏やかなひと時を過ごす二人…。しかし、ホロは突然別れを切り出してくる!
第3話 魔族襲来
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第3話 魔族襲来 すべての女性と女性の味方の味方、戦士エミールから戦いをふっかけられるディアヴロ。和解の後、ウルグ橋砦への簡単なクエスト回収へシェラと向かうが、到着後にエデルガルト率いる魔族襲来の事態を知る。一方ファルトラ市に残ったレムは、セレスティーヌとの話の途中に、あの男の突然の訪問を受ける…。
第6話 奴隷市場
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第6話 奴隷市場 グリーンウッド王国との問題解決の最中に、セレスティーヌから奴隷市場の話を聞いたディアヴロ達は、隷従の首輪の解除方法を得るため、ファルトラ市に滞在中の奴隷市場のキャラバンに立ち寄る。ディアヴロやレムの魔力を即座に見抜いた店主のメディオス。彼女からの助言を受けつつ、ディアヴロはシェラの魔力の流れを探り始めた…。
狼とふとした亀裂
無料
狼と香辛料II 狼とふとした亀裂 リュビンハイゲンを出立したホロとロレンスは、クメルスンに向かう道中で若き魚商人のアマーティと出会う。彼はまだ少年の面影を残していたが、取り扱う魚の量や振る舞いは一人前の商人そのものだった。傍らのホロはいつものように修道女に成りすましていたのだが、アマーティはその清楚な姿に一目惚れしてしまう。気を回したアマーティは、祭りで賑わうクメルスンで二人の宿まで工面してくれるのだが?
狼と嵐の前の静寂
無料
狼と香辛料II 狼と嵐の前の静寂 ロレンスは馴染にしている麦商人のマルクを訪ね、そこで町の年代記作家への伝手を得る。早速、仲介人のバトスに連れられ町の北側へ足を踏み入れるが、そこは忌み嫌われる錬金術師たちが住む区域だった。そして現れた年代記作家は、長い黒髪と謎めい雰囲気をまとった美しい女性だった。ディアナと名乗る彼女は、ヨイツに関する情報を語り始める。一方、別行動のホロはアマーティと一緒に祭りに…
狼と埋まらない溝
無料
狼と香辛料II 狼と埋まらない溝 ロレンスへの莫大な借金に縛られている…とアマーティに伝えたホロ。ロレンスとの関係を語る上の方便だったのだが、それを信じ込んだアマーティはホロを救うべくロレンスに挑戦じみた契約を申し込む。その内容は、借金を肩代わりした暁にはホロとの婚姻をロレンスが承認するというものだった。自信に満ちた表情でその契約を受け入れたロレンスだが、アマーティには勝算があるらしい事を耳にする!
狼と浅知恵の末路
無料
狼と香辛料II 狼と浅知恵の末路 黄鉄鉱を利用して借金完済を目指すアマーティに対抗する手段を探すものの、祭りの高揚感に包まれた町で石の値段は上がり続けていた。ヨイツの情報に関する誤解からホロに拒絶されたロレンスは、途方にくれて宿に戻るのだが、そこには二通の書類が残されていた。一方はアマーティに関する情報が記されていた。そしてもう一方には…。その内容に発奮したロレンスは全財産を握り締めてアマーティの元へ赴く!
狼と信ずべき神
無料
狼と香辛料II 狼と信ずべき神 手持ちの黄鉄鉱を売り浴びせ、相場急落のタイミングを狙うロレンス。しかし、手持ちの黄鉄鉱の量が充分でないばかりか、ディアナから黄鉄鉱を買い付けたという先客との譲渡交渉の行方も分からない。眈々と黄鉄鉱を売り抜ける機会を伺うアマーティの動きに焦りを募らせる中、ロレンスの元にディアナからの伝言が届く。その内容は、ロレンスの僅かな希望を打ち砕くものだった…。
狼と戯れの日々
無料
狼と香辛料II 狼と戯れの日々 ホロの伝承が残るというレノスの町に到着したロレンスたちは、市壁前で商人たちが屯しているのを目にする。不穏な空気を察知しつつも、ひとまず馴染みの宿に落ち着いた二人。翌日、主人のアロルドに古い伝承に詳しい人物を尋ねたところ、年代記作家のリゴロの名が挙がる。彼は町の方針を掌る50人会議の書記を務めており、屯していた商人たちと50人会議の決定には関連があるらしいのだが…。
狼と蠱惑的な旅人
無料
狼と香辛料II 狼と蠱惑的な旅人 情報収集の為に町へ出たロレンスは酒場の看板娘から興味深い話を聞きだす。市壁の外で屯していたのは毛皮を買い付ける商人たちで、50人会議の決定如何では彼らの取り引きが制限されるという。真相を知るには50人会議の書記であるリゴロに接触するのが一番早いのだが、会議が紛糾する中、それも難しい。すると、同じ宿にいたエーブと名乗る女商人が、リゴロを紹介すると言ってロレンスに近づいてきた。
狼と無謀な商談
無料
狼と香辛料II 狼と無謀な商談 エーブに紹介してもらったリゴロを訪ねたホロとロレンス。現れたリゴロは、エーブから聞かされていた人物像と違い、柔和で笑顔を絶やさない男だった。リゴロは50人会議が早々に終了した事を隠さずロレンスに伝えると、ホロの為に快く伝承の記された書物を貸し出してくれるのだった。何もかもが順調に進んでいるかと思えたロレンスだが、ホロが内に抱えている思いは意外なものだった…。
狼と孤独な微笑み
無料
狼と香辛料II 狼と孤独な微笑み 50人会議が出した決定は、毛皮の取り引きを現金に限定するというものだった。多額の現金を持ち合わせている商人が少ない中、現金をかき集めて出し抜く事が出来れば利益は莫大になる。エーブはそこを突いて一気に毛皮を買い占めようと画策していた。その金策の為にホロを利用しようというエーブの誘いに、ロレンスは商人としての血が騒いでしまう。その事をロレンスはホロに正直に伝えるのだが…。
第4話 迫撃乱舞
異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術~マジ魔王Ver~ 第4話 迫撃乱舞 グレゴールの突然の襲撃に、レムとセレスティーヌ、そしてエミールでさえも苦戦を強いられる。一方ウルグ橋砦ではディアヴロとエデルガルトの戦闘が繰り広げられていた。戦意損失を促すため、彼女の大技”サクリファイスチャージ”を敢えて体に受けるディアヴロ。そこにファルトラ市からの伝令が届く。エデルガルトの戦いの目的は他にあった…。
第1話 闇を払う光
無料
七つの大罪 神々の逆鱗 第1話 闇を払う光 煉獄より復活を果たしたメリオダス。〈七つの大罪〉の活躍により〈十戒〉のグレイロードとフラウドリンが討たれ、リオネス王国は守られたが、世界は依然として〈十戒〉の脅威にさらされていた。人々の心は荒んでいき、魔神たちの支配に抗うこともできない。そんな中、決死の覚悟で武器を手に立ち上がる村人たちの元に現れた〈七つの大罪〉。ブリタニア解放を賭けた反撃が、今まさに始まろうとしていた。
第2話 聖戦の記憶
七つの大罪 神々の逆鱗 第2話 聖戦の記憶 〈十戒〉の脅威から逃れるため、妖精王の森へと避難していたキングとディアンヌ。花びらが舞い散る大樹の広場で妖精たちとの束の間の戯れを楽しむ中、2人はいつの間にか意識を失ってしまう・・・。そして、目を覚ました2人の目の前に立ち塞がるのは〈十戒〉「安息」のグロキシニアと「忍耐」のドロール!死を覚悟して戦いを挑む2人であったが、桁違いの力の差に手も足も出ない。傷付き、倒れ、まさに最期の瞬間を覚悟したその時、2人が〈十戒〉から耳にしたのは意外な言葉だった。
第3話 光あれ
七つの大罪 神々の逆鱗 第3話 光あれ 〈十戒〉から課せられた試練により、三千年前のブリタニアでグロキシニアとドロールの姿となって目覚めたキングとディアンヌ。そこで出会ったのはメリオダスと――女神族の姿をしたエリザベスだった! メリオダスは、人間の集落を襲っている魔神族と戦っていた。キングとディアンヌも協力して古の〈十戒〉カルマディオスと戦い、見事勝利を収める。しかし試練はまだ終わらない。そこでは女神族、巨人族、妖精族の連合〈光の聖痕(スティグマ)〉と魔神族が血で血を洗う戦いを繰り広げていた…!
第4話 〈十戒〉vs.〈四大天使〉
七つの大罪 神々の逆鱗 第4話 〈十戒〉vs.〈四大天使〉 魔神族を根絶やしにせんとする〈四大天使〉のリュドシエルと、全ての種族の共存を望むエリザベス。2人の思いが交錯する中、ついに〈十戒〉率いる魔神族と〈光の聖痕(スティグマ)〉の全面戦争が始まろうとしていた。〈四大天使〉のサリエルとタルミエルを相手に魔神族の軍隊は壊滅的な状況に追い込まれ、〈十戒〉のデリエリやモンスピートたちは苦戦を強いられる。しかし追いつめられたデリエリとモンスピートは、限られた者にしか許されない禁忌の術を解放する――!
第5話 感情メイルシュトローム
七つの大罪 神々の逆鱗 第5話 感情メイルシュトローム 〈光の聖痕(スティグマ)〉と魔神族の戦いが熾烈を極める中、禁忌の術で最悪の化け物「インデュラ」となったデリエリとモンスピート。その2人の前に立ちはだかったのは、なんとエリザベスだった! エリザベスはリュドシエルの反対を振り切って2人を助けると宣言し、インデュラの闇の力を打ち消そうと必死で立ち向かう。そんなエリザベスの姿を目の当たりにしたサリエルとタルミエルは、リュドシエルの命令ではなく自らの意志で動くことを決意する――。
第6話 それをボクらは愛と呼ぶ
七つの大罪 神々の逆鱗 第6話 それをボクらは愛と呼ぶ 破壊獣「インデュラ」と化したデリエリとモンスピートの救出に成功したエリザベス。一方、ゴウセルの策略によって魔界の牢獄の門が完成し、そこからもう1人のゴウセルが現れる。彼はディアンヌに自身の命を懸けた計画を話し、とある”お願い”をする。そんな中キングは、人間が〈光の聖痕(スティグマ)〉相手に反乱を起こしていると知り、ゲラードの元へと急ぐ。しかし彼が辿り着いた先にいたのは――!?
第7話 いざ 大罪集結へ!!
七つの大罪 神々の逆鱗 第7話 いざ 大罪集結へ!! 血まみれのゲラードを目撃するも、怒りの攻撃を寸でのところでこらえたキングは、無事三千年前のブリタニアから帰還する。一方、ディアンヌと2人のゴウセルは、聖戦の真っ只中でメリオダスの弟ゼルドリスに出会っていた。ゼルドリスはゴウセルに牢獄へ戻れと命じたが、ゴウセルがそれを拒否し戦いに発展。ディアンヌは2人のゴウセルを逃がし、1人ゼルドリスと対峙する。2人の戦いは激しさを増し――!? ディアンヌは、無事元の世界へと戻ることができるのか――!
第8話 人形は愛を乞う
七つの大罪 神々の逆鱗 第8話 人形は愛を乞う キングに続きようやく現代へと戻ってきたディアンヌ。試練も終わり、〈七つの大罪〉は再び集結したかに思えたが、今度はバルトラが差し出した「魔法の心臓」を見たゴウセルが逃走。メリオダスたちはゴウセルを追ってリオネス王国の街へと向かうこととなった。その最中、魔法の心臓によって感情を持っていたゴウセルが感情をなくした経緯が明かされる! 何かを思い出しかけた逃走中のゴウセルは、その発生した”ノイズ”を消去しようとするが――
第9話 呪われし恋人たち
七つの大罪 神々の逆鱗 第9話 呪われし恋人たち ディアンヌとマーリンの説得によってゴウセルは感情を取り戻し、〈七つの大罪〉は再集結。〈豚の帽子〉亭ではエリザベス、ディアンヌ、エレインが、リオネスの酒場ではキング、ゴウセル、エスカノールが語らっていた。その夜、エリザベスはディアンヌから聞いた「昔の団長と、キミに瓜二つのエリザベスに出会った」という話が頭から離れずにいた。そしてそれについてはぐらかすメリオダスの意思とは裏腹に、エリザベスはどんどんと核心に迫っていく。
第10話 それが僕らの生きる道
七つの大罪 神々の逆鱗 第10話 それが僕らの生きる道 ゼルドリスの力に触れたことで自身とメリオダスの真実を知り、記憶が戻り始めたエリザベスは意識を失ってしまう。メリオダスは「エリザベスの記憶がすべて戻れば、エリザベスは三日で死ぬ」と〈七つの大罪〉たちに真実を告げた。それは、三千年前の聖戦の最中、魔神族メリオダスと女神族エリザベスが魔神王と最高神によって受けた罰。永遠の生と永劫の輪廻によって繰り返されてきた2人の物語は、あまりにも辛いものだった…。
第11話 怨念たちは眠らない
七つの大罪 神々の逆鱗 第11話 怨念たちは眠らない 魔神王と最高神にかけられた呪いの真実を知らされた一行。しかし彼らはメリオダスの意思で今までどおり目的を果たすべく、キャメロットを守る次元のひずみを解除するためコランドへと向かった。しかしコランドにつくやいなや、メリオダスは突如現れたメラスキュラによって「暗澹の繭(あんたんのまゆ)」に包まれ連れ去られてしまう。残された一行は、囚われたメリオダスの力で強化された死霊たちに苦戦を強いられる。
第13話 最強 vs. 最凶
七つの大罪 神々の逆鱗 第13話 最強 vs. 最凶 暗澹の繭から脱出するため魔神の力を解放したメリオダスは、かつての〈十戒〉統率者時代へと戻ってしまった。エスカノールが対処しようとするも、メリオダスの剣に体を貫かれてしまう。苦戦を強いられるエスカノールだが、正午になり力が頂点に達したことでついにメリオダスを無力化することに成功する。マーリンはメリオダスの暴走を止めるため、エリザベスとメリオダスをパーフェクトキューブに閉じ込める。苦しい状況に置かれる一行だが、民を救うためキャメロットへと向かうのであった。
第14話 新たなる脅威
七つの大罪 神々の逆鱗 第14話 新たなる脅威 〈七つの大罪〉一行がキャメロットへ向かう中、ゼルドリスは魔神王より「メリオダスを奪還せよ」「〈七つの大罪〉を皆殺しにせよ」との命を受けていた。ゼルドリスが〈十戒〉に招集をかけるが、駆けつける者は誰一人いない。コンタクトがあったグロキシニアとドロールは、「もう命令には従わない」という。だがゼルドリスのもとに、新たな魔神族・キューザックとチャンドラーが現れる。2人はそれぞれ、メリオダスとゼルドリスの師匠だった男で――。