「レストア 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

ホンダS2000
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ホンダS2000 マイクとエドが今回レストアする中古車はホンダの車。ホンダの車をレストアするのは2人にとって初めてだ。マイクはS2000を探すがどれも高い。仕方なく賭けでエンジンに問題があるS2000を購入。修理にかけられるお金はわずか。無事に修理し、買い手を見つけることはできるのか。
フォードGT パート1
ファスト&ラウド フォードGT パート1 リチャードがガレージに持ち帰ったのは2005年式のフォードGT。事故に遭いひどい状態だ。レストアではなく、壊れた個所の修理だけするつもりだったが、アーロンの案でレストアすることに。サスペンションやエンジンをグレードアップし、塗装は真っ黒にする計画だ。さらにリチャードがビンテージのカマロでガス・モンキー・ガレージの記録を塗り替える。
ルマンGTOコンバーチブル
CAR FIX シーズン4 ルマンGTOコンバーチブル ルーとジャレッドは1972年式ル・マンのGTOコンバーチブルを見つける。珍しいファクトリーオプションのモデルだが、パーツは手に入れやすい。2人はこの車のインテリアをまるごとレストアする。
ボルボPV544
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ ボルボPV544 マイクが探しているのは耐久レースにも耐えられるスポーツカー。そこで行きついたのがボルボPV544。一見、耐久性はないように見えるが、過去のラリーでは数々の勝利を飾っている車だ。マイクが見つけたPV544は一応走るが、かなり修理に手がかかりそうだ。エドは無事にレストアすることができるのか?そして買い手を見つけることはできるのか?
シボレー・コルベットC3
名車再生!クラシックカー・ディーラーズ シボレー・コルベットC3 マイクとエドには永遠の命題がある。それは"本物のスポーツカーとは何か"。そしてマイクが考えて出した答えは1968年式シボレー・コルベットC3。アメ車を象徴するデザインの車だ。中古のコルベットをエドがレストアするのだ。本物のスポーツカーによみがえらせることはできるのか?
キャデラック・エルドラド
オーバーホール 改造車の世界 キャデラック・エルドラド チップが持ち主には内緒で、残念な状態になってしまっている1963年式のキャデラック・エルドラドをよみがえらせる。持ち主のスコットは警官。仕掛け人が"エルドラドが盗まれた"とサプライズを仕掛けるが、用心深い警官のスコットは信じるのか?その間、チップがオンボロのエルドラドを美しくレストアする予定なのだが...。
Ep.1 スパルタン・バイク
アメリカンチョッパー・リターンズ S2 Ep.1 スパルタン・バイク 依頼人であるスパルタンレース設立者との打ち合わせ前に製作を開始するポール・シニアだったが、依頼人からの予期せぬ要望で作品の方向性を急遽変更することに。一方トライクの製作に乗り出すポール・ジュニアも、巨大でユニークなホイールに頭を悩ませる。そんな父子2人が取り組むヤンキース・バイクレストア計画は最終局面を迎え、マイケルは近日に迫ったシニアの誕生日にのためサプライズを企画する。
Ep.3 MLBネットワーク・バイク
アメリカンチョッパー・リターンズ S2 Ep.3 MLBネットワーク・バイク ポール・シニアとジュニアは引き続き親子関係を修復するため、1951年式ビュイックのレストアに取りかかる。ジャッキが見つからず代わりにバックホーを使うシニア、そのせいで車はカオス状態に。OCCではいつものチョッパースタイルではなく、ボバースタイルのバイクに挑戦する。一方、ジュニアはMLBネットワークのバイクに取り組む。しかし、モダンなカスタムのサイドパネルが困難な事態をもたらす。
Ep.4 ミリタリー風バイク
アメリカンチョッパー・リターンズ S2 Ep.4 ミリタリー風バイク ポール・ジュニアは最新型のトラックに刺激を受け斬新なバイクのデザインを思い付く。しかし膨大な作業量のためスケジュールが間に合わない事態に。一方、シニアは退役軍人のサポートをする団体のため、ヴィンテージのミリタリー調バイクとサイドカーを製作。入隊経験のあるシニアはこの仕事への思い入れが強く、素晴らしいバイクを作ろうと意気込む。また、前回から引き続き、ビュイックのレストアも進行中。
70年型シボレー・シェベル
カスタムカー 70年型シボレー・シェベル 大排気量のV8エンジンを搭載し、凶暴な馬力でファンを魅了したマッスルカー。中でも人気のあった1970年型シェベルSSコンバーチブルを、レストアしつつ大胆にカスタムする。使用するエンジンは、620馬力のZZ572。4速オーバードライブ・ミッションを組み合わせ、衛星ラジオ、キャデラックのインテリアを使用するなど、ホットなカスタムプロジェクトが進行。製作するのはデトロイト近郊にあるカレッジの学生たちだ。
Ep.5 シニアのルーツ
アメリカンチョッパー・リターンズ S2 Ep.5 シニアのルーツ 自身のルーツに立ち返りオールドスクールなバイクをOCCで製作しようと試みるポール・シニアだが、それをビジネスとして成立させるために必要な、新旧のパーツの組み合わせに頭を悩ませる。一方、ポール・ジュニアは自らも愛用するアイウェアブランド、ゲイターズの依頼を受けバイクを製作するが、慣れないパーツ部品と奮闘することに。そして2人で取り組むビュイックのレストア作業でも問題が発生する。
Ep.6 ペイントボール・バイク
アメリカンチョッパー・リターンズ S2 Ep.6 ペイントボール・バイク ペイントボールというスポーツのチームからの依頼でバイクを製作することになったポール・シニア。製作者のジョシュは初のカスタムバイク製作依頼に大奮闘。問題を乗り越えながら作業に励むが、シニアと対立することに。一方、農場をテーマにバイク製作中のポール・ジュニアは、納期が近づき、いつものドタバタ劇を繰り広げる。そして父子2人によるビュイックのレストア作業がついに最終局面を迎える。
Ep.4 メンタルヘルス・バイク
アメリカンチョッパー・リターンズ Ep.4 メンタルヘルス・バイク ポール・シニアとオレンジ・カウンティ・チョッパーズのクルーはあるメンタルヘルス団体の仕事を受けるが、その依頼内容にチームの我慢がついに限界に。一方廃棄物・リサイクル産業の業界団体の依頼でバイクのデザインを請け負うも、製作段階でてんやわんやのポール・ジュニアと彼のクルーたち。そんな状況のなか2人は過去を水に流し、以前製作したヤンキーズバイクのレストアに取り掛かる。
Ep.5 ポンティアックGTOバイク
アメリカンチョッパー・リターンズ Ep.5 ポンティアックGTOバイク 1965年式GTOに影響を受けたカスタムバイクを手掛けることになったポール・シニアとOCCクルー。そこでヨーロッパのすご腕製作者の助けを借りることにするが、作業はいつも通りドタバタの展開に。一方のジュニアも重要なクライアントの依頼を手掛けるもパーツの交換問題で結局スケジュールに追われるハメに。そんななか親子2人で手掛けるヤンキーズバイクのレストア作業でも対立の火種が発生する。
シボレー・カマロSS 2
ファスト&ラウド シボレー・カマロSS 2 ファストフードチェーンのプロモーション用に1968年式シボレー・カマロSS(スーパー・スポーツ)をレストアしているガス・モンキーのクルーたち。期限まで残りあと1週間で塗装に入る。店のロゴに合わせた色にし、見た目はばっちり。しかしエンジンから異音が...。そんな中リチャードはオークションで1972年のシボレー・コルベット・スティングレイを入手。彼がガレージに戻ってもまだカマロは動かない。どうなってしまうのか?
アーツ&クラフツ運動の家
無料
アンティーク・ハンター アーツ&クラフツ運動の家 今回、ドリュー・プリチャードはノーフォークにある美しい邸宅を訪ねる。中世の造形芸術への回帰と手工芸の復興を目指す「アーツ・アンド・クラフツ運動」の一環として建てられた家だ。そこで工場の照明やスツール、ラウンジチェアなどを見つけ、家の持ち主と値段交渉して買い付ける。その後、彼は同じくノーフォークにある巨大な風車へ。以前は博物館になっていたが、今は閉鎖されている。貴重なものは何も残っていないように見えたが、ビクトリア調の薬局の棚を発見。無事に購入する。その後自分のショップに戻り、買い付けたものをレストア。さらにエディンバラの骨董品店を訪れ、椅子などを購入。果たして各アイテムに買い手は現れるのか。