「ロシア スパイ」の検索結果

今すぐ視聴する

#62 ゲストにフリーアナウンサー神田愛花さんを迎えて欧米でのアジア人差別など議論
無料
NewsBAR橋下 #62 ゲストにフリーアナウンサー神田愛花さんを迎えて欧米でのアジア人差別など議論 様々な時事ネタをテーマに橋下徹とゲストがほろ酔いトークする「NewsBAR橋下」。 今回のゲストはフリーアナウンサーの神田愛花さん! 新型コロナウイルス拡大によるアジア人差別、その根本にあるものは? 芸能人の不祥事による出演停止が厳し過ぎる? 35歳以上の独身女性のメンタルケア助成金制度を創設? 新コーナー「気になる、あの炎上案件」、今回取り上げる炎上案件は? ロシア外交官、スパイ活動か? 皆様の“BARご来店”お待ち申し上げます!! 番組公式Twitterアカウント @abemanews_barHT
Softbankがロシアスパイの標的に!?
無料
報道リアリティーショーAbemaPrime【平日よる9時~生放送】 Softbankがロシアスパイの標的に!? 「オトナの事情をスルーする」 スマホ発の本格ニュース番組「AbemaPrime」。テレビよりもスマホが気になる若者たちが〝本当に知りたいコト〟を真正面から伝えます!平日よる9時から六本木・テレビ朝日1階のオープンスタジオより、生放送!
第16話 「父親(かみじょうとうや)」
無料
とある魔術の禁書目録 第16話 「父親(かみじょうとうや)」 上条の前に現れた赤いシスターはミーシャ=クロイツェフ。ロシア教会の対幽霊部隊『殲滅白書(Annihilatus)』に所属する彼女は、世界中でおこっている怪現象の大本となった大魔術『御使墜し(エンゼルフォール)』の発生源を探るべく、日本へとやってきたという。時同じくして、『御使墜し(エンゼルフォール)』の人格入れ替えからなんとか難を逃れたイギリス清教『必要悪の教会(ネセサリウス)』のふたりの魔術師も顔を現した。神裂と、そして、上条のクラスメイトでもある土御門。彼は学園都市にスパイとしてもぐりこんでいた魔術師だったのだ。儀式が必要なほどの大きな規模の魔術である『御使墜し(エンゼルフォール)』の術者を探し出すため、上条はミーシャと神裂、土御門の3人と行動を共にすることに。しかし、他の人には違う人間に見える神裂の姿が、とある混乱を巻き起こす――。

おすすめの作品

ロシアの流儀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 ロシアの流儀 4期目がスタートした、ロシアのプーチン大統領。経済が低迷しても、国際社会で孤立を深めても、高い支持率は衰え知らず。大統領自ら、庶民の質問に4時間も答え続ける名物番組「プーチン・ホットライン」とは?「クリミア併合」をロシア国民はどう捉えているのか?プーチンの「力の源泉」エネルギー戦略とは? 長くロシアを取材し続けてきた記者が、謎多き超大国の「流儀」を紐解く。
在宅促すため「ライオン放たれた」ロシアで噂広がる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 在宅促すため「ライオン放たれた」ロシアで噂広がる  ロシアでは国民に在宅を促すために「街中にライオンが放たれた」といううわさが広がり、外務省の報道官が火消しする事態になっています。  ロシアではウイルスの感染拡大を防ぐため、28日から全土で食料品店や薬局を除くほぼすべての店舗が休業しています。そんななか、インターネット上に流れたのは「プーチン大統領の命令で、ロシア全土にライオンとトラ合わせて800頭がすでに放たれた」といううわさでした。  ロシア外務省・ザハロワ報道官:「大統領が街にライオンとトラを放つというのは面白い。だが、伝統と効率を考えて実はクマを放っているのだ」  ザハロワ報道官は冗談を交えてうわさを否定しました。プーチン大統領は28日から1週間の間、国民に家にとどまるよう強く訴えています。
日本人帰国チャーター便 完全封鎖のロシアから離陸
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日本人帰国チャーター便 完全封鎖のロシアから離陸  新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、外国との往来を封鎖したロシアから脱出する日本人のためのチャーター便がモスクワの空港を出発しました。  28日にモスクワの空港を出発したチャーター便には、現地に住む日本人ら約100人が乗り込みました。  帰国するバレエ留学生:「ロシアが全部の便を止めるということでいつ帰れるか分からなかったので、試験とかも全部置いて皆、帰ることになりました。急に」  帰国する駐在員:「4月帰任なんですが、もう4月は飛ばないので、急きょおととい帰ることを決めてという形ですね」  ロシア政府はほぼすべての国際線の運航を停止していて、再開のめどは立っていません。
ロシア全土の産業を休業に 拡大防止でプーチン氏
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ロシア全土の産業を休業に 拡大防止でプーチン氏  ロシアのプーチン大統領は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、ほぼすべての産業をロシアの全土で来週、休業にすると発表しました。  ロシア、プーチン大統領:「感染拡大の阻止が現在は最も重要だ。そのため、来週を休みにすることを宣言する」  プーチン氏は25日、医療や食料品店などの生活に必要な店などを除いて30日から来月3日まで有給休暇とすることを定めた大統領令に署名しました。国民に向けたテレビ演説で「現在、最も安全なのは家にいることだ」と訴えています。また、来月22日に予定されていたプーチン氏が現行の任期の2024年以降も大統領の座にとどまることを可能にする憲法改正についての国民投票も延期することを決めました。
#91:路地裏インターナショナル…ロシアンパブでチップを狙え
給与明細 #91:路地裏インターナショナル…ロシアンパブでチップを狙え 【見どころ】 ▼扉の向こうは異国!?外国人美女と騒げる夜の世界、ロシアンパブに潜入 ▼ガイアナ共和国と日本のハーフグラドル牧野紗弓が初潜入!セクシー衣装を身にまといサンバにポールショーに参戦 ▼わずか5秒でドンペリゲット!?ゲームや大量チップで稼ぎまくる!錦糸町で最も熱いロシアンパブの給与とは?
プーチン氏「臨戦態勢が取れている」病院を初視察
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 プーチン氏「臨戦態勢が取れている」病院を初視察  ロシアのプーチン大統領は、防護服姿で新型コロナウイルスの感染者が治療を受ける病院を初めて視察しました。  プーチン大統領は24日、黄色の防護服とマスクを着用して感染者が入院する病棟を視察しました。プーチン大統領は人工呼吸器をつけた重症患者の治療の様子なども視察し、病院のスタッフを激励しました。  ロシア、プーチン大統領:「軍事用語は使いたくないが、臨戦態勢が取れている。病院ではすべてが精巧な時計か油を差した機械のようだ」  ロシア国内ではこれまでに495人の感染が確認されています。
ロシア 新型コロナ感染拡大受け国を完全封鎖へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ロシア 新型コロナ感染拡大受け国を完全封鎖へ  新型コロナウイルスの世界での感染拡大を受け、ロシアは外国との行き来を一切できなくする措置を27日から導入します。  ロシア政府は26日、すべての国際線の運航を27日から当面、停止すると発表しました。これに先立ち、周辺国への陸路や船舶による移動ができなくなっていて、国を完全に封鎖することで感染拡大を防ぐ考えです。  帰国する留学生:「いつ帰れるか分からないのが怖いので、もう帰ることにしました」  帰国する駐在員の家族:「病院とか言葉も日本語とは違うので、難しいと思うので決断しました」「(Q.日本に帰りたい?)うん」  モスクワの空港では、現地に住む日本人らが封鎖を前に出国を急いでいました。
ルパン三世TVSP #05 ルパン暗殺指令
ルパン三世TVSP #05 ルパン暗殺指令 ルパン三世TVSP #05 ルパン暗殺指令 銭形がルパン捜査を解任され、元雇兵のキース・ヘイトンが後任となった。一方ルパンは今度の標的を密売企業ショットシェルの貯蔵金に決定。遂行にはロシアの核物理学者カレン女史が必要だった。 奇しくもショットシェルの手先に連行されかけていた彼女を不二子たちが救出し、予めロシアの原潜イワノフを奪取していたルパンたちと共に進水。この操縦にカレンの腕を要したのだ。 そこでカレンは、次元が10年前に父を殺した相手だと看破する。そんな中ルパンの予想通りに、ショットシェルのボスであるジョン・クローズからイワノフへ入電。やがて面談したジョンは、ルパンの腕を見込んで核兵器の強奪を依頼する。 ジョンの目的は世界規模の戦争を起こさせ、利潤を得ることにあった。その頃、実はジョンの秘密社員であるキースの魔手が、別地にいる五ェ門たちへ迫っていた……!
完全封鎖で赤の広場も閑散…薬局など除き店舗も休業
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 完全封鎖で赤の広場も閑散…薬局など除き店舗も休業  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、外国との往来を完全に封鎖したロシアでは観光客の姿が消え、市民の間でも緊張が高まっています。  モスクワ市民:「人が減ったのは良いと思う。接触が少なければその分感染を防げるからね」「モスクワの感染者は本当はもっと多いと思う。欧州全体が感染しているのにこんな大都市で500人だけなんて作り話だ」  ロシアでは国の完全封鎖に加え、28日から全土の薬局や食料品店などを除くほぼすべての店舗が休業することになります。プーチン大統領も国民に家にいるよう呼び掛けています。
モスクワで外出禁止令 感染拡大に歯止めかからず
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 モスクワで外出禁止令 感染拡大に歯止めかからず  新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、ロシアの首都モスクワで外出禁止令の実施が始まりました。  モスクワ市のソビャーニン市長は29日、すべての市民を対象に30日から自宅での隔離を義務付けると発表しました。例外として通勤、そして、食料品店と薬局での買い物などについては外出を認めるとしています。ロシア政府はすでに外国人の原則入国禁止やほぼすべての国際線の運航停止などの厳しい措置を取っています。それでも感染拡大に歯止めが掛からず、29日には新たに270人の感染者が確認されています。