「ロシア 学園」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

#33【大食いYouTuber対決】谷やんvsロシアン佐藤
無料
買えるバトルクラブ #33【大食いYouTuber対決】谷やんvsロシアン佐藤 【大食いYouTuber対決】谷やんvsロシアン佐藤の下剋上バトル勃発! 谷やんはこれまでイケメン料理研究家ベリッシモ・フランチェスコ、ワインエキスパート樋口真一郎に圧勝を納め2連勝中! そんな谷やんがついに最強の相手を自ら指名してバトルに挑むのがYouTuberロシアン佐藤! ”調理系大食いYouTuber”のパイオニアであるロシアン佐藤を大先輩とリスペクトする谷やんが下剋上をかけた世紀の対決! 「先輩のロシアン佐藤を超えたいので指名した」と語る谷やんに対し、ロシアン佐藤も「先輩として立ち続けられるように勝ちたい」と応戦! 意地とプライド、そして同じYouTuberとして絶対に負けられないバトルがついに始まる!!
ロシアの流儀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 ロシアの流儀 4期目がスタートした、ロシアのプーチン大統領。経済が低迷しても、国際社会で孤立を深めても、高い支持率は衰え知らず。大統領自ら、庶民の質問に4時間も答え続ける名物番組「プーチン・ホットライン」とは?「クリミア併合」をロシア国民はどう捉えているのか?プーチンの「力の源泉」エネルギー戦略とは? 長くロシアを取材し続けてきた記者が、謎多き超大国の「流儀」を紐解く。
複雑化する中東情勢 米“撤退”でロシアが存在感
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 複雑化する中東情勢 米“撤退”でロシアが存在感  アメリカの働き掛けで一時的な停戦に合意したトルコですが、トルコとの緊密な連携を続けてきたロシアの動向も今後の情勢の行方を左右します。  シリア北部におけるクルド人勢力の掃討を狙うトルコが軍事作戦を始めたのは、クルド系武装組織を実質的に支援してきたアメリカがシリア北部から全面的に撤退したことがきっかけといえます。後ろ盾を失ったままでトルコを迎え撃つことになったクルド人勢力は、トルコと対立するシリアのアサド政権側に協力を要請し、シリア政府軍はすでに北部へと部隊を派遣しました。この複雑な情勢のなか、ロシアは関係各国と連携を続けてきました。ロシアはシリアのアサド政権に大きな影響力を持つほか、トルコ側とも兵器の輸出などを通じて緊密に連携を続けています。アメリカ軍の撤退以降、シリア北部ではロシア軍が「監視活動」を続けています。また、プーチン大統領がアメリカと同盟関係にあるサウジアラビアを12年ぶりに訪問するなど、アメリカが「制裁」などを通じて影響力の行使を図るのとは対照的に、ロシアは直接的な動きで存在感を強めています。プーチン大統領は22日にトルコのエルドアン大統領と会談する予定で、事態収拾を図るとともに混迷が続く中東地域での主導権を握りたい考えです。
ロシア、イランが米を批判 国連委員会が異例の中断
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ロシア、イランが米を批判 国連委員会が異例の中断  ニューヨークの国連本部でロシアやイランが外交官らのビザが発給されないとアメリカを批判し、軍縮などを議論する委員会が中断する異例の事態になりました。  ロシアは先月の国連総会などで外交官にビザが発給されなかったとして、アメリカを批判しています。7日に開かれた国連の第1委員会では、ロシアがビザが発給されないとして「アメリカが国連との合意を無視している」と訴えるとイランも後に続き、軍縮の議論がされないまま散会となりました。アメリカは国連の会議に出席する外交官のビザ発給を義務付けられています。  米・ウッド軍縮大使:「国連第1委員会は多くの大事な仕事がある。ビザの問題で邪魔するべきではない」  アメリカ側は国内法と照らし合わせてビザを発給していると主張しています。
「ロシア経由で入荷」 禁輸の北朝鮮海産物が中国に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「ロシア経由で入荷」 禁輸の北朝鮮海産物が中国に  国連安全保障理事会の制裁で輸出が禁じられている北朝鮮の海産物のカニが中国の鮮魚店で販売されていました。鮮魚店の店員は「ロシアを経由して入荷される」と話しています。  北朝鮮との国境に近い中国・吉林省延吉の市場です。鮮魚店では大量のカニが売られています。  鮮魚店の店員:「(Q.これはどこで取れたのですか?)北朝鮮です」「(Q.これもですか?)すべて北朝鮮産です」「(Q.北朝鮮からの輸入は禁止では?)私たちには(輸入する)ルートがあります」  この市場の関係者は複数の鮮魚店がカニなど北朝鮮産の海産物を扱っていると証言しています。ある店員は海産物はいったんロシアを経由し、中国には「ロシア産として入荷される」と話しました。7日に日本の排他的経済水域内で北朝鮮の漁船が水産庁の漁業取締船と衝突しましたが、国連安保理が海産物の輸出を禁止するなか、水産業が引き続き北朝鮮の外貨獲得手段になっているとみられます。
禁輸のはずが…毛ガニずらり、北朝鮮海産物が中国に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 禁輸のはずが…毛ガニずらり、北朝鮮海産物が中国に  「北朝鮮の海産物」が、中国で販売されているのをANNのカメラが捉えました。国連の制裁逃れの可能性があります。  北朝鮮との国境に近い中国・吉林省の延吉。人や車の通りも多い中心部の大きな市場に入りました。中を歩くと、明るい照明で様々な店が並んでいます。そして、海産物を取り扱う店が。店の品物を見るとホタテやサザエのような貝殻。水槽を見ると、何種類かのカニが生きて動いているのが分かります。さらにはシャコやタコ、貝らしきものも。  北朝鮮といえば日本の排他的経済水域内での違法操業が問題になっていて、7日も石川県沖の大和堆といわれる場所で水産庁の取締船と衝突が起こりました。かつても、違法なイカ釣り漁船が何度も目撃されていますが…。一体、なぜ輸入が禁止されている北朝鮮産の海産物が中国の市場で…。違法に仕入れたものなのか。  店員によりますと、北朝鮮からは直接輸入することができないため、まず北朝鮮産の海産物がロシアにわたってロシアの港からロシア産として中国がさらに輸入するという方法で仕入れているので問題はないと主張します。ロシアを経由した、いわば迂回(うかい)輸出ともいうべき海産物ロンダリングが北朝鮮の外貨獲得の手段になっているとみられます。
領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 領土問題は日本と「同じ悲劇」 ウクライナ大統領  トランプ大統領のウクライナ疑惑で渦中にあるウクライナのゼレンスキー大統領がANNの取材に応じ、安倍総理大臣と会談した際に両国がロシアとの間に抱える領土問題について協議する考えを明らかにしました。  ウクライナ、ゼレンスキー大統領:「(Q.日本は領土問題についてロシアにどう対処すべきか?)安倍総理と議論したい。どんな質問にも答える。もし、私の答えが総理の助けになれば大変、幸せだ」  ゼレンスキー大統領は10日にウクライナの首都キエフでANNのインタビューに応じ、北方領土問題を抱える日本と、ロシアによってクリミア半島を併合されたウクライナは「同じ悲劇を抱えている」との見方を示しました。そのうえで、天皇陛下の「即位の礼」に参列するため日本を訪問する今月後半に安倍総理と会談し、日本とウクライナが抱えるロシアとの領土問題について意見を交わす考えを示しました。  一方、トランプ大統領が大統領選挙のライバルであるバイデン前副大統領の息子の汚職疑惑を追及するようゼレンスキー大統領に圧力を掛けたとされる疑惑については、安倍総理と議論するかについて明言を避けました。
衰え知らずのプーチン大統領 休暇登山で「雲の上」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 衰え知らずのプーチン大統領 休暇登山で「雲の上」  衰え知らずの67歳。健脚、健在、山登り。ロシアのプーチン大統領が67歳の誕生日を迎え、これに合わせてプーチン大統領が休暇を楽しむ様子が公開されました。  プーチン大統領:「雲の上まで登ったね」  自分自身もロシアでは「雲の上の人」であるプーチン大統領。7日、67歳の誕生日を迎えました。ロシア大統領府はこれに合わせ、プーチン大統領がシベリア地方の山に登って休暇を楽しむ映像を公開しました。この旅に同行したのはショイグ国防大臣。実はこの2人、去年も山登りに出掛け、一緒に果実を頬張ったりキノコ狩りを楽しんだ仲です。プーチン大統領は現在の任期が満了となる2024年には70歳を超えますが、後継者については一切、言及していません。その後継者争いに含みを持たせるような動画だったのかもしれません。
世界の精鋭部隊
ザ・特殊部隊 世界の精鋭部隊 世界には精鋭が集められた特殊部隊がいくつもあり、攻撃の先頭に立ってテロと戦っている。今回はアメリカ海軍特殊部隊やデルタフォースにも劣らぬ訓練を受けた隊員の集まる世界の特殊部隊にスポットライトを当てる。"挑む者に勝利あり"というモットーを掲げた英国陸軍特殊空挺部隊や、日常的にテロと戦っているイスラエルのエリート部隊、最も難しいとされる任務を行うロシアのスペツナズを詳しく紹介する。
#115【MOMOLANDジュイ&ヨンウ出演_ロシア編】 (韓国2018年11月3日放送)
バトル・トリップ~スター達のおすすめスポット #115【MOMOLANDジュイ&ヨンウ出演_ロシア編】 (韓国2018年11月3日放送) MOMOLANDのジュイとヨンウがロシアの中で最も大きな島サハリンへ行く"モアモアツアー"!よく食べてよく遊ぶ二人が、あまり知られていない穴場スポットをたくさんご紹介!サハリン最大規模の公園”ガガーリンパーク”に響き渡る悲鳴の正体とは?さらに、オホーツク海で繰り広げられる釣り対決!果たして勝者は?