「ロシア 格闘技」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

スパイ容疑で“逮捕の瞬間” ロシア国営企業幹部
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 スパイ容疑で“逮捕の瞬間” ロシア国営企業幹部  宇宙船「ソユーズ」の打ち上げなどを手掛けるロシアの国営宇宙開発企業の幹部がスパイ行為を働いたとして、ロシアの捜査当局に逮捕されました。  タス通信によりますと、7日にロシア国営のロスコスモス社で社長顧問を務めるイワン・サフロノフ容疑者が逮捕されました。ロシアと敵対関係にあるNATO(北大西洋条約機構)の求めに応じてロシアの軍事機密を渡した疑いが持たれています。捜査当局は「国家反逆罪」で立件する方針で、有罪が確定すれば禁錮20年が科される可能性もあります。サフロノフ容疑者が勤務するロスコスモス社は、日本やアメリカと共同で宇宙船「ソユーズ」の打ち上げや国際宇宙ステーションの運用に携わっています。
プーチン氏 改正憲法で北方領土問題への影響を示唆
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 プーチン氏 改正憲法で北方領土問題への影響を示唆  ロシアのプーチン大統領は、改正される憲法に加えられた他国への領土の割譲を禁止する条項について述べ、北方領土問題に影響を及ぼすことを示唆しました。  プーチン大統領:「(領土割譲禁止条項は)ロシアの機微に触れる領土に影響を及ぼす」  国民投票で承認され、4日に発効するロシアの改正憲法には領土の割譲を禁止する条項が含まれています。プーチン大統領は3日、北方領土を念頭にこの条項について触れ、「ロシアの機微に触れる領土に影響を及ぼす」としたうえで、「国民の期待に合致する」と強調しました。改正憲法では隣国と国境を画定する交渉は禁じられていませんが、愛国的な要素が強められていて、北方領土問題を巡るロシアの態度がより強硬になりかねないと懸念されています。
ロシアの流儀
無料
朝日新聞コラボ企画 Abema×GLOBE【毎月更新】 ロシアの流儀 4期目がスタートした、ロシアのプーチン大統領。経済が低迷しても、国際社会で孤立を深めても、高い支持率は衰え知らず。大統領自ら、庶民の質問に4時間も答え続ける名物番組「プーチン・ホットライン」とは?「クリミア併合」をロシア国民はどう捉えているのか?プーチンの「力の源泉」エネルギー戦略とは? 長くロシアを取材し続けてきた記者が、謎多き超大国の「流儀」を紐解く。
#91:路地裏インターナショナル…ロシアンパブでチップを狙え
給与明細 #91:路地裏インターナショナル…ロシアンパブでチップを狙え 【見どころ】 ▼扉の向こうは異国!?外国人美女と騒げる夜の世界、ロシアンパブに潜入 ▼ガイアナ共和国と日本のハーフグラドル牧野紗弓が初潜入!セクシー衣装を身にまといサンバにポールショーに参戦 ▼わずか5秒でドンペリゲット!?ゲームや大量チップで稼ぎまくる!錦糸町で最も熱いロシアンパブの給与とは?
ソルト
ソルト(吹替) ソルト アメリカCIA本部。ロシアからの謎の密告者が捕えられ、衝撃的な告白を始める。大統領を暗殺するために、ロシアからスパイが送り込まれると。その名はソルト。それは彼の尋問を担当していたCIA女性職員の名前だった。「これは誰かの罠よ。夫に会わせて!」と懇願するも、同僚であるCIAから追われる身となった彼女は、金髪を黒髪に染めて変装しながら逃亡する。翌日、厳重な警備の中、アメリカ副大統領の葬儀会場に現れたソルトは、いとも簡単に捕まるが、何かがおかしい・・・。彼女の正体は?そして、真相は?
予告編
無料
ソルト(吹替) 予告編 アメリカCIA本部。ロシアからの謎の密告者が捕えられ、衝撃的な告白を始める。大統領を暗殺するために、ロシアからスパイが送り込まれると。その名はソルト。それは彼の尋問を担当していたCIA女性職員の名前だった。「これは誰かの罠よ。夫に会わせて!」と懇願するも、同僚であるCIAから追われる身となった彼女は、金髪を黒髪に染めて変装しながら逃亡する。翌日、厳重な警備の中、アメリカ副大統領の葬儀会場に現れたソルトは、いとも簡単に捕まるが、何かがおかしい・・・。彼女の正体は?そして、真相は?
ソルト
ソルト(字幕) ソルト アメリカCIA本部。ロシアからの謎の密告者が捕えられ、衝撃的な告白を始める。大統領を暗殺するために、ロシアからスパイが送り込まれると。その名はソルト。それは彼の尋問を担当していたCIA女性職員の名前だった。「これは誰かの罠よ。夫に会わせて!」と懇願するも、同僚であるCIAから追われる身となった彼女は、金髪を黒髪に染めて変装しながら逃亡する。翌日、厳重な警備の中、アメリカ副大統領の葬儀会場に現れたソルトは、いとも簡単に捕まるが、何かがおかしい・・・。彼女の正体は?そして、真相は?
予告編
無料
ソルト(字幕) 予告編 アメリカCIA本部。ロシアからの謎の密告者が捕えられ、衝撃的な告白を始める。大統領を暗殺するために、ロシアからスパイが送り込まれると。その名はソルト。それは彼の尋問を担当していたCIA女性職員の名前だった。「これは誰かの罠よ。夫に会わせて!」と懇願するも、同僚であるCIAから追われる身となった彼女は、金髪を黒髪に染めて変装しながら逃亡する。翌日、厳重な警備の中、アメリカ副大統領の葬儀会場に現れたソルトは、いとも簡単に捕まるが、何かがおかしい・・・。彼女の正体は?そして、真相は?
インドの新型コロナ感染者 ロシア超え世界3番目に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 インドの新型コロナ感染者 ロシア超え世界3番目に  インドの新型コロナウイルスの感染者は69万人を超えてロシアを上回り、世界3番目の多さとなりました。  インド政府は6日、新型コロナウイルスの感染者数が69万7413人になったと発表しました。死者は1万9693人に上っています。アメリカのジョンズ・ホプキンス大学の集計によりますと、感染者数はロシアを上回り、アメリカ、ブラジルに次いで世界3番目となっています。インドでは人口が多い都市での地下鉄や学校などの再開は見送られていますが、5月末まで続いていたロックダウンなどの制限措置は段階的に緩和されています。そうしたなか、7月以降、新しい感染者は4日連続で2万人を超えていて、依然、感染者は増加傾向にあります。
プーチン氏、2036年まで続投可能に 賛成約8割
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 プーチン氏、2036年まで続投可能に 賛成約8割  ロシアのプーチン大統領が2036年まで続投することが可能になる憲法改正案が国民投票にかけられ、賛成多数で承認されることが確実になりました。  ロシアの中央選挙管理委員会によりますと、開票率99%の時点で賛成票は78%を上回って承認は確実です。  賛成に投票した有権者:「改正に賛成。国に必要な安定を今の大統領は提供しているから」  反対に投票した有権者:「同じ人物が長い間権力を握るのは不自然で好ましくない」  現行の憲法ではプーチン氏は任期が満了する2024年に退任を求められますが、改正されれば再び大統領選挙に出馬することができ、さらに2期12年を務めることが可能になります。