「ロボット おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

#478 山へ!空へ!乗りものぐつ
ドラえもん #478 山へ!空へ!乗りものぐつ いとこのスネ吉が運転するオープンカーに乗って山へ紅葉を見に行こうと、ジャイアンとしずかちゃんをさそうスネ夫。いつものように、一人だけ仲間外れにされてしまったのび太は、くやしくてたまらない。 自分もドライブに行きたいとのび太に泣きつかれたドラえもんは、さまざまな乗りものになるという『乗りものぐつ』を取り出す。さっそくのび太がくつの中に両足を入れ、スイッチを押したところ、4つのタイヤが出現して自動車に早変わりしたからビックリ! のび太とドラえもんは、そのまま山へと出発! 途中でスネ吉の車を追い抜き、その後、乗りものぐつをジェット機に変え、空から山の頂上へ向かう。さらに、ヘリコプターに変えてのんびり空の散歩を楽しんだり、ジェットスキーに変えて湖で遊んだりと山をまんきつする2人。 ところが、2人がひと休みしている間に、スネ夫たちが山に到着。ジャイアンとスネ夫がこっそり乗りものぐつを持ち出してスイッチを押したところ、思わぬハプニングが起きて…!?
#480 マツタケ食べたい!
ドラえもん #480 マツタケ食べたい! 買い物を手伝ったごほうびに好きなものを買ってあげると言われたのび太は、八百屋さんの店先に並ぶマツタケを見て、「マツタケの丸焼き食べてみたい」とリクエスト。ところが、ママには困り顔で言い訳され、ドラえもんも微妙な表情…。 値段を知ったのび太があきらめてシュークリームをリクエストした直後、スネ夫とスネ夫のママが現れ、「マツタケは食べ飽きた」と言い出す。それを聞いたママとのび太はくやしくて…。 帰宅後、自分もマツタケが食べたい。ママにも食べさせてあげたいと言い出すのび太。そこでドラえもんは『モドキスプレー』を取り出すと、スプレーに向かって「マツタケ」と言い、シュークリームにひと吹き。すると、シュークリームがマツタケに変わったからビックリ! しかし、味はシュークリームのまま…。このスプレーをかけると、形は変わるが、中身は元のままなのだという。 そこで、のび太はシイタケにスプレーをかけてマツタケもどきを作り、それを裏山に植えて、ママがマツタケ狩りを楽しめるようにしようと考えるが…!?
#481 ボクをけって!サイオー馬
ドラえもん #481 ボクをけって!サイオー馬 ママに頼まれ、おじさんの家にお土産を届けに行ったのび太は、その道中で犬のしっぽを踏んで追いかけられたり、力士にぶつかって転んだり、バスに乗りおくれたりと散々な目にあう。しかも、おじさんは留守で、持って行ったカサまで忘れてきたのび太は、ママに叱られてしまう。 どうして、自分はろくでもない目にばかりあうのだろう…となげくのび太を、ことわざを引用してはげますドラえもん。しかし、またもやママに叱られたのび太は、納得するどころか、さらに落ち込んでしまう…。 そこでドラえもんは『サイオー馬』を取り出す。悪いことがあった時にこの馬にけられると、次に良いことが起きるのだという。しかし、良いことが起きた後にけられると、今度は悪いことが起きてしまうらしい。 さっそくサイオー馬にけられるのび太。すると、しりもちをついた衝撃(しょうげき)で、本棚から本が落下し、のび太が探していたマンガが見つかった! よろこんだのび太は、サイオー馬とマンガを手に出かけていくが…!?
#484 のび泥棒をタイホせよ!
ドラえもん #484 のび泥棒をタイホせよ! 小さな子どもたちがおにごっこをして遊んでいるのを見かけたのび太は、自分たちもやろうとみんなを誘うが、ジャイアンとスネ夫に「子どもの遊びだ」とバカにされてしまう。 だが、ドラえもんが『なりきりケイドロセット』を取り出すと、二人も大こうふん。このセットは、本格的なおにごっこが楽しめる未来の遊び道具で、警察(けいさつ)チームは、弾(たま)に当たるとしばらく動けなくなる『カチンカチンガン』や『強力におい追跡鼻(ついせきばな)』、泥棒(どろぼう)チームは身につけると体力が三割増しになるほか、ロープにもなる『泥棒風呂敷(ふろしき)』が使え、スリル満点のケイドロが楽しめるという。 さらに、公園の遊具に『牢屋(ろうや)シール』をはったところ、たちまち牢屋に変身したからビックリ! 近くにいた他の友だちも寄ってきて、あっという間にメンバーが集まった。 そして、町内を舞台にした「町内ケイドロ大会」がスタート! ドラえもん、ジャイアン、スネ夫たちは警察チーム、のび太、出木杉くんたちは泥棒チームにわかれて対決するが…!?
#485 あの子を笑わせろ!
ドラえもん #485 あの子を笑わせろ! スネ夫の家で遠足写真のスライドショーを上映するため、放課後みんなで集まることに。しずかちゃんは最近転校してきたムス子にも声をかけるが、ムス子は返事もせず、表情ひとつ変えずに帰ってしまう。 ムス子は転校してきて以来、一度も笑ったことがなく、そんな彼女を感じが悪いというスネ夫とジャイアンに怒ったしずかちゃんは、自分も行くのをやめると言い出す。あわてるスネ夫たちに、ムス子が来れば自分も行くというしずかちゃん。結局、スネ夫とジャイアンに言いくるめられ、のび太がムス子を連れて来るはめに…。 さっそく、のび太はムス子を待ち伏せして声をかけるが、ムス子は完全に無視。困ったのび太は、ドラえもんに何か道具を出して欲しいと頼み込む。そこでドラえもんが出したのは、『表情コントローラー』。アンテナを相手に向けてボタンを押すと、電波が顔の筋肉を動かして思い通りの表情になるのだという。 再びムス子に声をかけたものの無視されたのび太は、彼女にコントローラーを向け、笑いボタンを押すが、なぜかムス子の表情は変わらず…!?
#486 夜空に輝くピザ・ギョーザ
ドラえもん #486 夜空に輝くピザ・ギョーザ 星がきれいにかがやく夜、のび太がスネ夫の家の前を通ると、庭で星空パーティーが開かれていた。女の子たちを相手に、星座について熱く語るスネ夫を腹立たしく思ったのび太は、つい「あんな星、シャクトリ虫にしか見えない」と叫び、女の子たちにいやがられてしまう…。 その上、スネ夫の家の中に、モテるようになるための星座入門の本があるのを発見したのび太は、さらに腹を立てて帰宅。すると、ドラえもんが屋根の上でなにやら道具を足元に置いて、星を見ていた。ドラえもんによると、その道具は『プラネタイジリウム』という実際の星空で星座を学べるプラネタリウムで、なんと星を動かすこともできるのだという。 これでスネ夫の鼻を明かしてやろうと考えたのび太は、プラネタイジリウムを手にスネ夫の家へ。庭木にかくれたドラえもんがプラネタイジリウムを操作し、のび太は『糸ナシ糸電話』でドラえもんから星座の説明を聞きながら、女の子たちに星座の話を始めるが…!?
#487 ジャイアンの歌がやめられない
ドラえもん #487 ジャイアンの歌がやめられない ついついおせんべいばかり食べてしまうママ。気をつけようと決意した矢先にまたおせんべいに手を伸ばしてしまい、「おせんべい中毒かしら…」とつぶやく。その様子を見たのび太が、“中毒”を治す道具はないのかとドラえもんにたずねると、逆に中毒にする道具ならあると言って、『ヤメラレン』を取り出した。 さっそくのび太は、チューインガムとヤメラレンを一粒、ママに差し出す。ガムをかみながらおせんべいを食べることはできないため、ママを“チューインガム中毒”にしてしまおうと考えたのだ。 そんなとき、ジャイアンがリサイタルのチケットを配りにやって来た。チケットを押し付けられたのび太は、しずかちゃんやスネ夫を誘おうとするが、二人とも家から出てこない…。 しかたなく、ドラえもんと共にリサイタル会場の空き地に向かったのび太は、「どうせ聞かされるなら、ジャイアンの歌を好きになればいいんだ!」とひらめき、ヤメラレンを使って“ジャイアンの歌中毒”になることを思いつくが…!?
#488 脱出!!巨大クリスマスケーキ
ドラえもん #488 脱出!!巨大クリスマスケーキ クリスマス会に参加するため、のび太がめずらしくおしゃれをしていると、ドラミちゃんがクリスマスプレゼントを手に、未来からやってくる。ふと、のび太がプレゼントの中からシャンパンボトルのような形をしたものを手に取ったところ、突然身体が小さくなってコルクに吸い込まれてしまったから、ビックリ!  のび太が手にしたのは、『シャンポーンロケット』というひみつ道具で、コルクになった人を好きなところへ飛ばすことができ、床やかたいものに当たると、コルクが割れて、元の大きさに戻るのだという。そこで、のび太はクリスマス会が行われるスネ夫の家まで飛ばしてもらうことに。 ドラミちゃんがボトルをふってコルクを飛ばすと、のび太はスネ夫の家へと一直線! ところが、勢いあまって、部屋にあった巨大クリスマスケーキの中へと突っ込んでしまった! 遅れてスネ夫の家にやって来たドラえもんとドラミちゃんは、のび太がケーキの中に埋もれていることに気づき、大あわて! ケーキをこわすことなくのび太を助けるため、『スモールライト』で小さくなるが…!?
#489 スケートするなら氷河期で
ドラえもん #489 スケートするなら氷河期で みんなとスケートリンクに遊びに来たのび太。ドラえもんから、履くだけで思った通りにすべることができる『全自動スケート靴』を借りたのび太は、しずかちゃんにいいところを見せようと張り切るが、人がいっぱいですべることができない。 どこか空いているところですべろうと考えたのび太は、しずかちゃんを誘い、ドラえもんと共に『タイムマシン』で氷河期へと向かう。 氷河期に着いたとたん、あまりの寒さに『全自動スケート炬燵(こたつ)』を出すドラえもん。一方ののび太は、華麗(かれい)なすべりをしずかちゃんに見せ、大まんぞく。さらに、しずかちゃんの手を取り、一緒にすべっていたのび太だったが、いつの間にか旧石器人の女の子とすべっていたからビックリ! 3人が『ほんやくコンニャク』を食べてその女の子に話しかけたところ、彼女はウパパ族のゴンエと言い、どうやらのび太が履いている全自動スケート靴を気に入ったらしく、スケート靴と自分の首飾りをかけて、スケート勝負を挑んでくるが…!?
#490 百人一首にアンキパン
ドラえもん #490 百人一首にアンキパン ジャイアンから、明日の町内のカルタ大会で優勝するために、百人一首(ひゃくにんいっしゅ)をすべて覚えてくるようにと言われたのび太。百人一首がどんなものなのかも知らなかったのび太は、ドラえもんにアドバイスをもらい、必死で覚える。 ところが翌日、必ず優勝するために出木杉くんとしずかちゃんとチームを組むと言い出すジャイアン。怒ったドラえもんは、のび太とスネ夫の3人で別のチームを組んで大会に出ようと言い、ポケットから『アンキパン』を取り出す。 このパンに読み札と取り札を写して食べれば、覚えることができると聞き、大よろこびするのび太とスネ夫。3人はさっそく手分けしてパンに札を写し、食べ始める。途中、ドラえもんが出した『おざしきゲレンデ』で運動し、少しでもお腹を空かせながら、必死に食べ続けるのび太たち。 しかも、トイレで出してしまうと、覚えたことも忘れてしまうため、トイレにも行かずにがんばる3人。最後はむりやり口の中に押し込み、どうにか大会へと挑むが…!?
#491 雪でもポカポカ! エアコンフォト
ドラえもん #491 雪でもポカポカ! エアコンフォト 寒い冬の日、のび太が布団にくるまったままおやつを食べていると、ジャイアンが訪ねて来る。野球チームが最下位だったことに腹を立てたジャイアンは、みんなの根性をきたえるため、シャツ一枚で寒中トレーニングをしようと言うのだ。 のび太がふるえながら準備をしていると、ドラえもんがのび太に向かってカメラのようなものをかまえ、シャッターを押した。そして、出てきた写真を毛布にくるんだところ、のび太の体が温かくなってきたからビックリ! 実はこれは『エアコンフォト』というひみつ道具で、これで写した人がどこにいても、体は写真のある場所と同じ状態になるのだという。 それを聞いたのび太は、大よろこびで空き地へと向かう。みんなが寒がる中、ひとり元気なのび太は、はだかになっても大丈夫だとジャイアンを挑発(ちょうはつ)。乗せられたジャイアンは、みんなに上半身はだかになるようにと言い、一同は雪降る中を走ることに…。 ところがしばらくすると、のび太がふるえ出して…!?
#492 初売りドライ・ライト
ドラえもん #492 初売りドライ・ライト のび太が部屋でストーブに当たっていると、ママが入ってきて、「あちこちの部屋でストーブをつけておくのはもったいない」とストーブを消してしまう。地球にある資源は大事に使わないと無くなってしまうのだと言われたのび太は、石油が無くなってしまったら大変だと大あわて。 その様子を見たドラえもんは、ポケットから何やら光る塊を取り出す。これは『ドライ・ライト』と言い、22世紀で使われている新しいエネルギーで、太陽光線のエネルギーをドライアイスのように固めたものだという。 実は、夏の強い日光を地底にためておいたというドラえもん。家の裏から地面の中に入ると、そこにはドライ・ライトの鉱脈(こうみゃく)が広がっていた。 電灯にもカイロにもなるドライ・ライトの便利さに目をつけたのび太は、会社を作ってドライ・ライトを売り出そうと考える。反対するドラえもんだったが、もうかればどら焼きが食べ放題だとそそのかされ、よろこんでみんなにドライ・ライトを売りに行くが…!
#493 オンボロ旅館をたて直せ
ドラえもん #493 オンボロ旅館をたて直せ パパにおこづかいの値上げを頼んだものの、ダメだと断られたのび太は、家出を決意。ドラえもんにも止めてもらえず、家を飛び出したのび太だったが、行く当てもなく、途方に暮れてしまう。 そんなのび太が古いホテルの軒先で雨やどりをしていると、中から出てきたホテルの主人に、このホテルに泊まるよう強引に誘われる。しかたなく部屋に入ったのび太だったが、部屋はきたなく、お風呂のお湯も出ない。食事は主人が出前のラーメンを取ってくれるが、お金のないのび太には払えない。困ったのび太はここで働かせてほしいと頼むが、仕事は無いと断られてしまう。 聞けば、客が来ないためお金もなく、部屋をきれいにすることもできず、ガスも電気も電話も止められているらしい。同情したのび太は、お給料は要らないから働かせてほしいと申し出、お客さんを探しに出るが、来てくれる人はなかなか見つからない。 ところが、しばらくするとひとりの客がやってきた。しかも突然、ホテルの中が高級ホテルのように様変わりして…!?
#494 そっくりペット大集合
ドラえもん #494 そっくりペット大集合 ケンタウロスや人魚、ユニコーンなどの伝説の生き物が実際には存在しないと知り、ガッカリしたのび太は、帰宅後、ドラえもんが見ていた未来デパートのチラシに、顔は人間で体は動物の生き物が載っているのを見て大興奮(こうふん)。ドラえもんによると、これは動物に食べさせると、食べさせた人とそっくりの顔になる『そっくりペットフード』というひみつ道具のチラシだという。 興味(きょうみ)を持ったのび太は、ドラえもんが出かけたすきに勝手にそっくりペットフードを注文。届いたペットフードを持ってしずかちゃんの家を訪ねると、しずかちゃんが飼っている文鳥のピーちゃんに食べさせてみる。ところが、ピーちゃんが自分と同じ顔になってしまったしずかちゃんはビックリ。しかも、しずかちゃんに怒られたのび太が鳥かごを倒し、ピーちゃんが逃げ出してしまう…! さらにその後、なぜかドラえもんの顔をしたネコやカラス、スズメなどが街中にあふれ、街は大さわぎに…!?
#495 再会!5年ぶりののび太
ドラえもん #495 再会!5年ぶりののび太 日曜日。しずかちゃんが家に遊びに来ると楽しみにしていたのび太。ところが、ちょうど野比家の前で、小さいころ隣(となり)に住んでいた青年・ケンと久しぶりに再会したしずかちゃんは、のび太との約束を断り、ケンを連れて家に帰ってしまう。 落ち込んだのび太が部屋に戻ると、ドラえもんが「久しぶりだなぁ。一週間ぶりのどら焼き」と言いながらどら焼きを食べていた。しかし、ドラえもんは昨日もどら焼きを食べていたはず…。ドラえもんによると、『ひさしぶりトランク』というひみつ道具と一緒にしておくと、何でも久しぶりに見たような気がするのだという。 それを聞いたのび太は、ひさしぶりトランクを持ってしずかちゃんの家をたずねる。しかし、トランクが一週間ぶりに設定されていたため、4年ぶりに会った友達が来ているからまた今度と断られてしまう。そこで、ダイヤルを5年ぶりに変更し、再びしずかちゃんの家へ。 ところが、途中で会ったジャイアンとスネ夫になつかしがられてしまい…!?
#497 ぼく、マリちゃんだよ
ドラえもん #497 ぼく、マリちゃんだよ 大好きなアイドル・丸井マリが、家の近くで映画の撮影をしていると聞いたドラえもんは大急ぎで見に行くが、マリは撮影現場から姿を消してしまっていた…。マリと会えずにガッカリした直後、なんと空き地の土管の中で寝ているマリを見つけてビックリ! 「眠いなら、うちで休めば」というのび太にさそわれ、野比家にやって来たマリ。彼女は仕事に追われ、何もかもイヤになってコッソリ逃げだしたのだという。「あなたたちがうらやましい。できることなら変わりたいくらい」というマリのつぶやきを聞いたドラえもんは、入れ替わることができるひみつ道具『トッカエ・バー』を取り出し、のび太とマリの姿を入れ替えてあげる。 マリの姿になって外に出たのび太は、ジャイアンとスネ夫にサインをあげたり、雑誌のインタビューを受けたりと、アイドル気分を満喫(まんきつ)。ところが、インタビューでメチャクチャな返答をくり返すのび太にあわてたドラえもんは、トッカエ・バーを使って自分がマリの姿になるが…!?
#461 南海の大冒険~キャプテン・シルバーの財宝~
ドラえもん #461 南海の大冒険~キャプテン・シルバーの財宝~ 図書館で「宝島」の本を読み、宝探しに興味を抱いたのび太。そんな時、伝説の海賊(かいぞく)が埋めた宝が見つかったというニュースを見て、すっかり宝探しに出かける気になってしまう。 ドラえもんに『宝探し地図』を出してもらったところ、偶然にも宝のある場所が見つかったからビックリ! さっそく、しずかちゃんやジャイアン、スネ夫を誘って、ドラえもんが出してくれた未来の海賊船に乗り込むのび太。『タイムベルト』を使って17世紀の海へと移動し、カナリア諸島に向けて、宝探しの冒険に出発する。 そんな中、のび太たちはイカダに乗って漂流していた海賊、キャプテン・シルバーに遭遇(そうぐう)する。彼は自分の船でヴァスコ・ダ・ガマの宝が眠る“宝島”に向かっていたが、別の海賊船におそわれ、命からがら逃げ出したという。「助けてくれたら宝島に連れて行く」「宝を山分けしよう」と持ちかけられたのび太たち。みんなは怪しげなキャプテン・シルバーを乗船させることをためらうが、のび太は「本物の海賊と宝探しができるなんて最高!」と彼を受け入れてしまう。 しかし、キャプテン・シルバーには、ある企みがあった…! はたしてのび太たちは財宝を見つけることができるのか…!?
#3 気分は青空 会長はブルー/ハイリスクが気持ちいい/道着の勲章/桜才・英稜 学園交流会!
生徒会役員共 番外編 #3 気分は青空 会長はブルー/ハイリスクが気持ちいい/道着の勲章/桜才・英稜 学園交流会! 「気分は青空 会長はブルー」 各部活の抜き打ち検査を始める生徒会。将棋盤や自分達が見られて困る物まで、いろいろなものを没収する。そして最後に立ち寄ったロボット研究会にはとある物が置いてあったのだ。 「ハイリスクが気持ちいい」 ついに始まった夏休み!しかし、生徒会メンバーは休み中もだらけているわけにはいかず、今日は花壇の草むしり。頑張ったのはシノ達だけだが、終わったあとにはなぜか横島の姿が。 「道着の勲章」 夏真っ盛りの桜才学園。ムツミが所属する柔道部では毎日熱い練習が行われていた。シノ達生徒会も臨時マネージャーとして夏合宿に参加する。 「桜才・英稜 学園交流会!」 英稜高校生徒会と共に学園交流会を行った桜才学園生徒会。英稜高校の生徒会長「魚見」と初対面したシノは自分に良く似た部分を持つ彼女とすぐに意気投合していく。
#8 メカるが勝ち
RobiHachi #8 メカるが勝ち ロビー達は次なる宿場星『マルベリー7』へ。しかしイックの策略で機械人間の星『マルベリー8』へ。『メカにあらずんば人にあらず』とスローガンを掲げ、生身の生命体は奴隷扱い。人間達は浜辺でハマグリを採って、観光客に売っている。ロボットである故、すっかり高待遇に迎えられるイックに対し、人間であるロビーとハッチも最初はひどい扱いを受けるのだが……。