「一松 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第16話 「一松事変」 ほか
おそ松さん 第16話 「一松事変」 ほか 「一松事変」 ほんの気の迷いで、その場にあったものを身につけてみた一松。ところが出かけていたはずのおそ松が急に家に帰ってきた!? 慌てた一松は?
第3話 「げんし松さん①」「チョロ松と一松」「トト子の挑戦」
おそ松さん 第2期 第3話 「げんし松さん①」「チョロ松と一松」「トト子の挑戦」 「げんし松さん①」 6つ子の原始人たちがマンモスを見てひらめき作り出された物とは… 「チョロ松と一松」 チョロ松と一松― 一緒にいた二人を襲う思わぬ試練!? 「トト子の挑戦」 負けられない闘いに挑むトト子。そんなトト子の挑戦をさまたげるのは、6つ子と…?
第5話 「カラ松事変」「エスパーニャンコ」
おそ松さん 第5話 「カラ松事変」「エスパーニャンコ」 「カラ松事変」 毎度毎度チビ太の店で飲みちらかし、食いちらかしたあげく、ツケばかりためていくおそ松兄弟に、ついにチビ太の堪忍袋の緒が切れた!! 何が何でもツケ代を請求しようと強硬手段に出た彼だったが、首尾よくことは進むのか?! 「エスパーニャンコ」 デカパン博士の研究所にやってきた十四松と一松。十四松はネコだけが友達の兄・一松のことが気にかかり、ネコと話す方法がないかと相談する。そのとき、アクシデントで、一緒にいたネコが不思議な力を持ってしまうことに?!
第17話 「UMA探検隊③」「戒め!」「旅館」「デリバリーコント」
おそ松さん 第2期 第17話 「UMA探検隊③」「戒め!」「旅館」「デリバリーコント」 「UMA探検隊③」 未確認生物UMA。そんな人類のロマンUMAを探す冒険へ、イヤミ隊長、十四松、ハタ坊が出発する!第3話。 「戒め!」 今晩はなんと焼肉!!そんな日に限って一松と十四松にはさらに良いことが起こりまくる。しかし良いことが起こりすぎて逆に不安になった一松は。。。 「旅館」 カラ彦部長とトド美が不倫旅行で訪れたのは山奥にある「黒松館」という良い雰囲気の温泉旅館。なんとその温泉旅館には「おそま」というかわいい座敷わらしが住んでおり。。。 「デリバリーコント」 本当は賢いヘンゼルとグレーテル
第9話 「キャンペーン発動!」「ゲームセンターイヤミ」「トト子とにゃー②」
おそ松さん 第2期 第9話 「キャンペーン発動!」「ゲームセンターイヤミ」「トト子とにゃー②」 「キャンペーン発動!」 気を使わない兄弟に対し一松があるキャンペーンを発動させる! 「ゲームセンターイヤミ」 イヤミがゲーム機に向かうとき、天性の才能と秘技が炸裂する!! 「トト子とにゃー②」 チビ太の屋台にて、トト子とにゃーのSNSに対してまた闘いの火花を散らす!!
第14話 「実松さん 第九話」「UMA探検隊」「チョロ松事変」
おそ松さん 第2期 第14話 「実松さん 第九話」「UMA探検隊」「チョロ松事変」 「実松さん 第九話」 相変わらず会社でうだつの上がらない実松。そんな実松にある日、奇跡が起こる!? 「UMA探検隊」 未確認生物UMA。そんな人類のロマンUMAを探す冒険へ、イヤミ隊長、十四松、ハタ坊が出発する! 「チョロ松事変」 年が明け、良い機会だからと茶髪デビューするチョロ松。リアクションに困っていた一松、十四松、トド松の前におそ松とカラ松まで現れて。。。
第15話 「UMA探検隊②」「びん」「カラ松タクシー」「トッティクイズ」
おそ松さん 第2期 第15話 「UMA探検隊②」「びん」「カラ松タクシー」「トッティクイズ」 「UMA探検隊②」 未確認生物UMA。そんな人類のロマンUMAを探す冒険へ、イヤミ隊長、十四松、ハタ坊が出発する!第2話。 「びん」 一松が手に取ったびんのふたが全く開かない。6人で協力した結果・・・ 「カラ松タクシー」 タクシードライバーカラ松。客のトト子を乗せてどこへ行く!? 「トッティクイズ」 新春恒例のトッティクイズが今年も始まる!
第17話 「十四松まつり」
おそ松さん 第17話 「十四松まつり」 ただひたすらに十四松。十四松十四松!!
第二十四番 夢の続き
火ノ丸相撲 第二十四番 夢の続き 互角の戦いを繰り広げる久世と火ノ丸。幼少の頃から孤高に相撲の技を磨いてきた久世と、生まれ持った体格のハンデを乗り越えて戦い続けた火ノ丸は、戦いを通じて互いの強さを認め合い、そして己の全てをぶつけ合う。
第18話 「逆襲のイヤミ」ほか
おそ松さん 第18話 「逆襲のイヤミ」ほか かつては主役の座にいたはずが、すっかり脇役へと追いやられたイヤミは、この状況に満足などしていなかった!!
第19話 「聖澤庄之助さん」ほか
おそ松さん 第19話 「聖澤庄之助さん」ほか 前回、劇的な勝利を飾った聖澤庄之助。ついに始まる「聖澤庄之助さん」!?
第20話 「イヤミの学校」ほか
おそ松さん 第20話 「イヤミの学校」ほか 「イヤミの学校」 またもや良からぬことを考え出したイヤミ。いったいそれは??そして六つ子達は。。
第21話 「神松」ほか
おそ松さん 第21話 「神松」ほか 「神松」 ある日十四松とトド松が、7人目の松がいることに気付いてしまい。。。
第23話 「灯油」ほか
おそ松さん 第23話 「灯油」ほか 「灯油」 真冬。相変わらず茶の間でグータラしていた六つ子たち。そんな時。。。
第24話 「トト子大あわて」 ほか
おそ松さん 第24話 「トト子大あわて」 ほか 「トト子大あわて」 いつも皆にチヤホヤされ、幸せに暮らしていたトト子。ある日、とあることに気付き。。。
第三番 草薙剣
火ノ丸相撲 第三番 草薙剣 監督として加入した辻 桐仁(つじ・きりひと)は、全国大会を目指すための第一歩として、関東最強の栄華大附属高校との練習試合を決行する。桐仁に未だ半信半疑な部員達だったが、言われるがまま栄華大へ向かう。そこにはかつて火ノ丸の前に大きく立ちはだかったライバル、国宝・草薙=久世草介(くぜ・そうすけ)がいた。
第六番 魁!!柴木山部屋
火ノ丸相撲 第六番 魁!!柴木山部屋 柴木山部屋での特訓を行うことになった火ノ丸。しかし力士達はあまりにも小さな火ノ丸をまともに扱うことはなかった。しかし火ノ丸は、高校生離れした実力をプロの力士達に見せつけ、力づくで力士として認めさせた。緩んだ雰囲気は一気に引き締まり、稽古も白熱する中、それを影から見つめる不気味な視線が・・・。
第九番 鬼と月
火ノ丸相撲 第九番 鬼と月 激しい緊張感の中、2人の国宝「鬼丸国綱」と「三日月宗近」の大将戦の火ぶたが切って落とされた。火ノ丸は沙田の身のこなしに苦戦を強いられ、これまで磨いてきた「鬼車」も「鬼嵐」も封じられる。二点同時攻撃の「百鬼薙ぎ」を繰り出すも、反対に沙田の鋭い「双月」が火ノ丸の身体をついに捕えた。
第十四番 インターハイ開幕
火ノ丸相撲 第十四番 インターハイ開幕 小関の度胸試しと偵察を兼ねて金沢北高に乗り込む千比路、小関、堀の3人。対する北高の主将・相沢は3人を相手にせず、「伝統が無く、歴史が浅い」とダチ校相撲部を批判し、ショックを受ける小関であったが…。一方、柴木山親方に稽古をつけてもらった蛍は、監督として稽古を見守っていた桐仁にある想いをぶつける。
第十五番 鬼丸国綱と童子切安綱
火ノ丸相撲 第十五番 鬼丸国綱と童子切安綱 全国高等学校相撲選手権大会が開幕。順調に個人戦を勝ち進み、ついに火ノ丸は高校横綱・天王寺獅童との対決を迎える。全身全霊でぶつかっていくが、相手の動きを研究し尽くした天王寺にはまるで通用しない。体格差もあり体力を消耗する火ノ丸に、天王寺が襲い掛かる。
第十八番 僕の克ち方
火ノ丸相撲 第十八番 僕の克ち方 邪道と言われる変化を磨いてきた蛍は、真っ向勝負で戦っている火ノ丸の相撲を汚してしまうのではないかと悩みを抱えてきた。それでも「一勝」を掴みとるため、自分よりもはるかに体格の優れた相手に戦いを挑む。そして変化が読まれている中、蛍はある秘策を繰り出す。
第十九番 弱き心に、強き意志
火ノ丸相撲 第十九番 弱き心に、強き意志 鳥取白楼相撲部のナンバー2、加納と千比路の対戦。加納の圧倒的な相撲の才能の前に苦戦する千比路であったが、持ち前の格闘センスを活かした多彩な技で応戦する。しかし、追い込まれたことで逆に闘志に火がついた加納の両腕が千比路のまわしを捕えた。
第二十三番 発気揚々
火ノ丸相撲 第二十三番 発気揚々 インターハイ団体戦、副将戦。生まれも環境も全く違うが、幼い頃に見た横綱・大和国に憧れて相撲を始めた経歴を持つダニエルと小関はお互いの相撲観に親近感を持ちながら、正面から対峙するのであった。そしてついに大将戦。最大のライバル同士である火ノ丸と久世の対決の火蓋が切られた。
第13話 「事故?」 ほか
おそ松さん 第13話 「事故?」 ほか 「事故?」 偶然(?)、チョロ松が、絶対に見られたくない、知られたくないプライバシーにふみこんでしまったおそ松。チョロ松の怒りはおさまらず……。
第22話 「希望の星、トド松」「ファイナルシェー」
おそ松さん 第22話 「希望の星、トド松」「ファイナルシェー」 「ファイナルシェー」 とある国の拳法の師範代が、母国の危機を救うためある男に目をつけた。はたしてそれは??
第四番 ダチ高の五人目
火ノ丸相撲 第四番 ダチ高の五人目 早朝のワカメ漁など、次々と奇妙な特訓を命じる桐仁。それは不安定な船上でバランスを鍛えるための特訓だった。部員達は桐仁の指導に感心しつつも、経歴と実力が不明なため不信感を抱え、ついには不満を爆発させてしまう。監督としての実力を示すため、桐仁は全くの素人である1年生の三ツ橋蛍(みつはしけい)を使って他の部員達を倒すと宣言をする。
第五番 さわやか☆力士 沙田美月
火ノ丸相撲 第五番 さわやか☆力士 沙田美月 隣町の石神高校に出稽古に行くことになったダチ高相撲部。石神高校は関東大会準優勝の強豪校で、元中学生横綱の国宝・三日月宗近=沙田美月(さだ・みつき)が在籍している。沙田との対決に期待する火ノ丸だったが、辻は火ノ丸にある特別な会場を用意していた。 一方、補修授業で居残りの千比路の前に、相撲部の偵察と称して他校から謎の人物が現れる・・・!
第七番 愚直な道化
火ノ丸相撲 第七番 愚直な道化 いよいよ始まったインターハイ県予選!無名のダチ高は完全になめられていたものの火ノ丸は他校の生徒を豪快に投げ飛ばしていく。次に続く選手たちも快勝を続け、礼奈たちが見守る観客席からもどよめきが一気に広がる。決勝の舞台へ勝ち進み、因縁の石神高校との対決が始まった。これまで一度も勝利したことがない蛍であったが、彼の眼には強い覚悟が宿っていた。
第八番 覆水盆に返らず
火ノ丸相撲 第八番 覆水盆に返らず 一勝一敗で金盛と佑真の試合が始まる。佑真は追い込まれながら今自分がここにいる意味を問いただしていた。大会前、佑真はかつて自分が不良の道に進み、投げ出してしまった空手の道場を訪れる。師範に対し、これまでの非礼と過ちを謝罪し、更生を誓い再び教えを乞うが、師範は空手で人を傷つけた過去は許すことはできないと一刀両断する。
第十番 譲れない気持ち
火ノ丸相撲 第十番 譲れない気持ち 団体戦の余韻も束の間、個人戦トーナメントが始まる。仲間同士の対決に戸惑う小関をよそに、千比路はやる気満々で持ち前の格闘センスでトーナメントを順調に勝ち上がっていく。そんな様子を見て悩みが吹っ切れていく小関。一方火ノ丸は、団体戦で受けた右腕の負傷を部員達に隠しながら、仲間との対決に臨む。大事な仲間と真剣勝負をすることも火ノ丸なりの彼らへの礼儀であった。