「三代目」の検索結果

今すぐ視聴する

第十七話 白い過去・秘めた想い
NARUTO -ナルト- 第十七話 白い過去・秘めた想い サスケを傷つけられた怒りが、ナルトに封印された「九尾の妖狐」の力を呼び覚ました。その圧倒的な力の前に敗北を悟った白は、「ボクを殺してください」と告げる。再不斬の最強の道具であることが存在理由だった白は、自分にはもう価値がないのだと考えていた。白の純粋な気持ちに、ナルトは白にトドメを刺せず苦しむ。
第十九話 ザブザ雪に散る…
NARUTO -ナルト- 第十九話 ザブザ雪に散る… 白の死に何も感じていないように見える再不斬だったが実はそうではなかった。言葉とは裏腹に、再不斬は白を誰よりも大切に思っていたのだ。白を失った再不斬の悲しみは大きく、この非情さこそが忍の宿命であることをナルトは知る。再不斬は、用無しとなった自分を消そうとするガトーとその手下たちに、単身立ち向かい……。
第二十話 新章突入!中忍試験だってばよ
NARUTO -ナルト- 第二十話 新章突入!中忍試験だってばよ 波の国から帰還し、次の任務に気合十分のナルトだったが、待っていたのはまたしても平凡な任務ばかりで肩を落とす。そんな時、木ノ葉隠れの里に他里の忍が続々と集まってきていることを知る。彼らは各里を代表して送り込まれた下忍で、今回木ノ葉で行われる「中忍選抜試験」、通称「中忍試験」の受験生たちであった。
第二十二話 気合120% ナウでロックな挑戦状!
NARUTO -ナルト- 第二十二話 気合120% ナウでロックな挑戦状! 試験会場に現れた、オカッパ頭にゲジゲジまゆ毛の少年・ロック・リーが、サスケに勝負を挑んできた。その挑戦を受けて立つサスケだが、目にもとまらぬ早さで次々とワザをしかけるリーに、防戦一方に追いこまれる。リーがどんな術を使っているのか確かめようとするサスケ。しかしなぜか写輪眼でも見極めることができず……。
第二十三話 蹴散らせライバル!新人9人(ルーキーナイン)全員集合
NARUTO -ナルト- 第二十三話 蹴散らせライバル!新人9人(ルーキーナイン)全員集合 中忍試験の申し込みに向かうナルトたち三人は「薬師(やくし)カブト」と出会う。彼はこれまで何度も中忍試験を受けており、不合格続きではあるものの、そのおかげで受験生たちのデータを大量に持っているという。カブトの情報を見せてもらったナルトたちは、この試験にのぞむ者たちが皆かなりの実力者であることを知る。
第二十四話 いきなり失格?超難関の第一試験
NARUTO -ナルト- 第二十四話 いきなり失格?超難関の第一試験 第一試験のペーパーテストにのぞむナルトたち。試験官の森乃イビキから試験のルールが伝えられた。「問題は10問。全問正解ならば10点で、ひとつ間違えるごとに1点ずつ減点される。合格か不合格かはチーム三人の合計点で決まるが、全問不正解の者がいたらチーム全員が不合格になる」という。そして試験が開始され……。
第二十五話 出たとこ勝負!踏ん張りどころの10問目
NARUTO -ナルト- 第二十五話 出たとこ勝負!踏ん張りどころの10問目 第一試験は、受験生たちの「情報収集能力」を調べるために行われていた。難問ぞろいのテストを前に、忍者らしく、いかに試験官たちにバレないようにカンニングするかを試すものだったのだ。そしていよいよ最大の難問である第10問目。この問題を解く前に、イビキから過酷にして理不尽なルールがつきつけられる。
第二百四十一話 サソリの素顔
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十一話 サソリの素顔 ヒルコからサソリを引きずり出す事に成功したチヨバアとサクラ。しかし驚いた事にサソリは二十年前と変わらぬ風貌をしていた。絶句するチヨバアだが、次いでサソリが引き出した第二の傀儡の姿に更に驚嘆する。それは歴代最強と謳われた、三代目風影の人傀儡だった。
第二百四十三話 「父」と「母」
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十三話 「父」と「母」 チャクラを磁力に変えるという特殊能力を持つ三代目風影の人傀儡を前に、不利と読むチヨバアはサクラに退避を促す。だがときすでに遅くサソリの猛攻撃が開始。サクラを庇いつつ戦うチヨバアだが、瞬く間に「父」と「母」を砂鉄で封じられ、傀儡を失ってしまった。絶体絶命の窮地の中で、サクラはひとつの決断をする。
第二百四十五話 生と死の三分間
NARUTO-ナルト- 疾風伝 第二百四十五話 生と死の三分間 隠し玉の解毒薬にて三代目風影を破壊したサクラ。驚愕のチヨバアにサクラは解毒薬の説明をする。解毒効果が持続する時間は約三分。チヨバアとサクラは何としても制限時間内にサソリを倒そうと決意する。ここにきてサクラの実力を認めざるをえないサソリは、遂に奥の手のカラクリを披露。
第12話 十三代目石川五ェ門散財ス
ルパン三世 PART5 第12話 十三代目石川五ェ門散財ス コスプレイヤーで溢れる、フランスの田舎町。ポップカルチャーのイベントで賑わう町中に五ェ門の姿があった。五ェ門が案内された宿屋の隣には、ビストロを経営する女・クロエが居た。彼女こそ、五ェ門が探していた、今回の盗みのターゲット。ベルギーの富豪から遺産を受け取り、命を狙われている女……。またクロエは、ビストロの赤字を嘆く、薄幸の美女でもあった。五ェ門は、そんなクロエのことが気になり始めて……。
#25:家族経営の老舗飴屋の売上をUPさせる方法は!?飴は会話ツールになる?
株式会社ニシノコンサル #25:家族経営の老舗飴屋の売上をUPさせる方法は!?飴は会話ツールになる? 今回のクライアントは、鵜飼やっこ飴本舗の鵜飼大輔さん。 岐阜県で86年続く老舗の飴屋さん。飴は全て昔ながらの製法で職人の手作り! 初代の頃はなんと年商1億円越え!それが三代目の父親の現在は670万円まで下がってしまい、いつ潰れてもおかしくない状況。 そこで、今回の相談内容は“実家の飴屋の売上をあげたい!” このお悩みにブレーンとして向き合うのは、SHOWROOM代表・前田裕二。 そもそも売上下がった原因は大きく2つ ①時代やニーズの変化 ②後継者(職人)不足 この原因を解決するべく西野と前田の出した解決策とは! 前田が飴は飲食店などで“コミュニケーションを取るのに優秀なツール”なのでそこを狙うことを提案! さらに、普通の飴ではなくお店ごとのオリジナル飴でオリジナルの絵をセットで販売を提案!早速その場でスナックCandyに置くことが決定! 収録終了後オンラインサロン上でスナックCandyに置く飴のデザインコンペが行われました!果たしてどのようなデザインが完成したのか… そして以前コンサルしたクライアントの経過報告! 今回は「選手を有名にしてフットサル・Fリーグを盛り上げたい!」と相談に来た立川・府中アスレティックFC所属の皆本晃選手と、マネージャーの権東しょうこさんが現在どのような活動をされているのか、実際にスタッフが会いに行ってきました! どのような活動をしていたのか放送をお楽しみに!!