「世界」の検索結果

今すぐ視聴する

ネパール
世界・酒巡り ネパール 8000メートル級の山々がいくつもそびえたつネパール。この「世界の屋根」で飲まれているお酒を求め、ジャックは昔ながらの自家製酒を作る地元のレストランや、戦闘集団グルカの退役兵の集まりを訪ね、標高約2000メートルへの登山にも挑戦する。そして一般家庭で米から造られる蒸留酒ロキシー、グルカ兵が飲むラム酒、エベレスト登頂に欠かせないシェルパが飲むビールであるトゥンバなどを堪能する。 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
アイスランド
世界・酒巡り アイスランド アイスランドで、人々が体を温める方法は酒を飲むことである。漁師が造る自家製の酒、 寒さに強いコケで造る蒸留酒、 火山のふもとでアンジェリカや氷河水を使って造る地ビール、カバノキの枝葉と樹液から造る蒸留酒とリキュール。 アイスランドは恵まれた土地ではないが、人々は知恵を使って様々な酒を生み出している。ジャックはこの国を築いたバイキング精神に触れ、パブ巡りや利き酒を通して人々と交流する。 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
スペイン
世界・酒巡り スペイン 豊かな文化や言語が織りなす国、スペイン。至る所にバーがあり、酒文化も豊富だ。アンダルシアのシェリー、危険な競技ぺロタ、バスクの文化を守ってきた美食の秘密結社、ケルトの精神が息づくガリシアのワインかすの蒸留酒と神秘的な儀式、カタルーニャの秘伝の自家製リキュール、人気が再燃したベルモット。多様な文化が混在するスペインで、ジャックは各々の文化に誇りを持つ人々と当地の酒を酌み交わす。 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
オーストリア
世界・酒巡り オーストリア 酒が薬と考えられているオーストリアを、ジャックが案内人のジェニーと共に旅する。ビールの風呂、80度のラム酒をふんだんに使ったケーキなど、オーストリアの驚きのアルコール文化に触れる。完璧主義者が作るオー・ド・ヴィーで最高の味を知ったジャックは、ジェニーと共にオーストリアの中心地バート・アウスゼーを訪れ、現地の人々は酒を飲むことで心地良い時間を過ごすことを大事にしていると感じる。 続きはDplayで完全無料公開中! 世界最大級のネットワークを持つディスカバリーのクルマ・バイク、宇宙、サバイバル、ペット、ライフスタイルなど、幅広いカテゴリーの番組をまとめて見られる見放題アプリ(無料)が出来ました。今すぐ、Dplayをチェック! ■ディスカバリー公式のDplayアプリを今すぐダウンロード■ App Store・Google Play・WebでDplayと検索♪
スケボーウィール ほか
世界のモノ作り スケボーウィール ほか 日常、当たり前のように目にする身の回りの物が一体どのように作られているのか、その製作工程を紹介するシリーズ。今回紹介するのは、スケートボードのウィール、ギリシャの伝統菓子:ガラクトブレコとバクラバ、二酸化炭素回収装置、そして蜜ろうロウソクの製作現場。二酸化炭素回収装置は、収穫後にリンゴの鮮度を保つために使われる秘密兵器!貯蔵庫内の酸素濃度を下げ、リンゴを“冬眠”させるのです。
寄木張 ほか
世界のモノ作り 寄木張 ほか 日常、当たり前のように目にする身の回りの物が一体どのように作られているのか、その製作工程を紹介するシリーズ。今回紹介するのは、布フェルト、ドラム缶圧縮機、キムチ、そして寄せ木張りです。なんと布フェルトは英語でも”ヌノフェルト”!ドラム缶圧縮機は、大きな円筒状の缶を円盤状に潰し、運送コストの削減に活躍するパワフルマシンです。
木製腕時計 ほか
無料
世界のモノ作り 木製腕時計 ほか 日常、当たり前のように目にする身の回りの物が一体どのように作られているのか、その製作工程を紹介するシリーズ。今回紹介するのは、木製の腕時計、鋼鉄製の自転車、生のペットフード、警察ランタンの複製品!珍しい木製腕時計は、素材となる木材のルーツにも魅力が詰まっています。また、ペット用生フードの製造工場にも潜入。食材のカットから真空パックされるまでの全工程を見学します。
かご細工 ほか
無料
世界のモノ作り かご細工 ほか 日常、当たり前のように目にする身の回りの物が一体どのように作られているのか、その製作工程を紹介するシリーズ。今回紹介するのは、消防士のヘルメット、バスケタリー作品、そしてコーヒー焙煎機。熱可塑性プラスチック帽体から作られる消防士用ヘルメット。熱や衝撃などから消防士の頭部を守るため、どのような素材が使われ、どんな工夫が施されているのか、製造過程に密着します。
メキシコシティ
世界の美味しい旅 メキシコシティ あまり地元から離れたことのないアーロンが今回やって来たのは2000万人以上が暮らすメキシコシティ。まずは紫トウモロコシのケサディージャを食べたり、メキシコの“キャビア”を味見して伝統料理を学ぶ。地元のトップシェフたちと出会い、伝統的な家庭の朝食を楽しんだ後は、いよいよ料理バトルだ。果たしてアーロンは、メキシコ料理で地元の人々をうならせることができるのだろうか。
メキシコ・プエブラ
世界の美味しい旅 メキシコ・プエブラ アーロンはメキシコの町プエブラに来ていた。メキシコを代表する料理が生まれた町だ。イギリスから出たことのなかった彼にとってプエブラの味は斬新だった。しかし、旅行とはいえ、のんびりはしていられない。わずかな滞在期間で郷土料理を学ぶだけでなく、地元のシェフと対戦できるほどの腕を身につけねばならないのだ。とても無茶な挑戦に見えるが、果たして審査員が下した判定は?
リオデジャネイロ
世界の美味しい旅 リオデジャネイロ 今回の舞台はブラジルのリオデジャネイロ。アーロンは3人のトップシェフを訪ね、それぞれの料理を味わう。マグロの炭火焼きや、くり抜いたカボチャの中にエビを入れた料理、流行のフェジョアーダなどを堪能する。地元の伝統料理に触れたら、いよいよ料理バトルだ。カーニバルやボサ・ノバで知られるブラジルの地で、イギリス人シェフのアーロンは一体どこまで戦えるのだろうか。
ブラジル・パラティ
世界の美味しい旅 ブラジル・パラティ リオデジャネイロから200キロほど離れた所に位置するパラティは、まるで楽園のよう。美しい浜辺が広がっている。しかしアーロンはのんびりしていられない。シーフード料理で地元のシェフと対戦するのだ。まずは、いつものようにシェフを訪ね、料理を食べることに。地元シェフが愛する魚とバナナの料理とは一体どんなものなのだろうか。
クアラルンプール
世界の美味しい旅 クアラルンプール 今回の舞台はマレーシアの首都、クアラルンプール。わずか数日の滞在期間でマレーシア料理を学び、トップシェフの隠し味が何かを探るのは容易ではない。アーロンは有名な郷土料理ルンダンや人気の屋台料理ポピアなどを試食して対戦メニューを決める。地元のフードライターを審査員に迎え、バトルは街の熱気以上に熱くなる。アーロンはこの戦いを制することができるのだろうか。
シドニー
世界の美味しい旅 シドニー 地元のトップシェフが作る料理を求め、アーロンがオーストラリアのシドニーにやって来た。韓国料理から着想を得た屋台料理や、非の打ちどころのないミートパイ、ちょっと変わった鹿肉料理を食べ、どんな料理で戦うかを決める。今回、料理バトルの審査員をするのは地元の美食家たちだ。アーロンはオーストラリア料理をマスターし、美食家たちをうならせることができるだろうか。果たして勝負の行方は?
ペナン島
世界の美味しい旅 ペナン島 アーロンはマレーシアのペナン島に足を伸ばしていた。まずはトップシェフたちが作ったシャコ料理やイカ料理、カリー・カピタンを食べ、地元の料理について学ぶ。しかし料理には自信のあるアーロンでも、ペナン島の郷土料理は難しく、期間内でマスターできないのではと不安を抱く。果たして地元の人々は彼の料理にどんな評価を下すのだろうか。
豪州・ダーウィン
世界の美味しい旅 豪州・ダーウィン イギリス人のシェフ、アーロンが料理の幅を広げるため冒険の旅に出る。今回、彼はオーストラリア大陸の北に位置する都市ダーウィンに来ていた。カンガルーやバラマンディなどの食材を使った料理や、町で人気のハンバーガーを試食して料理バトルのメニューを決める。どの料理を選んでも彼に勝ち目はなさそうなのだが...。審査員としてバトルに参加した地元の人は一体どんな評価を下すのだろうか。
キプロス島
世界ビックリ珍料理 キプロス島 今回、アンドリュー・ジマーンは地中海に浮かぶキプロス島を旅する。まずはブドウの葉と豚肉の料理でお腹を満たす。さらに、ヤギのミルクを固めたり、天日干ししたヤギの肉や世界最古のクッキーを試食したりする。食べられる島の遺産を堪能するのだった。
ルイス・クラーク探検隊の足跡
世界ビックリ珍料理 ルイス・クラーク探検隊の足跡 今回、アンドリューはルイス・クラーク探検隊の足跡をたどりながら、太平洋岸の北西部で珍しい料理を堪能する。ヤツメウナギを食べたり、食用のフジツボを探し回ったり、塩作りを体験する。
アッパー半島
世界ビックリ珍料理 アッパー半島 今回、アンドリューが旅をするのはミシガン州のアッパー半島。地中で加熱調理したブタの肩肉やボリューム満点のパスティ、スペリオル湖で釣ったホワイトフィッシュなど、今回も個性豊かな料理をアンドリューが食べ尽くす。
サザンBBQトレイル
世界ビックリ珍料理 サザンBBQトレイル 今回はアンドリュー・ジマーンが“サザン BBQ トレイル”を巡る。アトランタでは乾燥させ熟成させた牛の胸肉を食べ、サウスカロライナ州ではレバーの肉団子を味わい、ジョージア州のハルではアライグマの料理に挑戦する。道中、新しい友達ができるのだった。
南北戦争中の食料
世界ビックリ珍料理 南北戦争中の食料 今回は南北戦争中の食料が乏しい時期に兵士や市民が食べた料理をアンドリューも味わう。今も地元の名物料理として伝わっているのだ。アライグマのバーベキューやリスのシチュー、そして歯が折れそうなほど硬い食べ物とは?
ルート66
世界ビックリ珍料理 ルート66 今回は“ルート66”として知られるアメリカの国道66号線を旅する。歴史あるこの地で、アンドリューはサラダ・ドレッシング味のソーダに挑戦したり、屋外で行われる料理コンテストで子牛のフライを審査したりする。さらに、アイコン的な存在となっているダイナーで食事をする。ウズラのシチューやオニオン・バーガー、牛のテールも堪能する。
アメリカ西海岸
世界ビックリ珍料理 アメリカ西海岸 今回、アンドリューが旅をするのはアメリカ西海岸のパシフィック・コースト・ハイウェイだ。いろいろなシーフードを試しながら、景色のいい海岸線をドライブする。太平洋でウナギの一種を捕まえたり、ねっとりしたウニを食べたり、あるジューシーな軟体動物を探す。
ミシシッピ川
世界ビックリ珍料理 ミシシッピ川 今回はミシシッピ川を旅しながら、マーク・トウェインの足跡をたどり、アメリカ社会の一面を探る。まずアンドリューは貨物船でカエルの脚を味わうことに。その後はカモ科のアメリカオシを狩りに行ったり、魚のグリル料理を食べたりする。さらに、キジのポットパイを通して南部のアートに触れる。
ケイジャン料理
世界ビックリ珍料理 ケイジャン料理 アンドリュー・ジマーンがルイジアナ州のケイジャン料理を堪能するため、アメリカ南部に向かう。そして、血で作ったブラッド・ソーセージや噛みごたえのあるジンジャー・ケーキ、シーフード・ガンボ、野生のブタの心臓など、次々に味わう。この地域には、様々な珍しい食材があり、歴史的な理由から、ケイジャン料理はフランス料理の影響を受けている。
#1 異世界からの「迷い人」
異世界チート魔術師 #1 異世界からの「迷い人」 普通の高校生・西村太一と吾妻凛は、登校中に暴走してきた自転車を避けた時に突然、魔法陣の光に取り込まれてしまう。二人が目を覚ますと、そこは一面に草原と森が続く、見知らぬ土地。突然のことに混乱する二人だったが、追い打ちをかけるように、額から鋭い角を生やした巨大な馬が襲いかかってきて……。
#2 魔術修行
異世界チート魔術師 #2 魔術修行 金の剣士・ミューラは、太一と凛を、魔術師・レミーアのもとへ連れてゆく。再検査の結果、2人は驚異的な魔力を持っていることが判明し、二人はそのままレミーアの下で修行することとなる。そこで凛は魔力のコツをすぐに習得。一方の太一は上手く魔力を扱えず、一日での習得は無理かと諦めかけた時、不思議な声を耳にする。
#3 駆け出し冒険者
異世界チート魔術師 #3 駆け出し冒険者 無事、冒険者の資格を得た太一と凛は、一番簡単なEランクの依頼をこなしながら、宿屋ミスリルを拠点に活動していた。そんなある日、二人はギルドから実力を見込まれて、難しい依頼の解決を直々に言い渡される。それはスラム街で密売者を調査するという、Dランク冒険者が2度も失敗した依頼だった。
#4 真紅の契約
異世界チート魔術師 #4 真紅の契約 最近、アズパイアでは名産品であるメリラの実の盗難が続いていた。その影響からか、街の物価も次々と高騰していた。メリラ畑警備の依頼を受けていた太一たちは、畑を襲う魔物たちがこの地域に生息していないことから、この襲撃が誰かに仕組まれたものだと疑い始める。そしてその瞬間、太一と凛に新たな脅威が迫ろうとしていた。
#5 策動の匂い
異世界チート魔術師 #5 策動の匂い 風の精霊・エアリアルの力を使いレッドエレメントを倒した太一。レミーアによると精霊の声を聞き、かつその力を行使できた太一は、召喚術師であるという。またしてもチートな能力だと思いつつ、凛たちを探しに街へ出かけた太一は、男たちに絡まれていた少女を助ける。その少女にどこか違和感を覚える太一だったが…

表示できるのは100ページまでです。