「中国 ドラマ オススメ」の検索結果

今すぐ視聴する

K-1 OUTSTANDING #20
K-1 OUTSTANDING K-1 OUTSTANDING #20 7月21日に行われたK-1 KRUSH FIGHT.103で日本vs中国・7対7全面対抗戦が開催。3年連続となる今回は戦績1勝1敗で迎えた決着戦。日本チームの大将は、過去2大会で大将を務めた卜部弘嵩に代わり弟の功也が出陣。K-1ライト級王座を失った卜部功也は、ここで復活の狼煙を上げる事が出来るのか。
ope.10
ドクターX~外科医・大門未知子~(2016) ope.10 ある日、神社を参拝した大門未知子(米倉涼子)は、驚きの光景を目にする。「東帝大学病院」の外科部長・西園寺猛司(吉田鋼太郎)が、どう考えても自分の妻ではない妊婦に、安産のお守りを買ってあげていたのだ! また懲りずに不倫か!?...と訝しがる未知子だが、真相は分からずじまいで...。 まもなく「東帝大」に、中国の大財閥を率いる王超(矢野浩二)の妻・十希子(黒木メイサ)が出産のため入院する。なんと、彼女こそは西園寺と一緒に神社にいた妊婦だった!
第7話
ミセン-未生- 第7話 オ課長は実現可能な中国の案件よりも、可能性の低いイランの案件に賭けたがっていた。一方、ヨンイは上司から温室効果ガスの排出権に関する案件の承認を得るよう指示される。承認には女性の財務部長の決定が必要だった。グレは、自分なら直訴するとアドバイスするが、同僚のベッキは何事にも順序があると反対するのだが...。
第19話
無料
ミセン-未生- 第19話 中国支社のソク代理に、太陽熱発電事業の疑惑について話してしまったグレ。オ次長は、グレのこの行動で営業3課が危機に陥るかもしれないことを告げる。案の定、ソク代理は、専務の疑惑を上司に報告。ほどなく、本部から監査が入り、チェ専務は、非上場企業へと異動に。3課も社内での信頼を失う。そして、オ次長は......。
last ope
ドクターX~外科医・大門未知子~(2014) last ope ★「ドクターX」最新シリーズ大ヒット記念!シリーズ第3作をAbemaTVで一挙放送!★「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)が人知れず、倒れた――。しかも、晶はそのまま紹介所に戻ることなく、大門未知子(米倉涼子)の前から姿を消してしまう。そんな中、「国立高度医療センター」の総長・天堂義人(北大路欣也)が夢見ていた国家レベルの新組織「日本医療産業機構」が、遂に発足。医療に関する全リソースと予算を集中させ、国内外に高度で良質な医療を提供する同組織で、天堂は初代理事長に就任し、とうとう医者として最高権力を持つ地位へと上り詰める。

おすすめの作品

安倍総理「ウイルスは中国から」 中国が反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 安倍総理「ウイルスは中国から」 中国が反発  安倍総理大臣が記者会見で「新型コロナウイルスは中国から世界に広がった」との認識を示したことについて、中国側は「汚名を着せる行為に断固反対する」と反発しました。  中国外務省報道官:「ウイルスの発生源を政治的に利用し、他国に汚名を着せる行為に断固反対する」  中国外務省は26日の会見で「発生源の問題は科学的な問題だ」として、発生源は中国ではない可能性があるとの立場を繰り返しました。そのうえで、安倍総理の発言は「WHO(世界保健機関)などの専門的な見解に反し、日中両国を含めて国際社会がともに闘う努力にも反する」と批判しました。また、「政治的な盲従」との表現で日本がアメリカのトランプ大統領の中国批判に追従したとの見解をにじませました。
「強力なもの」米大統領 中国への対応を発表へ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「強力なもの」米大統領 中国への対応を発表へ  中国政府が香港への国家安全法制の導入を目指すなか、アメリカのトランプ大統領は中国への対応を今週中に発表することを明らかにしました。  トランプ大統領:「(中国への対応は)今週末までに発表する。非常に強力なものだと思う」  トランプ大統領は中国への対応は「強力なもの」と説明しましたが、詳細は明らかにしませんでした。ホワイトハウスの報道官によりますと、トランプ大統領は中国の影響力が強まれば、香港の金融の世界的な拠点としての役割が損なわれるとの見方を示し、中国の動きに不満を示したということです。また、NEC(国家経済会議)のクドロー委員長は2月に発効した貿易の「第1段階」の合意について重要性が薄まったとの認識を示すなど、アメリカと中国の関係の悪化が続いています。
〔月曜〕#185:中国徹底解剖SP、中国からの日本性ツアー?
The NIGHT 〔月曜〕#185:中国徹底解剖SP、中国からの日本性ツアー? 話題に事欠かない超大国、中国。 そんな中国のまだまだ知られていない現状を徹底解剖! ・コロナウィルスでパニックの中国本土の現状を動画で紹介。 ・香港デモを取材していると銃口を向けられ、発砲された影像公開 ・中国のエロ事情。波多野結衣はトップスタークラスの人気。 ・一晩で800万の提示?中国大富豪に誘われた。 ・日本性ツアーは実在する?5泊6日のやりまくりツアー。 ・中国大人のおもちゃ事情。 ・すべてがAI化!ホテル従業員がロボットに。 ・物乞いもキャッスレス!現金に触れたくない人々。
米大統領の断交示唆にトーン下げ「歩み寄り必要」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領の断交示唆にトーン下げ「歩み寄り必要」  アメリカのトランプ大統領が中国との断交を示唆したことについて、中国政府は「歩み寄りが必要だ」と関係改善を求めました。  中国外務省報道官:「米中両国は引き続き感染防止で協力を強化して早期にウイルスに勝利し、患者を治療して経済と生産を回復すべきだ。そのためにはアメリカも中国と歩み寄ることが必要だ」  中国外務省は「米中関係の安定した発展は、両国民の根本的な利益で世界の平和と安全にも役立つ」と述べました。そのうえでアメリカに歩み寄りを求めつつ、関係改善の必要性を強調しました。アメリカへの強い姿勢が際立っていた中国側ですが、トーンを少し下げた印象です。トランプ大統領は、中国に対して「すべての関係を断ち切ることができる」と牽制(けんせい)していました。
第10話 超点心大激突!
真・中華一番! 第10話 超点心大激突! “黄浦江楼麟艦 宴席料理決戦”がはじまる。第一試合は“特級面点師・鋼棍のシェル”Vs“面点キング・ラコン”の「世紀の饅頭対決」!饅頭の“王道”を極めたラコンが作った中国点心史上最高の傑作に対し、シェルは大胆な発想の料理を突き通そうとする。果たしてその勝負の結果は?
中国が“コロナ情報盗もうと”米FBIなど正式に警告
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が“コロナ情報盗もうと”米FBIなど正式に警告  アメリカのFBI(連邦捜査局)などは、中国が新型コロナウイルスのワクチンなどの情報を盗もうとしていると正式に発表しました。  FBIと国土安全保障省は声明を発表し、中国がワクチンや治療法、検査に関する情報を盗もうとしているとして医療や製薬の関係機関に警告し、不審な動きがあれば通報するよう呼び掛けました。手口はサイバー攻撃のほか、「伝統的ではない情報収集者」としてアメリカにいる中国人研究者や留学生の関与を示唆しています。一方で、被害の有無や主張の根拠については触れていません。中国との関係はさらに悪化するとみられます。
中国「断固反対する」 米のファーウェイ制裁強化で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国「断固反対する」 米のファーウェイ制裁強化で  アメリカ政府が中国の通信機器大手「ファーウェイ」への禁輸措置の強化を発表したことに対して中国政府は「断固反対する」と反発し、対抗措置を示唆しました。  中国商務省は声明を発表して「アメリカが国家の安全を口実に他国の特定企業を抑圧することは公平な競争の破壊だ」と批判しました。アメリカに対して撤回を求める一方、「あらゆる措置を取り、中国企業の合法的権益を断固として守る」として対抗措置を示唆しました。トランプ政権はこれまでアメリカ製の半導体をファーウェイに輸出することを禁止していましたが、15日に禁輸の対象を広げる新たな措置を発表していました。
中国本土で新たな発症者ゼロ 李首相「戦略的成果」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国本土で新たな発症者ゼロ 李首相「戦略的成果」  中国政府は新型コロナウイルスの新たな発症者が22日はゼロだったと発表しました。  中国本土で新型コロナウイルスの新たな発症者がゼロになったのは中国政府が対策を本格化させた1月20日以降、初めてのことです。ただ、症状のない感染者は新たに28人確認されています。このうち25人はPCR検査が市内全域で行われている武漢などで確認されました。中国で22日に開幕した重要な政策を決定する全人代(全国人民代表大会)で李克強首相は「新型コロナウイルスの対策は大きな戦略的成果を収めた」と強調しました。一方で、これまでの対応を「不十分な点があった」と認め、終息宣言を見送っています。
中国で粉ミルクの安全性巡る騒動再び…別物販売か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国で粉ミルクの安全性巡る騒動再び…別物販売か  中国でまた粉ミルクを巡る事件が起き、騒動になっています。  中国メディアによりますと、湖南省で乳児5人に湿疹や体重の低下、頭が大きくなるなどの症状が現れました。5人は同じ店で購入した中国メーカーの製品を粉ミルクとして飲んでいたということです。発症後の検査の結果、5人はビタミンDの不足で起きる「くる病」と診断されました。当局は販売店が粉ミルクと称して違う商品を販売していたとして調査をしています。メーカーはすでにこの製品の生産を中止しています。中国では2008年にも有害物質「メラミン」が混入した粉ミルクが販売されて少なくとも6人が死亡、約30万人に健康被害が及び、粉ミルクの安全性が問題視されています。
「米国では“政治ウイルス”拡散」中国外相が批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「米国では“政治ウイルス”拡散」中国外相が批判  中国の王毅外相は新型コロナウイルスの感染拡大について、アメリカで中国批判が高まる現状を「『政治ウイルス』が拡散している」と表現し、反発しました。  王毅外相は全国人民代表大会に合わせて行われた会見で「アメリカでは新型コロナウイルスのほか、一種の政治ウイルスも拡散している」と述べ、「このウイルスはあらゆる機会を捉えて中国を誹謗(ひぼう)中傷するものだ」と非難しました。また、「中国は国際社会で覇権を唱えることはない」と強調し、「アメリカの一部勢力が両国を『新冷戦』に向かわせようとしている」と主張しました。この会見は記者を別室に集めてオンラインで開かれました。記者は全員、PCR検査を受けてホテルの部屋で6時間隔離された後、陰性の判定を待って会見場に入りました。