「中国 ラップ 禁止」の検索結果

「中国 ラップ 禁止」に関する情報は見つかりませんでした。
「中国 ラップ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

#85:Mr.Qが初登場!MCサーモンがラップフリップ芸で笑いを取る!
NEWS RAP JAPAN #85:Mr.Qが初登場!MCサーモンがラップフリップ芸で笑いを取る! Mr.Qが初登場!What'sUPNEWS「2025年に大阪万博」「ドルガバ中国炎上動画で謝罪」「貴乃花離婚」などマイクリレーで注目ニュースを紹介! 「熱くない熱湯風呂ってあり?」をテーマにしたバトルではERONEが1人で立ち向かう!NEWSRAPANTHEMは「大阪万博のパビリオンを提案」がテーマ!MCサーモンが本職の芸人魂を発揮しフリップ芸で笑いを取る!
横浜中華街の名店「京華樓」が自宅で楽しめる麻婆豆腐の素
無料
アベマショッピング 横浜中華街の名店「京華樓」が自宅で楽しめる麻婆豆腐の素 【京華樓 麻婆豆腐の素】 ◎横浜中華街の人気店「京華樓(きょうかろう)」が実際にお店で作った麻婆豆腐がそのまま真空パックに! 140軒の名店が立ち並ぶ、言わずとしれた中華料理の激戦区「横浜中華街」。その中でも四川料理の名店として名を馳せる「京華樓」の本場の香辛料にこだわった四川料理は、どれも本格的な辛さとしびれを誇る逸品揃いです。 商品の調理ができるのは中国四川で15年以上経験を積み、社長が認めた腕利きのシェフのみ。そのシェフがお店で作った麻婆豆腐をそのまま真空パックにしているので、数量限定でしか販売ができません。 ◎「電子レンジでチン」でかんたん調理! 耐熱皿に水切りしたお豆腐1丁を切って入れ、麻婆豆腐の素を半分かけてラップをします。 電子レンジ(600W)で4分加熱するだけで調理していただけます。 簡単、手軽にお店の味を楽しんでいただけます。

おすすめの作品

香港デモ 少年が実弾で撃たれ負傷 覆面禁止に反発
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ 少年が実弾で撃たれ負傷 覆面禁止に反発  香港で、また警官がデモ隊に向けて実弾を発砲して14歳の少年が負傷しました。「覆面禁止法」も施行され、市民らの反発は一層強まっています。  香港・林鄭行政長官:「緊急時の条例として新たな法を作ります。名付けて覆面禁止法です」  香港政府は、デモ隊がマスクなどで顔を覆うことが過激な行為を助長させるとして覆面禁止法を制定しました。中国政府もすぐに「この法律は必要」だと支持する姿勢を示しました。ただ、多くの若者らはマスクを外さずに街中で抗議を続けました。香港メディアによりますと、4日夜にデモ隊に囲まれた警官が実弾を発砲し、14歳の少年が太ももを撃たれて病院に搬送されたということです。少年は命に別状はないということです。
「ロシア経由で入荷」 禁輸の北朝鮮海産物が中国に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「ロシア経由で入荷」 禁輸の北朝鮮海産物が中国に  国連安全保障理事会の制裁で輸出が禁じられている北朝鮮の海産物のカニが中国の鮮魚店で販売されていました。鮮魚店の店員は「ロシアを経由して入荷される」と話しています。  北朝鮮との国境に近い中国・吉林省延吉の市場です。鮮魚店では大量のカニが売られています。  鮮魚店の店員:「(Q.これはどこで取れたのですか?)北朝鮮です」「(Q.これもですか?)すべて北朝鮮産です」「(Q.北朝鮮からの輸入は禁止では?)私たちには(輸入する)ルートがあります」  この市場の関係者は複数の鮮魚店がカニなど北朝鮮産の海産物を扱っていると証言しています。ある店員は海産物はいったんロシアを経由し、中国には「ロシア産として入荷される」と話しました。7日に日本の排他的経済水域内で北朝鮮の漁船が水産庁の漁業取締船と衝突しましたが、国連安保理が海産物の輸出を禁止するなか、水産業が引き続き北朝鮮の外貨獲得手段になっているとみられます。
香港 「覆面禁止法」に大規模デモ 3人重傷
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 「覆面禁止法」に大規模デモ 3人重傷  香港で5日に施行された「覆面禁止法」に反対する大規模デモがあり、数万人が参加しました。デモ隊と警官隊の衝突も相次ぎ、3人が重傷を負っています。  デモは、当初は平和的な抗議活動でしたが、終盤になって警官隊が次々と催涙弾を発射しました。過激化したデモ隊の一部が中国系の銀行などに放火したほか、各所で衝突が続いて多くの若者が拘束されました。また、香港メディアなどによりますと、デモ隊がタクシー運転手を激しく殴打する事態も起こり、警察は違法行為をやめるよう警告しています。今回の衝突でこれまでに11人が搬送され、3人が重傷となっています。
レーザー照射に警告 中国軍が初めてデモ隊と対峙
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 レーザー照射に警告 中国軍が初めてデモ隊と対峙  香港で「覆面禁止法」に反対する大規模デモが行われた6日、中国軍が駐留部隊の建物にレーザー光を照射したデモ隊に警告しました。中国軍が直接、デモ隊に反応したのは初めてとみられます。  6日夜にデモ隊が中国人民解放軍の駐留部隊の周辺に集まり、建物に向けてレーザー光を当てました。その後、屋上に現れた兵士らがビデオカメラでデモ隊の様子を撮影しながら「法律に違反していて起訴される可能性がある」と書かれた黄色い警告旗を掲げました。香港メディアによりますと、香港警察が駆け付けてデモ隊は排除されました。一連の抗議活動では中国軍が直接、デモ隊と対峙(たいじ)したことはなく、今回が初めてとみられます。
海洋プラごみ巡る国際会議 中国などの欠席で課題も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 海洋プラごみ巡る国際会議 中国などの欠席で課題も  海洋プラスチック問題の対策について話し合う国際会議が東京都内で開かれ、各国の取り組みの状況をまとめた報告書が初めて策定されました。  小泉環境大臣:「各国が互いに学びあい、対策を高めあうスタートを切れた意義は非常に大きいと思う」  9日からの会議では、6月のG20大阪サミットで掲げられた2050年までにプラスチックごみによる新たな汚染をゼロにするという目標の達成に向けて各国の取り組みなどが話し合われました。一部の国から使い捨てプラスチックの使用を条例で禁止するなど意欲的な政策の報告があった一方で、最大の排出国とされる中国のほか、インドやメキシコが欠席するなど連携の広がりに課題も残りました。会議は11日までの予定でしたが、台風19号のため予定を一日短縮して10日に閉会しました。
禁輸のはずが…毛ガニずらり、北朝鮮海産物が中国に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 禁輸のはずが…毛ガニずらり、北朝鮮海産物が中国に  「北朝鮮の海産物」が、中国で販売されているのをANNのカメラが捉えました。国連の制裁逃れの可能性があります。  北朝鮮との国境に近い中国・吉林省の延吉。人や車の通りも多い中心部の大きな市場に入りました。中を歩くと、明るい照明で様々な店が並んでいます。そして、海産物を取り扱う店が。店の品物を見るとホタテやサザエのような貝殻。水槽を見ると、何種類かのカニが生きて動いているのが分かります。さらにはシャコやタコ、貝らしきものも。  北朝鮮といえば日本の排他的経済水域内での違法操業が問題になっていて、7日も石川県沖の大和堆といわれる場所で水産庁の取締船と衝突が起こりました。かつても、違法なイカ釣り漁船が何度も目撃されていますが…。一体、なぜ輸入が禁止されている北朝鮮産の海産物が中国の市場で…。違法に仕入れたものなのか。  店員によりますと、北朝鮮からは直接輸入することができないため、まず北朝鮮産の海産物がロシアにわたってロシアの港からロシア産として中国がさらに輸入するという方法で仕入れているので問題はないと主張します。ロシアを経由した、いわば迂回(うかい)輸出ともいうべき海産物ロンダリングが北朝鮮の外貨獲得の手段になっているとみられます。
「マスクを着ける権利ある」香港デモ覚悟の抗議
最新の国際ニュース【随時更新】 「マスクを着ける権利ある」香港デモ覚悟の抗議  香港では5日からマスクで顔を隠してデモをすることが禁止されました。しかし、市民らはあえてマスクを着けて午後から抗議活動を始めています。香港から報告です。  (森林華子記者報告)  活動初日の5日は20カ所以上でデモが呼び掛けられ、若者の多くがマスクを着けてデモに参加しています。デモの参加者は「マスクを着ける権利がある」と叫びながら大規模な行進を行いました。発動に抗議の意味を込めてマスクをし続けると話している若者もいます。マスクを着けることによる逮捕の可能性についても「もうすでに多くの仲間が捕まっているので怖くない」と話していました。4日夜、警察官が発砲して少年(14)がももを撃たれて重傷です。これについても「悪いのは警察で、全く怖くない」と話しています。4日夜は特に中国資本の入っている店舗などがデモ隊に襲われ、現在でも一部の地下鉄は運行ができない状態が続いてます。この後、夜なってデモ隊が過激化する恐れがあるため、大型の店舗は多くが営業を停止しているなど市民生活に大きな影響が出ています。
アメリカの“禁輸措置”に中国政府「断固反対する」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカの“禁輸措置”に中国政府「断固反対する」  アメリカの商務省が中国・新疆ウイグル自治区での人権侵害を理由に中国企業などへの禁輸措置を取ったことに対し、中国政府は「断固反対する」と反発しました。  中国商務省は声明で「中国の新疆政策に泥を塗った」とし、「強烈な不満を表明し断固反対する」と強く非難しました。また、「あらゆる措置を取り、自らの利益を守る」として対抗措置を講じる可能性も示唆しています。中国外務省も「新疆ではアメリカが言うような人権問題は全く存在せず、こうした批判は中国に内政干渉するためのでっち上げだ」と主張しました。アメリカの商務省は、中国の大手監視カメラ会社「ハイクビジョン」など28の企業や団体が、新疆ウイグル自治区での少数民族の拘束や監視に関わったとして禁輸措置を発表しています。
前米副大統領の疑惑 中国側「調査の意思はない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 前米副大統領の疑惑 中国側「調査の意思はない」  アメリカのトランプ大統領が中国に対してバイデン前副大統領の疑惑を調査するよう求めたことについて、中国は「調査の意思はない」と拒否しました。  中国外務省報道官:「お分かりのように中国は一貫して内政不干渉の原則を堅持している。我々はアメリカの内政問題に介入する意思はない」  中国外務省は8日、会見で「内政問題には介入しない」と述べ、トランプ大統領が求めている中国側でのバイデン氏の調査は行わないことを明言しました。バイデン氏は来年のアメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補者選びでトップ争いを繰り広げています。すでにウクライナに調査を求めているトランプ大統領ですが、「中国もバイデン氏を調査するべきだ」と主張していました。
NBAチームの幹部 香港デモ支持 中国政府強く反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 NBAチームの幹部 香港デモ支持 中国政府強く反発  NBA(米プロバスケットボール協会)の人気チームの幹部が香港のデモをツイッターで支持したことについて、中国政府は強く反発しました。  NBA「ヒューストン・ロケッツ」のゼネラルマネージャーは、ツイッターで「香港とともに立ち上がろう」とデモを支持する内容を投稿しました。これを受けて中国のスポンサーが次々とチームとの契約を解消するなど影響が広がっています。  中国外務省報道官:「NBAと中国の協力は長く続いてきた。何を言うべきか、何を行うべきか、NBAは自ら理解しているはずだ」  中国外務省は8日の会見で、チーム側に「すでに厳正な申し入れを行った」としたうえで、「中国の民意を理解しなければならない」と批判しました。一方、アメリカでは中国側に屈せず、言論の自由や民主主義を守るべきとの声が強まっています。