「中国 ラップ」の検索結果

今すぐ視聴する

#85:Mr.Qが初登場!MCサーモンがラップフリップ芸で笑いを取る!
NEWS RAP JAPAN #85:Mr.Qが初登場!MCサーモンがラップフリップ芸で笑いを取る! Mr.Qが初登場!What'sUPNEWS「2025年に大阪万博」「ドルガバ中国炎上動画で謝罪」「貴乃花離婚」などマイクリレーで注目ニュースを紹介! 「熱くない熱湯風呂ってあり?」をテーマにしたバトルではERONEが1人で立ち向かう!NEWSRAPANTHEMは「大阪万博のパビリオンを提案」がテーマ!MCサーモンが本職の芸人魂を発揮しフリップ芸で笑いを取る!
横浜中華街の名店「京華樓」が自宅で楽しめる麻婆豆腐の素
無料
アベマショッピング 横浜中華街の名店「京華樓」が自宅で楽しめる麻婆豆腐の素 【京華樓 麻婆豆腐の素】 ◎横浜中華街の人気店「京華樓(きょうかろう)」が実際にお店で作った麻婆豆腐がそのまま真空パックに! 140軒の名店が立ち並ぶ、言わずとしれた中華料理の激戦区「横浜中華街」。その中でも四川料理の名店として名を馳せる「京華樓」の本場の香辛料にこだわった四川料理は、どれも本格的な辛さとしびれを誇る逸品揃いです。 商品の調理ができるのは中国四川で15年以上経験を積み、社長が認めた腕利きのシェフのみ。そのシェフがお店で作った麻婆豆腐をそのまま真空パックにしているので、数量限定でしか販売ができません。 ◎「電子レンジでチン」でかんたん調理! 耐熱皿に水切りしたお豆腐1丁を切って入れ、麻婆豆腐の素を半分かけてラップをします。 電子レンジ(600W)で4分加熱するだけで調理していただけます。 簡単、手軽にお店の味を楽しんでいただけます。

おすすめの作品

米中協議で中国が絶対に譲れなかった3つのポイント
最新の国際ニュース【随時更新】 米中協議で中国が絶対に譲れなかった3つのポイント  ワシントンで行われた米中の貿易協議で、中国側がどうしても譲ることができなかった3つのポイントが明らかになりました。  アメリカと中国はワシントンで2日間にわたって貿易協議を行いました。トランプ政権は協議中に中国製品約22兆円分に対する制裁関税を25%に引き上げて譲歩を迫りましたが、合意には至りませんでした。その後の取材で、中国側が譲れなかった3つのポイントが明らかになりました。  まず、交渉が妥結した際に互いの追加関税をすべて撤廃すべきだという点です。アメリカは中国が合意内容を実行するかを見極めたうえで、段階的に関税を撤廃したい考えです。次に中国は、農産品などの輸入拡大を迫るアメリカに対して、中国側の需要を踏まえて輸入規模を調整すべきとしています。そして、作成が進む合意文書についても、中国がアメリカに一方的に譲歩したとみられる内容になれば、中国国内で反発を受けると3、4週間後の回答期限までに中国側がどこまで譲歩できるのか、今後も見通しは不透明です。
「戦うなら付き合う」中国政府は米と徹底抗戦の構え
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「戦うなら付き合う」中国政府は米と徹底抗戦の構え  アメリカのトランプ政権は、まだ制裁関税をかけていない残りの中国製品33兆円分に最大25%の関税をかける方針を公表しました。一方の中国政府はアメリカと徹底抗戦の構えです。北京から報告です。  (森林華子記者報告)  中国共産党の機関紙は「これが中国の態度だ」として「交渉するなら応じる、戦うなら付き合う、いじめるならとんでもないことを考える」と報じ、対米強硬姿勢を鮮明に打ち出しました。中国が対抗措置を発表したのはニューヨーク株式市場が始まる1時間前でした。その後、中国メディアはニューヨーク市場の大幅な下落をつぶさに伝え、対抗措置には“効果”があったんだとアピールしています。さらに、次のポイントは中国が保有する膨大なアメリカ国債に手をつけるかどうかです。ある中国の専門家は、取材に対して「中国のアメリカ国債の保有額は最大だ。トランプ大統領は景気が悪くならないと目が覚めない」と改めてこのタイミングで強調しました。中国はアメリカ国債の処分売りに動くのではないかという警戒心をあおり、新たな揺さぶりを掛ける可能性もあります。
中国 “ファーウェイ使用禁止”大統領令に対抗措置
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 “ファーウェイ使用禁止”大統領令に対抗措置  アメリカのトランプ大統領が中国の通信機器大手「ファーウェイ」の使用禁止につながる大統領令に署名したことについて、中国商務省は対抗措置を取る考えを明らかにしました。  中国商務省・高峰報道官:「中国は必要な措置を取り、中国企業の合法的な利益を断固守る」  大統領令では、安全保障上のリスクがある企業の製品をアメリカの通信企業が使用することを禁止しています。具体的な企業名は挙げていませんが、中国の「ファーウェイ」が念頭にあるとみられます。これに対し、中国商務省は「中国企業に一方的な制裁をかけることに断固反対する」と強調し、アメリカへの対抗措置を取る方針を明らかにしました。ただ、具体的な時期や内容については明らかにしていません。
中国が来月1日から米製品600億ドル分に追加関税
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が来月1日から米製品600億ドル分に追加関税  アメリカのトランプ大統領が中国製品への追加関税を引き上げたのを受け、中国政府は来月から対抗措置を取ると発表しました。  中国国務院の発表によりますと、中国は来月1日から600億ドル、日本円で約6兆6000億円分のアメリカ製品の追加関税を最高25%まで引き上げるということです。中国のアメリカに対する報復措置で、「追加関税を調整する措置はアメリカの単独主義、貿易保護主義への答えである」としています。アメリカのトランプ政権は10日に2000億ドル、日本円で22兆円分の中国からの輸入品に対して追加関税を25%に引き上げていて、さらに第4弾として中国製品に対する新たな制裁関税について発表する見通しです。
トランプ大統領「中国が合意破棄」と再び批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領「中国が合意破棄」と再び批判  アメリカが13日にすべての中国製品に対する制裁関税を発表するといわれるなか、トランプ大統領は改めて中国を批判して圧力を掛けました。  トランプ大統領は12日、ツイッターに「中国が合意を破棄し、再交渉しようとした」と投稿して中国を改めて批判しました。また、中国から買っていた製品は「アメリカで作るか、他の国から買えばいい」としています。アメリカは制裁関税がかけられていない残りの約33兆円分の中国製品にも関税をかける手続きを始めていて、13日に詳細を発表する予定です。一方、トランプ政権で経済政策を担当するクドロー国家経済会議委員長は、6月の大阪G20サミットの機会にトランプ大統領が中国の習近平国家主席と会談する可能性が十分あるとの見方を示しました。実現すれば貿易摩擦の決着に向けて重要な会談となります。
中国の航空会社4社がボーイング社に賠償求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国の航空会社4社がボーイング社に賠償求める  アメリカの航空機メーカー「ボーイング」の最新鋭機の運航を停止したことで損害が出たとして、中国の航空会社大手の4社が賠償を求めたと発表しました。  中国国営メディアによりますと、中国国際航空など中国の大手航空会社4社はボーイング737MAXの運航停止を余儀なくされたとして、22日までにボーイングに対して損害賠償を求めました。  中国外務省・陸慷報道局長:「関連する各方面がボーイング社の同型機の安全問題に関心があること、また法律に基づき、自身の合法的利益を守ることは当然だと考えている」  去年から今年にかけてボーイング737MAX8が相次いで墜落し、中国はいち早く737MAX8の運航を停止していました。米中の貿易摩擦が過熱するなか、今回の中国側の請求は対抗措置の一環との見方も出ています。
「いま手を打つ方が賢明」トランプ氏 中国をけん制
最新の国際ニュース【随時更新】 「いま手を打つ方が賢明」トランプ氏 中国をけん制  アメリカと中国の貿易を巡る対立が深まるなか、アメリカのトランプ大統領は改めて中国に譲歩を促しました。  物別れに終わった米中貿易協議について、トランプ大統領はツイッターで「打ち負かされたと感じた中国は来年の大統領選挙で民主党候補が勝つまで時間稼ぎをしようとするのだろう」と牽制(けんせい)しました。そして、「だが私は再選するし、2期目での交渉は中国にとってさらに厳しいものになるだろう。今、手を打つ方が賢明だ」と中国に譲歩を促しました。トランプ大統領は中国からの輸入品すべてに追加関税をかけるよう指示していて、13日に具体策が公表されます。
米国との貿易戦争に 中国政府「最後まで付き合う」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米国との貿易戦争に 中国政府「最後まで付き合う」  米中の貿易摩擦が激しさを増すなか、中国政府はアメリカとの貿易戦争に「最後まで付き合う」と強気な姿勢を示しました。  中国外務省・耿爽副報道局長:「『後退』『約束違反』のレッテルを中国に貼ってはならない。中国は信用を重視し、約束を守っている」  貿易協議を巡ってトランプ大統領は「中国が約束を破った」としていますが、中国外務省は「共通認識を達成した後に好き勝手にハードルを上げたのはアメリカだ」と反発しました。さらに、「貿易戦争を恐れていない。玄関まで来たなら最後まで付き合う」と強気な言葉を繰り返しました。  スマートフォン販売店の店長:「(Q.最近、どの携帯が一番売れていますか?)比較的、ファーウェイが売れています。(iPhone(アイフォーン)は)値下げしても販売が落ちる傾向で売れ行きが上がっていません」  中国国内ではアメリカ製品への反発が広がり始めていて、SNSには「アメリカのチョコレートを買わない」「ロサンゼルスやラスベガスに行かない」といった書き込みも増えています。
米の“ファーウェイ排除” 中国外相「断固反対」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米の“ファーウェイ排除” 中国外相「断固反対」  中国の王毅外相は、アメリカのトランプ政権が大統領令などを使って中国の通信機器大手「ファーウェイ」を事実上、締め出そうとしていることに対して強く抗議しました。  中国の王外相は18日にアメリカのポンペオ国務長官と電話会談し、トランプ政権がファーウェイとの取引を原則、禁止したことを念頭に「アメリカは中国企業の正常な経営を圧迫していて、断固として反対する」と強く抗議しました。また、激しい対立が続いている貿易摩擦については「中国は国家の正当な利益を必ず守る」と述べ、改めて安易な譲歩はしない立場を強調しました。
在留資格の虚偽申請を代行か 中国人ブローカー逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 在留資格の虚偽申請を代行か 中国人ブローカー逮捕  マッサージ店などで働く中国人の男女の嘘の在留資格の申請を代行していたとして、ブローカーの中国人の男女が逮捕されました。  中国人の劉弘洋容疑者(32)と徐ビョウ容疑者(48)は去年11月ごろ、個室マッサージ店で働く中国人の女(33)からの依頼を受けて嘘の在留資格の申請書を作成したなどの疑いが持たれています。警視庁によりますと、劉容疑者らは中国人の女を実態のない貿易会社の経営者として申請していたということです。劉容疑者らはいずれも容疑を否認しています。警視庁は劉容疑者らが少なくとも架空の会社を50社ほど立ち上げたうえで、同様の手口を繰り返していたとみて調べています。