「中国 関税」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除  アメリカが中国に対して「為替操作国」の認定を解除したことについて、中国政府は「アメリカの結論は事実に合致する」と評価しました。  中国外務省報道官:「中国は元々、為替操作国ではない。アメリカのこの新しい結論は事実に合致し、国際社会の共通認識にも合致する」  アメリカ政府は、中国が自国の輸出に有利になるよう人民元を意図的に安く誘導しているとして去年8月から続けてきた為替操作国の認定を13日に解除しました。中国外務省は決定を評価したうえで、「貿易摩擦に対応するため、為替を道具とすることはない」と強調しました。また、中国の税関当局も「両国や世界の貿易に前向きな影響があり、良い知らせだ」と歓迎しました。
中国が制裁の人権団体代表 香港で入境拒否
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が制裁の人権団体代表 香港で入境拒否  国際的な人権団体の代表が香港への入境を拒否されました。中国政府は「この組織は制裁を受けるべきだ」としています。  人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」はケネス・ロス代表が12日に香港空港に到着した際、入境を拒否されたと発表しました。ヒューマン・ライツ・ウォッチはアメリカが「香港人権法」を成立させた際に中国政府に報復として制裁を科されています。  中国外務省報道官:「中国政府と香港政府は法にのっとり、出入境を管理している。誰の入境を認めるか認めないかについては中国の主権問題だ」  中国外務省は「香港の独立運動をあおった」「代償を払うべきだ」と非難する一方で、ロス代表は「今回の入境拒否は中国の人権侵害を如実に表している」としています。
米中貿易協議署名へ 中国副首相がワシントン到着
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易協議署名へ 中国副首相がワシントン到着  米中貿易協議の第1段階での合意を受けた署名式に出席するため、中国の劉鶴副首相がワシントンに到着しました。  アメリカ側との交渉を担当している中国の劉副首相は約30人の中国側代表団を率いてワシントンに到着しました。米中は15日に第1段階に関する合意文書に署名します。中国市場へのアメリカ企業参入の条件緩和や中国によるアメリカ産農産品の大量購入などが主な内容となる見込みで、11月に大統領選挙を控えるトランプ大統領にとっては支持基盤である農家への大きなアピールとなります。今後の第2段階の交渉では、中国によるハイテク産業に対する過剰な補助金など、中国の構造改革が議題となりますが、双方の意見は対立していて、協議は難航が予想されています。
中国“謎の肺炎”「人から感染」の可能性浮上
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国“謎の肺炎”「人から感染」の可能性浮上  中国で猛威を振るっている謎の肺炎、15日に中国当局がこれまでの発表内容を変え「人から人にうつる恐れがある」としました。中国の大型連休で日本への影響はあるのでしょうか。中国総局・千々岩森生記者による解説です。
台湾総統選 現職で対中国強硬路線の蔡英文総統再選
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 台湾総統選 現職で対中国強硬路線の蔡英文総統再選  台湾で行われた4年に一度の総統選挙で、現職で対中国強硬路線の蔡英文総統(63)が再選を果たしました。  11日に投開票の総統選は、対中国強硬路線の与党・民進党の蔡総統と親中国路線の国民党の韓国瑜高雄市長(62)の事実上の一騎打ちとなりましたが、現職の蔡総統が勝利宣言を行いました。香港情勢を受けて台湾市民の中国への警戒感が強まったことが追い風となりました。今後、香港への影響や中国政府の反応などが注目されます。
台湾の総統「すでに独立国家」発言に中国政府が反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 台湾の総統「すでに独立国家」発言に中国政府が反発  選挙で勝利した台湾の蔡英文総統がメディアの取材に「我々はすでに独立国家だ」と発言したことに対し、中国政府は「世界には一つの中国しか存在しない」と反発しました。  11日の台湾総統選挙で勝利した蔡総統は、イギリスメディアの取材に「独立を宣言する必要性はない」「我々はすでに独立主権国家であり、この国を中華民国、台湾と呼んでいる」と発言しました。また、「台湾を侵略すれば非常に大きな代償を払うことになるだろう」と中国による武力行使を牽制(けんせい)しました。この発言に対し、中国外務省の報道官は「外交問題でない」としたうえで、「世界には一つの中国しか存在しない」と主張しました。さらに、「台湾は中国の切り離せない一部だ」とも述べて強く反発しました。
米艦船が台湾海峡を通過 中国は「全て把握」と牽制
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米艦船が台湾海峡を通過 中国は「全て把握」と牽制  台湾の総統選挙で蔡英文総統が勝利してから初めてアメリカ軍の艦船が台湾海峡を通過しました。中国政府は「すべて把握している」と牽制(けんせい)しています。  アメリカの艦船は16日、台湾と中国本土を隔てる台湾海峡を北上しました。11日の台湾総統選挙では中国に強い態度で臨む蔡総統が勝利しました。さらに、アメリカは貿易協議で中国と「第1段階の合意」を交わしたばかりですが、あえてこのタイミングで蔡総統の政治姿勢を支える意思を示した形です。これに対し、中国外務省は「状況を注視している。アメリカ艦船の動きをすべて把握している」と牽制しました。さらに、「台湾問題は中国の主権に関わる」「慎重に対応してもらいたい」と釘を刺しました。
「独立に反対」台湾総統選結果に中国は“圧力路線”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「独立に反対」台湾総統選結果に中国は“圧力路線”  11日に投開票された台湾の総統選挙で、中国に対抗する路線を取る現職の蔡英文総統が勝利したことについて、中国政府は「独立に反対する」と強調しました。  北京ではBBC(イギリス公共放送)やアメリカのCNNなど蔡総統の再選を伝える外国メディアの放送が相次いで突然、遮断されました。中国外務省は「台湾は中国の一部だ」「独立に反対する」と強調しています。  台湾の市民:「(選挙で)台湾の民主主義や主権を守る意思を示した」  中国の習近平指導部は台湾への圧力路線を続けるとみられます。
タイでも中国人女性が新型ウイルス 感染拡大に懸念
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 タイでも中国人女性が新型ウイルス 感染拡大に懸念  観光でタイを訪れた60代の中国人女性が中国で猛威を振るう新型コロナウイルスに感染していた事が発覚しました。世界的な感染の拡大が懸念されます。  原因不明の新型コロナウイルスによる肺炎。中国・武漢市ではこれまでに41人が発症。そのうち男性1人が死亡しています。さらに患者は意外なところでも確認されました。タイです。  タイ保健省は13日、観光でバンコク近郊で国際空港に到着した61歳の中国人女性が武漢市で発生中のウイルス性肺炎に感染していると発表しました。中国以外でこの肺炎の患者が確認されたのは初めてです。  タイ保健省:「皆さん落ち着いて下さい。ウイルスは見つかっても、我々はすでに治療態勢を整えています」  検疫の強化を行うタイ。中国では、来週に始まる春節では実に700万人が中国から海外旅行に出掛けます。人気の行き先ナンバー2が今回、ウイルスが見つかったタイで、そして、行き先ナンバー1が日本となっています。中国では今月下旬に旧正月の春節を控えます。日本国内の感染は大丈夫でしょうか。  白鴎大学(感染症学)・岡田晴恵特任教授:「(タイで感染が見つかった女性が)もし、市場へ行って感染したのなら、動物から人ということでこれ以上広がらないと思われます。市場に行ってないよというような状況なら、人から感染したということが否定できなくなるので、患者さんが広がってくる可能性があります」
外国人観光客の消費相談 最も多いのは宿泊関連
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 外国人観光客の消費相談 最も多いのは宿泊関連  日本を訪れた外国人観光客の消費トラブルは宿泊に関することが最も多いことが分かりました。  国民生活センターは外国人観光客向けの消費相談窓口を設けて1年が経過したことを受け、相談の実態を初めて明らかにしました。年間相談件数は283件で、このうち最も多かったのは中国語での相談で、約6割でした。具体的には「予約した民泊に行ったが、オーナーが不在で宿泊できず野宿した」などといった宿泊に関する相談が最も多く、次いで「レストランで高額なお通し代の請求を受けた」など外食に関することが多かったということです。国民生活センターでは英語と中国語のほか、韓国語やタイ語、ベトナム語など6カ国語で電話相談を受け付けています。