「中国 関税」の検索結果

今すぐ視聴する

米の追加関税が打撃…中国認める データにあらわに
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米の追加関税が打撃…中国認める データにあらわに  アメリカからの追加関税が打撃になっていると中国が認めました。  中国の1月から9月までのアメリカとの貿易の総額は前年と比べて14.8%マイナスの約43兆6000億円となりました。輸入が26.4%マイナスと大きく落ち込み、輸出も10.7%マイナスでした。中国の報道官は会見で「米中の貿易摩擦が一定の圧力をもたらしている」として、アメリカからの追加関税が打撃となっていることを認めました。先週の米中の閣僚級の貿易協議では進展がみられましたが、追加関税はかけられたままで中国にとっては苦しい状況が続くとみられます。
アメリカと中国 閣僚級の貿易協議を再開
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカと中国 閣僚級の貿易協議を再開  アメリカと中国は貿易問題を巡る閣僚級の協議をワシントンで再開しました。トランプ大統領は安易に妥協しない姿勢を見せ、中国を牽制(けんせい)しています。  アメリカと中国は2日間の日程で貿易協議を再開しました。両国の間では中国企業によるアメリカ企業の知的財産の侵害などを巡って対立が続いています。アメリカは15日から、中国からの輸入品約27兆円分に対して制裁関税の引き上げを表明していますが、協議の進展具合によっては回避する余地も残しています。トランプ大統領はツイッターで「中国側は合意したがっているが、私はどうだろうか?」と牽制しています。
米中貿易・閣僚級協議が再開 トランプ氏が内容評価
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中貿易・閣僚級協議が再開 トランプ氏が内容評価  アメリカと中国は、2カ月半ぶりとなる貿易問題を巡る閣僚級の協議をワシントンで再開しました。トランプ大統領は「非常に良かった」と評価しました。  アメリカと中国は、中国企業によるアメリカ企業の知的財産の侵害などを巡って対立が続いています。アメリカは15日から中国からの輸入品約27兆円分に対して制裁関税を25%から30%に引き上げると表明していますが、協議の進展具合によっては回避する余地も残しています。  アメリカ、トランプ大統領:「中国との協議は非常に良かった。さらに協議をするだろうが、基本的には仕上げにかかっている」  トランプ大統領は11日にホワイトハウスで劉鶴副首相と面会する見通しです。

おすすめの作品

アメリカの“禁輸措置”に中国政府「断固反対する」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカの“禁輸措置”に中国政府「断固反対する」  アメリカの商務省が中国・新疆ウイグル自治区での人権侵害を理由に中国企業などへの禁輸措置を取ったことに対し、中国政府は「断固反対する」と反発しました。  中国商務省は声明で「中国の新疆政策に泥を塗った」とし、「強烈な不満を表明し断固反対する」と強く非難しました。また、「あらゆる措置を取り、自らの利益を守る」として対抗措置を講じる可能性も示唆しています。中国外務省も「新疆ではアメリカが言うような人権問題は全く存在せず、こうした批判は中国に内政干渉するためのでっち上げだ」と主張しました。アメリカの商務省は、中国の大手監視カメラ会社「ハイクビジョン」など28の企業や団体が、新疆ウイグル自治区での少数民族の拘束や監視に関わったとして禁輸措置を発表しています。
前米副大統領の疑惑 中国側「調査の意思はない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 前米副大統領の疑惑 中国側「調査の意思はない」  アメリカのトランプ大統領が中国に対してバイデン前副大統領の疑惑を調査するよう求めたことについて、中国は「調査の意思はない」と拒否しました。  中国外務省報道官:「お分かりのように中国は一貫して内政不干渉の原則を堅持している。我々はアメリカの内政問題に介入する意思はない」  中国外務省は8日、会見で「内政問題には介入しない」と述べ、トランプ大統領が求めている中国側でのバイデン氏の調査は行わないことを明言しました。バイデン氏は来年のアメリカ大統領選挙に向けた民主党の候補者選びでトップ争いを繰り広げています。すでにウクライナに調査を求めているトランプ大統領ですが、「中国もバイデン氏を調査するべきだ」と主張していました。
NBAチームの幹部 香港デモ支持 中国政府強く反発
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 NBAチームの幹部 香港デモ支持 中国政府強く反発  NBA(米プロバスケットボール協会)の人気チームの幹部が香港のデモをツイッターで支持したことについて、中国政府は強く反発しました。  NBA「ヒューストン・ロケッツ」のゼネラルマネージャーは、ツイッターで「香港とともに立ち上がろう」とデモを支持する内容を投稿しました。これを受けて中国のスポンサーが次々とチームとの契約を解消するなど影響が広がっています。  中国外務省報道官:「NBAと中国の協力は長く続いてきた。何を言うべきか、何を行うべきか、NBAは自ら理解しているはずだ」  中国外務省は8日の会見で、チーム側に「すでに厳正な申し入れを行った」としたうえで、「中国の民意を理解しなければならない」と批判しました。一方、アメリカでは中国側に屈せず、言論の自由や民主主義を守るべきとの声が強まっています。
海自観艦式に中国軍が初参加へ きょう駆逐艦入港
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 海自観艦式に中国軍が初参加へ きょう駆逐艦入港  中国海軍の最新鋭ミサイル駆逐艦が海上自衛隊の観艦式に参加するため、神奈川県の横須賀港に入港しました。中国が観艦式に参加するのは初めてです。  10日午前、中国海軍の最新鋭ミサイル駆逐艦「太原」は約200人の乗員とヘリコプター1機を乗せて横須賀港に入港しました。太原は14日に相模湾で行われる海上自衛隊の観艦式に中国海軍の艦艇として初めて参加します。今年4月には中国が主催した国際観艦式に海上自衛隊の艦艇が7年ぶりに参加するなど、両国の防衛交流は戻りつつあります。観艦式にはこの他にアメリカ軍やイギリス軍、オーストラリア軍、インド軍などの艦艇が参加する予定です。
国威発揚の式典の一方、抗議の「大規模」デモ激化
最新の国際ニュース【随時更新】 国威発揚の式典の一方、抗議の「大規模」デモ激化  中国の建国70周年の記念式典が行われた1日、香港では中国政府に対するデモが過激化し、緊張が高まっています。  香港で行われた大規模デモ。中国政府に抗議の意を示そうと、事前に民主派団体が呼び掛けたものです。黒い服を着た大勢の市民が集まりました。デモの日に1日が選ばれたのは中国の建国を祝う「国慶節」だからです。  イギリスからの返還後も一国二制度、高度な自治が約束された香港ですが、中国の影響力が増してきています。そんななか、中国本土へ容疑者の移送を可能にする逃亡犯条例の改正案でデモが激化。改正案は結局、撤回されましたが、デモは収まりませんでした。国慶節の式典で中国の習近平国家主席は香港の今後について…。  中国・習近平国家主席:「我々は平和統一と一国二制度の方針を堅持しなければならない。香港とマカオの長期的な繁栄と安定を維持する」  香港への配慮を見せた習主席。そんな姿勢がデモの警備にも反映されたのでしょうか。静観するかに見えた警官隊ですが、催涙弾を発射しました。一方、現場では火炎瓶のものとみられる火の手が上がるなどデモは激化する様相を見せ始めています。
“香港の中国化”に危機感 抗議活動の終わり見えず
最新の国際ニュース【随時更新】 “香港の中国化”に危機感 抗議活動の終わり見えず  中国の建国70周年の記念式典が行われた1日、香港では中国政府に対するデモが過激化して緊張が高まっています。香港から報告です。  (南出拓平記者報告)  1日のデモ隊の主張は5つの要求のなかでも特に「普通選挙の実現」の声が強いです。というのも、香港の人々が最も危機感を持っているのは香港の「言論などの自由」が中国によってどんどんと奪われている、いわば「香港の中国化」という問題です。「逃亡犯条例」改正案はあくまで「氷山の一角」にすぎず、香港の民意が政治に反映される「普通選挙」の実現こそが最終的な目的です。ただし、この実現には香港政府だけでなく中国政府の譲歩も必要で、解決は難しく、抗議デモの終わりが見通せない状況に陥っているといえます。
中国国慶節 「軍事大国」アピールの式典始まる
最新の国際ニュース【随時更新】 中国国慶節 「軍事大国」アピールの式典始まる  中国は1日に建国70年の記念日を迎え、北京では過去最大規模の軍事パレードが行われています。  (森林華子記者報告)  30分ほど前から軍事パレードが始まっています。式典の冒頭で演説した習近平国家主席は「中国の前進を止めることはできない」と胸を張りました。  中国・習近平国家主席:「社会主義の中国は毅然(きぜん)として世界の東方にそびえ立っている。いかなる力も我が偉大な祖国の地位を揺るがすことができない」  この後はアメリカも射程に収める新型のICBM(大陸間弾道ミサイル)など、まさに中国の「軍事大国」ぶりを世界に宣伝する新兵器が次々に登場することになっています。アメリカとの対立や香港問題、景気の減速など様々な難題を抱えるなか、習近平政権は最重要と位置付ける1日の行事を通して愛国心を鼓舞し、求心力を高めようとしています。
中国建国70年 夜も祝賀行事 愛国心を鼓舞
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国建国70年 夜も祝賀行事 愛国心を鼓舞  中国の建国70年を祝う記念行事は市民6万人を動員して1日夜も行われ、中国共産党の正統性を国内外にアピールしました。  行事の参加者:「中国がより良くなり繁栄するよう期待します。祖国を愛しています!」  夜の祝賀イベントでは、LEDパネルなど中国が力を入れる科学技術を駆使した演目が披露されて「人民万歳」という花火も打ち上げられるなど愛国心を鼓舞する演出が多く見られました。習近平指導部は、今回の一連の行事を盛大に祝うことで共産党政権の正統性を強調し、重要課題である内政と外交の安定を図る狙いがあるとみられます。
日米貿易協定に正式署名 来年1月1日発効目指す
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 日米貿易協定に正式署名 来年1月1日発効目指す  日本とアメリカの政府代表は農産品の関税引き下げなどを柱とした新たな貿易協定に正式に署名しました。両政府は来年1月1日の発効を目指しています。  アメリカ、トランプ大統領:「この協定は両国にとって大きな勝利だ。数えきれない雇用を生み、投資や取引を拡大させ、貿易赤字を大幅に削減するだろう」  7日、ホワイハウスで開かれた署名式にはトランプ大統領が立ち会い、USTR(米通商代表部)のライトハイザー代表と日本の杉山駐米大使が文書に署名しました。日米貿易協定は先月の日米首脳会談で最終合意しました。アメリカ産の牛肉や豚肉の関税を日本が参加するTPP(環太平洋経済連携協定)の水準まで引き下げます。アメリカ産のコメに対する関税は維持し、関税をかけない輸入の枠を設けないことで日本の農業に配慮した一方で、日本の自動車に対する関税の撤廃は先送りされます。トランプ大統領は「日本の消費者が高品質のアメリカ産品を入手しやすくなる」と強調しました。日米両政府は来年1月1日の発効を目指していて、アメリカは議会の承認を必要としない手続きを取る見通しです。
関電問題や日米貿易交渉めぐり 参院代表質問で論戦
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 関電問題や日米貿易交渉めぐり 参院代表質問で論戦  関西電力の問題や日米貿易交渉などで論戦です。  共産党・小池書記局長:「(関西電力問題について)金品を受け取った当事者たちがつくる第三者委員会は『第三者』になりえません。総理はこんな調査で国民が納得すると思いますか」  安倍総理大臣:「(関西電力問題について)まずは第三者の目を入れて、徹底的に全容を解明することが不可欠であり、そのうえで経営問題も含め、再発防止等の措置を講ずることで、利用者の皆さんの信頼回復に努めることが必要であると考えています」  共産党・小池書記局長:「(日米貿易交渉について)一体、どこが『日米ウィンウィン』なのですか。トランプ大統領の一方的なウィンではありませんか」  安倍総理大臣:「(日米貿易交渉について)米について、関税削減の対象から完全に除外致しました。米国への牛肉輸出にかかる低関税枠が大きく拡大するなど、新しいチャンスも生まれています」