「中国 SNS」の検索結果

今すぐ視聴する

中国「爆買いしたい」日本で“リベンジ旅行”望む声
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国「爆買いしたい」日本で“リベンジ旅行”望む声  観光地からは期待と不安、両方の声が上がっています。日本での緊急事態宣言の解除を受け、中国で早くも日本への旅行の解禁を待ち望む動きが出てきています。  北京で大阪を中心に主に中国人向けの民泊を扱う会社を経営している韓哲さん。会社は1月後半から休業状態。本社を訪れたのは約4カ月ぶりのことです。売り上げは80%減。社員の給料を下げるなどして、しのいでいるといいます。それだけに、日本の緊急事態宣言の解除を喜んでいます。  「在川」・韓哲社長:「今年の夏休みには経営状態が元に戻ってくれれば、皆がうれしいです」  今、中国では“リベンジ旅行”という新しい言葉が流行っているといいます。「我慢していた分、思いっきり旅行するぞ」といった意味です。中国のSNSには、「早く日本で爆買いしたい」「日本で温泉に入りたいよ」「浴衣を着て花火を見たいわ」などの書き込みがあります。  ただし、日本政府は水際対策の強化として入国拒否の措置を取っている100の国と地域に新たに11カ国を加え、また、全世界を対象にした入国規制の措置を6月末まで延長することを決めています。  一方で、日本でも中国人観光客が戻ることに期待する声が聞かれます。  人形焼き店・本家梅林堂:「日本にもどんどん来てもらって、買ってもらったら良いなと思います」  感染拡大により、目を疑うほど閑散としてしまった浅草。早く、あのにぎわいが戻ってほしいというのです。しかし、一方で感染の不安もあるといいます。  土産物店・スズヤ:「海外から来てくれる…
武漢の看護師が号泣 PCR検査が多すぎて…
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 武漢の看護師が号泣 PCR検査が多すぎて…  検査数のあまりの多さに看護師も悲鳴を上げました。  大きな声を出しているのは、中国・武漢の看護師です。PCR検査を行う人数のあまりの多さに泣いているということです。武漢では35日ぶりに新たな感染者が確認された先週から「10日間大戦争」と銘打ち、18日までの5日間で延べ121万人にPCR検査を行いました。中国メディアによりますと、武漢の一日の検査能力は最大10万件で、その2倍以上のペースで実施されたことになります。59人の陽性が確認されてそのうち1人が発症していますが、SNS上では検査の精度を疑問視する声もあります。
#33:#革命×#音声 音声業界の未来をコンサル!
株式会社ニシノコンサル #33:#革命×#音声 音声業界の未来をコンサル! ・車イスYouTuber 寺田さん 相談内容:障がいをもつ方々の後押しになる100万円の使い道の案がほしい ・『西野亮廣×起業家 未来コンサル』 株式会社Voicy代表取締役緒方憲太郎さん 音声業界の未来をコンサル! ・ニシノコンサルNEWS #FR2 中国パクリ問題について討論!

おすすめの作品

〔月曜〕#185:中国徹底解剖SP、中国からの日本性ツアー?
The NIGHT 〔月曜〕#185:中国徹底解剖SP、中国からの日本性ツアー? 話題に事欠かない超大国、中国。 そんな中国のまだまだ知られていない現状を徹底解剖! ・コロナウィルスでパニックの中国本土の現状を動画で紹介。 ・香港デモを取材していると銃口を向けられ、発砲された影像公開 ・中国のエロ事情。波多野結衣はトップスタークラスの人気。 ・一晩で800万の提示?中国大富豪に誘われた。 ・日本性ツアーは実在する?5泊6日のやりまくりツアー。 ・中国大人のおもちゃ事情。 ・すべてがAI化!ホテル従業員がロボットに。 ・物乞いもキャッスレス!現金に触れたくない人々。
米大統領の断交示唆にトーン下げ「歩み寄り必要」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米大統領の断交示唆にトーン下げ「歩み寄り必要」  アメリカのトランプ大統領が中国との断交を示唆したことについて、中国政府は「歩み寄りが必要だ」と関係改善を求めました。  中国外務省報道官:「米中両国は引き続き感染防止で協力を強化して早期にウイルスに勝利し、患者を治療して経済と生産を回復すべきだ。そのためにはアメリカも中国と歩み寄ることが必要だ」  中国外務省は「米中関係の安定した発展は、両国民の根本的な利益で世界の平和と安全にも役立つ」と述べました。そのうえでアメリカに歩み寄りを求めつつ、関係改善の必要性を強調しました。アメリカへの強い姿勢が際立っていた中国側ですが、トーンを少し下げた印象です。トランプ大統領は、中国に対して「すべての関係を断ち切ることができる」と牽制(けんせい)していました。
「独立調査要求」中国報復か 豪州産食肉の輸入停止
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「独立調査要求」中国報復か 豪州産食肉の輸入停止  中国政府はオーストラリア産の食肉の輸入を一部停止すると発表しました。新型コロナウイルスの発生源を巡り、オーストラリアの首相が独立した調査を求めたことへの報復とみられています。  中国外務省によりますと、食肉の一部停止の理由は牛肉製品に問題が発覚したからだそうです。しかし、気になることが。この発言直後にウイルス騒動に関しても触れ、こう続けたのです。  中国外務省・趙立堅報道官:「オーストラリア側が推進している『新型コロナウイルス』の独立調査について、我々は中国側の立場を何度も紹介した」  オーストラリアといえば。モリソン首相がウイルスの発生源について、各国に調査の実施を呼び掛けていました。まさか、食肉の一部輸入停止は報復なのでしょうか。オーストラリアから中国への輸出は輸出総額の3割を超えています。実は、オーストラリアのモリソン首相が発生源の調査を求めた後にはすでに駐オーストラリアの中国大使が牛肉やワインの輸入が減るなどと牽制(けんせい)していました。これには、オーストラリアメディアからは「失業の恐れが広がる」「中国が貿易戦争を仕掛けてきた」などの声が上がっています。中国はこれまでも去年、カナダがファーウェイの副会長を拘束した際にカナダ産肉の輸入を停止。日本に対しても2010年に尖閣諸島を巡り、日中関係が悪化するなか、日本へのレアアースの輸出を制限しています。オーストラリアから悲鳴が聞こえてきそうな今回の食肉の一部輸入停止。  ところが、皮肉にも中国国内の店からも悲鳴が。北京の…
第10話 超点心大激突!
真・中華一番! 第10話 超点心大激突! “黄浦江楼麟艦 宴席料理決戦”がはじまる。第一試合は“特級面点師・鋼棍のシェル”Vs“面点キング・ラコン”の「世紀の饅頭対決」!饅頭の“王道”を極めたラコンが作った中国点心史上最高の傑作に対し、シェルは大胆な発想の料理を突き通そうとする。果たしてその勝負の結果は?
中国が“コロナ情報盗もうと”米FBIなど正式に警告
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が“コロナ情報盗もうと”米FBIなど正式に警告  アメリカのFBI(連邦捜査局)などは、中国が新型コロナウイルスのワクチンなどの情報を盗もうとしていると正式に発表しました。  FBIと国土安全保障省は声明を発表し、中国がワクチンや治療法、検査に関する情報を盗もうとしているとして医療や製薬の関係機関に警告し、不審な動きがあれば通報するよう呼び掛けました。手口はサイバー攻撃のほか、「伝統的ではない情報収集者」としてアメリカにいる中国人研究者や留学生の関与を示唆しています。一方で、被害の有無や主張の根拠については触れていません。中国との関係はさらに悪化するとみられます。
中国「断固反対する」 米のファーウェイ制裁強化で
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国「断固反対する」 米のファーウェイ制裁強化で  アメリカ政府が中国の通信機器大手「ファーウェイ」への禁輸措置の強化を発表したことに対して中国政府は「断固反対する」と反発し、対抗措置を示唆しました。  中国商務省は声明を発表して「アメリカが国家の安全を口実に他国の特定企業を抑圧することは公平な競争の破壊だ」と批判しました。アメリカに対して撤回を求める一方、「あらゆる措置を取り、中国企業の合法的権益を断固として守る」として対抗措置を示唆しました。トランプ政権はこれまでアメリカ製の半導体をファーウェイに輸出することを禁止していましたが、15日に禁輸の対象を広げる新たな措置を発表していました。
中国本土で新たな発症者ゼロ 李首相「戦略的成果」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国本土で新たな発症者ゼロ 李首相「戦略的成果」  中国政府は新型コロナウイルスの新たな発症者が22日はゼロだったと発表しました。  中国本土で新型コロナウイルスの新たな発症者がゼロになったのは中国政府が対策を本格化させた1月20日以降、初めてのことです。ただ、症状のない感染者は新たに28人確認されています。このうち25人はPCR検査が市内全域で行われている武漢などで確認されました。中国で22日に開幕した重要な政策を決定する全人代(全国人民代表大会)で李克強首相は「新型コロナウイルスの対策は大きな戦略的成果を収めた」と強調しました。一方で、これまでの対応を「不十分な点があった」と認め、終息宣言を見送っています。
中国で粉ミルクの安全性巡る騒動再び…別物販売か
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国で粉ミルクの安全性巡る騒動再び…別物販売か  中国でまた粉ミルクを巡る事件が起き、騒動になっています。  中国メディアによりますと、湖南省で乳児5人に湿疹や体重の低下、頭が大きくなるなどの症状が現れました。5人は同じ店で購入した中国メーカーの製品を粉ミルクとして飲んでいたということです。発症後の検査の結果、5人はビタミンDの不足で起きる「くる病」と診断されました。当局は販売店が粉ミルクと称して違う商品を販売していたとして調査をしています。メーカーはすでにこの製品の生産を中止しています。中国では2008年にも有害物質「メラミン」が混入した粉ミルクが販売されて少なくとも6人が死亡、約30万人に健康被害が及び、粉ミルクの安全性が問題視されています。
「米国では“政治ウイルス”拡散」中国外相が批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「米国では“政治ウイルス”拡散」中国外相が批判  中国の王毅外相は新型コロナウイルスの感染拡大について、アメリカで中国批判が高まる現状を「『政治ウイルス』が拡散している」と表現し、反発しました。  王毅外相は全国人民代表大会に合わせて行われた会見で「アメリカでは新型コロナウイルスのほか、一種の政治ウイルスも拡散している」と述べ、「このウイルスはあらゆる機会を捉えて中国を誹謗(ひぼう)中傷するものだ」と非難しました。また、「中国は国際社会で覇権を唱えることはない」と強調し、「アメリカの一部勢力が両国を『新冷戦』に向かわせようとしている」と主張しました。この会見は記者を別室に集めてオンラインで開かれました。記者は全員、PCR検査を受けてホテルの部屋で6時間隔離された後、陰性の判定を待って会見場に入りました。
第7話 二人の継承者
真・中華一番! 第7話 二人の継承者 マオとレオンの“神前刀工勝負”はついに決着する!マオが伝説の厨具「永霊刀」を手にすると継承者としての証である龍の紋章が浮かびあがった。そしてその神秘の力を体験したマオは、継承者はもう一人いると言うのであった...