「中国武術 おすすめ」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

中国・武漢で相次ぐ肺炎により新たに男性が死亡
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国・武漢で相次ぐ肺炎により新たに男性が死亡  中国・武漢で相次ぐ新型コロナウイルスによる肺炎で、新たに男性が死亡したと衛生当局が発表しました。新型コロナウイルスを原因とする肺炎による死者は2人目です。
中国・武漢で発生の新型コロナウイルス日本で初確認
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 中国・武漢で発生の新型コロナウイルス日本で初確認  中国・武漢で発生している肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスが日本国内で初めて確認されました。  関係者によりますと、15日までに中国の武漢から日本に入国した男性が肺炎の症状を訴えました。その後、国立感染症研究所のウイルス検査で新型コロナウイルスの陽性反応が出たということです。日本で新型コロナウイルスが確認されるのはこれが初めてです。
大分市 中国・武漢市との友好都市イベントを中止へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大分市 中国・武漢市との友好都市イベントを中止へ  中国・武漢市で発生した「新型コロナウイルス」の感染拡大に伴い、日本国内のイベントが延期となりました。  武漢市で発生した新型コロナウイルスはこれまでに3人が死亡し、20日は韓国でも新たに感染が確認されました。こうした状況を受けて武漢市と友好都市の大分市は、来月8日に予定していた締結40周年記念の「武漢の食のイベント」を延期すると発表しました。武漢から5人の料理人を招き、大分駅前に屋台を出す計画でした。
韓国の新型コロナ感染者は中国・武漢の女性
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 韓国の新型コロナ感染者は中国・武漢の女性  韓国政府は20日、韓国に滞在中の30代の中国人女性が新型コロナウイルスによる肺炎に感染していることが確認されたと発表しました。韓国での感染確認は初めてです。  韓国保健福祉省は午後に記者会見を開き、中国・武漢に住む35歳の中国人女性が19日に仁川(インチョン)空港から入国した際に発熱があったため検査したところ、新型コロナウイルスによる肺炎に感染していることを確認したと明らかにしました。この女性は18日に発熱や筋肉痛を訴え、中国の病院で診察を受けて風邪薬の処方を受けていました。武漢の水産市場への訪問や他の新型肺炎患者との接触はないと説明しています。韓国政府はこの中国人女性を隔離して治療するとともに、警戒レベルを引き上げて感染拡大の対策を強化しています。
新型コロナウイルス国内で初確認 厚労省が会見
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナウイルス国内で初確認 厚労省が会見  中国・武漢で発生している肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスに感染した患者が日本国内で初めて確認されました。これを受けて厚生労働省が会見を行い、注意を呼び掛けています。
中国・武漢の新型ウイルスで新たに死者 計4人に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国・武漢の新型ウイルスで新たに死者 計4人に  中国で広まる新型コロナウイルスによる肺炎で新たに1人の死亡が公表されました。死者は4人目になります。  武漢市の衛生当局は21日朝、89歳の男性が19日夜に死亡していたと公表しました。13日に発症し、18日から重度の呼吸困難で入院していたということです。男性には糖尿病などの持病があったとしています。新型コロナウイルスによる肺炎での死者は4人になりました。
中国・武漢の肺炎で初の死者 7人が重症
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国・武漢の肺炎で初の死者 7人が重症  中国の武漢で多発している肺炎で、1人が死亡しました。  中国メディアは11日、湖北省武漢で発生した肺炎について発症者41人のうち1人が亡くなったと伝えました。7人が重症です。亡くなった人についての具体的な情報は明らかにされていませんが、発症者の多くが武漢市内の海産物市場関係者で、1日から市場の営業は停止されています。中国では月末に春節の大型連休を控えていて、人が多く集まる場所でマスクを着用することや高熱が続くようであれば医療機関を受診するよう呼び掛けています。
中国・武漢で新たに17人感染 新型コロナウイルス
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国・武漢で新たに17人感染 新型コロナウイルス  中国の武漢で相次いでいる「新型コロナウイルス」による肺炎で新たに17人の発症が確認され、感染者は合わせて62人になりました。  武漢市の衛生当局によりますと、新たに発表された17人は男性が12人で、女性が5人です。年齢は30歳から79歳で、いずれも13日までに発症したということです。一部の患者は感染元とされる市内の海鮮市場には出入りしておらず、「ヒトからヒトへの感染」の可能性もあります。武漢では感染が相次いでいて、これまでに2人が死亡して8人が重症となっています。19人は回復して退院したということです。
新型コロナウイルスか 中国・武漢で肺炎の男性死亡
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナウイルスか 中国・武漢で肺炎の男性死亡  中国の湖北省の武漢で多発している肺炎で、初めて死者が出ました。  武漢市の当局は肺炎を発症した41人のうち1人が死亡したと発表しました。7人が重症です。中国メディアによりますと、死亡したのは61歳の男性で、多くの発症者が出た海産物市場で長年、仕入れをしていたということです。9日に死亡して「新型コロナウイルス」が検出されたということです。  薬局の店員:「武漢の肺炎の話が広がってすぐにマスクがなくなった」  2003年に新型肺炎「SARS(重症急性呼吸器症候群)」の感染が拡大した香港では、これまでに武漢を訪れた54人が似たような症状を訴えていて、多くの店でマスクが品切れになっています。
アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アメリカ 中国の「為替操作国」認定を解除  アメリカが中国に対して「為替操作国」の認定を解除したことについて、中国政府は「アメリカの結論は事実に合致する」と評価しました。  中国外務省報道官:「中国は元々、為替操作国ではない。アメリカのこの新しい結論は事実に合致し、国際社会の共通認識にも合致する」  アメリカ政府は、中国が自国の輸出に有利になるよう人民元を意図的に安く誘導しているとして去年8月から続けてきた為替操作国の認定を13日に解除しました。中国外務省は決定を評価したうえで、「貿易摩擦に対応するため、為替を道具とすることはない」と強調しました。また、中国の税関当局も「両国や世界の貿易に前向きな影響があり、良い知らせだ」と歓迎しました。