「中国武術 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

中国・武漢からの政府チャーター機第5便が羽田到着
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 中国・武漢からの政府チャーター機第5便が羽田到着  新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、中国・武漢市から日本への帰国希望者らを乗せた政府のチャーター機第5便が羽田空港に到着しました。  チャーター機は湖北省に残っていた帰国を希望する日本人と中国籍の家族ら65人を乗せ、日本時間の17日午前4時19分に武漢市の空港を出発し、午前7時前に羽田空港に到着しました。これまで対応にあたってきた外務省職員らも搭乗しています。日本政府は、今回の第5便をもってチャーター機の派遣に区切りをつけたい考えです。
第2便の帰国者からも感染確認 自宅待機の40代男性
最新の社会ニュース【随時更新】 第2便の帰国者からも感染確認 自宅待機の40代男性  先月30日に政府のチャーター機の第2便で中国・武漢市から帰国し、埼玉県で自宅待機していた40代の男性が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。  第1便で帰国して千葉県勝浦市のホテルに滞在している50代の男性も新型コロナウイルスに感染していることが分かり、新たに2人の感染が確認されました。横浜港に停泊しているクルーズ船の135人と合わせ、国内で新型コロナウイルスの感染が確認されたのは163人になります。
第2便帰国者199人、ようやくの帰宅へ施設を出る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 第2便帰国者199人、ようやくの帰宅へ施設を出る  中国・武漢市からの政府のチャーター機第2便で帰国し、感染が確認されなかった人を乗せたバスが14日午前に滞在先の埼玉県和光市の施設を出発しました。  和光市の税務大学校では午前9時ごろから、滞在していた人がバスやタクシーなどに乗り込んで施設を出発しました。厚生労働省によりますと、この施設には先月に政府のチャーター機第2便で帰国した人のうち感染が確認されたり事情があって帰宅した人を除く199人が滞在していました。13日に行われたウイルス検査では全員、陰性でした。
政府のチャーター機第5便が中国・武漢を出発
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 政府のチャーター機第5便が中国・武漢を出発  中国・湖北省に残っている日本への帰国希望者らを乗せた5便目のチャーター機が武漢市の空港を出発しました。  チャーター機は湖北省に残っていた帰国を希望する日本人と中国籍の家族ら65人を乗せ、日本時間の17日午前4時19分に武漢市の空港を出発しました。また、これまで対応にあたってきた外務省職員らも搭乗しました。フライト時間は約3時間程度で、午前7時すぎには羽田空港に到着する見込みです。日本政府は今回の第5便をもってチャーター機の派遣に区切りをつけたい考えです。
武漢市封鎖から1カ月 ホンダ、日産が休止を延長
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 武漢市封鎖から1カ月 ホンダ、日産が休止を延長  新型コロナウイルスの感染の拡大で中国・武漢市が封鎖されてから1カ月です。日本の自動車メーカーは、中国国内の工場の休止をさらに延長しています。  「ホンダ」は当初、武漢市にある工場の生産を春節休み明けの3日から再開する予定でしたが、新型コロナウイルスの感染の拡大を受けていったん、24日以降に延期しました。その後、中国・湖北省が企業の休業措置を延長したため、さらに再開を来月11日以降に延期します。「日産」も湖北省の工場の再開を来月11日以降に延期しました。
武漢の病院長が死亡…治療中に“新型コロナ”感染
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 武漢の病院長が死亡…治療中に“新型コロナ”感染  新型肺炎患者を治療してきた病院の院長が、自らも感染し死亡しました。  中国・武漢市の衛生当局は多くの新型肺炎患者の治療にあたってきた「武昌病院」の劉智明院長が18日午前、死亡したと発表しました。劉院長は51歳で、先月下旬に新型コロナウイルスによる肺炎を発症し、闘病生活を送っていました。中国では医療関係者1700人以上の感染が確認されていて、これまでに少なくとも6人が死亡しています。劉院長について武漢市は、「病院スタッフを率いて最前線で尽力してきた」とコメントしています。
チャーター機第1便で帰国の50代男性に陽性反応
最新の社会ニュース【随時更新】 チャーター機第1便で帰国の50代男性に陽性反応  先月29日に政府のチャーター機の第1便で中国・武漢市から帰国し、千葉県勝浦市のホテルに滞在している50代の男性が新型コロナウイルスに感染していることが分かりました。  男性は先月30日に検査したところ、陰性でしたが、今月7日に38.5度の熱が出たため、検体を採取しました。翌8日に千葉県の衛生研究所での検査は陰性でしたが、症状が改善しないため、改めて国立感染症研究所で検査したところ、今月10日に陽性反応が出て、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。男性は帰国してからホテルに到着後、客室内に滞在していて、外出はしていないということです。
ホテル滞在の第1便帰国者 きょう全員が帰宅へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ホテル滞在の第1便帰国者 きょう全員が帰宅へ  千葉県内のホテルに滞在していた中国・武漢市からのチャーター機第1便の帰国者が13日午前、バスでホテルを後にしました。滞在していた全員が13日に帰宅する予定です。  武漢市からのチャーター機の第1便で帰国して千葉県勝浦市のホテルに滞在していた176人は12日、ウイルス検査で全員、陰性と確認されました。12日は36人が帰宅し、13日は国が用意したバス4台に残るほとんどの人が乗ってホテルを後にしました。ホテルの前には従業員や市民ら合わせて約70人が集まってバスを見送りました。まだホテルに残っている人も13日中に全員が帰宅する予定です。
新型コロナ治療なく男性自殺 武漢市が幹部ら処分
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 新型コロナ治療なく男性自殺 武漢市が幹部ら処分  新型コロナウイルスの感染が拡大する中国・武漢市で、治療が受けられなかった男性が自殺し、幹部ら13人が処分されました。  中国メディアによりますと、自殺した男性は感染の疑いがありましたが、行政側の手違いで治療が受けられず、自宅で自殺したということです。これを受けて、武漢市は責任を問う形で幹部ら13人を処分しました。また、幹部らは新型コロナウイルスの濃厚接触者を隔離せず、感染のリスクが増えたことや、部下が勝手に武漢を離れたことに対する管理責任も問われています。湖北省ではトップに習近平国家主席の側近が就任し、幹部らの処分が相次いでいます。
中国政府 アメリカ人記者3人の記者証を取り消し
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国政府 アメリカ人記者3人の記者証を取り消し  中国政府は新型コロナウイルスに関するアメリカの一部メディアの報道を問題視し、3人のアメリカ人記者の記者証を取り消しました。  アメリカのウォール・ストリート・ジャーナルは3日、「中国は『アジアの病人』」という論説を掲載して「危機への中国の初期対応は褒められたものではなかった」「中国の金融市場は長期的には恐らく野生動物の市場よりも危険だろう」などと批判していました。この論説に対し、中国外務省は「人種差別的だ」として、「北京駐在の3人の記者証を取り消す」ことを発表しました。中国外務省は「正式な謝罪を要請したが、謝罪はない」と説明しています。中国では記者証がないと取材活動ができません。