「中国武術 視聴」の検索結果

今すぐ視聴する

商業施設で…テコンドーと中国武術が“大乱闘”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 商業施設で…テコンドーと中国武術が“大乱闘”  ショッピングモールの中で格闘家らがプライドをかけてまさかのけんか騒ぎだ。その意外な原因とは。  場所は中国・江蘇省のショッピングモールだ。白い集団と黒い集団のいわゆる乱闘。そして、床に横たわっているのは白い集団。詳しく見てみよう。白はテコンドーの団体、黒は中国武術の団体なのだという。それぞれ韓国と中国を代表する武道。単なるストリートファイトというよりも両者の沽券(こけん)に関わる異種格闘技戦のように見える。蹴りを入れる白にパンチで応戦する黒。2発目が顔面をヒットし、白がのけ反っている。黒の右フックを危うくかわす白。だが、起き上がったところにラリアットが決まる。もう武術というよりプロレスだ。黒の一団が去った後はご覧のような具合。関係者に取材したところ…。このショッピングモール内のテコンドー道場の目の前で中国武術の集団が勧誘のビラ配りを始めたのがそもそもの発端。別の場所でやるよう注意すると乱闘に発展したという。ショッピングモールによれば、黒い集団の中国武術の道場もこの施設内にあるとのこと。古典的な道場破りというよりも生徒の争奪戦。ビジネス上の争いだった可能性が高い。
新K-1伝説 #58
新K-1伝説 新K-1伝説 #58 11月3日、ついに開幕した「K-1 WORLD GP 2016 JAPAN ~初代フェザー級王座決定トーナメント~」。トーナメント第3試合では実力者・神戸翔太が“中国武術の最新兵器”ユン・チーと激突。そして前人未到の二階級制覇を目指す武尊は、“ブリティッシュ・ヤングブランド”ジェイミー・ウィーランと対決。激戦必至の初戦を突破するのは果たして。

おすすめの作品

中国「約束違反のレッテル貼っている」 米の批判に
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国「約束違反のレッテル貼っている」 米の批判に  アメリカのトランプ大統領が中国は貿易協議で約束を破ったと批判していることについて、中国政府は「約束違反のレッテルを貼っている」と反発しました。  中国商務省・高峰報道官:「アメリカは中国に『後退』とか『約束違反』というレッテルを貼っている」  中国商務省は、会見で「アメリカが関税の引き上げを実行するなら中国も対抗措置を取らざるを得ない」と強調しました。さらに、「あらゆる可能性に対応する準備は済ませた」として、アメリカが引き上げれば中国も直ちに応戦する構えを見せました。一方で、「中国は一方的な関税の引き上げに反対してきた」とも述べ、アメリカ側が思いとどまるよう促しました。
米中協議で中国が絶対に譲れなかった3つのポイント
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 米中協議で中国が絶対に譲れなかった3つのポイント  ワシントンで行われた米中の貿易協議で、中国側がどうしても譲ることができなかった3つのポイントが明らかになりました。  アメリカと中国はワシントンで2日間にわたって貿易協議を行いました。トランプ政権は協議中に中国製品約22兆円分に対する制裁関税を25%に引き上げて譲歩を迫りましたが、合意には至りませんでした。その後の取材で、中国側が譲れなかった3つのポイントが明らかになりました。  まず、交渉が妥結した際に互いの追加関税をすべて撤廃すべきだという点です。アメリカは中国が合意内容を実行するかを見極めたうえで、段階的に関税を撤廃したい考えです。次に中国は、農産品などの輸入拡大を迫るアメリカに対して、中国側の需要を踏まえて輸入規模を調整すべきとしています。そして、作成が進む合意文書についても、中国がアメリカに一方的に譲歩したとみられる内容になれば、中国国内で反発を受けると3、4週間後の回答期限までに中国側がどこまで譲歩できるのか、今後も見通しは不透明です。
「戦うなら付き合う」中国政府は米と徹底抗戦の構え
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「戦うなら付き合う」中国政府は米と徹底抗戦の構え  アメリカのトランプ政権は、まだ制裁関税をかけていない残りの中国製品33兆円分に最大25%の関税をかける方針を公表しました。一方の中国政府はアメリカと徹底抗戦の構えです。北京から報告です。  (森林華子記者報告)  中国共産党の機関紙は「これが中国の態度だ」として「交渉するなら応じる、戦うなら付き合う、いじめるならとんでもないことを考える」と報じ、対米強硬姿勢を鮮明に打ち出しました。中国が対抗措置を発表したのはニューヨーク株式市場が始まる1時間前でした。その後、中国メディアはニューヨーク市場の大幅な下落をつぶさに伝え、対抗措置には“効果”があったんだとアピールしています。さらに、次のポイントは中国が保有する膨大なアメリカ国債に手をつけるかどうかです。ある中国の専門家は、取材に対して「中国のアメリカ国債の保有額は最大だ。トランプ大統領は景気が悪くならないと目が覚めない」と改めてこのタイミングで強調しました。中国はアメリカ国債の処分売りに動くのではないかという警戒心をあおり、新たな揺さぶりを掛ける可能性もあります。
中国 “ファーウェイ使用禁止”大統領令に対抗措置
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国 “ファーウェイ使用禁止”大統領令に対抗措置  アメリカのトランプ大統領が中国の通信機器大手「ファーウェイ」の使用禁止につながる大統領令に署名したことについて、中国商務省は対抗措置を取る考えを明らかにしました。  中国商務省・高峰報道官:「中国は必要な措置を取り、中国企業の合法的な利益を断固守る」  大統領令では、安全保障上のリスクがある企業の製品をアメリカの通信企業が使用することを禁止しています。具体的な企業名は挙げていませんが、中国の「ファーウェイ」が念頭にあるとみられます。これに対し、中国商務省は「中国企業に一方的な制裁をかけることに断固反対する」と強調し、アメリカへの対抗措置を取る方針を明らかにしました。ただ、具体的な時期や内容については明らかにしていません。
中国「反撃措置をとる」 米国が制裁関税引き上げ
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国「反撃措置をとる」 米国が制裁関税引き上げ  中国製品に対する制裁関税の引き上げを発表したアメリカのトランプ大統領に対し、中国政府は「反撃措置を取る」と明言しました。  中国商務省は、アメリカが10日に約22兆円分の中国製品に対する制裁関税を10%から25%に引き上げることについて「中国は必要な反撃措置を取らざるを得ない」と表明しました。また、「貿易摩擦をエスカレートさせることは両国のためにも世界のためにもならず、中国は深く遺憾の意を表明する」と述べました。一方、中国の対米交渉の責任者・劉鶴副首相はワシントンに向けて出発します。米中の閣僚級の貿易協議は9日と10日の2日間、行われますが、中国が反撃措置の具体的な内容について触れていないなか、トランプ大統領は協議期間中の10日に関税を引き上げると発表しています。
残り33兆円にも中国制裁関税を準備 トランプ政権
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 残り33兆円にも中国制裁関税を準備 トランプ政権  アメリカと中国の貿易協議が不調に終わったことを受けて、トランプ政権は新たに中国からの残る33兆円分の輸入品に制裁関税をかける準備を始めました。中国からのすべての輸入品に制裁関税をかける構えです。  アメリカと中国の2日目の貿易協議はわずか2時間ほどで終わり、合意に至りませんでした。トランプ大統領は、10日に発動した中国製品22兆円分の関税の引き上げについて「解除されるかどうかは今後の交渉次第だ」という認識を示しました。さらにアメリカ通商代表部は10日、まだ制裁関税をかけていない残りの中国製品約33兆円分にも制裁関税をかける準備を始めたと発表しました。関税率は25%が検討されています。実際に発動されれば、実質的に中国からのすべての輸入品が制裁関税の対象になります。発動までには数カ月かかるとみられ、その間にトランプ大統領は中国から譲歩を引き出したい考えです。
激化!アメリカVS中国 全輸入品に追加関税拡大も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 激化!アメリカVS中国 全輸入品に追加関税拡大も  アメリカと中国の貿易協議が不調に終わったのを受け、トランプ政権は新たな制裁として中国からのすべての輸入品に追加関税をかける準備を始めました。  アメリカと中国の2日目の貿易協議は2時間ほどで終わり、合意に至りませんでした。トランプ政権は10日に中国から輸入される製品22兆円分について制裁関税を25%に引き上げたばかりです。さらに、まだ制裁関税をかけていない残りの中国製品約33兆円分についても制裁関税をかける準備を始めました。発動されれば、実質的に中国からのすべての輸入品が対象になります。発動までに数カ月かかるとみられ、その間にトランプ大統領は中国に譲歩を迫る考えです。
中国が来月1日から米製品600億ドル分に追加関税
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国が来月1日から米製品600億ドル分に追加関税  アメリカのトランプ大統領が中国製品への追加関税を引き上げたのを受け、中国政府は来月から対抗措置を取ると発表しました。  中国国務院の発表によりますと、中国は来月1日から600億ドル、日本円で約6兆6000億円分のアメリカ製品の追加関税を最高25%まで引き上げるということです。中国のアメリカに対する報復措置で、「追加関税を調整する措置はアメリカの単独主義、貿易保護主義への答えである」としています。アメリカのトランプ政権は10日に2000億ドル、日本円で22兆円分の中国からの輸入品に対して追加関税を25%に引き上げていて、さらに第4弾として中国製品に対する新たな制裁関税について発表する見通しです。
“報復の意向”も“措置急がず”…中国の思惑は
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “報復の意向”も“措置急がず”…中国の思惑は  アメリカに対し、中国側はどのような対抗措置に踏み切るのでしょうか。北京から報告です。  (森林華子記者報告)  中国側は報復する意向は示していますが、中国外務省の記者会見でも具体的な対抗措置は明らかにしませんでした。  中国外務省・耿爽副報道局長:「具体的な措置の実施について、引き続き注視して下さい」  ある中国の当局者は「対抗措置は急ぐ必要はない」と話しています。アメリカに最もインパクトを与えられるタイミングを見計らっている可能性もあります。初日の協議を行う前に劉鶴副首相は、異例のメディアの取材に終始、明るい表情で応じ、トランプ政権の強硬姿勢に対する中国側の焦りを色濃く感じました。中国側は土壇場でハイテク産業に関するアメリカからの見直し要求を拒んだとみられます。中国は、この分野をアメリカに対抗できる産業に成長させようとしています。そのため封じ込められる動きは避け、ここで足踏みしてでも対抗できる力を残したいというのが本音です。
トランプ大統領「中国が合意破棄」と再び批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 トランプ大統領「中国が合意破棄」と再び批判  アメリカが13日にすべての中国製品に対する制裁関税を発表するといわれるなか、トランプ大統領は改めて中国を批判して圧力を掛けました。  トランプ大統領は12日、ツイッターに「中国が合意を破棄し、再交渉しようとした」と投稿して中国を改めて批判しました。また、中国から買っていた製品は「アメリカで作るか、他の国から買えばいい」としています。アメリカは制裁関税がかけられていない残りの約33兆円分の中国製品にも関税をかける手続きを始めていて、13日に詳細を発表する予定です。一方、トランプ政権で経済政策を担当するクドロー国家経済会議委員長は、6月の大阪G20サミットの機会にトランプ大統領が中国の習近平国家主席と会談する可能性が十分あるとの見方を示しました。実現すれば貿易摩擦の決着に向けて重要な会談となります。