「中華 動画サイト」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

温泉ホテル騒然 レストラン出火で宿泊客避難
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 温泉ホテル騒然 レストラン出火で宿泊客避難  千葉県木更津市にある温泉ホテルの中華レストランから火が出て、宿泊客らが避難する騒ぎとなりました。  17日午後10時ごろ、木更津市の「龍宮城スパ ホテル三日月」の中華レストランから火が出ました。警察などによりますと、従業員が目を離した隙に中華鍋の中の油に火が付き、厨房(ちゅうぼう)ののれんやダクトに燃え移ったということです。火はすぐに消し止められましたが、宿泊客228人が一時、外に避難してホテルは騒然となりました。けが人はいませんでした。
第21話 中華そばの命
美味しんぼ 第21話 中華そばの命 双子の姉妹まゆみ・ますみの夫はこれも双子で紅龍・白龍。仲良く中華そば店を経営していたが、それぞれの力を過信して2つの店に分裂。兄弟の間で姉妹は苦しむ。一計を案じた士郎は・・・。
episode4 ファラフェルのミニバーガーと中華風バーガー
ブラザー・グリーン:イーツ! ~ゆるゆる兄弟のDIY男メシ~ episode4 ファラフェルのミニバーガーと中華風バーガー 今回はクイーンズの名店で教わったコツを生かし、絶品ファラフェルのミニバーガー作りに挑戦。また、斬新な中華風バーガーや、食パンで作る簡単スシサンドも紹介する。
第2話 『麻』と『辣』
食戟のソーマ 餐ノ皿 第2話 『麻』と『辣』 中華研の目の前、しかも料理ジャンル「中華」で月饗祭への出店を決め、久我へ宣戦布告した創真! 一方、アリスと黒木場、葉山が組んで模擬店を出すことになったりと、ほかの仲間たちも月饗祭への準備を着々と進めていた。そんななか創真は、恵に手伝ってもらいながら模擬店で出す料理の試作を始めるものの、なかなかうまくいかず…?
第4話 若き獅子たちの群れ
食戟のソーマ 餐ノ皿 第4話 若き獅子たちの群れ 月饗祭・三日目! 新メニュー『なんちゃって担仔麺』の追加により売上を伸ばしてるものの、2日連続売上1位の中華研にはまだまだ及ばない。その状況を打開すべく、助っ人を呼びさらなる新メニューを売り始める! その料理とは、中華研と同じく麻婆豆腐! しかしそこには驚きな秘密が…!? 創真の作戦とは一体!?
第13話 手間の価値
美味しんぼ 第13話 手間の価値 マスコミに取り上げられたために大繁盛の横浜中華街の大南楼。やっとの思いで席についたが思い上がった態度と料理に士郎の怒りが爆発。本物の東披肉を作ってコックを諌める。
第03話 豊島区池袋の汁なし坦々麺
孤独のグルメ 第03話 豊島区池袋の汁なし坦々麺 池袋のマンションギャラリーに呼ばれた五郎は駅前で怪しげな雰囲気の男にティッシュを渡される。マンションギャラリーでは美しいスタッフに迎えられるがそこには鬼の上司が...。そして池袋の街をさまよいこの日出合ったのは、中華・四川の汁なし坦々麺だった。
#124【中国(北京)編】(韓国2019年1月12日放送)
バトル・トリップ~スター達のおすすめスポット #124【中国(北京)編】(韓国2019年1月12日放送) バトル・トリップ新年特集、上級者バトル第二弾!中国での活動が長いペ・スルギとチェヨンの北京旅行記!"中国のベネチア"とも呼ばれる最新人気スポットをバトル・トリップ初公開!さらに、約600年の伝統を誇る名店で食べる"北京ダック"や中華料理の代表"ジャージャー麺"など、絶品グルメ情報もたっぷりご紹介!
【三食ごはん 漁村編3】 #9
三食ごはん 漁村編3 【三食ごはん 漁村編3】 #9 日進月歩の漁師ライフ。朝は一度食べると病みつきになる“ナスごはん”!三食ハウスの庭で育てたナスと、肉のハーモニー。続いて得糧島の海の香りが漂う“アサリカルグクス”と、100%ハンドメイドのキムチを3種類。そして“中華あんかけ丼”と“ちゃんぽんスープ”も登場。さらに三兄弟はタコを取ることにする。しかし、簡単ではない漁師の道。果たしてイイダコとテナガダコを取ることができるのか?
アカデミー賞受賞韓国映画「パラサイト」 監督会見
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 アカデミー賞受賞韓国映画「パラサイト」 監督会見  今年のアカデミー賞で英語以外の映画として初めて作品賞を受賞した韓国映画「パラサイト」のポン・ジュノ監督が日本記者クラブで会見し、作品に込めた思いを明かしました。  「パラサイト」ポン・ジュノ監督:「なぜこれほど受け入れられたのか、正直私も分からない。むしろ皆さんに聞きたい」  映画「パラサイト半地下の家族」は、韓国社会の格差を描いた作品として世界で高く評価されました。  「パラサイト」ポン・ジュノ監督:「(貧富の)二極化といいますよね。その事実を改めて暴くというよりは、この先社会は良くなるのか、二極化は克服されるのか、そのような不安と恐れを率直に表現してみたかったのです」  また、ポン・ジュノ監督は新型コロナウイルスの感染拡大についても触れ、世界で相次いでいる差別的な行為に懸念を示しました。  「パラサイト」ポン・ジュノ監督:「決して恐れや不安を誇張したり過度に対応したり、様々な国家的、人種的、社会的な偏見をそこに加えてはならない」