「久野美咲 1話」の検索結果

今すぐ視聴する

episode11 積年の想い
七つの大罪 episode11 積年の想い バイゼル喧嘩祭り1回戦最終試合、メリオダスとバンの試合が始まる。メリオダスの拳を受け、彼との出会いを思い出すバン。強奪<スナッチ>の能力を駆使し、メリオダスを追い詰めるが…!?一方、バイゼルの町ではベロニカとグリアモールがエリザベスを探し回っていた。
第1話 黒き夢の始まり
七つの大罪 聖戦の予兆 第1話 黒き夢の始まり 王都奪還の戦いから数日後、復興作業が進むリオネス王都。〈豚の帽子〉亭にも平穏な日常が戻ってきたが、ひょんなことから、ホークが飛び出して行ってしまう。メリオダスたちはギルサンダー達も巻き込んで、ホークを捜索することに。
episode21 今、そこにせまる脅威
七つの大罪 episode21 今、そこにせまる脅威 暴食の罪、ボア・シンのマーリンの登場により、ビビアンの野望は打ち砕かれ、メリオダスはエリザベスとの再会を果たす、一方、エレインを生き返らせるため、王国の地下神殿にある〈ケルヌンノスの角笛〉で女神族と交信するバン。望みを叶える代償として女神が提示した条件は"ある人物を殺す"ことだった。
第11話 絶滅種と原始的謀略 -EX団の話-
群れなせ!シートン学園 第11話 絶滅種と原始的謀略 -EX団の話- 間様人です。シートン学園の料理部で副部長をしています。 少子化と言われる昨今ですが、絶滅とまで言われるとなかなか想像できません。 もしもヒトが絶滅寸前になったら、どうなるのでしょう? 答えは簡単。僕と瞳ちゃんがアダムとイブみたいになってムフフのフ! なんて思いを馳せる楽しい時間を邪魔された。 ――文化祭にやってきた、クソ絶滅種どもに。
第1話 おおかみ親分(ルビ:ボス) ランカ-ランカとジンとヒトミの話-
無料
群れなせ!シートン学園 第1話 おおかみ親分(ルビ:ボス) ランカ-ランカとジンとヒトミの話- 間様人です。この春、シートン学園に入学しました。 そこで出会った、清楚で優しく可憐な女性――牝野瞳さん。 僕らはすぐに意気投合、二人で料理部をつくり、一緒にレシピを考える毎日です。 これってもしかして、将来の予行演習!? そんなリア充スクールライフ! が、過ごせるはずだった。 ――ここが、ケダモノどもの学園でなければ。
episode1 七つの大罪
無料
七つの大罪 episode1 七つの大罪 絶大なる魔力を有し、人々から敬われ、時に恐れられる存在〈聖騎士〉に守られた『リオネス王国』。王国の王女エリザベスは、たった一人国を離れ、ある者たちを探す旅に出ていた。 それは最強最悪の騎士団として恐れられ、 国を裏切り、全聖騎士を敵に回した罪人たち──<七つの大罪>。 たどり着いた一軒の酒場で、エリザベスは店主を名乗る少年・メリオダスに出会う。 それは、彼女と<七つの大罪>たち、そして世界の命運を一変させるとびきりの冒険の始まりであった―-!
第1話 闇を払う光
無料
七つの大罪 神々の逆鱗 第1話 闇を払う光 煉獄より復活を果たしたメリオダス。〈七つの大罪〉の活躍により〈十戒〉のグレイロードとフラウドリンが討たれ、リオネス王国は守られたが、世界は依然として〈十戒〉の脅威にさらされていた。人々の心は荒んでいき、魔神たちの支配に抗うこともできない。そんな中、決死の覚悟で武器を手に立ち上がる村人たちの元に現れた〈七つの大罪〉。ブリタニア解放を賭けた反撃が、今まさに始まろうとしていた。
第11話 怨念たちは眠らない
七つの大罪 神々の逆鱗 第11話 怨念たちは眠らない 魔神王と最高神にかけられた呪いの真実を知らされた一行。しかし彼らはメリオダスの意思で今までどおり目的を果たすべく、キャメロットを守る次元のひずみを解除するためコランドへと向かった。しかしコランドにつくやいなや、メリオダスは突如現れたメラスキュラによって「暗澹の繭(あんたんのまゆ)」に包まれ連れ去られてしまう。残された一行は、囚われたメリオダスの力で強化された死霊たちに苦戦を強いられる。
第21話 聖戦の幕開け
七つの大罪 神々の逆鱗 第21話 聖戦の幕開け キャメロット城に潜入したアーサーの前に立ちはだかったのは、ゼルドリスたちと…なんとメリオダス!聖剣を手にしたアーサーは彼らに戦いを挑む。初めは圧倒しているかのように見えたアーサーだが…聖剣の強大な力に耐えきれず、体がズタズタになってしまう―。もうだめかと思われたその時、突如現れたマーリンによってアーサーは〈豚の帽子〉亭へと離脱することに成功する。しかしこの時すでに、アーサーはキューザックの術中にあって――!?
EPISODE 1「人類史の彼方から」
無料
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 1「人類史の彼方から」 悠久の風吹く彼方。先史文明期。砂塵に荒ぶシンアルの野、その付近。 施設の暗がりを這いずる血みどろの雄は、自身の権限を以って装置を起動させる。 それがいかなるものであるのか、詳らかにされないまま、全ては闇黒に没する。 ただ一言、情を交わしたヒトの名を遺して―― 時は過ぎて現代。南氷洋にS.O.N.G.本部は浮上し、作戦行動を展開していた。 此度の目的は、『棺』と呼ばれる遺跡の観測と対策の検討。 だが、打ち立てた想定のほとんどは覆り、ロシアの南極観測隊を守るべく、 想定範囲外の事態――『棺』そのものとの直接決戦にもつれ込んでいくのであった。 真夏にして零下の湖上、新生(リビルド)した六領(シンフォギア)は十全に機能して不足はない。 だが、無機質なれど『棺』の攻撃は、かつての難敵と並ぶほどに強烈苛烈。 埒外の物理法則は、たちまちにして装者たちを蹂躙するのであった。 昏倒する6人。薄れゆく意識の中で立花 響が思い起こすのは、事の始まり。 それは、己が手に何を信じて何を握るのかを問われる、まだ見ぬ残酷の幕開けでもあった。
EPISODE 11「ハジメニコトバアリキ」
戦姫絶唱シンフォギアXV EPISODE 11「ハジメニコトバアリキ」 アガートラームがマリアに見せる夢。それは刻の彼方に繰り広げられたエンキとシェム・ハの最終決戦、 不意を突いて放たれたシェム・ハの光撃にて、身体構造式を銀に書き換えられていくエンキ。 だが、左腕を斬り落とすことで変換を食い止めたエンキは、最後の力にてシェム・ハを葬るのであった。 テレポートジェムによって月遺跡の内部へと転送されるシンフォギア装者たち。 はぐれた仲間を探すべく行動開始しようとした翼とマリアであったが、 ペンダントより放たれる輝きは2人を遺跡の防衛機構より逸らし、中枢部へと誘うのであった。 装者の不在にどこまでも進行するシェム・ハの目論見。既にユグドラシルの根は地球中心核域に到達している。 月からの帰還を算段するS.O.N.G.であったが、後手に回らざるを得ない致命的な状況は覆せずにいた。 一方、導かれるままに月遺跡の中枢、管制室にやってきた翼とマリアは、 マリアが夢に見たエンキの意識をトレスしたオペレーティングシステムより、秘されし人類史を知る事となる。 それは同時に、シェム・ハが為そうとしている脅威の全貌に触れる事でもあった。 そこに現れるミラアルクとの対決。だが、翼とマリアは完全怪物の誇る常識外の力と技に圧倒されるばかり。 追い詰められた絶望の只中なれど、それでもマリアは逆転すべく翼に奮起を促すのであった。