「亀山ダム」の検索結果

今すぐ視聴する

千葉県 亀山ダム
無料
Victory Trail 千葉県 亀山ダム 最強トーナメンター・小森嗣彦のバスフィッシング理論に迫る番組。今回は、琵琶湖の最強ガイドとして日々腕を磨く国保誠を、小森のホーム・亀山ダムに招いた。初挑戦の国保は、いかにして関東屈指の人気を誇るリザーバーを攻略していくのか。小森の無駄の無い亀山ダム攻略の組み立てと共にお送りする。(本編内容は2013年12月放送当時のものです)
BASS KING #15
無料
BASS KING BASS KING #15 ハイプレッシャーメジャーフィールド 亀山ダムをオカッパリで完全ガイド! バイブレーションの徹底解説に加え、 実釣ではキムケンがあのレベルバイブで まさかの〜!? 今回も超必見です!!
BIG FISH BATTLE 青木大介vs金森隆志in亀山ダム(前半)
無料
BIG FISH BATTLE BIG FISH BATTLE 青木大介vs金森隆志in亀山ダム(前半) BIG FISH BATTLE第六弾 !決戦の舞台は、関東屈指の人気フィールド亀山湖。ビッグフィッシュの実績が高く関東でロクマルモンスターが狙えるフィールドだ。今回の対決に挑戦するのは岸釣りのカリスマ 金森隆志vs絶対王者 青木大介。完全アウェイの金森、亀山湖でトーナメントを戦った経験のある青木。この闘い・・・見逃せないドラマがある!!
BIG FISH BATTLE 青木大介vs金森隆志in亀山ダム(後半)
無料
BIG FISH BATTLE BIG FISH BATTLE 青木大介vs金森隆志in亀山ダム(後半) BIG FISH BATTLE第六弾 !決戦の舞台は、関東屈指の人気フィールド亀山湖。ビッグフィッシュの実績が高く関東でロクマルモンスターが狙えるフィールドだ。今回の対決に挑戦するのは岸釣りのカリスマ 金森隆志vs絶対王者 青木大介。完全アウェイの金森、亀山湖でトーナメントを戦った経験のある青木。この闘い・・・見逃せないドラマがある!!

おすすめの作品

DAY OFF #1
無料
DAY OFF DAY OFF #1 近年、メディアで目覚しい活躍を見せている伊藤巧。 トーナメント、取材、タックル開発など忙しい日々を送る彼の休日に密着した番組「DAY OFF」 トーナメントでも取材でもないOFFに伊藤はどんな釣りを見せてくれるのか!? 普段は見せない伊藤巧の「素」が垣間見れるフィッシングドキュメンタリー番組。 第1回は7月の千葉県の代表的なリザーバー亀山湖と三島湖での釣りに密着。 伊藤が大好きだと語るこの二つのフィールで伊藤はどんな休日を過ごし、どんな釣りを見せてくれるのか。
スポーン直後の亀山バス!!
釣りプロ スポーン直後の亀山バス!! ■ロケ日 2014.6.23 ■LUXXE PRO STAFF 岩堀 航 ■タックルデータ ロッド:ATS05 B610MH Multi Mission "MEDIUM HEAVY" ライン:フロロ 12lb フック:ワーム316 3/0 ロッド:ATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT” ライン:フロロ 12lb フック:ワーム329 ハンガーHD KGウィードレス #1 ワーム:W.I.S.フラットストレート(スカッパノン) 5.5inch ロッド:ATS05 B68M - Multi Mission “MEDIUM” ライン:ナイロン 10lb ルアー:VINTER SSR-60 フック:トレブルRB ミディアムヘビー FT #6
第5話「さらば愛しき人よ」
無料
相棒 第5話「さらば愛しき人よ」 【毎週水曜 よる9時00分放送】 青酸カリの中毒死で『スノウ』というペンネームを持つ人気覆面詩人の女性が殺害された。現場から亘(反町隆史)の写真が発見されたため、伊丹(川原和久)たち捜査一課が事情を聞くと、スノウの正体は、遺体で発見された女性ではなく、竹田ユキ(佐藤江梨子)という名の別人で、数年前に別れた元恋人だという。被害者と同居していたユキが姿を消していることから、捜査一課は容疑者として行方を追うことに。
#61 危ないオンナ大集結SP前編 〜愛人・セフレ〜
無料
Wの悲喜劇 〜日本一過激なオンナのニュース〜 #61 危ないオンナ大集結SP前編 〜愛人・セフレ〜 今回は2時間スペシャル。「危ないオンナ大集結SP前編 〜愛人・セフレ〜」。 新春早々危ないオンナ大集結。「愛人さんいらっしゃ〜い」「華麗なるセフレ一族」の2部構成で愛人、セフレがいる女、セフレにされる女の素顔を暴く。 「そんなことテレビで言っちゃっていいの?」...いいんですAbemaTVですからタブーに挑戦します。
LIMIT MAKE #11
無料
BITE「LIMIT MAKE」 LIMIT MAKE #11 「青木大介が千葉県のリザーバーへ!」 酷暑が続く2018年の夏。青木は、岸釣りでは訪れたことの無い、亀山湖・三島湖へ。ボートの釣りとは違うアプローチ。減水の続く両湖。タフコンディションの中、4500gの目標を達成することができるか?
#9 「Escalation;激化」
アクセル・ワールド #9 「Escalation;激化」 赤の王が黒雪姫と直接会って何をしたいのか。その理由もわからないまま、ハルユキの家で、黒雪姫と赤の王、そしてタクムを加えた4人の会談が始まる。上月由仁子と名乗った赤の王は、苦労の末にハルユキのリアルを割り出し、有田家に潜入した理由を語る。『あるもの』を破壊するために、シルバー・クロウの飛行アビリティを借りたい。その言葉に、黒雪姫は驚愕を露わにする。『それ』は亡きものにしたはずだ、と――。
#3 「Investigation;探索」
アクセル・ワールド #3 「Investigation;探索」 チユリを挑発する黒雪姫にハルユキは戦々恐々。しかし、その裏には彼女がハルユキを加速世界に誘った本当の理由が隠されていた。ある事件で加速世界の≪お尋ね者≫となっていた黒雪姫は、最近学内ネットワーク上で、本来なら受けるはずのない対戦を挑まれ続けていた。執拗に迫る蒼いデュエルアバター――シアン・パイルの正体を探るべく、ハルユキに助力を求める黒雪姫。その容疑者には、あのチユリが浮上する―。
#7 「Restoration;修復」
アクセル・ワールド #7 「Restoration;修復」 用心棒(バウンサー)、≪アクア・カレント≫と無事に合流、ポイントが安全域になるまでタッグを組んで戦うことになったハルユキ。相手は巨大な≪サンド・ダクト≫と、その肩にちょこんと乗った≪ニッケル・ドール≫。ひとまわりレベルの高い、しかも連携技を繰り出す強敵相手に苦戦するが――。一方、黒雪姫のお見舞いに訪れたタクム。彼はレギオンを脱退しただけでなく、剣道部も辞めていた。そんなタクムに黒雪姫は意外な行動に出る。
#18 「Invitation;挑戦」
アクセル・ワールド #18 「Invitation;挑戦」 ハルユキが危機に立ち向かってるその頃、黒雪姫は修学旅行先の沖縄で、何者かに対戦を申し込まれていた。危なげなく返り討ちにするが、琉花、真魚と名乗ったふたりのバーストリンカーは、どうやら彼女を試していたらしい。その腕を見込んで、頼みがあるという。《リアル割れ》に対する危機感が全くない、バーストリンカーらしからぬふたりの態度に、警戒しながらも会談に臨んだ黒雪姫は、彼女たちの『師匠』の正体を知る――。
#19 「Revolution;変遷」
アクセル・ワールド #19 「Revolution;変遷」 琉花たちの師匠《クリムゾン・キング》によると、沖縄の無制限フィールドに出現した神獣級エネミーのため、エネミー狩りができなくなってしまったという。しかもその『飼い主』がマッチングリストに表示されない事実に、黒雪姫はバックドア・プログラムの存在を感じる。《クリキン》たちと組み、黒雪姫はくだんのエネミー《ニーズホッグ》を操るバーストリンカーと対峙する。《サルファ・ポッド》と名乗ったそのアバターは、予想以上の強敵で……。