「二宮」の検索結果

今すぐ視聴する

第65話 No.1シューター二宮匡貴
ワールドトリガー 第65話 No.1シューター二宮匡貴 死んだはずのアフトクラトルのブラックトリガー使い・エネドラが生きていた!? 姿を変えたエネドラの口から、大規模侵攻、そして雨取千佳が狙われた真の意味が明らかとなる。一方、玉狛支部には、B級1位チームの隊長を務めるNo.1シューター二宮匡貴が遊真達の前に姿を現していた。
第68話 狙われる玉狛
ワールドトリガー 第68話 狙われる玉狛 上位とのB級ランク戦の火蓋が切って落とされた。二宮隊、影浦隊、東隊そして三雲隊の四チームが激突! 序盤から緊張感が高まっていく状況の中、各隊が修に狙いを定めて動き始める。B級の2強、二宮匡貴と影浦雅人が戦況を掌握していく中、実力者たちの猛攻にさらされる遊真、修、千佳は…。
#130②:M-1の松本人志評にガチ吐露!「ゾっとした・・」
日村がゆく #130②:M-1の松本人志評にガチ吐露!「ゾっとした・・」 ★2020年お笑い対策会議 お笑い界に対して様々な思いを持つ3組みが登場。 Youtube・SNS・平場など括りを広げて話し合う! M-1の松本人志評やミルクボーイが優勝した理由など賞レースについても熱く議論!
#131②:EXITは都知事になる!?お笑い界の秘話
日村がゆく #131②:EXITは都知事になる!?お笑い界の秘話 ★2020年お笑い対策会議 お笑い界に対して様々な思いを持つ3組が登場。 Youtube・SNS・平場など括りを広げて話し合う! EXITが愛されてる理由、今年イチ押しの芸人などを発表!
#130①:MCが憧れの共演者を抱くまでをリアルに再現!?
日村がゆく #130①:MCが憧れの共演者を抱くまでをリアルに再現!? ★ゾクゾクするAVの前振りを作ろう! ・ななまがり「芸能人とHするまでのリアルな時間」 人気MC芸能人のHまでの前振りを「リアル」に追求! ・トムブラウン「太った女性の丁寧な扱い方」 太った女性はボケに走りがちだが、もっと女性らしさを素直に出して欲しいと持論を展開!コンパからHまでの流れを披露!
#131①:ガチ素人が女優を抱くまでを完全再現!?
日村がゆく #131①:ガチ素人が女優を抱くまでを完全再現!? ★ゾクゾクするAVの前振りを作ろう! ・そいつどいつ「本物の素人がAV女優とHできるのか?」 素人ナンパとはどこか嘘くさい。そこで、本物の素人と女優がHするまでの過程を披露。 ・しずる「男女の本能を揺さぶるドラマ」 本当の話のように聞けるストーリーを作り上げ、「本能」を引き出すだけの前振りを披露。
MIYAZAKI HIRASUZUKI
RUN&GUN SALT MIYAZAKI HIRASUZUKI 全国津々浦々、海のルアーゲームを紹介するランガンソルト。今回は宮崎県最南端に位置する都井岬を舞台にヒラスズキを狙う。アングラーは当番組初登場の水元真二。宮崎県在住、元プロサーファーという異色の経歴を持つビッグフィッシュハンター。時は2013年6月中旬、ランカーサイズの荒食いに期待し、RUN&GUNする。
第70話 隊長の務め
ワールドトリガー 第70話 隊長の務め 影浦雅人とのアタッカー対決に挑む遊真。それを好機と見た二宮匡貴による両攻撃追尾弾が、二人に襲い掛かる! エース同士が激突する雪上の決戦に、終わりの時が近づこうとしていた。ランク戦の後、敗北に打ちひしがれる修。風間の提言を受けた彼が、チームのために下した決断とは…?
最悪のシナリオは再延期・中止?五輪延期でコストの押し付け合いも...新型コロナ
無料
報道リアリティーショー#アベプラ【平日よる9時~生放送】 最悪のシナリオは再延期・中止?五輪延期でコストの押し付け合いも...新型コロナ 過度な演出や切り取りを完全排除。たっぷり時間をかけて、ニュースの本質を探る報道リアリティーショー「ABEMA Prime」です。伝えることだけに満足せず、社会課題を解決するには何が必要なのか?出演者や視聴者の皆さんと一緒に考えます。番組には、芸人からジャーナリスト、社会起業家、AV女優まで、幅広いジャンルで活躍する論客がレギュラー出演、カタガキ抜きのリアルな言葉でニュースを斬ります。ほかのメディアでは見られないアベマならではの尖った特集にもご期待下さい
硫黄島からの手紙
硫黄島からの手紙 硫黄島からの手紙 2006年、硫黄島。地中から発見された数百通もの手紙。それは、61年前にこの島で戦った男たちが家族に宛てて書き残したものだった。届くことのなかった手紙に、彼らは何を託したのか。 戦況が悪化の一途をたどる1944年6月、日本軍の最重要拠点である硫黄島に新たな指揮官、栗林忠道中将が降り立った。 硫黄の臭気が立ち込め、食べ物も飲み水も満足にない過酷な灼熱の島で掘り進められる地下要塞。このトンネルこそが、圧倒的なアメリカの兵力を迎え撃つ栗林の秘策だった。最後の最後まで生き延びて、本土にいる家族のために一日でも長く島を守り抜け―。「死ぬな」と命じる栗林の指揮のもと、5日で終わると思われた硫黄島の戦いは36日間にも及ぶ歴史的な激戦となる。 61年振りに届く彼らからの手紙。そのひとりひとりの素顔から、硫黄島の心が明かされて行く...。