「井上麻里奈 人気」の検索結果

今すぐ視聴する

第11章 「妹の秘蜜」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第11章 「妹の秘蜜」 汗ひとつかかない夏。そんなのおかしいよ!夏は暑いものだよ!美少女の小麦色の肌に光る汗。白い夏服のブラウスが汗に濡れてうっすらと透けてこその夏じゃなかったの!?さあ、みんなでレッツ・汗!レッツ・スエット!
#4 こよみリバース 其ノ肆
続・終物語 #4 こよみリバース 其ノ肆 この世界における忍野忍は、吸血鬼ではなく人間だった。彼女から、暦がこの世界に及ぼしている影響について聞かされる。
第7章 「真・美少女だらけの水泳大会」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第7章 「真・美少女だらけの水泳大会」 前略、天国のお母さん。テストもなんとか無事に終わり、夏休みを前にいよいよ待ちに待った水泳大会です!魅惑の生着替えに始まって、戸惑いのシャワー、トキメキの準備運動、乙女心くすぐるクロール、はにかみの平泳ぎ、禁断のバタフライ、そして、文字通り期待に胸躍る……ポロリもあるよ!!
第8章 「汚された純真」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第8章 「汚された純真」 んっ!!待って!自主的に夏期講習に参加する生徒がたくさんいるってことは…。夏休み中も美少女たちに囲まれてウハウハのハーレムは続くってこと!?しかもなんだか秘密の香りがする特別講習…。イケナイ国語教師とのヒトヨヒトヨニ…ヒ、ト、ミ、ゴ、ロ…♡ さらには禁断の課外授業っっ!!
#1 こよみリバース 其ノ壹
無料
続・終物語 #1 こよみリバース 其ノ壹 高校の卒業式の翌朝。顔を洗おうと洗面台の鏡に向かい合った暦は、思わず鏡に手を触れると、そのまま指先が沈み込んでいき……。気がついたとき、反転したような世界にいた。
#2 こよみリバース 其ノ貳
続・終物語 #2 こよみリバース 其ノ貳 神原家で暦の前に現れた人物、そこで危機に陥った暦を救った人物、そして家に帰ったときに暦を待ち受けていた人物……。そのいずれもが、暦を驚かせるのだった。
#3 こよみリバース 其ノ参
続・終物語 #3 こよみリバース 其ノ参 事態の解決方法はわからないまま、長い一日を終えた暦は眠りにつこうとする。しかしベッドに入ったのもつかの間、余接によって起こされた暦は、ある人物の元へと案内されていく。
#5 こよみリバース 其ノ伍
続・終物語 #5 こよみリバース 其ノ伍 余接の助力を得て、暦は神原家の風呂へ忍び込む。そこに現れたのは、本来は既に亡くなっているはずの臥煙遠江。いっしょに入浴をしながら、彼が陥っている状況に対してのヒントをくれた。
#6 こよみリバース 其ノ陸
続・終物語 #6 こよみリバース 其ノ陸 直江津高校のかつての一年三組の教室。待ち受けていた扇に様々な疑問をぶつけていく暦だが、扇は思いもかけないことを口にする。もしも、この教室から始まったあらゆる出来事が夢だったとしたら? と--
第8話 スクール水着は出番がない\(^o^)/
僕は友達が少ない 第8話 スクール水着は出番がない\(^o^)/ せっかくの水着回なのだから、スクール水着の出番があって欲しい。
第11話 女子は浴衣姿がな、超可愛い(゜∀゜)
僕は友達が少ない 第11話 女子は浴衣姿がな、超可愛い(゜∀゜) 浴衣の下は付ける派? 付けない派? どちらにせよ、浴衣を着た女の子は可愛い。異論は認めない。
#06 少女が見た世界 ~トロスト区攻防戦②~
進撃の巨人 #06 少女が見た世界 ~トロスト区攻防戦②~ トーマス、ナック、ミリウス、ミーナ、エレン……巨人の前に次々に斃れていく34班の仲間たち。一人生き残ったアルミンは救助に訪れたコニーに声をかけられるが、あまりの出来事に現実を受け入れられないでいた。エレンとは別の部隊で巨人と戦っていたミカサは、エレンと出会ったときのことを回想する。
#07 小さな刃 ~トロスト区攻防戦③~
進撃の巨人 #07 小さな刃 ~トロスト区攻防戦③~ 一時撤退の鐘が鳴ったものの、立体機動装置用のガスが尽きかけているため、壁を登れないジャン、コニー、アルミンたち訓練兵。そこにミカサが追いつき、補給部隊が籠城した駐屯兵団本部に向かうことを提案する。しかしそこには多数の巨人たちが群がっていた。先陣を切って本部奪還に向かうミカサだが……。
#09 左腕の行方 ~トロスト区攻防戦⑤~
進撃の巨人 #09 左腕の行方 ~トロスト区攻防戦⑤~ トロスト区全域で繰り広げられた人類と巨人との死闘。アルミンの目の前で巨人の餌食となったエレンだったが、自ら巨人となりミカサたちの窮地を救った。しかしにわかには信じ難いキッツ率いる駐屯兵団はエレンたちに武器を向ける。キッツから「貴様の正体は何だ? 人か巨人か?」と問われたエレンは……。
#10 応える ~トロスト区攻防戦⑥~
進撃の巨人 #10 応える ~トロスト区攻防戦⑥~ 巨人が人に化けている──恐怖が伝染した戦場では、エレンやアルミンがどんな申し開きをしようと、誰も聞く耳を持つ者はなかった。エレン達にむかって放たれる砲弾。その刹那、エレンは上半身を巨人化させ、ミカサとアルミンを守ることに成功した。蒸気とともに消えゆく巨人の骨格のなかで、エレンが選択するのは……!?
#25 壁 ~ストヘス区急襲③~
進撃の巨人 #25 壁 ~ストヘス区急襲③~ 逃げる女型の巨人(アニ)に、巨人となったエレンは追いつき、2体の巨人は激しい闘いを繰り広げていた。巨人同士の闘いに巻き込まれ、ストヘ ス区市街では想像を絶する被害が出ていた。その責任を憲兵団師団長ナイルに糾弾されるエルヴィン。エルヴィンは「人類の勝利のため」と答え、 ナイルの構える銃の前に立つ。
第1章 「禁断の女子寮」
無料
まりあ†ほりっく あらいぶ 第1章 「禁断の女子寮」 前略、天国のお母さん。天の妃での生活にもずいぶんと慣れました。初めはちょっぴり戸惑ったボックスプリーツが乱れない歩き方、スタンドカラーが翻らない歩き方も今では自然と身についてこのとおり…。一日の授業を終え、寮のお友達といただくお茶はまた格別。今日はローズヒップに、イングリッシュスコーンを添えて…。
第3章 「欲心のわななき」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第3章 「欲心のわななき」 お腹すいたなぁ…。こんな日に限ってクラス委員集会…。だけど普段は嗅げないクラスの女子達の香りが空腹を紛らわしてくれてる気がする…。ああ!生徒会長、今日も相変わらずお美しい!後ろの菜鶴さんも一段と可憐で…。だ、だけど…よ、よりにもよってなんという議題!!しかもここに来て隆顕様がいらぬ解説を…。た、たまら――ん!!
第4章 「囚われの乙女」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第4章 「囚われの乙女」 女囚!!しかも女子刑務所といえば噂に名高い百合っ娘パラダイス!!これまでいろんな百合妄想で鼻血を出してきたけれど、その考えはなかった!…あぁ、女囚!手練手管のテクニックを持つお姉さまから影のあるヤンデレ美少女。そして美人看守による恥辱の身体検査!他にもきっとシャバでは想像もつかないようなめくるめくあんなイベントこんなイベント!アリかも、女囚!!
第5章 第1節「穢された姉妹」 第2節「悪戯な指先」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第5章 第1節「穢された姉妹」 第2節「悪戯な指先」 ああ…なんということでしょう。罪深い指先がわたしの髪をかきあげイタズラに首筋を愛撫するようになぞって…。うぅ…なんてステキな夢のようなシチュエーションなのかしら。夢…そう夢ね。またたく間の儚い夢…。ああ、でも夢でもいいの。神様どうかこの幸せが一秒でも長く…。…ぶはああぁぁーっ!!
第9章 「早熟の婚約者」
まりあ†ほりっく あらいぶ 第9章 「早熟の婚約者」 ちょっと待って!私が主人公なのよっ!なのに…なのにこんな扱いって無いんじゃないっ!?んっ。しかもこのちんちくりん、私のこと無視しよった!さらには呼び捨て…私の麗しの隆顕様を呼び捨てにするなんて…。婚約者だかなんだか知らないけど、隣に並んで良いのは私好みの美少女だけなんだからぁぁぁっ!!
第10話 合宿は皆が寝ないヽ(゜∀゜)ノ
僕は友達が少ない 第10話 合宿は皆が寝ないヽ(゜∀゜)ノ 家に帰るまでが……とよく言うが、ぶっちゃけ旅行から帰るときが一番だるい。ならこう考えよう。少し長い通勤・通学時間だと。普段は早く帰りたいと思う人が、そう思えば苦にはならない。たぶん。
第12話 僕達は友達が少ない(`・ω・´)
僕は友達が少ない 第12話 僕達は友達が少ない(`・ω・´) 世の中、自分の思うとおりにならないことは多いが、何事も継続することは大事だと思う。例えば部活動。長く続けていれば、きっと良いことはある。これは断言する。
#02 その日 ~シガンシナ陥落②~
進撃の巨人 #02 その日 ~シガンシナ陥落②~ シガンシナ地区を襲った巨人は、そこで生活していた人々の日常を一変させた。悲鳴と怒号が飛び交うなか、我先にと逃げる人々をおもむ ろにつまみあげ、次々に口の中へと放り込んでいく巨人の姿は、人類はただのエサに過ぎないことを実感させるのに十分だった。目の前に いた母を救えず、己の無力さを痛感したエレンは、巨人への憎しみを募らせる。「あいつらを駆逐してやる……この世から……一匹、残ら ず!」
#04 解散式の夜 ~人類の再起②~
進撃の巨人 #04 解散式の夜 ~人類の再起②~ 訓練兵団に入団して3年。キース教官のもと厳しい訓練を経たエレン、ミカサ、アルミンたちに、いよいよ卒団の時期が迫っていた。そん ななか、エレンは「立体機動術」などの巨人殺しの技術を磨くことが、同時に巨人からいち早く安全圏に逃れる技術に繋がっている矛盾に 気づく。訓練兵団での成績上位者は内地にて王の元で民を統制し、秩序を守る憲兵団に入れるのだが……。
#05 初陣 ~トロスト区攻防戦①~
進撃の巨人 #05 初陣 ~トロスト区攻防戦①~ シガンシナ区の惨劇から5年、エレンは「ウォール・マリア」破壊のきっかけとなった巨人と対峙していた。立体機動装置を作動させ、巨 人の急所であるうなじを狙い攻撃を加えるエレン。しかし、突如発生した大量の蒸気に巨人を見失ってしまう。破壊された開閉扉、壁の修 復にあたりながら、巨人の第二波進軍に備えるエレンたち。はたして、迫りくる巨人たちに一矢報いることはできるのか!?
#08 心臓の鼓動が聞こえる ~トロスト区攻防戦④~
進撃の巨人 #08 心臓の鼓動が聞こえる ~トロスト区攻防戦④~ 窮地に陥ったミカサを救った巨人を補給所まで誘導して、駐屯兵団本部に群がる巨人たちを倒せないか、と提案するアルミン。その提案を受け、コニーの援護のもとミカサは駐屯兵団本部を目指す。一方、ジャンたちは立ち塞がる巨人たちをすんでのところでかわしながら、ミカサたちよりひと足早く本部に辿りついていた。
#11 偶像 ~トロスト区攻防戦⑦~
進撃の巨人 #11 偶像 ~トロスト区攻防戦⑦~ 南側領土を統括する最高責任者であるピクシス司令から駐屯兵団に知らされたトロスト区奪還作戦。それは、巨人化したエレンが大岩を運び、破壊された扉を塞ぐというものだった。巨人たちがトロスト区に入り続けているいま一刻の猶予もままならない。エレン自身、自らの力を信じているわけではなかったが「オレはならなきゃいけないんだ……みんなの希望に」と決意を固める。
#12 傷 ~トロスト区攻防戦⑧~
進撃の巨人 #12 傷 ~トロスト区攻防戦⑧~ ミカサに向けて振り下ろされた巨人化したエレンの拳。トロスト区奪還作戦は、いきなり暗礁に乗り上げていた。すんでのところでその拳をかわすミカサだったが、再度、エレンはミカサめがけて拳を振り上げる。ついに自らの拳を顔面に打ち込み、動けなくなってしまうエレン巨人。そこに3体の巨人が接近してきて……。作戦の現場指揮を任された精鋭班・班長イアンは判断に苦慮する。
#13 原初的欲求 ~トロスト区攻防戦⑨~
進撃の巨人 #13 原初的欲求 ~トロスト区攻防戦⑨~ エレンを覚醒させるべく語りかけたアルミンによって、巨人化したエレンは大岩を運び始めた。トロスト区内に侵入した巨人たちがエレンに群がるのを防ぐため、イアンをはじめ精鋭班の班員たちは決死の覚悟で巨人を自らに引き付ける作戦を展開する。数々の命が無残に蹂躙されていくなか、巨人化したエレンはついに壁の穴を大岩で塞ぐことに成功する。