「交際相手 殺害」の検索結果

「交際相手 殺害」に関する情報は見つかりませんでした。
「交際相手」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

“あおり運転”宮崎容疑者を再逮捕 新東名でも妨害
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “あおり運転”宮崎容疑者を再逮捕 新東名でも妨害  静岡県の新東名高速でもあおり運転をした疑いで再逮捕されました。  危険運転致傷と威力業務妨害の疑いで再逮捕された会社役員の宮崎文夫容疑者(44)は去年6月、静岡県浜松市の新東名高速で、トラックの前に割り込むなどの危険な運転をした末に追突事故を起こし、交際相手の女性(当時51)に軽いけがをさせたうえ、トラックの運送業務を妨害した疑いが持たれています。宮崎容疑者は「覚えていない」と容疑を否認しています。宮崎容疑者のものとみられるSNSには、当時、自分が被害者であると訴える書き込みがされていました。
第20話 初恋の人
笑ゥせぇるすまん 第20話 初恋の人 昔の交際相手だった陶芸家・唐津陶吉の個展に足を運んだ主婦・恋野夢美(36)。夫と娘と幸せな生活を送っている夢美だが、「あの時陶吉さんと一緒になっていたら…」という思いもよぎる。そんな夢美に、喪黒の誘惑が…。
第5話 3年前に言えなかった秘密
内省的なボス 第5話 3年前に言えなかった秘密 3年前、ロウンの姉ジヘはファンギの秘書であり恋愛のアドバイザーでもあった。そんなジヘにひそかに思いを寄せていたウイルには、ファンギの妹イスという交際相手がいた。クリスマスイブを目前に、イスはウイルと婚約することに期待をつのらせ、ファンギは思いを寄せる女性とデートをする約束をしたのが...。
元夫の首絞め「殺していいか」 46歳女が殺人未遂か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 元夫の首絞め「殺していいか」 46歳女が殺人未遂か  11日未明、福岡県大川市で元夫の首を絞めて殺そうとしたとして、46歳の女が逮捕されました。  安部美由紀容疑者は午前1時すぎ、大川市の住宅で同居する40歳の元夫の男性と口論になり、「殺していいか」などと言って電気の延長コードで首を絞めて殺そうとした疑いが持たれています。逃げ出した元夫の男性が通報し、駆け付けた警察官が家の中にいた安部容疑者を現行犯逮捕しました。安部容疑者は、首を絞めたことは認めていますが、「本当に殺そうとは思ってなかった」と殺意を否認しているということです。警察は安部容疑者の交際相手を巡って口論になったとみて、詳しい経緯を調べています。
女性を無理やり乱暴か 歌舞伎町のホストの男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 女性を無理やり乱暴か 歌舞伎町のホストの男逮捕  東京・歌舞伎町のビルで待ち合わせをしていた女性を無理やり地下まで連れ込んで乱暴をしたとして、24歳のホストの男が逮捕されました。  ホストクラブ従業員の島口雄二容疑者は去年8月7日未明、新宿区歌舞伎町にあるビルで20代の女性に乱暴した疑いが持たれています。警視庁によりますと、島口容疑者はビルの外で交際相手と待ち合わせをしていた女性に「誰か待ってるの?連絡先交換できない?」などと話し掛けました。女性が無視をすると、島口容疑者は女性をビルの地下まで連れ込んで犯行に及んだということです。直後に女性が自ら通報して事件が発覚しました。島口容疑者は「酒に酔っていて、全く覚えていない」と容疑を否認しています。
バレンタインデーの人気企画は“ゴキブリが主役”
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 バレンタインデーの人気企画は“ゴキブリが主役”  イギリスでは「ゴキブリ」を使ったバレンタインデーのプレゼントが人気となっています。  動物園の担当者、ヘンリー・ウィーデンさん:「伝統的なバレンタインデーと少し違うことをしてみたかった。バレンタインデーを好きな人もいれば、そうでない人もいるでしょうから」  ロンドン近郊の動物園でバレンタインのギフトとして、ゴキブリに「元カレ」や「元カノ」の名前を付ける権利が売られています。失恋を吹き飛ばそうと企画され、命名権は1.5ポンド、日本円で約200円で販売されています。かつての交際相手の名前だけではなく、イギリスのジョンソン首相やアメリカのトランプ大統領など政治家の名前を付けて皮肉る人たちもいるようです。すでに2000人以上が購入し、人気を博しているということです。
第20話 絶体絶命
あなたはひどいです 第20話 絶体絶命 パク会長とジナが婚約を解消することを聞き、ギョンジャをはじめ安堵する家族たち。さらにジナには追い打ちとなる、ギョンジャの単独インタビューが掲載された雑誌が発売され、ユ・ジナのブランドイメージは急落する一方だった。そして精神的に追い詰められたジナは、生放送の音楽番組でミスをして放送事故を起こしてしまう。その頃、ヒョンジュンは、ヘダンへの思いが断ち切れず、交際相手のギョンスに一目会おうとカフェを訪れる。

おすすめの作品

看護師の女、母親殺害を否定 死体遺棄など認める
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 看護師の女、母親殺害を否定 死体遺棄など認める  母親を殺害して滋賀県守山市の河川敷に切断した遺体を遺棄したとされる女の裁判が始まり、女は母親の殺害を否定しました。  桐生のぞみ被告(33)は2018年1月に守山市の自宅で母親のしのぶさん(当時58)を殺害し、遺体を切断して河川敷に遺棄した罪に問われています。桐生被告は死体遺棄罪などについては起訴内容を認めていて、その後、殺人罪でも追起訴されていました。今月12日の初公判で桐生被告は「母を殺していません」と殺害を否定し、弁護側は被告に精神疾患があって責任能力を争うと主張しました。一方、検察側は「被告は母親から日常的に叱責を受け、殺害方法をネットで検索するなど強い殺意に基づく計画的犯行だ」と指摘しました。
逮捕の男「殺すつもりで…」 同僚女性殺害の疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 逮捕の男「殺すつもりで…」 同僚女性殺害の疑い  三重県で同僚の女性を殺害したとして男が逮捕された事件で、男が「殺すつもりで川に突き落とした」という趣旨の供述をしていることが分かりました。  殺人の疑いで逮捕・送検された加藤淳也容疑者(42)は7日から8日までの間に、三重県川越町の員弁川で同僚の宇田仁美さん(29)を川に突き落として溺れさせて殺害した疑いが持たれています。加藤容疑者は10日、三重県の四日市北警察署に出頭してきました。警察の調べに対して加藤容疑者は容疑を認め、「殺すつもりで橋から川に突き落とした」という趣旨の供述をしているということです。警察は2人のスマートフォンを入手していて、殺害に至った経緯などを調べています。
「殺すつもりで…」 トランプ氏殺害予告で男を逮捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 「殺すつもりで…」 トランプ氏殺害予告で男を逮捕  アメリカ、トランプ大統領の「殺害未遂事件」が発生して男が逮捕されました。  コロンビア特別区首都警察、通称「DC警察」がトランプ大統領を殺害しようとした男を逮捕した。CNNなどが報じた驚きのニュース。逮捕されたのは、フロリダ在住のロジャー・ヘッジペス容疑者(25)。報道によりますと、8日にホワイトハウスの大統領警護官がパトロールしていたところ、男が近付いてきて「トランプ大統領を殺すため、ここに来た。俺にはナイフがある」と言ってきたそうです。  警護官はロジャー容疑者の身体検査をしたところ、ズボンのポケットから出てきたのは、刃渡り3.5インチ=約8.9センチのナイフだったということです。警護官はすぐにナイフを取り上げてロジャー容疑者を拘束。CNNによりますと、この間、大統領警護官には「何の危険もなかった」ということです。  一方、「殺害予告」を受けたトランプ大統領は「アメリカ合衆国を再び偉大な国に!アメリカを偉大なままに!」と事件の翌日、ツイッターを更新しましたが、自らの殺害予告など全く気にしていないようです。…というのもトランプ大統領は、この手の脅しには慣れているのかもしれません。去年5月にはシカゴのトランプタワーに「大統領を殺す」と不審物が届き、消防や警察などが集まる騒ぎになりました。ちなみにこのトランプタワーには、トランプ大統領は住んだことはないということです。さて、今回のホワイトハウス付近で起きた「大統領殺害予告」事件。大統領警護官によりますと、逮捕されたロジャー容疑…
「息子は幸せを作っていた」 やまゆり園事件で遺族
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「息子は幸せを作っていた」 やまゆり園事件で遺族  「息子はいつも幸せを作っていた」。神奈川県の障害者施設で入所者19人が殺害され、26人がけがをした事件の裁判で、殺害された入所者の母親の思いが読み上げられました。  12日の法廷では、植松聖被告(30)に殺害された入所者の男性(当時43)の母親の陳述書が代理人弁護士によって読み上げられました。母親は「植松被告は障害者は不幸を作ると言っているが、息子はいつも幸せを作っていた。苦労もあったが、不幸と苦労は違う」と訴えました。また、「同じことが起きないようもっと障害者のことを知ってもらい、生きやすい社会にしたい」などと述べました。植松被告はマスク姿で、表情を変えずに一点を見つめて聞いていました。
「あなたこそ生きている価値のない人間です」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「あなたこそ生きている価値のない人間です」  障害者施設「津久井やまゆり園」で19人が殺害された事件の裁判で、娘を殺害された母親が植松聖被告(30)に対して「あなたこそ不幸を作る人だ」と訴え、死刑を求めました。  17日の法廷では、殺害された入所者の1人で当時19歳だった美帆さんの母親が意見を述べました。植松被告の「意思疎通のできない障害者は不幸を作る」という持論に対し、美帆さんの母親は「娘がいて幸せでした。決して不幸ではなかった」と反論しました。そのうえで「あなたが不幸を作る人で生産性のない生きている価値のない人間です」と声を震わせながら訴え、植松被告の死刑を求めました。この後、検察側は「完全責任能力があると明らかになったと考える」としたうえで、死刑を求刑しました。
求刑放棄…無罪確定へ 滋賀・患者殺害やり直し裁判
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 求刑放棄…無罪確定へ 滋賀・患者殺害やり直し裁判  17年前に滋賀県の病院で患者を殺害したとして殺人の罪で服役した元看護助手のやり直しの裁判で、検察は求刑を放棄して結審しました。元看護助手の無罪が確定する見通しです。  西山美香さん(40)は2003年5月、看護助手として勤めていた滋賀県東近江市の湖東記念病院で男性患者の人工呼吸器を外して殺害したとする罪が確定し、12年間服役。しかし、出所後に大阪高裁が「自然死の疑いが残っている」として裁判のやり直しを認めていました。10日はやり直しの裁判の2日目で、検察側は「すでに取り調べ済みの証拠に基づき、適切な判断を求める」と述べるにとどめ、有罪や無罪の求刑はしませんでした。一方、弁護側は「男性は自然死で、警察は犯罪性のない出来事を事件に仕立て上げた」と改めて無罪を主張しました。  西山美香さん:「曖昧(あいまい)な、有罪か無罪かはっきりしない(論告だった)。(裁判所に)どのような内容の判決説明をして頂けるのか」  判決は来月31日に言い渡されます。
第2話
トンイ 第2話 トンイの父ヒョウォンは、両班殺害は剣契の仕業でないと明かすために朝廷の動きを探る。そこで南人の怪しい動きを見つけ、従事官のヨンギに伝える。イクホンを始め南人の首長格の両班を殺害したのは、同じ南人のオ・テソクだった。
やまゆり園裁判きょう審理終了 最後に被告は何語る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 やまゆり園裁判きょう審理終了 最後に被告は何語る  神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害されて26人がけがをした事件の裁判は、19日ですべての審理を終えます。  (社会部・森本富人記者報告)  落ち着いた表情で入廷した植松聖被告(30)は感情を表すことなく、弁護人の主張を聞いていました。この裁判は植松被告の刑事責任能力の有無が争点です。これまで検察側は「完全責任能力があった」として植松被告に対して死刑を求刑した一方で、弁護側は19日の法廷で「大麻の乱用で別人格だった」と述べて主張が対立しています。さらに、この裁判にはもう一つの対立がありました。植松被告は一貫して「意思疎通が取れない障害者は不幸を作る」と持論を繰り返してきました。これに対し、殺害された当時19歳の美帆さんの母親が自ら法廷に立って「美帆がいて幸せでした。不幸を作ったのはあなたです」と声を震わせながら反論しました。また、姉を殺害された男性に「あなたの大切な人は誰ですか?」と問われた植松被告は、この裁判を通して初めて動揺して言いよどむ姿もありました。合わせて16日間、続けられた審理は19日で終了します。ここまで持論を曲げずにきた植松被告ですが、この後、最後に発言の機会を与えられます。ここで何を語るかが注目されます。判決は来月16日に言い渡されます。
「車で一緒に行った」 同僚女性川に落とし殺害か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「車で一緒に行った」 同僚女性川に落とし殺害か  三重県川越町で同僚の女性を川に突き落として殺害したとして42歳の男が逮捕された事件で、男は現場周辺まで「車で一緒に行った」と供述していることが分かりました。  会社員の加藤淳也容疑者は7日から8日までの間に、同僚の宇田仁美さん(29)を川越町の員弁川に突き落として溺死(できし)させた殺人の疑いが持たれています。加藤容疑者は10日、「人を殺しました」と1人で警察に出頭しました。加藤容疑者は容疑を認めていて、現場周辺まで「宇田さんの車で一緒に行った」と供述しているということです。警察は加藤容疑者と宇田さんとの関係性やトラブルがなかったか調べています。
司令官殺害でイラン対米強硬派優勢 議会選に失望も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 司令官殺害でイラン対米強硬派優勢 議会選に失望も  イランでは21日に議会選挙が行われます。欧米との対話を重視するロウハニ大統領を支持する勢力が厳しい戦いを強いられています。  対話を重視するロウハニ大統領の支持勢力である改革派や穏健派の候補者たちは、立候補の審査で相次いで失格となるなど厳しい戦いとなっています。最高指導者・ハメネイ師ら指導部の意向とみられ、一部の国民からは選挙に失望する声が上がっています。一方、保守強硬派は先月、革命防衛隊のソレイマニ司令官がアメリカ軍に殺害されたことを受け、国内でさらに高まる反米ムードに乗じて優勢になっています。選挙後にアメリカとの対立がさらに深まる恐れがあります。