「人工知能 政治」の検索結果

今すぐ視聴する

欧米のIT進出で「従来のビジネスモデル破綻」と警鐘
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 欧米のIT進出で「従来のビジネスモデル破綻」と警鐘  総務省は「情報通信白書」をまとめました。企業が情報システムを外部に委託してきたため、日本に巨大IT企業が育たないなど欧米に後れを取ったと指摘しています。  白書では、1980年代の末から90年代にかけて企業が情報通信技術の開発を中心業務に据えなかったため、欧米に比べて低い伸びにとどまっていると指摘しています。こうしたことから巨大なIT企業が日本には育たず、欧米のIT企業があらゆる産業に進出し、日本の従来のビジネスモデルが成り立たなくなると警鐘を鳴らしています。そのうえで、今後はAI(人工知能)や次世代通信を中心にして活用するよう呼び掛けています。
愚痴をこぼすと…ほっこり その名も「AIだみつを」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 愚痴をこぼすと…ほっこり その名も「AIだみつを」  愚痴をこぼすと心の状態が分析され、ほっこりする言葉がもらえるということだ。その名も「AIだみつお」だ。  あなたの人生にも時に泡が必要な局面があるはずだ。泡、そう泡だ。そして、時には誰かに励ましてほしい局面もあるはず。その2つが同時に手に入るのは原宿に期間限定でオープンした「AIだみつおカフェ」だ。泡と言葉のコラボ。これ「にんげんだもの」でおなじみ相田みつをさんの詩を学習したAI(人工知能)の言葉で、このつぼのようなものに日頃の愚痴を打ち明けると、その声色で心の状態を分析。結果に応じてオリジナルの言葉を返してくれるというものだ。
最年少プロ棋士の仲邑菫初段がAIと対戦 結果は…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 最年少プロ棋士の仲邑菫初段がAIと対戦 結果は…  8日に公式戦初勝利を挙げた囲碁界史上最年少プロ棋士、10歳の仲邑菫初段。10日の相手は「AI(人工知能)」だ。果たして結果はどうなったのだろうか。  4月に最年少でプロ入り、今月8日に最年少で公式戦初勝利とその活動すべてが記録になる仲邑初段。10日の対局相手は男性ではなく、その横に控えるパソコンに潜んでいた。その名も「GLOBIS-AQZ」。石を置き、そして相手をじっと見つめる「菫にらみ」。仲邑初段、相手がAIとはいえ平常心で臨んでいるようだ。  10歳の初段とAIの対局はまさに一進一退。天井からの映像で見ると、仲邑初段が盤面に身を乗り出しているのが分かる。そして、極限まで集中しているのか、無意識に爪をかんでいるようだ。開始から1時間半が過ぎても続く攻防。勝負の行方は、残念ながら仲邑初段が負けてしまった。
文大統領が孫会長と会談 AI技術開発など協力求める
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 文大統領が孫会長と会談 AI技術開発など協力求める  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領はソフトバンクグループの孫正義会長と会談し、AI(人工知能)の技術開発や人材育成についての協力を話し合いました。日本の韓国への輸出規制は話題に上りませんでした。  文大統領と孫会長は、4日午後2時からソウルの韓国大統領府で会談しました。会談で、孫会長は「AIは人類史上最大の革命をもたらすだろう」としたうえで、「今後、韓国が集中すべきなのはAIだ」と述べました。これに対し、文大統領はAIの技術開発や人材育成について孫会長に協力を求めました。日本が4日から始めた韓国に対する輸出規制について2人の発言が注目されていましたが、やり取りはありませんでした。また、韓国政府はNSC(国家安全保障会議)を開き、日本の輸出規制は「WTO(世界貿易機関)の規範と国際法に明白に違反した報復だ」として、日本が措置を撤回するための外交的対応を積極的に取る方針を確認しました。
AIの相田みつをが“心を診断” あなた向けの言葉も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 AIの相田みつをが“心を診断” あなた向けの言葉も  AI(人工知能)技術を使って「元気を与えてくれる」期間限定のサービスをご紹介します。田中萌アナウンサーも「ある悩み」を相談してきました。  働き始めて4年、忙しい毎日にも慣れて仕事を楽しむ余裕も出てきた。でも、ふと思う。誰か私の密かな悩みを聞いてくれないかなあ。  そんなモヤモヤをちょっぴり解決してくれる“救世主”が東京・原宿に現れました。つぶらな瞳に波打った1本の毛、その名も「AIだみつを」。「にんげんだもの」で有名な詩人・相田みつを氏の詩を学習した“AIキャラクター”です。利用者がつぼに悩みを打ち明けると、声色から心の状態を診断。前向きになれる言葉がもらえます。  そこで私も普段は言えない悩みを言っちゃおうと思います。ついに見つけた私の悩みを言える場所。「このまま老いていくのが怖い」、人として逃れられない究極の悩みに「AIだみつを」は何と答えるのでしょうか。「色々あるけど、本心ではあまり気にしてないっぽいのだ」。「それがあれば自分」という言葉を頂きました。「AIだ」先生、つまり「そのままの私で良いんだよ」ということですね?いや、そうだと信じます。さらに、もらった言葉をラテアートにして飲むこともできます。心も体もすっきり。「AIだみつをカフェ」は今月21日までの開催です。

おすすめの作品

第2話 閉時曲線のエピグラフ
シュタインズ・ゲート ゼロ 第2話 閉時曲線のエピグラフ ヴィクトル・コンドリア大学のレスキネン教授によるセミナーに出席した岡部。そこで展開された理論は、「人の記憶をデータ化して保存する」という、かつて紅莉栖が提唱したものだった。そして、人の記憶や感情、心をベースに構築された人工知能「アマデウス」のデモンストレーションが行われる。
第3話 双対福音のプロトコル
シュタインズ・ゲート ゼロ 第3話 双対福音のプロトコル 紅莉栖の8ヶ月前の記憶をベースにした人工知能「アマデウス」のテスターとなった岡部。「アマデウス」の反応は紅莉栖そのもので、岡部はまるで紅莉栖が戻ってきたかのような錯覚に陥る。そんな中、まゆりの発案で、彼女のコスプレ友達も交えたクリスマスパーティを開催することになる。
第6話
THE K2〜キミだけを守りたい〜 第6話 クラウドナインに招かれたジェハはパク・グァンスとの因縁をユジンに打ち明け、人工知能“鏡”の力を借りてラニアの死の真相を探る。一方、母親の死に疑問を抱いていたアンナはミランにふんして屋敷から逃げ出すと謎を解く手がかりを求めて街をさまよい、父親に一目会うため追悼ミサに紛れ込む。そして思い出の場所で父親のセジュンを待ち続けるが、そこに現れたのはジェハだった。失意のアンナはある決断をするのだが...
第13話
THE K2〜キミだけを守りたい〜 第13話 ソンウォンの思惑どおりゴシップはオム・ヘリン変死事件の再捜査へと発展するが、疑惑の人としてマスコミに囲まれたユジンは記者たちの前でアンナの出自を暴露する。説明を求められたセジュンは会見の場でうそを並べ、ユジンの操り人形と化した父親の姿にアンナは深く傷つく。一方ジェハは人工知能“鏡”の力を借りてパク・グァンスと財界が深く関わった不正事件の存在をつかみ、その証拠を手に入れようと動きだしていた。
【G20日中会談】総理が国賓対応に言及&習主席が「言わなかったこと」は?徹底解説!
無料
Abema最新NEWSはここでチェック! 【G20日中会談】総理が国賓対応に言及&習主席が「言わなかったこと」は?徹底解説! 日中首脳会談が行われ、会談冒頭では両国が自由貿易を目指すことと、来年春をめどに習主席が国賓として来日することを確認した。大阪で取材している中国総局の千々岩総局長は、「安倍総理が『日中は互いに脅威にならない』と発言したのに対し、習主席は言及しなかった」ことに注目した。一方で、政治部の山本デスクは「一方が国賓について言及し、もう一方がそれに答えたことは今までになかった」と指摘した。また、外報部の冨坂デスクは、「日中首脳会談冒頭で習主席が領土問題に触れなかったことは今までになく、協調路線の表れ」と分析した。
【党首討論ダイジェスト&ミニ解説】野党が年金問題を追及 安倍総理「解散は頭にない」
無料
Abema最新NEWSはここでチェック! 【党首討論ダイジェスト&ミニ解説】野党が年金問題を追及 安倍総理「解散は頭にない」 忙しい人のために、およそ1年ぶりに行われた党首討論をギュッと凝縮!テレビ朝日政治部デスクの解説も交えてお伝えします。これを見れば党首討論がわかる! およそ1年ぶりの党首討論が行われた。野党は老後2000万円問題に端を発する年金問題を徹底的に追及した。立憲民主党の枝野代表は、「『安心』を強調し、国民の不安に向き合っていない」と批判。国民民主党の玉木代表は「都合の悪いことを隠蔽する態度が国民に不安を与えた」と指摘。日本共産党の志位委員長は「高額所得者を優遇する保険料のありかたを正すべき」と主張。安倍総理はいずれも、アベノミクスの効果で雇用が安定したことなど、これまでの実績をアピールして反論した。また、維新の会の片山共同代表は、単刀直入に「解散されるのですか」と問いかけ、安倍総理が「頭の片隅にはありません」と答えるシーンも見られた。テレビ朝日政治部の柊デスクは「党首討論を通じて年金問題に対する野党のスタンスが明らかになった」と指摘した。
〔土曜〕#58:杉田発言もビジネス炎上?やばすぎる政治家の裏話
The NIGHT 〔土曜〕#58:杉田発言もビジネス炎上?やばすぎる政治家の裏話 ~西成潜入記&元議員が語る政治の裏側~ LGBT発言は有権者向けのパフォーマンスだった?SNSのいいねはなりすまし! 玄関に馬の生首が・・・など選挙と政治家のヤバイ話を元海老名市議会議員が大暴露! もうすぐ結婚する北九州の31歳のヤマモトと生電話/ 大和youtuberになる/ れん西成に潜入/ 朝の闇市に潜入/ /元議員の視聴者・太田祐介登場/ 政治家は大変だけどオイシイ仕事/選挙は300万~1億円かかる/ 結婚式より葬式に行け/ 嘘つきがすり寄ってくる/ 無所属はイジメられる/ ビジネス過激発言/ 馬の首を送りつける/ なりすましバイト/ 若者は分からなければ無効票でも投票しよう
参院選公示 選挙戦スタート 消費増税や年金が焦点
最新の政治ニュース【随時更新】 参院選公示 選挙戦スタート 消費増税や年金が焦点  参議院選挙が4日に公示され、17日間の選挙戦がスタートしました。消費税率引き上げの是非や年金問題、そして、改憲勢力が参議院で3分の2の議席を維持するかどうかが焦点です。  自民党・安倍晋三総裁:「(民主党政権の)決められない政治のなかで経済は低迷し、中小企業、小規模事業の皆さんの倒産件数は今よりも4割も多かったあの時代に逆戻りするわけにはいきません」  公明党・山口那津男代表:「この日本の政治の安定のためには、連立政権に公明党がなくてはなりません。政治に大事な要素は、国民の皆様の声を聞く政治を進めるということ」  立憲民主党・枝野幸男代表:「これ以上、暮らしを壊されてはいけない。暮らしの安心を取り戻さなければならない。暮らしを守る。生活を防衛する。そのための夏の戦いをしていこうではありませんか」  国民民主党・玉木雄一郎代表:「まず何よりも家計を豊かにすることによって、GDP(国内総生産)の6割を占める消費を盛り上げる。消費を軸とした好循環を回す経済政策に変えていこうではありませんか」  共産党・志位和夫委員長:「税金の在り方を決めるのは安倍首相ではありません。主権者である国民の皆さんです。共産党を伸ばしに伸ばして頂いて10%は必ず止めようじゃありませんか」  日本維新の会・松井一郎代表:「今の時点で増税をするなんていうのは、国民に負担をこれからも押し付けていく安易な増税なんです。止めるために我々に力を」  社民党・吉川元幹事長:「社民党は現在、行われているマクロ経済スライ…
参院選“ラストサンデー”各党が「年金問題」で訴え
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 参院選“ラストサンデー”各党が「年金問題」で訴え  参議院選挙投票日前の最後の日曜日「ラストサンデー」となった14日、各党は年金問題などで支持を訴えました。  自民党・安倍晋三総裁:「(年金の)財源は現役世代の保険料の負担と、そして税金であります。負担を増やさずして年金を増やすことはできません。打ち出の小づちはないんです」  立憲民主党・枝野幸男代表:「年金だけでは不安だというのをようやく正面から取り上げたら、受け取らずなかったことにする。まさに、この間の政治の姿勢そのものじゃないですか。じゃあ、そのことで老後の安心が高まるんですか?違うでしょう」  国民民主党・玉木雄一郎代表:「(金融庁の)報告書はまだ甘いと思います。これからどんどん国民年金で3割、厚生年金で2割減っていく計算になっています。暮らしていけますか、皆さん」  公明党・山口那津男代表:「野党のある党首は『政治の安定よりも生活の安定だ』、こう答えました。私は言ったんです。政治の安定がなければ生活の安定もありません」  共産党・志位和夫委員長:「『(安倍総裁がマクロ経済スライド)廃止のためには7兆円の財源が必要です』と。これは裏を返すと、これやったら皆さんの年金、7兆円規模で奪うって告白した発言ではないですか?」  日本維新の会・松井一郎代表:「今、安倍政権、支持率が高い。でも皆さんね、やっぱり緩み・たるみ・おごりがあります。そのおごりの一番が今回の年金の問題と増税です」  社民党・吉川元幹事長:「不安をなくすこと、その努力をせずにあとは自己責任であるという政治は…
メディアと権力の関係問う 映画「新聞記者」秘話
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 メディアと権力の関係問う 映画「新聞記者」秘話  メディアと権力との関係を問いかけた映画「新聞記者」のイベントが開かれ、河村光庸プロデューサーと藤井道人監督が対談し、この映画を制作した秘話を語りました。  藤井道人監督:「(河村プロデューサーが)しつこくて、しつこさに感謝しているんですけど。政治に興味はない、政治から逃げるのは民主主義を放棄してると言われた時に、最初は分からなかった。今は本当にやってよかったな」  河村光庸プロデューサー:「新聞は正々堂々と一方の現在の状況を正確に伝えていくという大変な役割をしている。何かやるとやばいのではとか、何か圧力が加わるのではないかとか見えないものを怖がってやってるしかすぎなくて、私は自信を持ってこれをやってもいいと。この映画を完成できてうれしい」  映画「新聞記者」は、1人の新聞記者の姿を通してメディアが政治権力にどう対峙するかという現在進行形の課題がテーマとなっています。真実を追及するなかで、政治権力から追い詰められ、記者はもがき、協力者は理想と現実の間で揺れ動く、その姿をフィクションとして描いています。藤井監督は、2人の主役、シム・ウンギョンさんと松坂桃李さんの実力を語りました。  藤井道人監督:「シムさんは、様々な涙をコントロールできる、感情から出たものだが、彼女は涙でつなげて来たんですよね。松坂さんが答えの出ない感情を表情一つで表してくれた、その2つの表情にとても感銘を受けて気に入ってるシーンです」