「仁 ドラマ 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

act.4 仁義なきX'masキス
無料
恋愛ドラマな恋がしたい2 act.4 仁義なきX'masキス ドラマ第2話の収録が終わり、集められた8人に告げられるミッション。それは女子が気になる男子を指名しての密会デート。女子たちは各々の想いを意中の人に伝え、いよいよドラマ第三話のペア決めが行われる。今回のペア決めは、女子が今まで組んだことない男性を選ばなければならない。これによって恋愛模様に大波乱が...
#03
玉川区役所 OF THE DEAD #03 捕獲されたゾンビの彼女・マユ(森カンナ)は、彼に噛まれた傷の悪化や嘔吐などの症状から感染を疑い始める。一方玉川区役所では赤羽晋助(林遣都)らが、この日行われるウィルス検査推進キャンペーンの準備を進めていた。大森課長(古舘寛治)から副知事が視察するため盛り上げて欲しいと告げられ、田之倉圭(片桐仁)は立花凛(広瀬アリス)を見ながら秘策を思いつく。その頃キャンペーンを知ったマユは区役所へ向かい出すが...。
#09
玉川区役所 OF THE DEAD #09 立花凛(広瀬アリス)は幼なじみの野原幸(芹那)と再会。夢を叶えタレントになっていた。一方、特別福祉課では“予防接種も効かないウィルスをまき散らす美女がいる”というゴシップ誌の記事で盛り上がっていた。警察からも捜査協力の要請があり、顔写真付きの手配書が張り出されるが、その女性が幸そっくりで茫然とする凛。田之倉圭(片桐仁)はグラビアアイドル・桐島梨奈だと言い出し、凛は慌てて梨奈の事務所へ向かう。
最終回
dele (ディーリー) 最終回 「dele. LIFE」にデータの死後削除を依頼していた辰巳仁志(大塚明夫)が死亡。パソコンの動作停止を知らせる信号が、「dele. LIFE」の社長・坂上圭司(山田孝之)の端末に送られてきた。その報告を受けた相棒・真柴祐太郎(菅田将暉)は怒りを抑えた表情を浮かべ、依頼人は弁護士の辰巳仁志なのかと確認する。いつもは朗らかな祐太郎の豹変ぶりに、驚きを隠せない圭司。その矢先、さらに想定外の出来事が起こる。何者かが「dele. LIFE」のシステムにクラッキングを仕掛けてきたのだ!
第8話
ハゲタカ 第8話 データ改ざん、不正会計...と日本を代表する重工業メーカー『帝都重工』による不祥事が次々と明るみに出る。この危機を救うため、鷲津(綾野剛)に救済を求めた芝野(渡部篤郎)と飯島(小林薫)。しかしその裏で、飯島がアメリカの機関投資家グループと繋がり、『帝都重工』の実権を握ろうとしているという情報を掴んだ鷲津は、『サムライファンド』を辞め、『帝都重工』の社長に就任する!
第5話
ハゲタカ 第5話 総合電機メーカー『あけぼの』の買収を狙う『ファインTD』社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)の策略と、腹心の部下だったアラン(池内博之)の裏切りにより、ホライズンを解雇された鷲津(綾野剛)。しかし、佐伯(杉本哲太)や中延(光石研)ら鷲津を慕って付いてきた仲間たちと新たに『サムライファンド』を立ち上げ、『あけぼの』を守るためにふたたび滝本と対峙する準備を始める。 一方、『あけぼの』の再生担当執行役員・芝野(渡部篤郎)は、『ファインTD』の買収から会社を守るため、レーダー開発部の売却を検討。その動きを知った鷲津と滝本は、それぞれ方針を水面下での「あけぼの」株の争奪戦に切り替える。
第6話
ハゲタカ 第6話 総合電機メーカー『あけぼの』とPCメーカー『ファインTD』が統合に向けて動き出す中、それを阻止するべく、鷲津(綾野剛)率いるサムライファンドは『あけぼの』に対してTOBを行うことを発表。記者会見を開き、『あけぼの』現経営陣と『ファインTD』の社長・滝本誠一郎(高嶋政伸)を真っ向から非難する。 思いがけない先制攻撃に対し、滝本は大金をチラつかせ鷲津を牽制。泣き落とし、恫喝、とさまざまな方法で『あけぼの』から手を引かせようと画策する。
第7話
ハゲタカ 第7話 時は2018年――平成最後の夏、日本を代表する名門重工業メーカー『帝都重工』で「データ改ざん事件」が発覚。名門企業の不祥事を、マスコミはこぞって「信頼崩壊の危機」と書き立てる。 日本ルネッサンス機構の飯島(小林薫)は芝野(渡部篤郎)にこの一件に関する処理を依頼。日本の名門企業の経営危機は政府系の金融支援団体である『日本ルネッサンス機構』としても看過できない事態のため、サムライファンドの鷲津(綾野剛)に救済を求めるよう、芝野に指示する。
第1話
ハゲタカ 第1話 時は1997年。バブル崩壊後、末期的な危機に陥った日本の金融業界――銀行もまた膨大な不良債権を抱え、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされていた。 そんな中、大手銀行のひとつである三葉銀行は、回収困難な不良債権を投資会社に一括でまとめ売りする“バルクセール”を実施。日本初となるこの試みを担うこととなった三葉銀行・資産流動化開発室の室長・芝野健夫(渡部篤郎)は、その席で外資系投資ファンド『ホライズンジャパン・パートナーズ』の代表・鷲津政彦(綾野剛)と対面する。 簿価総額は723億6458万円。芝野は「最低でも300億円で買い取ってほしい」と申し出るも、鷲津は「誠心誠意、丁寧な査定をさせていただきます」と返すに留め、その態度に芝野は一抹の不安を抱くのだった。
第3話
ハゲタカ 第3話 父・重久(利重剛)に代わり、日光みやびホテルの社長に就任した貴子(沢尻エリカ)。彼女のもとに現れた鷲津(綾野剛)は、ホライズンジャパン・パートナーズが日光みやびホテルを買収することを宣言する。 取引銀行から債権と株式を譲渡され、さらには行方をくらましている珠香(木南晴夏)の夫・寿(池田良)の持ち分をも手に入れていたホライズンに、貴子も芝野(渡部篤郎)もがく然。しかしそんな貴子に、鷲津は「このホテルを手に入れようとしているのは、奪うためでも壊すためでもない」と話す。鷲津の真意を問う貴子だったが、鷲津は逆に「我々の買収に対抗するのなら、覚悟を示してほしい」とだけ伝えるのだった。
第4話
ハゲタカ 第4話 鷲津(綾野剛)の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島(小林薫)が失脚してから9年――鷲津率いるホライズンジャパン・パートナーズは国内有数の大手電機メーカー『あけぼの』の買収を画策していた。 その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野(渡部篤郎)が『あけぼの』の再生担当執行役員に就任。それを知った鷲津は、買収の件を一旦保留にするよう、社員たちに命じる。 経営状態が良くない企業で容赦ないリストラを断行し“首切り屋”とも揶揄されながらも、いくつもの企業を再生させてきた芝野を警戒する鷲津。佐伯(杉本哲太)、中延(光石研)らは鷲津の指示に従うが、アラン(池内博之)だけは、その判断に反発を示すのだった...。
#11
玉川区役所 OF THE DEAD #11 佐々木尚宏(近藤公園)の聴力が急速に発達していた。幸田健司(金子ノブアキ)は、ゾンビウィルスが進化していること、尚宏の発症が遠くないことを赤羽晋助(林遣都)に告げる。翌朝、晋助たちは立花凛(広瀬アリス)の辞表を発見する。家を訪れた晋助は、凛の力が必要だと言葉をかけるが...。
#12
玉川区役所 OF THE DEAD #12 新種ゾンビ(大東駿介)に襲われた立花凛(広瀬アリス)は一命をとりとめるが、ゾンビウィルスに感染してしまう。また赤羽晋助(林遣都)はゾンビを殺した罪悪感を拭い去れずにいた。佐々木みわ(田畑智子)に強力な抗体があることを発見した幸田健司(金子ノブアキ)は、町田祥子(河井青葉)に新種ゾンビを使った臨床実験が至急必要であると訴える。
第2話
ハゲタカ 第2話 三葉銀行が行なった日本で最初のバルクセールから4年――再び飯島(小林薫)の前に現れた鷲津(綾野剛)は、国内有数の寝具メーカー・太陽ベッドの債権をすべて譲渡してくれるよう迫る。オーナーの中森一族が経営する太陽ベッドは現在、創業者の娘である中森瑞恵(かたせ梨乃)が社長の座に。しかし経営者一族の浪費と乱脈経営は常軌を逸しており、債務超過は480億円にまで上っていた。 飯島から300億円ほどの債権を40億円で譲り受けた鷲津は、アラン(池内博之)らを伴い、瑞恵らが住む太陽ベッドの社宅を訪問。債権を放棄する代わりに経営陣の撤退と民事再生法適用の申請を迫るが、まともに話も聞かれぬまま追い返される羽目になる。 なんとしてでも太陽ベッドをバイアウトしたいと考える鷲津は、社内の重要人物たちを探り出し、内部から揺さぶろうとする。すると、瑞恵の息子で役員の伸彰(渡部豪太)と経営に関わるふたりの役員に、瑞恵社長を裏切るかのような動きが...。すかさず鷲津は“ゴールデンパラシュート”をチラつかせた上で、経営陣にさらなるプレッシャーをかけていく!
#01
玉川区役所 OF THE DEAD #01 16年前メキシコで大発生したゾンビはやがて数が減り、20××年の日本ではその存在は日常化していた。各地方自治体はゾンビを管理・捕獲する特別福祉課を設置。しかし玉川区の特別福祉課はワケあり職員だらけだ。赤羽晋助(林遣都)も、目的もなくたるんだ人生を送っている。課を出入りする医科大准教授の幸田健司(金子ノブアキ)も、大のゾンビ好きという変わり者。そんな中、ゾンビ発生の連絡が入るが、予想外の騒動に発展し...!
#02
玉川区役所 OF THE DEAD #02 特別福祉課に配属されてきた新人を見て、赤羽晋助(林遣都)は驚く。それは、先日ゾンビから間一髪で晋助を救ってくれた女の子・立花凛(広瀬アリス)だった。しかし竹刀を片時も離さず、「(ゾンビを)一匹残らずブチ殺す」と言い放つ凛に、周囲は衝撃を受ける。一方、相談窓口には、主婦の栗山(宍戸美和公)が、隣の家にゾンビがいると訴えに来た。近所でも仲がいいと評判の刈谷夫妻の夫・昇(戸次重幸)が発症したというが...。
#04
玉川区役所 OF THE DEAD #04 玉川区のはずれの集落でゾンビが徘徊しているとの情報が寄せられ、赤羽晋助(林遣都)と立花凛(広瀬アリス)が調査することに。公民館で出会った留学生ペドロ(副島淳)の紹介で、蕎麦屋を営む自治会長・長谷川(徳井優)に話を聞くも「ゾンビはいない」と断言されてしまう。長谷川の蕎麦を食べた2人は具合が悪くなり、車を止めスーパーのトイレに駆け込む。ところが駐車場に戻ると車が大量のゾンビに取り囲まれていた...。
#05
玉川区役所 OF THE DEAD #05 ゾンビに襲われ逃げ延びた赤羽晋助(林遣都)と立花凛(広瀬アリス)。応援を要請した警察から店にその痕跡がないと言われる。幸田健司(金子ノブアキ)、大川剛(高橋努)と共に再び訪れると店は通常営業していた。しかし幸田はきれい過ぎる店内に不自然さを感じる。 一人残って調査していた晋助は、ある場所で前日と同じ臭いがすることに気づく。一方、長谷川(徳井優)の蕎麦を食べていた凛たちは目がうつろになり始め...。
#06
玉川区役所 OF THE DEAD #06 特別福祉課の検査室に漫才コンビの奥田安田が訪ねて来る。幸田健司(金子ノブアキ)の診断で安田の感染が判明。ところが1週間後に控えた舞台にどうしても出たいと、安田は行方をくらませてしまう。羽晋助(林遣都)ら活動係は、相方の奥田幸司(今井隆文)を呼び出し、見つけ出して欲しいと協力を要請。しかし薄々気づいていたという奥田は、自分を救ってくれた安田にもう少し夢を見させてあげたいと逆にお願いされてしまい...。
#07
玉川区役所 OF THE DEAD #07 朝から佐々木みわ(田畑智子)の妊娠の話題で持ちきりの赤羽家。しかし自身の感染を疑い始めた尚宏(近藤公園)だけは浮かない顔をしていた...。一方、特別福祉課ではゾンビの出現情報が次々と寄せられ始める。赤羽晋助(林遣都)ら活動係3人は慌てて出動。ところがゾンビメイクをした女子高生や中年のおばさんなど全て偽物...。そんな中、仕事を終えた晋助のもとにマスク姿の尚宏が訪ねて来る。
#08
玉川区役所 OF THE DEAD #08 みわ(田畑智子)に感染の事実を打ち明けた尚宏(近藤公園)は、家を追い出されてしまう。失意の尚宏は、喫茶店で目撃したヤクザ(津田寛治)に、自分に保険をかけて殺して欲しいとお願いする。一方、幸田(金子ノブアキ)は尚宏が感染したのは新種のウィルスだと晋助(林遣都)に告げる。絶滅回避のためゾンビが進化したという見解だ。そんな中、凛(広瀬アリス)はゾンビを売っているというヤクザのもとに向かっていた...。
#10
玉川区役所 OF THE DEAD #10 赤羽晋助(林遣都)は立花凛(広瀬アリス)を追いかけるが、発見したのはゾンビ化した野原幸(芹那)。そこに凛の姿はなかった。翌朝、新種ゾンビのニュースが流れる中、幸田健司(金子ノブアキ)は、スイカップゾンビ(桐山瑠衣)や、晋助が遭遇した異常に足が速いゾンビ(大東駿介)などの出現には何か裏があると考え始め、町田祥子(河井青葉)を問い詰める。一方欠勤した凛を心配した晋助は、家を訪ねることにするが...。