「仁 12話」の検索結果

今すぐ視聴する

第12話 「愛のパワーin文化祭」
さくら荘のペットな彼女 第12話 「愛のパワーin文化祭」 ついに「銀河猫にゃぼろん」上演の日を迎えた。シアターホール前で上演を待つ人の多さに尻込みする空太。その整理を生徒会長の館林に押し付け会場に向かう仁。関係者席に現れた千尋とゲームプロデユーサーの藤沢和希。舞台袖で一人最後まで練習を続ける七海。
第12話 Shiny Seven Stars Forever!
KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- 第12話 Shiny Seven Stars Forever! シンの凄まじいプリズムショーを見せられて、戸惑いを見せる観客たち。シンはふたたびステージに上がり、さっきのショーが不本意なものだったことを説明し、これからエーデルローズの7人でやるショーをぜひ見て欲しいと観客たちに訴えかける。果たして7人の煌めきは、みんなを笑顔にすることができるのだろうか!?
第12話 『天使のまなざし』
私に天使が舞い降りた! 第12話 『天使のまなざし』 ついにやって来た、文化祭当日! 日頃人混みが苦手なみやこも、みんなの晴れ姿を見る為 完全武装(!?)姿で学校までやって来ます。 みんなと合流してひとしきり楽しんだ後は、劇が上演される体育館へ。 準備を終え舞台袖で控える舞台袖で控える花ちゃんたち。いよいよ舞台の幕が上がります!
第12話 クジ運ないのかな
H2 第12話 クジ運ないのかな 明和第一との試合に向け、真夏の練習に励む野球愛好会。プールに誘うひかりだったが・・・
第12話
華政[ファジョン] 第12話 イダチとの交渉を無事に終えたファイとジュウォンは、闇取引をするため渡し場へ行く。しかし、ジュソンの密告により江戸の役人たちに取引現場を取り押さえられてしまうが、ファイのおかげで難を逃れる。ジュウォンは、闇取引を知る者の中で最も行動の怪しかった護衛に問いただすと、闇取引とは、これまで硫黄の買い付けを邪魔してきた犯人を見つけ出すために光海君が仕組んだおとりだったと聞かされ、驚愕する。通信使の船が出航する日、ジュウォンはファイを救うためジャギョンに協力を求める。片やすべての罪をかぶって投獄されたファイは、今度こそジュウォンが約束を守り、助けにきてくれると信じて待つのだった。一方、明の兵士が朝鮮に越境するという騒動が起きる。
第12話 白天使と魔王様
魔王様、リトライ! 第12話 白天使と魔王様 ラビの村でルナに言われるがままに温泉へと案内されたが不注意で男湯に入ってしまったホワイトは、露天風呂で九内と鉢合わせる。動揺を隠せないホワイトとは裏腹に落ち着き払った態度で話を進める九内であった―――。
第12話 伝えたい想い!! まぞく新たなる一歩!!
まちカドまぞく 第12話 伝えたい想い!! まぞく新たなる一歩!! 自分自身の戦う理由をやっと見つけられたシャミ子は傷心の桃を追いかけ町を奔走する。放っておくと自分の前から居なくなってしまいそうな桃。引き留めるため、シャミ子は桃を探すことを決意する。町を見下ろせる高台で桃を見つけたシャミ子。果たしてシャミ子が桃に語る誘惑の言葉とは――? そして桃の返答は――
第12話 暗黙のルール
メジャー 第6シリーズ 第12話 暗黙のルール 快進撃が続き、首位コヨーテスと2ゲーム差に迫ったホーネッツ。そんな中、「荒くれマードック」と呼ばれる問題児がトレードで加入。チームの皆が恐れる中、キーンやワッツは冷静。吾郎は、「自分も問題児扱いされたから」と気にしない。 だがチームに合流した翌日、マードックはいきなり自分勝手で危険なプレーを見せる。
第12話 レディ・リリスとその夫/中国現世に妖怪が広まった訳
「鬼灯の冷徹」第壱期 第12話 レディ・リリスとその夫/中国現世に妖怪が広まった訳 鬼灯と白澤は今日も仲が悪い。そばで薬を作っている桃太郎の目には、罵倒しあっているだけに見えるのだが、実は勝敗も競っているのが互いに一筋縄ではいかないところ。極楽蜻蛉、朴念仁。最後に「ん」がついた方が負けの、しりあげ足とりに負け、心底悔しがる白澤をよそに、待ちくたびれた様子の鬼灯が、薬の催促をする。すると桃太郎、薬ができるまでの時間つぶしか、以前から思っていた疑問を口にする。
第12話 「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない-GOODEND-」
俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話 「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない-GOODEND-」 先日の一件以来、桐乃との関係が良くなったことに落ち着かない京介。あやせや沙織、麻奈実に問いかけるが、その答えに納得できないでいた。そんなある日、桐乃から「最後の人生相談」を持ちかけられる。
第12話 あとには退けない戦いです!
ガールズ&パンツァー 第12話 あとには退けない戦いです! 黒森峰のマウスの圧倒的な力に押される大洗女子。だが、ここでマウスを倒さなくては、形勢の逆転はあり得ない。カメさん(生徒会)チーム、アヒルさん(バレー部)チーム、そしてあんこうチームは捨て身の作戦で挑む。果たして活路は開けるか。大洗女子の命運は!?
第12話 サークレット・プリンセス
サークレット・プリンセス 第12話 サークレット・プリンセス ついに優佳が黒獅子のエース・千景に挑む! 優佳が攻撃するも千景はそれを交わして行き、なかなか攻撃が当たらない...... そんな中優佳にある変化が......! チームメイトのそれぞれの思いが今ひとつになる! 果たしてプリンセスカップの頂点になるのは聖ユニオン学園かそれとも黒獅子総合学園か......?!
第12話 僕らは昔、宇宙の刑事に若さとは振り向かない事だと教わった
ハヤテのごとく! 第12話 僕らは昔、宇宙の刑事に若さとは振り向かない事だと教わった 小学校の頃、自分の将来について書いた作文を読み上げている夢を見たハヤテ。こんな夢を見るのは、ナギのおじいさんに会ったことが影響しているのだろうか?ふと、マリアに将来の夢を尋ねるハヤテだった。そんなハヤテの様子を心配するマリアだったが、ハヤテは何かに目覚めたかのように執事の仕事をこなしていくのだった。では一体、ハヤテの将来の夢とは何なのか?マリアがハヤテの聞くと、予想だにしない答えが返った来た。
第12話 ぜひ買ってくださいね!
NEW GAME!! 第12話 ぜひ買ってくださいね! ついにPECOがマスターアップを迎え、お披露目とタイトルの宣伝を兼ねた完成記念イベントが開催されることになった。PECOの前評判は高く、ステージ前に設けられた客席は満員御礼。会場へとやってきた青葉たちは関係者席に腰を下ろし、しずくやコウが登壇するステージを眺めていた。前もって決められていた段取りとは異なるサプライズなどがありつつも無事にイベントは終了し、控室に集まった一同。そこで聞かされたのは、思わず耳を疑ってしまうような、にわかには受け入れがたい話だった。
第12話 夜明けのブギーポップ 3
ブギーポップは笑わない 第12話 夜明けのブギーポップ 3 霧間誠一のもとに届いた一通の手紙。その手紙には、 自らの死を予言する言葉とともに、霧間誠一への感謝が綴られていた。 霧間誠一の本と出会ったことで、ずっと隠してきた生まれもった才能を少しずつ世に現そうと考え、 その結果、社会の敵となってしまったことから、最後にお礼を述べるために手紙を送ったという。 この手紙のことが気になった霧間誠一が、友人である榊原弦に調査を依頼すると、手紙の差し出し人は 手紙を送った翌日に命を落としており、彼には本当に不思議な能力があったことが明らかになる。
第12話 ゆりかごに花は咲いて
灼眼のシャナ 第12話 ゆりかごに花は咲いて 悠二は池に、シャナは吉田に問いつめられた。 自分の気持ちから逃げることが、人の好意を無心で受けることが、他の人たちを苦しめているのだろうか。 誰もが若き日に味わう葛藤。 しかし、二人にはそれ以上に心を向けなければならないことがあった。 紅世の徒の討滅。 日常を破壊する奴等が、再びこの街に現れたのだ。それも3人。 その力に不審を感じたシャナとアラストールは、悠二にその調査を任せ、敵の封絶に向かう。 しかし、封絶の中には2人の兄妹しかいなかった。 ソラトとティリエル。彼らの真の狙いは人の存在の力ではない。 シャナの持つ大太刀・贄殿遮那だった。
第12話 清秋祭始まる
灼眼のシャナⅡ 第12話 清秋祭始まる 「清秋祭」初日、商店街を練り歩く仮装パレードがスタートした。 1年2組の仮装は、ロミオとジュリエットに扮した悠二と一美、ドロシーのシャナや魔法使いの史菜を有するオズの魔法使い。狙うはもちろんグランプリだ。 コース沿いには多くの見物客に混ざり悠二の両親、そしてちょっと離れた場所にはヴィルヘルミナに無理矢理連れてこられたマージョリーの姿もあった。 悠二の自在法に現れた銀色の炎、零時迷子を追うフィレス。悠二へ課せられたこの二つの試練が生んだ疑問に彼女の力を借りるため、ヴィルヘルミナはマージョリーに銀のことを打ち明ける決意をしたのだった。
第12話 誓いの言葉
灼眼のシャナⅢ-FINAL- 第12話 誓いの言葉 シャナが『神門』から詣道へと足を踏み入れた直後、行く手を阻むように、茜色の炎が吹き上がり、無数の剣のシルエットが揺らめいた。かつて倒滅したはずの紅世の王“壊刃”サブラクが再び現れたのだ。シャナを先に行かせ、その場に残るヴィルヘルミナ、カムシン、レベッカ。侮れない敵だが3人ならば……。しかし、新たな問題が彼らを不利な状況へと貶めてしまう。詣道の奥に位置する祭殿へバル・マスケが辿り着いたのは、ちょうどその頃だった。そして、ベルペオルの眼帯が弾け、ヘカテーの声が祭殿に満ちたとき、“祭礼の蛇”本体が咆哮を上げる。