「仁 2 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

第31話
特命係長 只野仁(2007年1月~3月放送) 第31話 ある日、黒川会長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)に、電王堂と専属契約している美人ハスラー・常磐夏希(梅宮アンナ)のボディーガードを命じる。現在、社をあげて彼女を売り出そうとしているのだが、最近、彼女の周りでなにやら不審な出来事が相次いでいるらしい。只野はさっそく彼女の担当となり近づくが、そのわがままぶりはさすがの只野も手を焼くほど。はたして彼女を狙っている人物は誰なのか...。
第32話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第32話 ある日、黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野(高橋克典)は、今、大人気の韓流スター、カン・ヨンジン(高橋克典・二役)の身辺調査を命じられる。実は「カン・ヨンジンの過去をばらされたくなかったら、一億円用意しろ」という脅迫状が送りつけられてきたのだ。彼の日本でのプロモーションを電王堂が手がける以上、どんな些細なスキャンダルでも見逃してはならない。さっそく只野は来日するヨンジンを迎えに成田空港へと向かう。
第33話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第33話 黒川会長(梅宮辰夫)の旧知の友人が経営する業界2位の大手・グローバル電器を誹謗中傷するサイト「グローバル電器の闇を暴く」が今、問題になっているという。どれも事実無根のデマばかりだが、このまま放置していては会社の信用に大きな傷がつく。そこで、黒川会長は只野(高橋克典)を呼び出し、このサイトの管理人「スコルピオン」の正体を探るよう命じる。
第34話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第34話 この半年間、電王堂では社内プロジェクトの情報が外部に漏れ、コンペに落ちるという不祥事が立て続けに3件も起こっていた。只野(高橋克典)は黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出され、社内の花形部署である第一企画部への異動と共に、社内スパイを探り出し捕まえるよう特命を受ける。さっそく第一企画部に配属された只野は、部長である一の瀬(鈴木砂羽)が怪しいとにらむ。どうやら彼女は「電王堂王子」と呼ばれ女子社員から人気の営業部社員、霧島(川野直輝)と関係があるようだ。
第35話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第35話 電王堂が宣伝キャンペーンを手がけている東亜女子大学の新キャンパス建設予定地で、一人の生徒・若宮薫(桂亜沙美)が遺体となって発見される。スキャンダルによる大学のイメージダウンを懸念する黒川会長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)を呼び出し、彼女の死の真相と背後関係を探るよう命じる。学内に潜入した只野は学長の高木(江守徹)と会うが、いきなり漢字の質問をされ悪戦苦闘。そこに准教授の百合(横山めぐみ)が現れ、2人が新キャンパス建設をめぐって対立関係にあることを知る。
第36話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第36話 ある日、電王堂の人事局課長・木ノ内(野村宏伸)が屋上から転落死するという事件が起こる。現場の状況から警察は自殺であるとの判断を下すが、彼は先月結婚したばかりで、仕事上でも特にトラブルは抱えてなかった。黒川会長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)を呼び出し、彼の死の真相について探るよう命じる。森脇(永井大)の調べによると、事件当夜、現場付近にいたのはオペレーターの片桐楓(安達祐実)ただ一人。だが、彼女は目が不自由で、人事局長の内村(石丸謙二郎)からも手術を勧められていた。はたして彼女が犯人なのだろうか。
第37話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第37話 電王堂制作部の部長・平田(森次浩嗣)がある日、3000万円という多額の制作費と共に姿を消してしまう。彼は長年、ボウリング業界の仕事に従事し、現在女子プロボウラー界を支えているベテラン・神崎リリー(伊藤かずえ)を発掘。ボウリング業界の発展に大きく寄与した功労者でもある。そんな彼がいったい、なぜ......。黒川会長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)を呼び出し、平田を探し出すよう命じる。さっそく制作部に潜入した只野は、ボウリング場でリリーが新人選手・米倉まどか(宇野実彩子)と言い争うのを目撃する。
第38話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第38話 その誠実さから"ミスタークリーン"と呼ばれている電王堂経理二部の社員・白石(岡田浩暉)が、同社の大手クライアントでもある宝田化粧品の社長令嬢・しおりと婚約を発表した。ところが、それと時を同じくして黒川会長(梅宮辰夫)のもとに脅迫状が届く。差出人はなんとホステスの若菜(神楽坂恵)。彼女は白石と自分の間に海斗(澁谷武尊)という息子がいることを告白し、口止め料として5000万円を要求してきた。只野(高橋克典)は黒川の命を受け、海斗を連れて若菜を探すことにする。
第39話
特命係長 只野仁(2009年1月~3月放送) 第39話 Jポップの歌姫として絶大な人気を誇る歌手・天海カヲル(金子さやか)をプロデュースし、かつては「世界の有栖川」とまで呼ばれた音楽プロデューサー・有栖川譲二(鈴木一真)。しかし、彼は現在、極度のスランプに陥っていた。電王堂がサポートし、近々開催される環境博覧会のテーマ曲を彼が書く予定なのだが、締め切りまで時間がない。黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野(高橋克典)は、さっそく有栖川に接触し、事情を探る。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第1話「AV女優」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第1話「AV女優」 最近人気上昇中のセクシー女優・光田ヒマワリ(天使もえ)が、何者かに脅迫されているという。定規で引いたような直線の文字で「殺す」「引退しろ」などと書かれた物騒な脅迫文がマンションの郵便受けに頻繁に投げ込まれているらしい。彼女が所属する事務所「フォクシープロモーション」の社長・八木(金田明夫)は元電王堂の社員で、黒川会長(梅宮辰夫)も目をかけていた人物だった。警察に駆け込んでも実際に被害が出ないとなかなか動いてくれない。そこで八木は止むを得ず黒川に相談したのだ。 黒川会長の特命を受け、さっそく只野(高橋克典)は森脇(永井大)と共に調査を開始する。マンションの管理人・妙子(渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹))に不審がられるもなんとか切り抜け、彼女の自宅マンションで張り込むが、なかなか犯人らしき人物は姿を現さない。その頃、事務所にかかってきた一本の電話に表情を曇らせる八木。いったい誰からの電話なのか。そんな折、撮影中の現場からヒマワリが突然、姿を消してしまう...!
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第2話「特命の女」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第2話「特命の女」 ある日、黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野(高橋克典)は、企画制作部の元木部長(大河内浩)の調査を命じられる。部下からの信頼も厚く、将来の重役候補と言われていた彼だが、なんと急に事業局長への就任を辞退してきたのだという。 森脇(永井大)の情報によれば、元木の様子がおかしくなったのは今から三週間ほど前のこと。それまでは仕事にも前向きだった彼が、その日を境に人が変わったように元気が無くなってしまったらしい。元木を尾行していた只野は、帰り道、彼の前にいきなり現れた鮫島(木下政治)らを撃退する。 元木に詳しい事情を聞くと、1ヶ月ほど前にバーでたまたま知り合った若い女性・理恵(友田彩也香)と親密な仲になったが、情事の後、ホテルから出てきたところを写真に撮られ、それ以降、鮫島から何度も金を強請られているという。さらに真由子(三浦理恵子)から、ジャパンテレビでも同じようなケースがあったと聞いた只野は、すぐさまジャパンテレビに潜入。そこで偶然見かけた黒縁メガネに冴えないルックスのナオミ(篠田麻里子)という女性のことが気になるが...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第3話「帰国偽女」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第3話「帰国偽女」 電王堂の受付嬢・真鍋和美(高橋しょう子)が本物かどうか調べて欲しい、と黒川会長(梅宮辰夫)から特命を受けた只野(高橋克典)。彼女の両親(飯田基祐・舟木幸)の話によると、2年間留学していたアメリカから帰国した娘の性格が、今までとは正反対になってしまったという。それまでの地味さから一転し、香水をつけるなど明るく快活になった娘のあまりの変わりぶりに、両親も戸惑っているらしい。もしかしたら偽物と入れ替わっているのだろうか? 大事なクライアントの社長令嬢ということもあり、只野はさっそく調査を開始する。 ある日、合コン帰りの和美を尾行した只野と森脇(永井大)は、彼女がパイロットの誘いをあっさり断り、帰り道で待ち合わせていたケン(八神蓮)という男とホテルに入るところを目撃する。と同時に、一人の黒ずくめの女が彼女を尾行していたことに気づく。一方、両親が彼女の部屋に落ちていた髪の毛をDNA鑑定に出した結果、本物の和美であることが証明された。これですべては解決したかに思えたが、只野は黒ずくめの女のことがどうしても頭に引っかかるのだった...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第4話「二股の女」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第4話「二股の女」 企画部の社員・上村あやか(園田みおん)が無断欠勤し、会社を一週間も休むという事態が発生した。自宅のマンションに篭っている様子もなく、連絡も一切取ることが出来ない。実は彼女は電王堂の大口クライアントであるウェーブ自動車の社長の昔の愛人の娘だった。 黒川会長(梅宮辰夫)から至急彼女を見つけ出すよう特命を受けた只野(高橋克典)が森脇(永井大)と共に彼女のマンションに向かい部屋へと入る。しかし、そこに彼女の姿はなく、男の側だけ破られて燃やされたツーショット写真が。どうやら男絡みの失踪のようだ。 調査を進めるうちに、二人の男が浮かび上がってきた。一人は同じ企画部のイケメンで仕事もバリバリ出来る島崎(武田航平)。そしてもう一人はシステム管理部のジミメンだが実家が資産家の野沢(金井勇太)。なんとあやかは異なるタイプの男二人に二股をかけていたらしいのだ。しかし、只野が二人それぞれに詳しい話を聞くと、島崎と野沢もあやかとは別の女性と二股をかけていたことが明らかになり...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第5話「会長退陣」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第5話「会長退陣」 来年開催される世界未来博覧会のプロデュースを電王堂が全面的に任されることになった。黒川会長(梅宮辰夫)からも常々期待をかけられており、次期会長とも噂されている前川社長(加藤雅也)の肝いりで進められてきた、総額二千億円にも上る巨大プロジェクトだ。 しかし、そんなある日、前川の部下でプロジェクトの実行部隊のトップだった吉野(吉家章人)が水死体で発見され、同時に前川の秘書である真由美(大島優香)の社員証も発見されるという事件が発生。二人は不倫の末に心中したらしいが、吉野は真面目な性格で有名だったし、真由美も浮いた話ひとつなかったという。黒川会長は只野(高橋克典)を呼び出し、噂が一人歩きしてスキャンダルが大ごとになる前に真相を突き止めるよう、“最後の特命”を下す。 心中事件が起きた現場の近くで森脇(永井大)と聞き込みをした只野は、その日の夜、吉野たちを尾行していた二人の男の存在を突き止める。そして、博覧会のプロジェクトチームに異動させてもらい、潜入調査を開始。どうやら吉野がいなくなった後、プロジェクトをわが物顔で仕切っているのが駒田部長(山口良一)らしいのだが...。
特命係長 只野仁 ファイナル 第2夜「封筒の中身」(2012年1月7日放送)
特命係長 只野仁 スペシャル 特命係長 只野仁 ファイナル 第2夜「封筒の中身」(2012年1月7日放送) 電王堂の出世頭で次期役員候補と目されていた堀切勲夫が、突然飛び降り自殺を遂げる。彼のデスクには中身のない、謎の「黒い封筒」が何通も残されていた。 働き盛りで人望も厚かった堀切が自殺するのはおかしいと、黒川会長から調査を依頼された只野は、黒い封筒を届けた犯人は電王堂の内部にいると判断。堀切の葬式で不自然なまでに悲しんでいた部下の川品徹をマークする。川品はキャバクラ嬢の依頼で封筒を届ける「配達人」だった。さらに調査を続けた只野は、そのキャバクラ嬢の背後にうごめく、ある恐ろしい陰謀にたどりつく!
特命係長 只野仁 ファイナル 第1夜「景気のいい男」(2012年1月6日放送)
特命係長 只野仁 スペシャル 特命係長 只野仁 ファイナル 第1夜「景気のいい男」(2012年1月6日放送) いたって真面目な電王堂社員の階見茂が、最近やけに羽振りがいいとの噂が立つ。夜な夜なクラブに足を運んではホステスたちに十万円単位のチップを与えたり、怪しさたっぷりのパンチラ喫茶に出入りしたりを頻繁にしているという。 何かよからぬ金の出所があるのではないかと案ずる黒川会長は、只野に特命を発令。階見に近づいた只野は、彼の命を狙う不気味な集団の存在に気づくが...。 はたして只野は階見の正体を暴くができるのか? そして階見が抱える驚くべき秘密とは!?
特命係長 只野仁 リターンズ(2004年12月22日放送)
特命係長 只野仁 スペシャル 特命係長 只野仁 リターンズ(2004年12月22日放送) 大手広告代理店“電王堂”が「経営改善元年・新しい電王堂へ」というスローガンを掲げて1年...。経営改善作の成果が問われる時期であるにもかかわらず、電王堂社員の不祥事が次々とマスコミに報じられていた。 頭を抱えた会長・黒川重蔵(梅宮辰夫)は、ついに「あいつを呼び戻すしかない...!」と決断する。 “あいつ”とは、総務二課の係長・只野仁(高橋克典)のことだった。表向きは地味で冴えない男を装っているが、会長からの特命を受けて社内外のトラブルを解決する裏の顔を持っている男だ。 只野は同じ特命社員の森脇幸一(永井大)と1年3ヵ月分の有給休暇を使って、全国混浴めぐりの真っ最中だったが、会長から「特別手当を出す」と説得され、再び任務に舞い戻る。
特命係長 只野仁 スペシャル(2005年8月7日放送)
特命係長 只野仁 スペシャル 特命係長 只野仁 スペシャル(2005年8月7日放送) ある日、制作部の社員・林田 緑(水谷ケイ)がマンションから飛び降り自殺をするという事件が発生する。 だが、つい先日、只野は会長秘書の紀子(櫻井淳子)と一緒に彼女に会ったばかりだった。 黒川会長(梅宮辰夫)の特命を受けた只野は彼女の死の真相を探るべく、緑の友人だった秘書課の派遣社員・小松梨香(菊地麻衣子)に接近するが・・・。
特命係長 只野仁 スペシャル'06(2006年9月23日放送)
特命係長 只野仁 スペシャル 特命係長 只野仁 スペシャル'06(2006年9月23日放送) 只野仁(高橋克典)が勤める電王堂に、官公庁主催の晩さん会をプロデュースする任務を受けて、重役候補の石川輝夫(大出俊)がパリ支局から呼び戻される。しかし、電王堂にとって一大事業となるこの晩さん会を前に、料理担当の有力候補だった『ル・ノーブル』グループのトップシェフ、安住達彦(石橋保)が自殺する。『ル・ノーブル』のオーナー、青沼誠司(風間トオル)は悪い噂の絶えない人物。スキャンダルを恐れた電王堂会長、黒川(梅宮辰夫)は、只野に特命を発する。「安住の自殺の真相を探れ!」。
特命係長 只野仁 シーズン4突入スペシャル(2009年1月3日放送)
特命係長 只野仁 スペシャル 特命係長 只野仁 シーズン4突入スペシャル(2009年1月3日放送) 近々パリに進出する予定の有名ファッションブランド「ケン・モトムラ」。そのオーナーであり人気デザイナーでもある元村健(国広富之)がある日、何者かにボウガンで襲われる。幸い大事には至らなかったが、もし彼の身に何かあれば「ケン・モトムラ」ブランドのパテント(特許)管理をしている電王堂にも多大な損害が及ぶ。黒川会長(梅宮辰夫)は只野(高橋克典)を呼び出し、誰が何の目的で元村を襲ったのか調べるよう特命を下す。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 第3話「2億円の男」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 第3話「2億円の男」 ミカド銀行5000万円横領事件の犯人・加藤(谷田歩)が出所した。だが銀行の監査ではまだ2億円もの大金が行方不明だという。黒川会長(梅宮辰夫)の特命を受けた只野(高橋克典)は加藤の動きを見張る。彼の同僚だった田川の妻・冴子(大島優香)と加藤の間にただならぬ雰囲気を感じた只野は、加藤に接触を試みるが...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 第2話「そっくりさん」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 第2話「そっくりさん」 毎晩高級クラブで豪遊する企画開発部の山根(たくや/ザ・たっち)の調査を黒川会長(梅宮辰夫)から命じられた只野(高橋克典)。だが彼は出世コースから外れており、そんな真似の出来る男ではない。やがて只野は山根と瓜二つの森(かずや/ザ・たっち)という男とマナミ(三上悠亜)というホステスの存在をつかむが...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 第1話「誘う女」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 第1話「誘う女」 国際スポーツ大会の総合デザインを電王堂が担当する事に。その矢先、チーフデザイナーの太田(藤重政孝)がゆきずりの女性に暴行容疑をかけられ、逃走中に不慮の事故で死亡...。黒川会長(梅宮辰夫)の特命を受け只野(高橋克典)は調査を開始するが、新チーフの真野(水橋研二)に謎の女・奈々(高橋しょう子)が接近し...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 第4話「アイドルの秘密」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 第4話「アイドルの秘密」 美人雀士・藤沢あかり(大澤玲美)に、元カレとのスキャンダル写真と共に「麻雀大会を辞退せよ」と書かれた脅迫文が届く。只野(高橋克典)は黒川会長(梅宮辰夫)の特命を受け、あかりの所属事務所に危機管理対策部長として出向し、調査を始める。そんな中、記者会見中にあかりを狙った事故まで発生!犯人の目的とは...!?
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 最終話「選べない男」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル1 最終話「選べない男」 マキムラ電工の槇村会長(山田明郷)は盟友の黒川(梅宮辰夫)に、一人娘のアリサ(片山萌美)が交際中の電王堂社員・堀(山口大地)の素行調査を依頼。それを受け、只野(高橋克典)が調べ始めると、実は堀には泉(栗林里莉)という恋人もおり、妊娠していることまで判明...。だが泉が最近何者かに狙われている事が分かり...
第2話 めざせ両国国技館
H2 第2話 めざせ両国国技館 サッカー部に入部して新スタートの比呂、野球愛好会のマネージャーを始めた古賀春華。
第3話 おいおいサッカー部
H2 第3話 おいおいサッカー部 サッカー部が野球愛好会と野球試合をすることに。比呂はキャッチャー役を引き受けた。
第4話 野球だけは別だった
H2 第4話 野球だけは別だった 野球愛好会はサッカー部相手に苦戦。一生懸命な彼らに比呂はさりげなくアドバイス。
第5話 入部届けが必要ですか?
H2 第5話 入部届けが必要ですか? 比呂は、野球試合の途中でサッカー部を退部。野田敦と共に野球愛好会に入会した。
第6話 これが国見比呂だ!
H2 第6話 これが国見比呂だ! 比呂と敦、中学地区大会での二年連続優勝バッテリーが復活、試合の流れは愛好会に。