「今 市 隆二 ソロ」の検索結果

「今 市 隆二 ソロ」に関する情報は見つかりませんでした。
「今 市 ソロ」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

学校の再開は?国→文科省→結局、自治体が判断へ
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 学校の再開は?国→文科省→結局、自治体が判断へ  文部科学省は学校再開の判断は自治体に委ねるとしています。ただ、多くの自治体ではまだその判断ができず、保護者などが困惑しています。  袴姿の新入生。感染者ゼロの岩手県では1日、小学校の入学式が行われました。その一方で先月31日、萩生田大臣は全国一律の休校は要請せず、再開させるか否かの判断を自治体に委ねるとしました。  急速に感染が広がる東京都。都立学校は当初、春休み明けに再開する予定でしたが、都はゴールデンウィーク明けまで休校を延長することを1日の教育委員会で決定する見通しです。  入学式を6日に控えた東京・大田区の小学校。区立の学校も都立学校と足並みをそろえるとみられます。先月2日に始まった一斉休校からゴールデンウィークまで休校ということは、2カ月以上、授業がないことに。  横浜市の公立学校では今月8日から再開。短縮授業や時差通学を行うことが決まっています。ただ、東京と横浜の間、川崎市はまだ検討中です。今後、国の専門家会議の見解などを踏まえて決定するとしています。  一方、感染者が少ない岡山県では1カ月ぶりに児童館が再開しました。ただ、1日は児童の姿がありませんでした。
第10話 魂の発火
エガオノダイカ 第10話 魂の発火 帝国は今や破竹の勢い。だがステラたち前線に立つ兵士にとって、日々の戦闘は苛酷なものでしかない。仲間たちと共に生き抜くうち、ステラの笑顔は次第に変化しつつあった。戸惑うステラに問いかけるゲイル。「変わったと思うか? 自分が」。咄嗟に答えられぬステラ。だが今の彼女にとって、分隊がかけがえのない居場所になりつつある事は確かだ。 そんなある日、分隊に下される出撃命令。暁の戦場で待ち受けていたのは……。
第4話 希望の選択
エガオノダイカ 第4話 希望の選択 王国と帝国の戦争が始まって2ヶ月以上が経過した。王国は劣勢を強いられ、国土の北部を帝国軍に占領されつつある。 苦悩するユウキ。彼女を支えるのはレイラ。レイラはかつて夫や娘と共に、帝国で暮らしていた。だが。ある悲惨な出来事で愛する家族を失い、王国に仕える身となった。レイラの励ましにより、再び立ち上がるユウキ。王族として今、果たすべき責任とは?ユウキは厳しい選択を迫られる。
第8話 最後の伝言
エガオノダイカ 第8話 最後の伝言 季節は秋。ユウキは王国南部へと拠点を移し、帝国軍への抗戦を指揮していた。 一方、ハリアントの王宮に囚われているイザナは、帝国軍の機密情報を探り当てる。今は滅亡したベルデ皇国が、その機密情報には深く関わっていた。王宮からの脱出を試みるイザナ。決死ではない、必ず生きて妻子の元に戻る覚悟である。 折しも帝国軍参謀長アイネは自ら前線に立ち、ユウキと対峙していた
第9話 暁の挽歌
エガオノダイカ 第9話 暁の挽歌 王国は今や風前の灯火。騎士団総長ハロルドは最後の手段として、新型クラルスの本格的な増産に手を染める。ユウキや亡き国王夫妻の思いに背く行為だが、あえて汚れ役となり、王国を守り抜こうとするハロルド。 だがユウキとレイラは、そんなハロルドの決断に異を唱える。イザナが送ってきた帝国の機密情報、その解析に二人は成功したのだ。互いの信条をぶつけ合うユウキとハロルド。暁と共に、帝国軍が彼らの間近に迫る。

おすすめの作品

新型コロナで「10倍返し」 中国からマスク5万枚
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナで「10倍返し」 中国からマスク5万枚  中国から「10倍返し」の大量のマスクが届きました。  今月31日に愛知県豊川市に届いたのは、医療用のマスク5万枚です。豊川市は先月4日、中国での新型コロナウイルスの感染拡大を受け、友好関係にあった中国東部の江蘇省無錫市新呉区に備蓄していたマスク4500枚を送りましたが、その後に愛知県内での感染拡大が続き、今度は豊川市でマスクが不足しました。そんななか、感染が落ち着いた状態になった無錫市から豊川市にマスクの寄付の申し出がありました。  担当者:「本当にうれしかったです」  マスクは来月1日から市内の医療機関や学校などに配布されるということです。
警察同士もバトル 武漢市に渦巻く“被害者”感情
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 警察同士もバトル 武漢市に渦巻く“被害者”感情  新型コロナウイルスの感染源とされて封鎖された中国・武漢市で都市機能の回復に向けた準備が進むなか、市民や警察官らが不満の声を上げています。何が起きているのでしょうか。  ずらりと並ぶ人たち。SNSに投稿された中国・湖北省武漢市にある墓地の様子です。新型コロナウイルスで2500人以上が亡くなった武漢市。お墓を必要とする遺族らの長い行列ができていました。新型コロナウイルスで亡くなった人々の遺体は火葬され、遺骨の引き渡しが始まっています。これらの映像はSNSで拡散しましたが、中国当局によって次々と削除されています。  1月23日から都市の封鎖を始めて今月1日で70日を迎えた武漢市。長い期間、隔離されていた市民には不満が広がっています。飛び交う怒号。ひっくり返された警察車両。多くの人が集まり、もみ合いになっています。中国メディアによりますと、封鎖が解除された湖北省の住民が隣の江西省に移動しようとしたところ、江西省の警察が湖北省側で検問を設けて立ち入りを阻止したため警察同士が衝突。湖北省の住民も加わって騒動が拡大したということです。  中国の研究機関は「武漢市民にはフラストレーションがたまっている」「大規模な抗議活動が起きるリスクがある」との報告書を発表しました。武漢市は今月8日にはようやく封鎖が解除される見通しですが、中国政府には危機感が高まっています。
金沢市で火事 焼け跡から遺体 住民の男性か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 金沢市で火事 焼け跡から遺体 住民の男性か  金沢市で住宅火災があり、1人の遺体が見つかりました。この家に住む高齢男性と連絡が取れなくなっています。  23日午後8時半ごろ、金沢市で近所に住む人から「建物から火が見える」と消防に通報がありました。火は木造2階建ての今川吉夫さんの住宅と隣接する住宅を焼き、約3時間後に消し止められました。今川さんの家の1階からは身元不明の遺体が見つかりました。  目撃者:「これはただ事ではないと思っているうちに火が燃え盛って火柱が立っている状態」  今川さんは一人暮らしで連絡が取れていないことから、警察は今川さんが逃げ遅れた可能性があるとみて遺体の身元の特定を進めています。
「頂いて助かります」中国から大分市にマスク1万枚
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「頂いて助かります」中国から大分市にマスク1万枚  マスク不足が続くなか、中国から1万枚のマスクが届きました。  大分市に届いた約1万枚のマスクは備蓄に余裕があった中国・江蘇省から贈られたもので、マスク不足で困っている地域への配布を日本の通信社に委託したものです。通信社の社長が以前に市内の美術館を取材した縁から、大分市へ贈られることになりました。届けられたマスクは、現場で足りないと訴えていた市の薬剤師会に手渡されました。  大分市薬剤師会・甲斐崇明事務局長:「日赤でああいった形で(感染者が)出ているので、(マスクが)本当にわずかしか残っていない状況で今回、頂いて助かります」
「エンタメ業界の市場4割消失の危機」ぴあが試算
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 「エンタメ業界の市場4割消失の危機」ぴあが試算  新型コロナウイルスでエンターテインメント業界の市場が4割消えるとの試算です。  チケット大手「ぴあ」の試算によりますと、音楽やスポーツなどのエンタメ業界の市場規模は年間約9000億円ですが、新型コロナによるイベントの中止や延期で生じた損失額は、市場の2割にあたる1750億円に上ります。さらに大型連休を含む5月中もイベントの中止が続けば、市場の4割にあたる3300億円が失われるとしています。今回の損失額はすでに東日本大震災の後を超えていて、エンタメ業界のダメージは深刻になっています。
聖火リレー延期に負けない! 不屈のランナーたち
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 聖火リレー延期に負けない! 不屈のランナーたち  東京オリンピックの延期に伴って聖火リレーが中止になるなか、リレーを走る予定だったある女性が意外な行動に出ました。  撤去作業が行われるなか、同じ福島県になぜか聖火ランナーらしき集団の姿が。一体なぜ…。聖火ランナーとして走る予定だった西本由美子さん。延期に納得がいかず、自分の走る予定だった時間に一人聖火ランナーを強行。本番で着けるたすきにランタンまで用意。二転三転する情報に一喜一憂していましたが、延期が決まると来年のリハーサルとして26日に一人ででも走ることを決意したそうです。  春日部市の「大凧あげ祭り」に40年以上、携わっている石原保さんも聖火ランナーに選ばれていました。大だこには毎年、世相を反映した文字がデザインされますが、今年は「東京」と「五輪」。大だこの文字と聖火ランナーで地元の春日部をアピールする予定でしたが、その大凧あげ祭りさえ今年はなくなりました。  オリンピックという大きなイベントがまさか延期になろうとは…。人形のまち、さいたま市岩槻。市が先月にオープンさせたばかりの「岩槻人形博物館」。しかし、開いていたのはわずか9日間。感染症対策ですぐに閉館となり、今もそれが続いています。そんななか、追い打ちを掛けるような延期の発表。人形もオリンピックをあてにしていたのです。この博物館、オリンピック期間中に運行するはずだった回遊バス。市内のスタジアムや観光地を巡るバスの立ち寄り先の1つでした。バスが来場者の呼び水になると期待していたわけです。さいたま市は回遊バス事業に限ら…
沿道の“花舞台”は遠く…サルビア3000鉢の行方は
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 沿道の“花舞台”は遠く…サルビア3000鉢の行方は  聖火リレーが見送られ、行き場を失っています。  満開になっているのは約3000鉢のサルビアです。福島県須賀川市では1964年の東京オリンピックの聖火リレーの時にサルビアを手にした高校生が声援を送りました。今回も高校生らがサルビアを手にして盛り上げる計画だったため、去年11月から温室で育ててきました。  須賀川市生涯学習スポーツ課・上妻秀男課長:「また来年もということになるのかなと。まだきのうのきょうで決まったばかりなので、これをどうするかはもう少し検討させて頂きたい」  サルビアは霜に弱く、今の時期は温室でなければ枯れてしまうため、市は保管に頭を悩ませています。
八健チャンネル神湊 #3 スーパーライトジギング編
無料
八健チャンネル神湊 八健チャンネル神湊 #3 スーパーライトジギング編 福岡県宗像市神湊港の人気漁船「第八健栄丸」の船長ヒデさん。 今回はテーマに「スーパーライトジギング」を掲げ、福岡県大島へ出船します! さらに今回はゲストのあの人と○○対決...!!
神奈川・横須賀市で感染者 高齢者施設の入所者
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 神奈川・横須賀市で感染者 高齢者施設の入所者  神奈川県横須賀市で、新たに高齢女性1人の感染が確認されました。  横須賀市は、20日午後から会見を開き、市内に住む90代の女性が新型コロナウイルスに感染していたことが確認されたと発表しました。この女性は、すでに感染が確認されている別の女性が働く介護老人保健施設の入所者でした。この施設では、すでに別の入所者の陽性も確認されています。今回、感染が分かった女性は、20日に受けた検査で陽性が確認され、軽症だということです。現在、入院先を調整しているということです。
“あおり殴打”被告の男 東名高速でも危険運転か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “あおり殴打”被告の男 東名高速でも危険運転か  茨城県のあおり運転殴打事件などで起訴されている大阪の会社役員の男が、静岡県浜松市の東名高速でも危険な運転をしていたとみられることが分かりました。  去年7月、浜松市の東名高速で撮影されたドライブレコーダーの映像です。追い越し車線を走る白い高級外車が突如、ハザードランプをつけて前に割り込みました。危険な運転はこの数分前から映像に残されていました。男性の運転する車が前のトラックを追い越そうとすると、進行を妨害するように急ブレーキ。そのまま走り去ったのかと思えば今度は走行車線から現れ、また急ブレーキ。茨城県のあおり運転殴打事件での危険な運転と同じような動きです。さらに、この事件で逮捕・起訴された大阪市の会社役員・宮崎文夫被告(44)の車とナンバーが一致しています。この映像が撮影された日には、同じ白い高級外車が静岡市清水区や駿河区、また愛知県岡崎市でも危険な運転をしていたことが分かっていて、警察は宮崎被告が浜松市の東名高速でもあおり運転をしたとして強要容疑での立件を視野に捜査しています。