「今市隆二そろ」の検索結果

「今市隆二そろ」に関する情報は見つかりませんでした。
「今市」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

千葉・八街市の現状 特産品被害と断水巡る地域事情
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 千葉・八街市の現状 特産品被害と断水巡る地域事情  千葉県の大規模停電は発生から10日目となりました。千葉県八街市では町の特産であるラッカセイが大打撃を受けているほか、公表されない断水被害に苦しむ人がいまだに大勢いることが分かりました。  またしても冷たい本降りの雨が復旧道半ばの千葉に降りました。台風直撃から10日目を迎えた千葉北部の八街市です。ここには国内で1位2位を争う生産量を誇る特産品があります。ラッカセイです。なかでも今、市を挙げて売り出しているのが「Qなっつ」。去年、10年ぶりに誕生した新たな特産品です。ピーナツを超えるおいしさをとの思いを込めて名付けられたQなっつ。この新たな特産品が収穫目前にして壊滅的な被害を受けたと聞き、畑を訪ねました。  ラッカセイは本来、土の中で育ちますが台風の強い風や雨で土が流され、さらに、茎が風で引っ張られてラッカセイが地上に出てしまったのです。こうなると。  特産品「Qなっつ」を作る松岡信夫さん(81)「実が大きく膨らまない。実が大きくならないんですよね」  ラッカセイを作り続けて50年になる松岡さんにとってもここまでの被害は経験がないといいます。Qなっつは従来のラッカセイに比べて茎が長めで台風の影響をより受けた可能性もあり、手作業で埋め戻していますが不作を覚悟せざるを得ません。新たな特産品「Qなっつ」の被害はこんなところにも。地元の八街のラッカセイを専門で扱う石井さんです。去年、誕生したQなっつをゆでて冷凍保存した商品が長引く停電の影響でとけ出し、来年にかけて売る分がすべて駄目にな…

おすすめの作品

第六話 重要任務!波の国へ超出発
NARUTO -ナルト- 第六話 重要任務!波の国へ超出発 本格的に忍者の任務を受け持つことになったナルトたち。しかしその任務はといえば、迷子のネコを探すなど退屈な仕事ばかりだった。次第に不満がたまるナルトは、ついに三代目火影に猛抗議。ヘソを曲げたナルトに少々困惑気味の火影だが、ナルトのやる気を感じとり、より難易度の高い任務を与えることにする。 それは、「タズナ」という人物を祖国の「波の国」まで護衛する任務で……。
第七話 霧の暗殺者!
NARUTO -ナルト- 第七話 霧の暗殺者! 波の国にたどり着いたナルトたちは、この国が「ガトー」という悪徳商人に支配されていることを知る。そんな中で現れた刺客「桃地再不斬(ももちざぶざ)」。思わぬ強敵出現に興奮するナルトだが、そんなナルトにカカシは、「とうていお前のかなう相手ではない」と告げる。いつもと様子のちがうカカシに、ナルトたちはただならぬものを感じ……。
第二十話 新章突入!中忍試験だってばよ
NARUTO -ナルト- 第二十話 新章突入!中忍試験だってばよ 波の国から帰還し、次の任務に気合十分のナルトだったが、待っていたのはまたしても平凡な任務ばかりで肩を落とす。そんな時、木ノ葉隠れの里に他里の忍が続々と集まってきていることを知る。彼らは各里を代表して送り込まれた下忍で、今回木ノ葉で行われる「中忍選抜試験」、通称「中忍試験」の受験生たちであった。
犬や猫の保護施設をご視察 秋田県訪問中の両陛下
最新の社会ニュース【随時更新】 犬や猫の保護施設をご視察 秋田県訪問中の両陛下  秋田県を訪れている天皇皇后両陛下が、犬や猫の保護に取り組む施設を視察されました。  両陛下は7日午後、訪問先の秋田市で保護された犬や猫の譲り渡しの拠点となっている秋田県動物愛護センターを視察されました。お住まいの赤坂御所で保護された犬の由莉を飼っている両陛下は、慣れた様子で保護犬の秋田犬と触れ合われました。一方、犬を連れて歩く体験では、犬の勢いに少し手を焼いた様子で、「引っ張りますね」と笑顔を見せられていました。両陛下は8日、「全国豊かな海づくり大会」の式典に出席される予定です。
両陛下が障害者施設を訪れ、リハビリの様子を視察
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下が障害者施設を訪れ、リハビリの様子を視察  新潟県を訪れている天皇皇后両陛下が障害者施設を訪問し、リハビリの様子を視察されました。  「国民文化祭」と「全国障害者芸術・文化祭」のため新潟県を訪れている両陛下は17日午前10時ごろ、新潟市内の障害者施設を訪問されました。施設では運動の補助のため、まひした筋肉に弱い電気を流す治療や車の運転を疑似体験するシミュレーターなどを使ったリハビリが行われています。両陛下は補助をする職員からの説明に熱心に耳を傾けた後、利用者一人ひとりに「使ってみていかがですか」「何が大変ですか」「お体に気を付けて」などと声を掛けられていました。施設を後にする際にも玄関で見送る利用者に「順調ですか?」「お大事に」と話し掛けられました。
両陛下が新潟の国民文化祭に 皇太子時代からの公務
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下が新潟の国民文化祭に 皇太子時代からの公務  天皇皇后両陛下が新潟を訪れ、国民文化祭の開会式に出席されました。  両陛下は16日午後に新潟駅に到着し、集まった人達に手を振って応えられました。今回の訪問は国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭に出席するためで、陛下は皇太子時代から毎年、この行事に臨まれてきました。開会式であいさつした陛下は「多くの方が芸術文化に触れやすい環境づくりへつながることを期待しています」と述べられました。また、開会式のなかで伝統舞踊を披露した女性に「これからも続けて、頑張って下さい」と声を掛けられていました。
「お体に気をつけて」 両陛下が障害者施設で激励
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「お体に気をつけて」 両陛下が障害者施設で激励  両陛下は障害者施設で利用者らを励まされました。  「国民文化祭」と「全国障害者芸術・文化祭」のため新潟県を訪問していた天皇皇后両陛下は、新潟市の障害者施設を訪問されました。リハビリセンターでは利用者一人ひとりに「お体に気を付けて」などと声を掛けられました。体育館では県内の学校の生徒と特別支援学校などに通う障害を持つ生徒が力を合わせて伝統の大きなたこを作る様子をご覧になりました。皇后さまは高校3年の女子生徒に「愛子と同い年ですね」と笑顔で話されていました。
両陛下「海づくり大会」に 台風で予定を早め帰京
最新の社会ニュース【随時更新】 両陛下「海づくり大会」に 台風で予定を早め帰京  秋田県を訪問していた天皇皇后両陛下は8日午後に東京に戻られました。台風15号の接近を受けて、予定されていた行事の出席を一部、取りやめられました。  両陛下は午前、秋田市で開かれた「全国豊かな海づくり大会」の式典に出席されました。陛下は「豊かな海づくりの輪がここ秋田の地から全国へ、そして未来に向けて大きく広がっていくことを願います」とあいさつし、水産振興に貢献した団体などへの表彰では皇后さまと一緒に大きな拍手を送られました。大会への出席は、即位に伴って上皇ご夫妻から引き継がれました。午後は放流行事への出席が予定されていましたが、台風15号による特別機の運航への影響を考慮して取りやめとなり、予定より3時間ほど早く羽田空港に戻られました。
令和の“祝賀パレード” 特注オープンカーのヒミツ
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 令和の“祝賀パレード” 特注オープンカーのヒミツ  来月に迫った天皇陛下の「即位の礼」や祝賀パレードの詳細が発表され、特別に発注された高級車の全容が初めて明らかになりました。  天皇陛下の即位から約半年となる来月22日。陛下が即位を国内外に広く示される即位の礼が行われます。即位の礼当日の式典について、18日午後2時半すぎからの式典委員会で詳細が決まりました。天皇皇后両陛下がパレードで乗られる車も正式に決定しました。まもなく納品される特注車はトヨタの最高級車「センチュリー」をオープンカーに改造。後部座席に工夫があり、前の座席に比べて4センチ高くしてあり、沿道から両陛下の姿が見えやすくなっています。パレード「祝賀御列の儀」は午後3時半に皇居・宮殿を出発し、国会正門前などを通過。赤坂御所へ向かう4.6キロの道のりです。台風が来た場合などの予備日は10月26日に決まりました。そしてパレードの前、即位の礼の中心となるのが即位礼正殿の儀です。招待された各国の元首などを前に天皇陛下が玉座「高御座」に上って即位を宣言されますが、陛下の姿が見えない参列者が出ないよう200インチの大型モニターなどを設置することも決まりました。  令和のパレードで使用されるオープンカーはトヨタ「センチュリー」を改造したものです。29年前に上皇ご夫妻が即位パレードで乗られたオープンカーは同じく黒い車ですが、イギリスの自動車メーカーのロールス・ロイス「コーニッシュIII」という車です。前回に比べ、今回の方が全長と幅ともに7センチずつ大きくなっています。ちなみに前回、…
退院した上皇后さまも出席 紀子さま祝う夕食会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 退院した上皇后さまも出席 紀子さま祝う夕食会  秋篠宮妃・紀子さまの誕生日を祝う夕食会に、10日に退院した上皇后さまも出席されました。  上皇ご夫妻は11日午後6時半ごろ、東京・港区の赤坂御用地に入られました。11日は紀子さまの53歳の誕生日で、秋篠宮邸の一部として使われている赤坂東邸でプライベートな夕食会が開かれました。乳がんの手術を無事に終えて退院した上皇后さまは、天皇皇后両陛下や秋篠宮ご夫妻とともに夕食をともにされたということです。上皇后さまは今後も必要な治療や検査を続けられる見込みです。