「今泉佑唯 動画」の検索結果

「今泉佑唯 動画」に関する情報は見つかりませんでした。
「今泉」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

RIDE.3 僕は友達いないから
無料
弱虫ペダル RIDE.3 僕は友達いないから ついに始まった坂道と今泉の裏門坂自転車レース。今泉にアニ研に入ってもらう為、懸命にペダルを回す坂道だが、後からスタートした今泉にあっさり抜かれてしまう。落胆する坂道は、通司の車で追いかけて来た幹にサドルの調節をしてもらい、再び今泉を追う。必死の追い上げで、ついに今泉に追いつく坂道だが…。
RIDE.30 荒北と今泉
無料
弱虫ペダル RIDE.30 荒北と今泉 ゴールまで残り4km。各校のエース達が初日の優勝を目指し一斉に動き始める中、総北はエースの金城と今泉がチームの想いを積んでゴールを狙う。全力で金城を引く今泉だか、後ろから箱根学園のエースアシストを務める荒北が、野獣の様な走りで二人に迫る。荒北は今泉を「お利口ちゃん」と煽り、圧倒的な追い上げを見せる。
ROAD.20 今泉vs御堂筋
弱虫ペダル GRANDE ROAD ROAD.20 今泉vs御堂筋 真波、御堂筋との勝負を経て、先頭に追いついた坂道。今泉と合流を果たし、お互いがゴールを目指す意思を確認する。そこへ、後方から上がって来た御堂筋がすかさずアタックを仕掛ける!しかし、戦略を読んだ今泉が一瞬で抑え、先頭へは行かせないと宣言。今泉と御堂筋、因縁のバトルが開戦する!
RIDE.2 部員をふやすため
無料
弱虫ペダル RIDE.2 部員をふやすため 高校近くの急な裏門坂を、鼻歌を歌いながらママチャリで登る坂道を見た今泉。その実力を確かめようと、坂道に自転車レースを申し出る。驚く坂道だが、今泉が負けたらアニ研に入るという条件を聞いて、勝負を受ける事に。話を聞きつけた寒咲幹達が見守る中、坂道と今泉の裏門坂自転車レースがスタートする!
RIDE.9 全力VS全力
無料
弱虫ペダル RIDE.9 全力VS全力 鳴子に背中を押され、峰ヶ山での山岳賞を取る決意をした坂道は、ケイデンスを最大にまで上げてトップの今泉に並ぶ。必死に食らいつく坂道を、今泉も全力で引き離そうとする。山頂までのラストスパート、坂道は、鳴子から教えてもらった秘策をもって、全力で今泉に挑む!
RIDE.31 強者3人
無料
弱虫ペダル RIDE.31 強者3人 ゴール目前、今泉と荒北は、それぞれエースである金城と福富を送り出し、勝負は彼ら二人に絞られる。しかし、後方から一瞬の隙をついた御堂筋が、驚異的な追い上げで今泉達を追い抜き、先頭に迫る!今泉はエースを守る為、限界が近い脚で追いかけるが、御堂筋にはまだ、とっておきが残っている…!?
夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第一局 対 黒田四段 1/2
夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第一局 対 黒田四段 1/2 プロ殺し!公式戦直近成績10勝2敗という圧倒的な数値を引き下げ、満を持して折田アマが棋士編入試験へ挑む! 対する棋士は、羽生善治九段曰く現在最も厳しいと言われる奨励会を突破して新四段になった新進気鋭の五名! 現行制度では今泉健司四段以来5年ぶり2人目の棋士編入となるか!?全国の将棋ファンの想いを込めて! 解説には、瀬川六段、今泉四段が緊急参戦!戦後アマから棋士デビューした2名が見守るこの一戦、将棋ファン大必見! 棋士編入試験の受験資格は、現在の公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士の希望者となっている。棋士との五番勝負(試験官は新四段5名を棋士番号順に選出)を行い、5対局中3勝で合格、フリ―クラスへの編入資格を得る。持時間は3時間。
夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第一局 対 黒田四段 2/2
夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 夢のプロ棋士デビューなるか!?折田翔吾アマの五番勝負 第一局 対 黒田四段 2/2 プロ殺し!公式戦直近成績10勝2敗という圧倒的な数値を引き下げ、満を持して折田アマが棋士編入試験へ挑む! 対する棋士は、羽生善治九段曰く現在最も厳しいと言われる奨励会を突破して新四段になった新進気鋭の五名! 現行制度では今泉健司四段以来5年ぶり2人目の棋士編入となるか!?全国の将棋ファンの想いを込めて! 解説には、瀬川六段、今泉四段が緊急参戦!戦後アマから棋士デビューした2名が見守るこの一戦、将棋ファン大必見! 棋士編入試験の受験資格は、現在の公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績を収めたアマチュア・女流棋士の希望者となっている。棋士との五番勝負(試験官は新四段5名を棋士番号順に選出)を行い、5対局中3勝で合格、フリ―クラスへの編入資格を得る。持時間は3時間。
RIDE.8 スプリントクライム!!
無料
弱虫ペダル RIDE.8 スプリントクライム!! 今泉と鳴子を追いかけて、必死にペダルを回す坂道は、ついに二人を捉えた。今泉と鳴子も、坂道の驚異的な成長と、そのまっすぐな想いに触発され、更なる闘志を燃やす。3人のバトルがますます加速する中、レースは山岳ステージに突入。坂が苦手なスプリンターの鳴子は、徐々に失速してしまい…。
RIDE.13 今泉と鳴子の1000㎞
無料
弱虫ペダル RIDE.13 今泉と鳴子の1000㎞ ついに始まった強化合宿。主将の金城から告げられた、4日間で1000km走破という過酷なメニューを乗り切る為、朝から気合いを入れて走る今泉と鳴子。坂道も、巻島のアドバイスを受けて徐々に距離を伸ばし始める。一方、同じくインターハイ出場が決まっている他校の選手達も、大会へ向けて着実に動き始めていた…!
ROAD.2 エースたち
弱虫ペダル GRANDE ROAD ROAD.2 エースたち 2日目のゴール直前。3校の先頭争いが続く中、エースアシストの今泉は、勝負のクランク後でエースを切り離すタイミングを狙っていた。しかし、御堂筋がクランク前で予想外のアタックを賭け、ゴール前は一気に御堂筋の独走状態に!役目を果たせず悔やむ今泉だが、金城はチームの想いを背負い、全力で追走を開始する!
ROAD.16 エース今泉!
弱虫ペダル GRANDE ROAD ROAD.16 エース今泉! 山岳区間をスプリンターである鳴子の全力引きにより、箱根学園を捉えた総北だが、体力を限界まで使い果たした鳴子は、コース脇に自転車ごと倒れ込んでしまう。ゴールまで残り15㎞、鳴子の意思を継いだ今泉は、自らを総北のエースと宣言し、箱根学園のエース・福富に挑む!
ROAD.21 91番
弱虫ペダル GRANDE ROAD ROAD.21 91番 ゴールまで残り4㎞。何度もアタックを繰り出す御堂筋と、それを抑える今泉。二人の先頭争いが加速する中、コースは富士あざみライン唯一の大下り区間へと突入!落車のリスクを背負いながら、1ミリでも先へ進む為スピードを上げる今泉と御堂筋。ギリギリのバトルで下りを制するのは…。
ROAD.22 真波と坂道
弱虫ペダル GRANDE ROAD ROAD.22 真波と坂道 御堂筋との死闘でフレームにヒビが入った今泉を、後ろからアタックで一気に抜き去っていく真波。フレームの状態から追走は難しいと判断した今泉は、坂道に総北の魂を託す。チームの想いを積んで、驚異的なケイデンスで真波を追いかける坂道だが、ギアを上げて独走する真波に引き離されてしまう。
LINE.12 こぼれ落ちた想い
弱虫ペダル GLORY LINE LINE.12 こぼれ落ちた想い 全員が揃った箱根学園が加速し、鳴子は今泉の命令を振り切り一人で箱根学園を追いかける!その後、手嶋が今泉と坂道に合流するがなかなかペースが上がらない。するとそこに岸神小鞠が引く京都伏見が現れ、抜き去っていく!自身の判断ミスと苛立ちから手嶋に厳しい声を浴びせる今泉の心で、何かが折れた音が―。そして対峙する箱根学園と京都伏見はスプリント勝負へ。泉田と御堂筋が対決…と思いきや、意外な男が忍び寄り…!
RIDE.17 スタート!!!
弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.17 スタート!!! スタート直前、御堂筋は京都伏見のメンバーに岸神小鞠を急遽組み込んだ。その岸神は今泉に近づき…。一方、箱根学園の6人目のメンバーがいよいよ明らかになる!
RIDE.4 鳴子章吉
無料
弱虫ペダル RIDE.4 鳴子章吉 裏門坂のレースを終えて、少し今泉との距離が縮まった坂道。大好きなアニメグッズを買う為、いつもの様にママチャリでアキバへやって来ると、関西弁で自転車乗りの少年、鳴子章吉に出会う。そんな中、坂道のママチャリにタバコの吸い殻を投げ捨てた男に怒った鳴子は、坂道と一緒に、男が乗る車を自転車で追いかけようとする!
RIDE.6 ウエルカムレース
無料
弱虫ペダル RIDE.6 ウエルカムレース 自転車競技部に入った坂道は、いきなり1年生対抗ウエルカムレースに参加する事に。初めてのレースに緊張しながらも、また今泉や鳴子と一緒に走れる事に期待を膨らませる坂道。ところが、レースがスタートすると、一人ママチャリの坂道は、ロードレーサーの部員達に次々と抜かれ、とうとう最後尾になってしまう!
RIDE.7 追いつきたい!
無料
弱虫ペダル RIDE.7 追いつきたい! 幹の乗る車に積まれたロードレーサーを手に入れた坂道。ロードレーサーに初めて乗るにもかかわらずフラつくこともなくまっすぐ走り、周囲を驚かせる。その性能に感動しながらも、遅れを取り戻そうと必死に今泉達を追いかけるが、金城からは、このままのでは二人に追いつけないと告げられてしまう。
RIDE.15 策略
無料
弱虫ペダル RIDE.15 策略 真波との再会によって、インターハイへの想いが高まる坂道。インターハイに出場する為に、まずはこの合宿で1000㎞を完走しなければいけないと気付いた坂道は、同じく出場を目指す今泉や鳴子と共に、必死でペダルを回す。だが、そんな坂道達に対し、2年の手嶋、青八木はある策略を巡らせていた…!
RIDE.16 一点突破
無料
弱虫ペダル RIDE.16 一点突破 1000㎞走破を目指す坂道達の前に、立ちはだかる2年の手嶋、青八木。二人はリードしている順位を死守する為、坂道達に勝負を仕掛けてきた。二人の強固なチームワークと巧妙な策によって、精神的にも追いつめられる今泉や鳴子。そんな中、手嶋は去年の春、高校に入学して青八木と出会った頃のことを思い出していた…。
RIDE.18 全力の勝負
無料
弱虫ペダル RIDE.18 全力の勝負 最後尾に落ちながらも、不屈の走りでペダルを回して先行する今泉、鳴子、手嶋、青八木に追いついた坂道。5人それぞれが様々な想いを胸にゴールラインを目指して全力で疾走、決死のゴールスプリントで激突!インターハイ出場を賭けた1年と2年の戦いが遂にクライマックスを迎える!
RIDE.23 トップスプリンター!!
無料
弱虫ペダル RIDE.23 トップスプリンター!! インターハイ1日目が遂にスタート。坂道は高まる期待を胸に、今泉や鳴子と一緒にゴールを目指して走り始める。レースが動き出し、最初の平坦区間に突入すると、各校のトップスプリンターが一斉に動き出し、田所と鳴子も集団を飛び出した。そこへ箱根学園から、全身筋肉のスプリントマシーン、泉田が立ちはだかる!
RIDE.33 ヒメなのだ
無料
弱虫ペダル RIDE.33 ヒメなのだ 3日間中、最も長いステージであるインターハイ2日目がスタートした。坂道は自分に与えられた〝チーム全員を引いて峠を登り、できるだけ早く金城と今泉に追いつく〟というオーダーを胸に、気合を入れて走りはじめる。しかし、前日に体調を崩していた田所は、一人、スタートできずに立ち尽くしていた…!
RIDE.34 新開隼人
無料
弱虫ペダル RIDE.34 新開隼人 メンバーがバラけてしまったチーム総北をしりめに、早々にメンバー全員が合流を果たした王者・箱根学園。焦る総北の金城と今泉だが、追い打ちをかけるように御堂筋率いる京都伏見が合流を果たし、先頭は2校の戦いとなる。御堂筋はファーストスプリントリザルトの勝負を持ちかけ、箱根学園のエーススプリンター新開が動き出す!
RIDE.37 王者交代
無料
弱虫ペダル RIDE.37 王者交代 坂道と田所が追いつき、遂に6人全員が合流を果たしたチーム総北。今泉や鳴子も、坂道の頑張りに引っ張られるように、気持ちを一つにして走り出す。一方、先頭を走っていた王者・箱根学園は、御堂筋との激戦を繰り広げた新開が陥落し、メンバーが徐々にバラけ始めていた。御堂筋の挑発に心を乱す泉田だが…。
RIDE.1 最後の峰ヶ山
無料
弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.1 最後の峰ヶ山 インターハイでの激闘を終えた、総北高校自転車競技部。1年の小野田坂道は、同級生の今泉や鳴子と共に、ニューバイクに乗り換え、3年生が抜ける新生チームとしての新たな闘いに向けて走り出していた。総北の新キャプテンに任命された手嶋も、盟友の青八木と共に連覇を目指し動き出す。そんな中、坂道は憧れの先輩である巻島から、ある事を告げられる…。
RIDE.3 手嶋、魂の走り
弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.3 手嶋、魂の走り 秋の「峰ヶ山ヒルクライム」に出場する総北高校の坂道、今泉、手嶋。インターハイの優勝者として注目を集める坂道だが、不調から抜け出せず、不安で萎縮してしまう。一方、箱根学園は2年生の葦木場拓斗を送り込んできた。202cmという長身を活かした“メトロノームダンシング”で他を圧倒する葦木場に対し、総北の新キャプテン・手嶋が魂の走りで挑む!
RIDE.5 自転車異種格闘技場!!
弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.5 自転車異種格闘技場!! 順調に滑り出したと思える新生総北だったが、今泉は3年生が抜けてチーム全体のレベルが下がることを懸念していた。そして鳴子に対して、チームが勝つためにオールラウンダーになれと言い放つ。自分はスプリンターであると反発しつつも、先輩の抜けた穴の大きさを痛感していた鳴子は、ある決意を胸に地元大阪に向かう。一方、総北の練習に1人の中学生が参加する。
RIDE.9 新生総北、始動!
弱虫ペダル NEW GENERATION RIDE.9 新生総北、始動! 2年に進級した坂道、今泉、鳴子。インターハイで優勝した総北自転車競技部には、多くの新入生が入部し、手嶋や青八木も手ごたえを感じていた。しかし、初めて部の先輩となった坂道は戸惑うばかり…。そんな新入部員の中には、中学から活躍していた鏑木一差と段竹竜包の姿も。2人は「1年生レース」でのワンツー優勝でインターハイのメンバー入りを狙っていた!