「仙台 警察 ニュース」の検索結果

「仙台 警察 ニュース」に関する情報は見つかりませんでした。
「仙台 ニュース」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

宮城・丸森町の災害ごみ 仙台市で焼却処分始まる
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 宮城・丸森町の災害ごみ 仙台市で焼却処分始まる  台風19号で大きな被害が出た宮城県丸森町の災害ごみを仙台市が受け入れることになり、6日から焼却処分が始まりました。  6日は丸森町の災害ごみ仮置き場から畳約1.5トンが仙台市の焼却施設に向けて運び出されました。丸森町の災害ごみは今後の解体工事で出るがれきと合わせて1万9000トンに上る見込みです。仙台市ではこのうち3000トンを来年3月にかけて受け入れる方針で、市内で発生した災害ごみと一緒に可燃ごみとして焼却処分します。  仙台市環境局・小和田圭作施設課長:「丸森町の一日も早い復旧・復興につながれば」  災害ごみを巡っては丸森町で災害と関係のないごみが他の市町村から搬入されているのが確認されたため、先月下旬から身分証や通行許可証の提示を義務付けています。
ファン女性の手足縛り現金を…ユーチューバー逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ファン女性の手足縛り現金を…ユーチューバー逮捕  ユーチューバーの男がファンの女性から現金などを奪ったとして逮捕されました。  仙台市のユーチューバー・齋田正人容疑者(30)は今年5月、仙台市内で粘着テープを使って19歳の女性の口をふさぎ、手足を縛って「怖い目に遭わせてやる」などと脅して現金約4600円と携帯電話などを奪った疑いが持たれています。調べに対して「現金や携帯電話を取っていないし、脅してもいない」などと容疑を否認しています。齋田容疑者はユーチューブでゲーム実況などの動画を公開していて、被害者の女性は齋田容疑者のファンだったということです。
連休最終日もボランティアが支援 宮城・丸森町
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 連休最終日もボランティアが支援 宮城・丸森町  台風19号による死者は全国で88人となっていて、6人が行方不明です。  宮城県丸森町では3連休の間、多くのボランティアに協力してもらおうと社会福祉協議会などがJR仙台駅から送迎バスを運行していて、4日もマスクに長靴姿の人たちが次々と乗り込んでいきました。ボランティアは到着後、依頼のあった住宅に向かって壁や床にこびり付いた泥を洗い流したり、流れ込んだ土砂を撤去したりしていました。  仙台からのボランティア:「何でもするつもりで来ました。やっぱり水害は大変だと思いました」  丸森町のボランティアは2日は約700人、3日は約900人とこれまでの土日の倍近くに上りましたが、住民からの依頼は増え続けていて、引き続きボランティアの助けが必要だということです。
今年最後の3連休 本州で今季初の初霜 紅葉狩りも…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 今年最後の3連休 本州で今季初の初霜 紅葉狩りも…  3連休の最終日、聞こえてきたのは冬の足音。北日本を中心に各地で今シーズン一番の冷え込みとなりました。  岩手県盛岡市の最低気温は0.1度で初霜と初氷を観測。いずれも本州としては今シーズン初です。霜で一面、真っ白の牧場。北海道陸別町ではマイナス6度まで気温が下がりました。岐阜県高山市の合掌造りと紅葉です。冷え込みが強いということは雲が少なく、よく晴れているということです。ここ最近の3連休は台風などで大雨に見舞われがちでしたが、今年最後の3連休は天候に恵まれ、絶好の行楽日和となりました。  群馬県沼田市で見つけたスポット。リンゴ狩りが楽しめる農園が広がっていました。霜が降りるほどの寒さになると、蜜がよく詰まって甘くなるリンゴ。原田農園では今がその最盛期。イチゴも徐々に赤くなってきていて、農園ではもうすぐイチゴ狩りも最盛期を迎えます。  色付くといえば、これからが本格的なシーズンの紅葉。群馬県の紅葉の名所「伊香保温泉」を目指しました。ところが、渋滞を抜けて温泉街につきましたが、駐車場も満車です。目指すは山頂にある展望デッキ。まずは温泉街からロープウェーに乗り、しばしの間は空中散歩を楽しみます。ロープウェーに乗ること約5分、山頂の駅に到着。色付いた紅葉に目を奪われながら、さらに5分ほど歩くとついに山頂です。色付きが進む紅葉。  そんななか、季節が逆戻りしたかのような光景も。仙台市で今、満開なのはヒマワリ。今が見頃の遅咲きのヒマワリです。4日午後には近畿地方で「木枯らし1号」が吹きま…
のれんを下ろす日 ~人情親父 仙台最後の屋台~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 のれんを下ろす日 ~人情親父 仙台最後の屋台~ 昭和30年代には数百軒の屋台が軒を連ね、博多と並ぶ『屋台の街』として知られていた仙台。しかし、その後、「主の代替わりは認めず」とする当局の規制により、街から屋台の姿が消えていく...。今、残るのは1軒だけ。東京オリンピックの年から半世紀以上にわたり、屋台を営んできた85歳の主は、数年前から引退を考えつつも踏み切れずにいる。「働くことは世間とつながること」と話す男性の姿を通じて、人が働くことの意味、現代社会から失われつつあるものを見つめる。

おすすめの作品

いたずらに逆上 学校常駐の警察官が女子生徒に暴行
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 いたずらに逆上 学校常駐の警察官が女子生徒に暴行  いたずらに逆上した警察官が生徒を床にたたき付けました。  アメリカ・フロリダ州。学校の事務室に1人の女子生徒が現れます。学校に常駐している警察官の背後へ近付くと突然、ひざの裏側に蹴りを入れました。驚いて注意をしますが、生徒は反省した様子を見せません。すると、警察官は生徒の首をつかんで床に激しくたたき付けました。その後、警察官は15歳の女子生徒に対する虐待の容疑で訴追されました。生徒が蹴った理由は分かっていませんが、警察は「どんな理由であろうと虐待行為は許されない」と非難しています。
香港 実弾発砲 活動家女性「警察は殺人鬼のよう」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港 実弾発砲 活動家女性「警察は殺人鬼のよう」  警察官がデモ隊に実弾を発砲したことを受けて「民主の女神」と称される活動家の女性が怒りをあらわにしました。  民主の女神と称される活動家の周庭(アグネス・チョウ)さんは11日にツイッターで「実弾に撃たれて意識を失って倒れた若者に対して、香港警察は応急処置をするのでも、救急車を呼ぶのでもなく、無理やり立たせようとしました」「もう親中派か民主派かという問題じゃなく、善悪の問題です。香港警察はすでに殺人鬼のようです」と怒りをあらわにしました。また、香港の中心部で催涙弾が発射されたことに対して「警察は命と安全を無視し、ただただ香港人を殺したいようにしか見えません」と警察を痛烈に批判しています。
飲酒運転で事故「ばれるとまずい」逃走 警察官逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 飲酒運転で事故「ばれるとまずい」逃走 警察官逮捕  愛知県警の警察官が酒を飲んで車を運転し、事故を起こしてそのまま逃げたとして逮捕されました。  酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、愛知県一宮警察署の巡査長・鈴木政満容疑者(31)です。警察によりますと、鈴木容疑者は11日午後9時半ごろ、一宮市内の路上で酒を飲んだ状態で車を運転し、ガードパイプに衝突したうえ、事故を警察に申告しなかった疑いが持たれています。鈴木容疑者は通報を受けた警察官に現場近くで発見されて逃走しましたが、まもなく取り押さえられました。鈴木容疑者は調べに対して上司と酒を飲んでいたと説明し、「仕事柄、飲酒運転がばれるとまずいと思い、逃げた」と容疑を認めているということです。愛知県警は「捜査結果を踏まえ、厳正に対処する」としています。
香港警察 実弾で再び負傷者 背景に習主席の圧力も
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港警察 実弾で再び負傷者 背景に習主席の圧力も  抗議活動が続く香港で11日朝、警察官が実弾3発を発砲しました。香港から報告です。  (南出拓平記者報告)  (Q.警察当局は日に日に強硬姿勢を強めているように感じるが?)  男性が撃たれた現場では血痕の跡をスプレーでマーカーしています。生々しい跡が残っています。そして、道路にはれんがや段ボールなどが市民らによって投げ入れられ、発砲直後には「警察は殺人者だ」などというシュプレヒコールがあがるなど市民の怒りが爆発しています。そして、警察の行動は先週から一層、強硬になっていると現場にいて感じます。先週は中国の習近平国家主席が直接、香港の行政長官にデモ対策の強化を指示したタイミングです。11日の実弾発砲が最たるものですが、週末も警告なしの催涙弾やゴム弾の発砲被害が多く出ています。また、対象はデモ隊だけではなく、香港当局はこの数日間で民主派の議員7人を議会の進行を妨げた罪で逮捕・起訴するなど様々な形での圧力を掛けてきています。一方、市民側にとっても先週、抗議活動で初めての死者が出たことで警察などへの反発が強まっていて、今後、警察と市民らの衝突がさらに過激化することが予想されています。
催涙弾発射は「選挙妨害だ」 候補者が香港警察批判
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 催涙弾発射は「選挙妨害だ」 候補者が香港警察批判  香港警察が初めて選挙に関連する集会で催涙弾を発射しました。これに対し、候補者から「選挙妨害だ」と批判の声が上がっています。  2日、香港中心部で行われた約1万人が参加する民主派の選挙集会で、警察は許可がないとして催涙弾を発射し、参加者を強制的に排除しました。香港メディアによりますと、警察官に暴力を振るったなどとして少なくとも3人の候補者が逮捕され、その他の地域と合わせて200人以上が拘束されました。  民主派候補・童継民さん:「我々には権利がある。警察の行為は選挙妨害で、許されないことだ」  候補者として集会に参加した童さんは「警察は別の候補者に、こしょうスプレーを吹き掛けた」と批判しました。童さんは香港を拠点とするキャセイパシフィック航空の客室乗務員でもありますが、中国の航空当局がデモに関わった社員が中国本土での運航に携わることを禁じたことについて、「社内に分裂を生じさせている」と非難しました。
中国外務省「暴徒が先に襲撃」 撃たれた男性を非難
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国外務省「暴徒が先に襲撃」 撃たれた男性を非難  中国外務省は香港の警察による発砲で男性が重体になったことについて、「暴徒が先に襲撃した」と述べ、撃たれた男性に問題があると主張しました。  中国外務省・耿爽副報道局長:「映像を見れば暴徒が先に警察を襲撃している。警察は完全に法にのっとって対応していた。誰が誤りを犯したかは一目瞭然だ」  中国外務省の報道官は「どんな国でも警察官の銃を奪い、命を脅かすことは容認できない」と撃たれた男性を非難しました。また、アメリカやイギリスがデモ隊に肩入れしているとして、「口先だけの正義はダブルスタンダードだ」と強調しました。一方で、抗議活動の原因となっている政府や警察の対応については一切触れませんでした。
香港警察が実弾3発発砲 デモ参加の10代若者2人けが
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港警察が実弾3発発砲 デモ参加の10代若者2人けが  香港で11日朝、警察官が抗議活動の参加者に向けて実弾3発を発砲し、10代の若者2人が負傷しました。  香港の中心部で警察官が抗議活動の参加者に実弾3発を発砲しました。10代の若者2人が負傷したということです。詳しい状況は分かっていませんが、警察官は至近距離から発砲したとみられます。香港では抗議活動をしていた大学生の男性がビルから転落して死亡したことを受けて市民らが反発を強め、午前7時から道路の封鎖などを呼び掛けていました。
住宅に現れたクマに襲われ警察官2人けが 殺処分に
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 住宅に現れたクマに襲われ警察官2人けが 殺処分に  男性警察官2人がツキノワグマに襲われ、けがをしました。  6日午後1時すぎ、鳥取県八頭町の住宅で「裏庭のカキの木の上にクマがいる」と住人の男性が猟友会に連絡しました。警察などによりますと、ツキノワグマは一度、山に姿を消しましたが、さらに追い払うため花火を使ったところ再び住宅に現れました。立ち会っていた50歳と26歳の男性警察官2人がツキノワグマに頭や足をかみ付かれてけがをしましたが、命に別状はないということです。ツキノワグマは体長約110センチの雌で、その場で猟友会に殺処分されました。
元タレント田代まさし容疑者逮捕 覚醒剤所持の疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 元タレント田代まさし容疑者逮捕 覚醒剤所持の疑い  覚醒剤を所持していたとして逮捕された元タレントの田代まさし容疑者(63)の逮捕容疑の詳細が分かってきました。  警察によりますと、田代容疑者は8月23日、宮城県塩竃市内の宿泊施設で覚醒剤を所持した疑いが持たれています。宿泊した部屋から覚醒剤のようなものが見つかったと警察が宿泊施設から通報を受けて調べていました。また、警察は6日に東京・杉並区の自宅を家宅捜索した際、田代容疑者の所持品から覚醒剤が見つかったとして現行犯でも逮捕しました。警察は「捜査に支障がある」として認否を明らかにしていません。
香港デモ“軍の介入”示唆 中国メディア
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 香港デモ“軍の介入”示唆 中国メディア  抗議デモが続く香港で、11日に警察がデモ隊に実弾を発砲したことについて中国メディアは発砲を支持し、今後の軍の介入を改めて示唆しました。  中国共産党の機関紙「人民日報」は、実弾を発砲した香港警察について「法治を守るために必要だった」と擁護する評論を出しました。中国共産党系の「環球時報」も社説で「暴徒に発砲したことを断固として支持する」と強調しました。環球時報はさらに、「香港警察の後ろには国家の武装警察部隊や人民解放軍の香港駐留部隊が控えていて、必要に応じて直接、支援する」と軍などの介入を改めて示唆しました。