「令和 速報」の検索結果

今すぐ視聴する

「令和初」の成人式各地で 被災地は復興へ誓い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「令和初」の成人式各地で 被災地は復興へ誓い  13日の成人の日を前に、各地で「令和初」となる成人式が行われました。去年の台風で甚大な被害を受けた地域では、新成人たちが復興に向けた思いを語りました。
令和初の「講書始の儀」 第一人者が両陛下に講義
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 令和初の「講書始の儀」 第一人者が両陛下に講義  天皇皇后両陛下や皇族方が皇居で年の初めに学問の第一人者から講義を受ける「講書始の儀」が令和になって初めて行われました。  講書始の儀は学問を奨励する目的で明治時代から続けられているもので、様々な研究分野の第一人者が両陛下に講義をします。令和になって初めてとなる儀式では、歴史の専門家で奈良大学の東野治之名誉教授ら3人の進講者が約1時間かけて講義しました。東野名誉教授は遣唐使によって日本が外国から取り入れた文化について説明しました。このほか、両陛下は地震発生のメカニズムなどの専門的な講義を熱心に聞かれていました。
必見!令和最初の“初日の出”×富士山
無料
【アベマ厳選】注目の最新&独自ニュースをチェック! 必見!令和最初の“初日の出”×富士山 いま、世の中で起きている最新ニュースをアベマが厳選してラインアップ。緊急ニュースや災害情報などの速報はもちろん、話題のテーマを独自目線で掘り下げた企画や、注目の記者会見もノーカットでお届けします!さらに、独自取材を重ねたこだわりのドキュメンタリーも配信中です。
五輪チケットも当たるお年玉つき年賀はがき抽選会
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 五輪チケットも当たるお年玉つき年賀はがき抽選会  令和初のお年玉くじ、特等賞品は東京オリンピックの開会式や閉会式、競技観戦のペアチケットです。さらに1等は現金30万円、またはキャッシュレス決済の普及を受け、31万円分の電子マネーを受け取ることもできます。  注目の当選番号ですが、特等の東京オリンピック開会式はBの1246組の85万4381番と、Bの1231組の30万1532番です。閉会式はBの1230組の89万4016番とBの1231組の66万8186番です。競技の観戦チケットはBの下1桁が3組で、45万7391番です。  1等は各組共通の89万5123番です。このほか、2等の各地の名産品が入ったふるさと小包の当選は下4桁9406番です。3等はお年玉切手シートで、当選番号は下2桁が37、67、16となっています。  令和初のお年玉くじ、引き換え期間は7月20日までです。
令和初の一番福は誰に 新春恒例の「福男選び」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 令和初の一番福は誰に 新春恒例の「福男選び」  兵庫県の西宮神社で10日午前に毎年恒例の「福男選び」が行われ、参加者が参道を駆け抜けました。  兵庫県の西宮神社で午前6時、新春恒例の福男選びが行われました。江戸時代に始まったとされる西宮神社の「開門神事」は230メートルの参道を駆け抜けます。開門とともに参加者は石畳の参道を全力疾走。今年の「一番福」に輝いたのは大阪府内の高校教員・黒木悠輔さん(33)でした。
舞妓はんが舞を披露も…令和初の「成人の日」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 舞妓はんが舞を披露も…令和初の「成人の日」  令和初の成人の日。各地で晴れ着姿の新成人が門出を祝いました。  令和最初となる成人の日。各地で式典が行われ「ミレニアム成人」と呼ばれる1999年から2000年生まれの新成人たちが祝福を受けました。  一方で、トラブルも発生。同じ会場内では別の席で成人同士がいさかいを起こし、暴行する様子も撮影されていました。  神奈川県藤沢市の成人式会場にタクシーで現れた舞妓(まいこ)姿の女性。成人となった美月さん(20)。藤沢市の出身で、中学卒業後から京都で芸を磨いてきました。美月さんは13日の成人式で舞を披露します。  舞妓・美月さん:「地元にこの格好で帰るだけじゃ味気ないというか。私らが舞妓としてしてきたものを披露させてもらう。日本文化を少しでも見て頂いたらうれしい」  故郷の仲間4322人の前で堂々とした舞を見せた美月さん。今後は芸妓(げいこ)を目指し、さらに研鑽(けんさん)に励みたいと語っています。  福島県では2011年の原発事故で全員避難を余儀なくされた大熊町の成人式がいわき市で行われました。約9年前に小学5年生だった児童が避難先で未来の自分たちに向けたメッセージ。あの原発事故でバラバラになってしまった同級生。会場では笑いがあふれ返っていました。  旧国立競技場の聖火台が造られた埼玉県川口市。現在、里帰りしている聖火台では新成人たちの活躍とオリンピックの成功を祈念して点火が行われました。  兵庫県では高校野球の聖地の甲子園球場で史上初めて成人式が執り行われました。
令和初「成人の日」各地で門出を祝うイベント
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 令和初「成人の日」各地で門出を祝うイベント  令和初の成人の日。各地で晴れ着姿の新成人が門出を祝いました。  新成人:「人のためになれるような人になれたらなと思う」「母親にも感謝しているし、これから小さい子どもにとって良い環境になるように頑張りたい」  今年で19回目となった千葉県浦安市の東京ディズニーランドでの成人式には新成人1600人余りが出席しました。式ではミッキーマウスたちが特別なショーを披露し、新成人の門出を祝いました。  日本一高いビル、大阪市の「あべのハルカス」では「大人の階段を登ろう」をキャッチフレーズに地上300メートルの展望台までの1637段の階段を歩いて上る成人式が行われました。  新成人:「エレベーター使いたかったです」「想像以上に大変でした」「何事にも全力で取り組んでいける大人になりたいです」  札幌市では「雪まつり」の雪像作りをしている自衛隊員7人が成人を迎えました。気温マイナス2度のなか、上半身裸でビーチフラッグスに挑みました。優勝者は雪山に投げ込まれ、伝統の手荒い祝福を受けました。今年は記録的な雪不足で、隣の北海道喜茂別町からも雪像の雪を運びました。
還暦から20年 満80歳「熟年成人式」で長寿お祝い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 還暦から20年 満80歳「熟年成人式」で長寿お祝い  13日に「熟年成人式」が開催されました。  和服やスーツ姿でずらりと会場に集まったのは、満80歳のお年寄り52人。成人の日に合わせて新潟県燕市では還暦から20年の長寿を祝う、熟年成人式が行われました。熟年成人式は毎年、地元の老人クラブが開催していて、今年で25回目となります。  熟年成人:「ここまで病気もしないでよく頑張ってこれたなと思って、感謝感謝です」「(Q.令和初の新成人へのメッセージは?)自分の夢を持って明るく生きてほしい」  熟年成人の皆さんは旧交を温めつつ、それぞれの健康を祝いました。
皇居で歌会始の儀 お題は「望」 高校生の入選作も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 皇居で歌会始の儀 お題は「望」 高校生の入選作も  皇居では令和になって初めてとなる「歌会始の儀」が行われました。一般から入選した和歌のほか、両陛下の作品が披露されました。  今年のお題は「望」で、全国から寄せられた約1万5000首から選ばれた10首と両陛下や皇族の和歌が披露されました。天皇陛下は「学舎に ひびかふ子らの 弾む声 さやけくあれと ひたすら望む」と子どもたちの将来が明るくなってほしいと願う気持ちを詠まれました。両陛下は即位後、都内の保育園を訪れて子どもたちが元気に遊ぶ姿をご覧になるなど、これまで施設や学校などを度々、訪問されています。一般の入選者の最年少は新潟県の高校生・篠田朱里さん(17)でした。
生徒の首近くにカッター 落書き注意で中学校教師
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 生徒の首近くにカッター 落書き注意で中学校教師  今月、千葉市の中学校で20代の男性教師が落書きを注意した際に、男子生徒の首近くにカッターナイフの刃を突き付けていたことが分かりました。  千葉市教育委員会によりますと、市内の中学校で8日、教室の窓枠に「令和」と彫られた落書きが見つかり、20代の男性教師が1年の男子生徒2人にカッターの刃を向けながら注意しました。このうち1人には刃を首に近付けていました。生徒にけがはありません。この教師は「カッターの使い方を間違えてはいけないと指導していた」と話しています。千葉市教育委員会はこの教師を停職6カ月の処分としました。
安倍総理「憲法論争に終止符」 憲法改正に強い意欲
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 安倍総理「憲法論争に終止符」 憲法改正に強い意欲  安倍総理大臣は憲法改正について講演し、自衛隊の存在を明記した形での9条改正に改めて強い意欲を示しました。  安倍総理大臣:「憲法にしっかりと私たちの自衛隊を明記しようではありませんか。そして、憲法論争に終止符を打とうではありませんか」  安倍総理は自民党本部で講演し、「憲法改正に向けた挑戦はたやすい道ではないが、今度こそ成し遂げたい」と決意を強調しました。さらに、「与野党の枠を超えた議論を深め、令和の時代にふさわしい改正原案を作成してほしい」と述べ、停滞する国会の憲法審査会での審議が進むよう野党側の協力を呼び掛けました。
令和初の成人式!18歳引き下げで2023年問題?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 令和初の成人式!18歳引き下げで2023年問題?  13日は成人の日ですが、各地で新成人を祝う行事が行われるなか、実は3年後の2023年には成人式の開催が困難になりそうな事態が待ち受けています。  令和初の成人の日。全国で約122万人が大人の仲間入り。あでやかな振袖や新しいスーツ、なんだか初々しいですね。大阪では日本一高いビル「あべのハルカス」で恒例となったイベントが。「大人の階段を登ろう」をキャッチフレーズに60階の展望台まで1637段の階段を登りました。  また、高校野球の聖地「阪神甲子園球場」で初めて行われた成人式では、最後にもちろんあれが。  一方、新たな時代を感じさせたのは佐賀県鳥栖市での成人式。壇上であいさつに立ったのは、ベトナムとネパールから日本に留学している外国人たちでした。  各地で毎年開かれる成人式。ところが、ある調査によりますと、「行きたくない」という人がなんと3割もいるんだそうです。成人式といえばやはり…。  新成人:「人によっては10年近く会ってない人もいたので嬉しいです」  そう、旧友との再会が楽しみの一つですが…。今年もありました。新成人の“暴走”。横浜市では会場で爆竹のような音も…。  また、長崎市では無職の新成人・古舘拓海容疑者が警察官の顔を殴るなどして、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕。酒に酔っていたという古舘容疑者は、取り調べに対して「今は俺が悪かったとしか言えない」。  一時期に比べて減った印象はありますが、こうした暴走に嫌気がさして「成人式に行きたくない」って思う人がいるのかもしれませ…