「伊織」の検索結果

今すぐ視聴する

#5 記憶
無料
僕だけが17歳の世界で #5 記憶 病院で偶然の再会を果たした芽衣(飯豊まりえ)と伊織(結木滉星)。 「私、また航太に会えたんだよ。一度、会いに来てみてくれないかな?」 芽衣(飯豊まりえ)は航太(佐野勇斗)との鍋パーティーに伊織(結木滉星)を呼ぶも、結局姿を現さなかった。 はるか(大友花恋)は、7年前の事故の日に伊織が航太を待ち伏せしていたこと、「航太は俺が殺した」と言っていたことを芽衣に告げる。 だが芽衣は、伊織が航太を殺すなんて絶対に有り得ないと反論する。 そんな中、伊織は神社で航太の姿を目の当たりにし、唖然とする。 7年ぶりの再会を果たした航太と伊織。だが航太は事故当時のことをまったく覚えていなかった。 「お前らに、ずっと黙ってたことがある」 皆を集めた伊織が意を決して語り始めたのは、7年前の”あの日"の真実だった……。
#6 逃れられない運命
無料
僕だけが17歳の世界で #6 逃れられない運命 7年前の真実を伊織(結木滉星)から聞き、事故当時のことを思い出した航太(佐野勇斗)。 自転車で勝負をしていた途中、突然目の前に現れた車を避けようとして、崖から転落したのだった。 航太はその時、誰かが見下ろしているのに気づいたが、それが誰かはすぐに思い出せなかった。 記憶を辿ろうとした途端、倒れてしまった航太。 心配した芽衣(飯豊まりえ)が神社に駆けつけ、今はとにかく安静にしているようにと釘を刺す。 「桜の花が散るまでに告白されますように」 帰り際、自分が願掛けした絵馬を見つめる芽衣。 「もしも私があんな願い事をしなければ、もっと違う未来が待っていたのだろうか?」 複雑な思いを抱えた芽衣は、伊織の元を訪ね……。
第2話 できる、できない
八月のシンデレラナイン 第2話 できる、できない 同好会を立ち上げるには、部員5人と顧問が必要……だが、野球になにより必要なのは練習場所! 硬式野球ができる環境は、校内のどこにも存在しない……。頭を抱える翼たちだが、とりあえずできることからやるしかない! と気持ちを切り替える。まずは用具を揃えるために、野球用具店へ。それぞれグローブを選んでいると、そこには、翼や夕姫と同じクラスの鈴木和香がいた。
第4話 分かれ道に立っても
八月のシンデレラナイン 第4話 分かれ道に立っても 一年前の、リトルシニア全国大会・準決勝。藤浦シニア 対 蔵元中央シニアの対戦。当時の試合を、歯噛みして回想する龍――だがそれは翼にとっても、特別な想いの残る試合だった……。翼は、自分がなぜクラブチームに行かず、里高に野球部を作ろうと思ったか、その気持ちをメンバーに話す。一年前、翼の目の前にあったのは、野球を続けるか、やめるかの分かれ道だった。
第5話 はじめての試合!
八月のシンデレラナイン 第5話 はじめての試合! 龍の入部によって、部員はついに9人に。「試合、しない?」翼はメンバーに、他校との練習試合を提案する。里高野球同好会は、始まったばかりの急造チーム……勝てる見込みは薄いが、ようやく試合ができることに、部員たちは嬉しそう。試合に向けてポジション発表、ユニフォームを作ったりと、準備を進める一同。そんな中、練習試合の相手が、隣町の清城高校女子野球部に決定する。
第6話 これからの私たち
八月のシンデレラナイン 第6話 これからの私たち 清城との対戦後、これまで以上に練習に熱が入る野球同好会。内容もより本格的になり、部員たちの「上手くなりたい!」という気持ちは加速。――だが、そんな想いに水を差すように、学校はテスト期間。練習はしばらくお休みに。勉強が苦手な翼は、智恵のサポートでテスト期間を乗り越えようとしていたが、当の智恵は、練習が休みになることで、ひとり焦りを感じていて……。
第7話 笑顔の迷子
八月のシンデレラナイン 第7話 笑顔の迷子 バットは折れて、トンボは壊れ、バックネットには穴が開き……同好会の部費では、用具の維持がそろそろ限界……。だが、正式な部活動に昇格するためには、生徒会の審査を通過しなければならない。ということで、生徒会の九十九伽奈が、審査のために同好会へ参加することに。一方夕姫は、先立つものを確保するためアルバイト。その最中に、小学校時代の先輩・倉敷舞子と再会する。
第8話 夏に向かって
八月のシンデレラナイン 第8話 夏に向かって むしむしと暑い日。いつものように練習を終えた一同に、翼と智恵から提案があった。「あのね……大会に出ない?」――夏に控える、高校女子硬式野球の全国大会。公式戦への期待、不安……さまざまな感情が入り交じるが、やっぱり興味が最優先。みんな笑顔で、大会への参加を決める。あとは正式な部にさえなれば、費用についても問題ない。だが、夏への道のりには、まだ関門が待ち受けていた。
第9話 みんなでつないで、楽しんで
八月のシンデレラナイン 第9話 みんなでつないで、楽しんで 「大会前の強化合宿をしましょう」――龍の提案で、一週間、お寺での合宿をすることになった里高野球部。「技術力アップ」そして「みんなでもっと仲良く」という二つの目標を掲げ、はじめての合宿がスタート! 夕姫や茜は、みんなでのお泊まりにワクワク。しかし龍は、地獄の特訓メニューで、部員たちをビシバシ鍛える。そして、辛くも楽しい合宿の日々が過ぎていき……。
第10話 背中に翼
八月のシンデレラナイン 第10話 背中に翼 全国大会まで、あと二週間。里高野球部は、強豪・向月高校の高坂椿から、突然練習試合を持ちかけられる。強豪校が一体なぜ……? 一同は疑問を抱きつつ、前向きに試合を引き受ける。公式戦を直前に控えた試合――今回は、大会に向けたオーダーで臨むことに。それぞれのポジションが発表され、掛橋先生から背番号が渡される。しかし、先発メンバーに智恵と茜の名前はなく……。
第11話 全国大会がはじまる
八月のシンデレラナイン 第11話 全国大会がはじまる いよいよ始まる全国大会。前日、会場近くの合宿所にやって来た里高野球部のもとに、トーナメントの抽選結果が届く。対戦相手はなんと――清城高校。そこに、偶然同じ合宿所に来ていた清城のメンバーも現れ、二校はなりゆきでバーベキューを囲む。それぞれが、それぞれの気持ちを胸に抱いて、大会前夜は更けていき……。ついに当日。里高野球部は、万感の想いでグラウンドに整列する。
第12話 世界で一番あつい夏
八月のシンデレラナイン 第12話 世界で一番あつい夏 夕姫のエラーで、同点に追いつかれてしまった里ヶ浜。しかし、それでもまだ同点――さらに気を引き締め、三回表の攻撃にうつる。一方、清城高校・神宮寺小也香は焦っていた。彼女の異常な気迫の正体は、翼とはまた別の、キャプテンとしての責任感……。その焦燥が解かれたとき、二つのチームは好敵手として並び立つ。青空の下で試合は続く。白球を追い、少女たちは熱くなる――
第3話 気になるあの子
ネコぱら 第3話 気になるあの子 実家で預かることになったあの子。突然いなくなったりと朝から大騒ぎ。一方、ショコラは何かあの子のことが気になってしまい、どこか上の空。バニラはそんなショコラを心配するが…。
第9話 ホントノココロ
ネコぱら 第9話 ホントノココロ 『ソ・レイユ』の休日に遊園地に遊びにきた水無月家一行。遊園地を満喫するネコたち。そんな中、カカオが「ネコ☆ウィッチーズ」ショーをみたいと言い出し、気づくとステージの上にはシナモンがっ!?
第3話 気持ちよく汗をかこう
八月のシンデレラナイン 第3話 気持ちよく汗をかこう グラウンドと顧問、そしてメンバーが5人集まったことで、いよいよ本格始動する女子硬式野球同好会! 和香が考えたメニューをもとに、ついに練習もスタート――と、そこに突然、里高の一人応援団・2年生の岩城良美が現れる。さらに、同じく2年生の阿佐田あおいもやって来て、二人はなりゆきで同好会に参加することに! 個性的な二人のメンバーが増え、喜ぶ一同。そこに、自称新聞部の中野綾香も登場して……?
第2話 迷子の仔ネコちゃん?
ネコぱら 第2話 迷子の仔ネコちゃん? ショコラについてきてしまった仔ネコ。嘉祥に隠れてショコラは一旦、自分の部屋に匿おうとするが、バニラに見つかってしまう。何でご主人に相談しないの?と聞かれたショコラはその理由を話し出す。
第4話 はじめての…!
ネコぱら 第4話 はじめての…! ソレイユでいっしょに過ごすことになったが、ショコラとバニラはお店のお手伝いでなかなか遊んでくれず、ちょっと退屈。 ある日、月に1度の身体検査で水無月に実家を訪れると、「そういえば、この子の名前は…?」という一言から名付け大会が始まった。
第5話 カカオの冒険
ネコぱら 第5話 カカオの冒険 厨房で悩んでいる嘉祥の姿をみたショコラとバニラ。ご主人様を手助けしようとショップカードを配ったり、お客さんを呼ぶ作戦をたてたりする。そんな二匹の様子をみて、カカオもちょっとでもお手伝いしようとするが…?
第6話 仁義ニャき戦い!
ネコぱら 第6話 仁義ニャき戦い! アズキとココナツは今日も仲良くケンカしていた。ココナツがアズキのお茶碗を割ってしまい、いつもより何かこじれてしまっている二匹。 バニラの一言でとことん決着をつけることになり、仁義ニャき戦いの火蓋が切られた。
第7話 ネコたちのお留守番
ネコぱら 第7話 ネコたちのお留守番 嘉祥が農園に買い出しにいくことになり、ショコラ、バニラ、カカオは水無月の実家でみんなとお留守番。しかし、台風で時雨も帰ってこれず、ネコたちだけで過ごすことに。そんな中、バニラがとっておきのお話を語りだした。
第8話 時雨の憂鬱
ネコぱら 第8話 時雨の憂鬱 時雨の元気がないと心配な実家ネコたち。何とか元気づけようとするが、なかなか上手くいかない。 元気のない原因を嘉祥が実家から出たことによるお兄様不足と考え、時雨を『ソ・レイユ』に行かせ、嘉祥の傍にいさせようとするが…?
第10話 ニャがーん!鈴の更新試験
ネコぱら 第10話 ニャがーん!鈴の更新試験 鈴の更新試験のために特訓することになったショコラとバニラ。アズキ、メイプル、シナモン、ココナツに先生になってもらい、さまざまな特訓をするが、果たして…?
第11話 カカオの恩返し
ネコぱら 第11話 カカオの恩返し ちよとすっかり仲良しになったカカオは、休日にちよの家にお泊りにいくことに。はじめてのお泊りの準備にショコラとバニラは大騒ぎ。ちよの家で過ごすうちにカカオにある想いが芽生える。
第1話 プレイボール!
無料
八月のシンデレラナイン 第1話 プレイボール! 「女子硬式野球部、メンバー募集しますっ!」――四月。市立里ヶ浜高校に入学した有原翼は、部活紹介の壇上に上がり、突然こう言った。元々女子高だったこの学校には、男子野球部も存在しない。学校にない部を勝手に宣伝したことで怒られる翼だったが、担任の掛橋先生のすすめで、「同好会」を作ることを思い立つ。一方、どの部活に入ろうか迷っていた野崎夕姫は、女子野球部を探しているという、宇喜多茜と出会って……。
#4 望まぬ再会
無料
僕だけが17歳の世界で #4 望まぬ再会 神社で働く航太(佐野勇斗)を訪ねた芽衣(飯豊まりえ)。 「これからのこと、もう一度ちゃんと考えてみようかなって」 と、しばらく東京に戻らないことを告げる。 一方、はるか(大友花恋)は「俺が航太を殺した」という伊織(結木滉星)の言葉が気になっていたが、誰にもそれを話せずにいた。 「母さん、どうしてるかな」 行方がわからなかった母・志乃(石田ひかり)が気がかりだった航太は、神社に集まった桜の署名帳の中から偶然母の名前と現在の住所を見つける。 ひとり東京に向かった航太。しかしそこでは……。
Last【先行公開】ただ1つの奇跡(4/2(木)よる11時O.A.)
無料
僕だけが17歳の世界で Last【先行公開】ただ1つの奇跡(4/2(木)よる11時O.A.) \最終回【4月2日(木)よる11時】放送/ 「芽衣のために、これ以上、辛い思いさせたくないから」 突然、芽衣(飯豊まりえ)たちの前から姿を消した航太(佐野勇斗)。最後に仲間5人で撮った写真を手に航太を探す芽衣だが、見つけることはできなかった。 「会いたいよ……航太に会いたいよ」 航太がいなくなり、この上なく落ち込む芽衣。それを見た伊織は、葛藤の末ある覚悟を決め、驚きの行動に出る。 風に吹かれている桜の木、残り少ない花びらがハラハラと舞い落ちる。 芽衣の7年越しの願いは叶うのか。航太が出した答えとは……。
第1話 パンツを落としたシンデレラ!?
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第1話 パンツを落としたシンデレラ!? 部長命令で書道部の掃除をする桐生慧輝は彼女いない歴イコール年齢の高校生。女の子に囲まれつつも、自分に好意を持つ者は誰もいない……と思われた放課後、部室に一人残った慧輝を待っていたのは自分宛てのラブレターだった。しかし、そこには肝心の差出人の名前がない。しかもなぜかパンツが添えられていて……?? 友人翔馬のアドバイスを受け、かくして“パンツを落としたシンデレラ”探しの日々がはじまった!怪しいのはあの日掃除に参加していた女の子たち!!手はじめに書道部部長、朱鷺原紗雪に探りを入れてみると、予想通り彼女には秘めた想いがあるらしかったが、彼女の告白は、慧輝の想像を超えるものであった……。
第2話 優柔不断な王子様!?
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第2話 優柔不断な王子様!? 図書委員も兼任する慧輝には、古賀唯花という小柄で金髪クォーターの可愛い後輩がいた。紗雪先輩にかき回されながらも図書委員の仕事をこなす二人だったが、この日はなんだか唯花の機嫌が悪い。どうにか機嫌を直してもらおうと悩む慧輝は、ひょんなことから唯花と初デートをすることになる。ウインドウショッピングに映画、会話の弾む食事……。楽しい時間の中で見せる彼女の態度は、彼女こそがシンデレラなのではないかとも思わせる。妹、瑞葉のアドバイスもありなんとかデートを終えた慧輝は後日、唯花からの呼び出しを受ける。ついにシンデレラからの告白なのか!?待ち合わせ先で見せられた唯花の本性とは……!?
第3話 恥ずかしがりやのシンデレラ!?
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第3話 恥ずかしがりやのシンデレラ!? 実は慧輝のペットになりたい朱鷺原紗雪、実は慧輝をペットにしたい古賀唯花。本性を見せられて以降、すっかり二人に振り回される慧輝の日常。今日も悪夢で跳ね起き、唯花のいたずらに頭を抱えて一日が始まる。放課後は絵本作家志望の唯花お手製、監禁絵本の読み聞かせ、セルフ拘束バニー姿の紗雪に翻弄され、しまいには唯花による慧輝監禁拘束にまで至り、更にそこへ紗雪まで乱入してきたからもう大混乱。たまたま通りかかった同級生、南条真緒の手により救出された慧輝だったが、その真緒からも意外な告白を受け……。彼女の告白は彼女いない歴への終止符か?それとも更なる波乱の幕開けとなるのか??
第4話 素直になれないシンデレラ!?
可愛ければ変態でも好きになってくれますか? 第4話 素直になれないシンデレラ!? クラスメイトの南条真緒は、なんだかこの頃元気がない。元気づけようと声をかける慧輝にもつれない素振りの真緒だったが、それでも翔馬を加え三人でゲームセンターに行くことに。 真緒の久しぶりの笑顔にひと安心の慧輝。翔馬とのゲームに白熱するが、そんな二人を見る真緒の目はどこか意味ありげで……。 “三人ではなく、これからは二人で進みたい…”翔馬と分かれた帰り道、真緒から出た言葉に戸惑う慧輝。突然の豪雨で雨宿りをする二人はふとしたきっかけで口論となり、すれ違いの日々がはじまってしまう。 業を煮やした慧輝が真緒を問い詰めた末、彼女から聞かされた意外な真実は、新たなる恋の幕開けとなるのか……!?