「会社は学校じゃねぇんだよ 動画」の検索結果

今すぐ視聴する

#1:ギャル男社長の逆襲
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #1:ギャル男社長の逆襲 学生時代から起業していた渋谷のギャル男・藤村鉄平は、ベンチャー企業社長・沢辺の書籍に感銘を受け、彼が経営するビットバレーエージェントへの入社を決める。入社後、先輩の山野の理不尽な要求に耐えられなくなった鉄平は、沢辺に直談判するのだが……。沢辺の本当の顔を見た鉄平は、ある決意をする。
#2:3000万の出資者を探せ!
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #2:3000万の出資者を探せ! ともに会社を辞めた火高と起業の準備をする鉄平。そこにインターンを辞めてきた翔太も加わる。インフルエンサー事業を成功させるには3,000万円の資金が必要になり、金木社長からの投資を取り付ける。だが後日、出資が決裂し、最後の望みをかけ、鉄平たちは有名投資家が集まるシャンパンバーに向かう。
#3:衝撃!サロンde全裸
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #3:衝撃!サロンde全裸 超有名投資家の森永泰三から出資を勝ち取った鉄平。社名を『サイファー・クリエイション』に決め、オフィスも構えた。事業の要となるインフルエンサーを集めるため、学生時代ともに『渋通』を起業した仲間・竜彦に協力を求める。
#4:起死回生の盗撮大作戦!
会社は学校じゃねぇんだよ #4:起死回生の盗撮大作戦! 大手お菓子メーカーのコンペに参加することになったが、競合にはビットバレー山野のチームも。プレゼンに勝つためには、インフルエンサーの確保が重要になる。ビットバレーは300人以上のモデルを囲い込む。対して華子が集めたのは32人と、その差は歴然。果たして鉄平はプレゼンで勝つことができるのだろうか。
#5:社内激震!社長の非情なる決断
会社は学校じゃねぇんだよ #5:社内激震!社長の非情なる決断 2年後。鉄平の会社・サイファークリエイションは大きく成長していた。インフルエンサー事業は業界で独走状態、新たに作った代理店事業も好調で、売上もかなり伸ばした。上場、そして21世紀を代表する会社を作ることを目指す鉄平は新規事業を立ち上げるべく、社内で毎日事業プランコンテストを開催する。
#6:私の生きている意味
会社は学校じゃねぇんだよ #6:私の生きている意味 ビットラブの開発資金として、インフルエンサー事業をビットバレーに売却すると伝えた鉄平。堀田が作ったビットラブのデモ版ができあがり、その映像を見た鉄平は自分たちが時代を変えることができると確信する。新規事業のためにインフルエンサー事業を売却すべきかどうか、鉄平は多数決で決めると一同に告げる。
#7:忍び寄る崩壊の足音…
会社は学校じゃねぇんだよ #7:忍び寄る崩壊の足音… 華子亡きインフルエンサー事業は柱を失い、メンバーは途方に暮れていた。ビットバレーからは代わりに創業メンバーの一人を立てろと条件をつきつけられ、鉄平はある人物に白羽の矢を立てる。そんな時、華子と共に暮らしていた妹・雪子が、事故直前に華子が残したメッセージを届けに現れる。そこに書かれていた内容とは…。
#8:一発逆転!50億円の秘策!!
会社は学校じゃねぇんだよ #8:一発逆転!50億円の秘策!! ビットラブは順調。鉄平もカリス若手経営者としてもてはやされる。そんな中、特許侵害を主張する男が現れ、特許買取金額として50億を要求。サイファーにそんな資金はなく、このままではビットラブはサービス停止、サイファーも倒産してしまう。ビットラブ、サイファークリエーションの運命は?

おすすめの作品

スマートフォン決済サービス「7Pay」で不正利用
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 スマートフォン決済サービス「7Pay」で不正利用  1日から始まったスマートフォン決済サービス「7Pay」で、不正利用があったことが分かりました。  セブン&アイ・ホールディングスによりますと、7Payの一部の利用者から「身に覚えのない買い物をしたという画面が表示される」などの連絡があり、不正利用が発覚したということです。被害者数など詳細は現在、調査中で、運営会社はパスワードなどを第三者に分かりやすいものにしないよう注意喚起しています。1日にスタートした7payを巡ってはアクセスが殺到し、会員登録ができないトラブルも発生していました。
インスタ映えで話題の美しい湖…実は廃棄物の捨て場
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 インスタ映えで話題の美しい湖…実は廃棄物の捨て場  インスタ映えで話題の場所が、実は廃棄物の捨て場所でした。  ロシア・シベリアにある真っ青に輝く美しい水辺。シベリアのモルディブと呼ばれ、たくさんの人が写真を撮りに訪れます。しかし、実はこの場所、近くにある発電所の廃棄物が捨てられていて、この鮮やかな青色も発電所から流されて沈殿した物質が反射しているのです。発電所を運営する会社は水質検査の結果、有毒ではないと主張していますが、アレルギー反応を引き起こす可能性があるため、訪れた人には泳がないように注意を呼び掛けています。
退職した会社のIDなど使用し不正アクセスか 男逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 退職した会社のIDなど使用し不正アクセスか 男逮捕  以前、勤めていた不動産会社のIDやパスワードを使って不動産の登記情報を不正に引き出したとして元社員の男が逮捕されました。  森下光朗容疑者(44)は去年10月、埼玉県の自宅で以前、勤めていた不動産会社のIDやパスワードを使って不動産の登記情報などを提供するサービスに6回にわたって不正にアクセスをした疑いが持たれています。警視庁によりますと、森下容疑者が得た情報は23件約8000円分でした。森下容疑者は社内トラブルが原因でこの会社を退職していて、不正に得た情報は自分が経営する別の不動産会社で使っていたとみられています。取り調べに対して「退職の時に会社の経営者から業務継続の要請があった」などと容疑を否認しています。
第15話 99個の理由より大きな1個
内省的なボス 第15話 99個の理由より大きな1個 ロウンの父はロウンに対し、このまま会社に勤め続けるのかと聞くが、姉が導いてくれた会社であるし、自分の価値を認めてくれる人に出会ったのだから、会社を辞める気はないと答える。一方ウ記者はファンギに会い、ジヘが思いを寄せていたのはファンギであったと告げるのだが...。
スキャンダル記事をネタに会社役員から現金恐喝か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 スキャンダル記事をネタに会社役員から現金恐喝か  インターネット上にスキャンダル記事が掲載された不動産会社の役員から現金500万円を脅し取ったとして、男2人が逮捕されました。  コンサルタント会社の代表社員・小林英雄容疑者(54)と会社員・堀川嘉照容疑者(52)は去年10月から11月にかけ、不動産会社の役員の男性(50代)から現金500万円を脅し取ったなどの疑いが持たれています。警視庁によりますと、小林容疑者らはインターネット上に女性スキャンダルの記事を掲載された役員の男性に対して「反社会的勢力を使って記事をもみ消した」などと言って脅したということです。2人は「脅してはいません」などと話し、いずれも容疑を否認しています。
ネットの女性スキャンダル記事巡り 1000万円恐喝か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ネットの女性スキャンダル記事巡り 1000万円恐喝か  インターネット上にスキャンダル記事が掲載された不動産会社の役員の男性から現金1000万円を脅し取ったとして、男2人が逮捕されました。  映像制作会社の会社役員・山田浩貴容疑者(48)と自称・会社役員の松浦正親容疑者(46)は去年10月、不動産会社の役員の男性(50代)から現金1000万円を脅し取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、山田容疑者らはインターネット上に掲載された役員の男性の女性スキャンダル記事を巡り、「あなたのネタをいくつも持っている」などと言って脅したということです。この記事を巡って今月、別の男2人も逮捕されていて、警視庁は関係を調べています。山田容疑者と松浦容疑者はいずれも容疑を否認しているということです。
大阪・高槻市 爆発火災 通販会社などを家宅捜索
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大阪・高槻市 爆発火災 通販会社などを家宅捜索  大阪府高槻市で2人が死亡した爆発火災で、警察は9日に関係先の通販会社などを家宅捜索しました。  6日夜、高槻市の産業廃棄物収集会社「今村産業」の倉庫で約3000本のスプレー缶のガス抜き作業中に爆発が起きました。通販会社「MonotaRO」の社員・山西潤さん(36)ら2人が死亡し、2人が意識不明の重体です。スプレー缶は山西さんが倉庫に持ち込んだとみられ、周辺では爆風によって建物の窓ガラスが割れるなどの被害が出ています。警察は9日に兵庫県尼崎市のMonotaROの本社などを捜索し、パソコンなどを押収しました。
第1話 オペラ座の怪人
内省的なボス 第1話 オペラ座の怪人 広告会社のブレイン広告の秘書が社屋屋上から飛び降り自殺をした。それから3年後、ブレイン広告はオペラの宣伝プロジェクトのコンペに臨んでいたのだが、カン・ウイル代表らが準備した内容はライバル会社のものと同じであることが直前に発覚しピンチを迎えるのだが...。
女性に性風俗店紹介か スカウト会社トップら逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 女性に性風俗店紹介か スカウト会社トップら逮捕  繁華街で声を掛けて女性を性風俗店に紹介したとして、スカウトグループのトップらが逮捕されました。  スカウト会社などを統括する「フューチャーグループ」の自称・会長の加藤岳志容疑者(39)とスカウト会社社長の坂口英樹容疑者(40)ら3人は去年9月、京都市の繁華街で声を掛けた当時22歳の女子大学生と24歳の女性を性風俗店に紹介した疑いが持たれています。警察によりますと、坂口容疑者の会社では2年間で延べ4700人の女性を紹介して年間約5億円を得ていたとみられます。警察の調べに対し、加藤容疑者は「自分は関係ない」と話しているということです。
第10話 たまには童心に返るのもよいじゃろ?
世話やきキツネの仙狐さん 第10話 たまには童心に返るのもよいじゃろ? しんと静まり返った早朝、カーテンを開けるとそこには一面に広がる雪景色が!こんな大雪では会社に行けるわけがない!と止める仙狐さんを尻目に、いつもどおり出勤しようとする中野くん。行く行かせないの押し問答のさなか、やっと会社からお休みの連絡が届きます。するとさっきまで出かけるのを止めていた仙狐さんが中野くんの手を引き、外に連れ出すのでした。「せっかくじゃし、雪遊びでもするかの!」