「会社は学校じゃねぇんだよ 山野」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

第96話 社長幼稚園
無料
笑ゥせぇるすまん(89~93年)【デジタルリマスター版】 第96話 社長幼稚園 喪黒は毎日忙しい社長の尾山野(64)に、社長だけが入園できる幼稚園を紹介する。そこで童心に返って遊ぶ尾山野は、ヤスマサという子にいじめられる。後日ある会社の社長が尾山野のもとに陳情にやってくるが、それはヤスマサだった。
#24:見城徹が西山知義と近藤太香巳と山野幹夫と相川佳之とトーク
徹の部屋 #24:見城徹が西山知義と近藤太香巳と山野幹夫と相川佳之とトーク 出版業界の革命児・見城徹がホストを務める、2時間生放送のトーク番組! 毎回、見城徹が「今、一番会いたい」ゲストを招き、内臓と内臓をこすり合わせる様な熱狂トークを披露する。 若手タレントから超大物ゲストまで、見城徹の幅広い人脈だからこそ呼べる、珠玉のゲストたちが登場します。 テレビでは中々話すことが出来ないゲストたちの本音にも迫りながら、 AbemaTVだから出来る、そして生放送だから出来るギリギリなトーク内容も展開! 加減の利かない魂100%のコメントで、ズバッスバッと切り込んでいきます。 さらには視聴者たちからも、リアルタイムで質問を大募集! 視聴者との間で、ド直球で偽りのないやり取りを展開します。 そんなトークを彩るのは、見城徹ならではの上質で大人な空間。 更に、今回は特別に西山知義、近藤太香巳、山野幹夫、相川佳之の4人をゲストに迎え、シャトースタジオにある株式会社サイバーエージェント代表取締役社長 藤田晋の部屋からお届け! 業界怖いもの無しの見城徹が、とにかく話しまくるスリリングなトークショー!
第2話 鮮烈デビュー!
メジャー 第6シリーズ 第2話 鮮烈デビュー! いよいよメジャーが開幕! 吾郎はホーネッツの開幕第3戦の先発として初登板を果たす。 ついにメジャーのマウンドに立った感慨とともに、さらに頂点を目指す決意をする吾郎は序盤から落ち着いた態度で快調なピッチング。 やがて「メジャー初先発でノーヒットノーラン」という史上初の記録を意識し始めるが…。
第3話 逃げ場なきピンチ
メジャー 第6シリーズ 第3話 逃げ場なきピンチ メジャーデビュー戦、ノーヒットのまま7回途中で自らマウンドを降りた吾郎。だが大河は「あの先輩が?」と釈然としない。 2回目の先発の日、試合前のピッチング練習での吾郎はいつもどおりの様子。だが、それを見ていたワッツは「もしかしたら吾郎は『イップス』になっているのでは?」という疑いを抱くのだった。
第5話 治療の成果
メジャー 第6シリーズ 第5話 治療の成果 オリバーの家で目覚めた吾郎が見せられたDVDには、自分が試合でノックアウトされた場面ばかりが映っていた。 「イップスは、まずそれを認めて向き合うことから始めない限り、治らない」と諭すオリバー。 吾郎はオリバーのもと、イップスを克服するための治療を始めるが、原因がどうもはっきりしないのだった…。
第6話 プロの資質
メジャー 第6シリーズ 第6話 プロの資質 シルヴァに打たれたものの、自分自身を落ち着かせて後続を断った吾郎。だがカーター監督に「交代していい」と言われると、素直にマウンドを降りる。打たれた悔しさも抑えた喜びも感じられない自分に驚く吾郎。 そんな中、アリスからメジャー再昇格が決まったと告げられ、吾郎はひとりオリバーの元へと向かう…。
第7話 ルーキーの苦悩
メジャー 第6シリーズ 第7話 ルーキーの苦悩 以前のように野球に対する情熱を持てないままマウンドに上がる吾郎。 そんな吾郎に『プロになった以上、お前の投げるボールはお前ひとりのものではない』と告げる茂野。 一方、スランプに陥り思うようなバッティングができなくなったギブソンJr.は、アドバイスを求め、意を決して父の元を訪ねるのだった。
第8話 電撃復帰
メジャー 第6シリーズ 第8話 電撃復帰 ギブソンのメジャー復帰会見に衝撃をうける吾郎。 自分やジュニアのために無理しているのなら止めて欲しいと思う吾郎に、ギブソンは「お前らは何も分かっちゃいない!」と言い放つ! だが、復帰後最初の試合で吾郎と投げ合うことになったギブソンは球威も制球力も無く、ホーネッツ打線の連打を浴びてしまうのだった。
#3:衝撃!サロンde全裸
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #3:衝撃!サロンde全裸 超有名投資家の森永泰三から出資を勝ち取った鉄平。社名を『サイファー・クリエイション』に決め、オフィスも構えた。事業の要となるインフルエンサーを集めるため、学生時代ともに『渋通』を起業した仲間・竜彦に協力を求める。
#5:社内激震!社長の非情なる決断
会社は学校じゃねぇんだよ #5:社内激震!社長の非情なる決断 2年後。鉄平の会社・サイファークリエイションは大きく成長していた。インフルエンサー事業は業界で独走状態、新たに作った代理店事業も好調で、売上もかなり伸ばした。上場、そして21世紀を代表する会社を作ることを目指す鉄平は新規事業を立ち上げるべく、社内で毎日事業プランコンテストを開催する。