「会社は学校じゃねぇんだ」の検索結果

今すぐ視聴する

#1:ギャル男社長の逆襲
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #1:ギャル男社長の逆襲 学生時代から起業していた渋谷のギャル男・藤村鉄平は、ベンチャー企業社長・沢辺の書籍に感銘を受け、彼が経営するビットバレーエージェントへの入社を決める。入社後、先輩の山野の理不尽な要求に耐えられなくなった鉄平は、沢辺に直談判するのだが......。沢辺の本当の顔を見た鉄平は、ある決意をする。
#2:3000万の出資者を探せ!
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #2:3000万の出資者を探せ! ともに会社を辞めた火高と起業の準備をする鉄平。そこにインターンを辞めてきた翔太も加わる。インフルエンサー事業を成功させるには3,000万円の資金が必要になり、金木社長からの投資を取り付ける。だが後日、出資が決裂し、最後の望みをかけ、鉄平たちは有名投資家が集まるシャンパンバーに向かう。
#3:衝撃!サロンde全裸
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #3:衝撃!サロンde全裸 超有名投資家の森永泰三から出資を勝ち取った鉄平。社名を『サイファー・クリエイション』に決め、オフィスも構えた。事業の要となるインフルエンサーを集めるため、学生時代ともに『渋通』を起業した仲間・竜彦に協力を求める。
#4:起死回生の盗撮大作戦!
会社は学校じゃねぇんだよ #4:起死回生の盗撮大作戦! 大手お菓子メーカーのコンペに参加することになったが、競合にはビットバレー山野のチームも。プレゼンに勝つためには、インフルエンサーの確保が重要になる。ビットバレーは300人以上のモデルを囲い込む。対して華子が集めたのは32人と、その差は歴然。果たして鉄平はプレゼンで勝つことができるのだろうか。
#5:社内激震!社長の非情なる決断
会社は学校じゃねぇんだよ #5:社内激震!社長の非情なる決断 2年後。鉄平の会社・サイファークリエイションは大きく成長していた。インフルエンサー事業は業界で独走状態、新たに作った代理店事業も好調で、売上もかなり伸ばした。上場、そして21世紀を代表する会社を作ることを目指す鉄平は新規事業を立ち上げるべく、社内で毎日事業プランコンテストを開催する。
#6:私の生きている意味
会社は学校じゃねぇんだよ #6:私の生きている意味 ビットラブの開発資金として、インフルエンサー事業をビットバレーに売却すると伝えた鉄平。堀田が作ったビットラブのデモ版ができあがり、その映像を見た鉄平は自分たちが時代を変えることができると確信する。新規事業のためにインフルエンサー事業を売却すべきかどうか、鉄平は多数決で決めると一同に告げる。
#7:忍び寄る崩壊の足音…
会社は学校じゃねぇんだよ #7:忍び寄る崩壊の足音… 華子亡きインフルエンサー事業は柱を失い、メンバーは途方に暮れていた。ビットバレーからは代わりに創業メンバーの一人を立てろと条件をつきつけられ、鉄平はある人物に白羽の矢を立てる。そんな時、華子と共に暮らしていた妹・雪子が、事故直前に華子が残したメッセージを届けに現れる。そこに書かれていた内容とは...。
#8:一発逆転!50億円の秘策!!
会社は学校じゃねぇんだよ #8:一発逆転!50億円の秘策!! ビットラブは順調。鉄平もカリス若手経営者としてもてはやされる。そんな中、特許侵害を主張する男が現れ、特許買取金額として50億を要求。サイファーにそんな資金はなく、このままではビットラブはサービス停止、サイファーも倒産してしまう。ビットラブ、サイファークリエーションの運命は?

おすすめの作品

“ピエール瀧作品” 音楽聞く自由を求め署名6万超
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “ピエール瀧作品” 音楽聞く自由を求め署名6万超  ピエール瀧被告が出演した作品の配信停止について撤回を求めました。  コカインを使用したとして起訴されたピエール瀧被告が所属する電気グルーヴの作品について、契約するレコード会社は音源や映像の配信などを停止しています。首都大学東京の宮台真司教授ら有志はこうした措置の撤回を求め、6万以上の署名を集めてレコード会社に提出しました。会見で宮台教授らは「リスナーが音楽を聞く自由を回復してほしい」「こうした自粛の動きは被告の更生の道を閉ざしてしまうことにもなる」などと訴えました。
“ブラックホール画像”販売 中国で批判相次ぎ閉鎖
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 “ブラックホール画像”販売 中国で批判相次ぎ閉鎖  世界初のブラックホールの画像で著作権騒動が起きています。  国際研究チームが世界で初めて撮影した巨大ブラックホールの画像。一方、中国の画像ライセンス会社が著作権を主張してインターネット上で有料販売していた画像。発表されたものを自らのサイトで勝手に販売するやり方に対して批判が相次ぎ、販売が撤回される騒動になりました。さらに、この会社は中国の国旗などの画像も販売していたことが発覚し、サイトは閉鎖に追い込まれました。騒動を受け、当局も調査に乗り出すと発表しています。
ゴーン容疑者息子の投資会社「Shogun」を直撃
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン容疑者息子の投資会社「Shogun」を直撃  カルロス・ゴーン容疑者(65)から数億円の資金が流れていたとされる、ゴーン容疑者の息子が代表を務めるアメリカの会社をANNが直撃しました。  ゴーン容疑者の息子が立ち上げたとみられる投資関連会社「Shogun」はアメリカ西海岸のサンフランシスコ中心部にあります。会社の看板は出ていますが、扉は閉ざされ中は人気がありませんでした。関係者への取材によりますと、この会社にはゴーン容疑者が日産の機密費をオマーンの会社に不正に支出した資金の一部、数億円が送金されていたとみられるということです。
“オマーンルート” 送金はメールで細かく指示
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “オマーンルート” 送金はメールで細かく指示  カルロス・ゴーン容疑者(65)が特別背任の疑いで逮捕された事件で、ゴーン容疑者が実質的に保有する会社の管理者に金の受け取りなどについてメールで細かく指示していたことが分かりました。  ゴーン容疑者は、日産自動車の機密費を中東のオマーンの会社に不正に支出し、自身が実質的に保有する会社の口座に送金させて日産に損害を与えた疑いが持たれています。その後の関係者への取材で、ゴーン容疑者が会社の管理者に金の受け取りなどについてメールで細かく指示していたことが分かりました。この会社の登記にはゴーン容疑者の名前はありませんが、東京地検特捜部は会社を事実上、管理していた証拠とみて調べているとみられます。また、特捜部は東京地裁に対してゴーン容疑者の妻に対する証人尋問をするよう請求しましたが、妻はすでに出国しています。一方、外国特派員協会によりますと、9日午後に弘中弁護士が会見し、ゴーン容疑者の逮捕前に収録したインタビューを公開するということです。
ゴーン容疑者の息子を直撃「疑惑とは関係ない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン容疑者の息子を直撃「疑惑とは関係ない」  特別背任の疑いで再逮捕された日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の息子・アンソニー氏がANNの取材に応え、日産の資金の一部が自身の会社に流れたとされる疑惑について否定しました。  ゴーン容疑者の息子・アンソニー氏:「この会社は疑惑とは関係ない会社です。今、私からはコメントはありません」  ゴーン容疑者の息子・アンソニー氏が経営する投資会社「ショウグン」を巡っては、ゴーン容疑者が実質的に保有する投資会社を通じて、ゴーン容疑者の指示により日産側の資金が一部流れた疑惑が出ています。アンソニー氏はANNの取材に対し、この疑惑について否定しました。また、アメリカの捜査当局からの取り調べは受けていないということです。
ゴーン容疑者妻にも聴取検討 日産機密費を送金か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン容疑者妻にも聴取検討 日産機密費を送金か  カルロス・ゴーン容疑者(65)がオマーンの会社に支出した日産の機密費を流用し、損害を与えたとして逮捕された事件で、東京地検特捜部はゴーン容疑者の妻への聴取を検討していることが分かりました。  ゴーン容疑者は4年前から去年までに機密費を日産の子会社を通じて中東のオマーンの会社に不正に支出し、約5億6300万円を自身が実質的に保有する会社の口座に送金させて日産に損害を与えた疑いが持たれています。その後の関係者への取材で、このうちの数億円がゴーン容疑者の妻が代表を務める会社に送金されていることなどから、特捜部は妻への聴取を検討していることが分かりました。特捜部は妻の携帯電話なども押収していて、ゴーン容疑者を巡る資金の流れを詳しく調べているとみられます。
「我々は手がつけられない」 日産の機密費送金先
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「我々は手がつけられない」 日産の機密費送金先  カルロス・ゴーン容疑者(65)が特別背任の疑いで逮捕された事件で、日産の機密費が送金された中東オマーンの会社の幹部が「我々は手が付けられない金だ」と話していたことが分かりました。  ゴーン容疑者は日産の機密費を中東オマーンの会社に不正に支出するなどして、日産に損害を与えた疑いが持たれています。その後の関係者への取材で、この会社の幹部が日産から送金された金について「我々は手が付けられないものだ」と周囲に話していたことが分かりました。さらに、金の一部はゴーン容疑者が実質的に保有する会社の口座を通じて、キャロル夫人が代表を務める会社などに送金されていました。東京地検特捜部は夫人を証人として尋問するよう東京地裁に求めていて、夫人は11日に裁判所で尋問に応じる予定です。
“卵の王様”約7億円申告漏れ 国税当局が指摘
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “卵の王様”約7億円申告漏れ 国税当局が指摘  「卵の王様」と呼ばれる鶏卵の販売会社の会長が国税当局から約7億円の申告漏れを指摘されていたことが分かりました。  関係者によりますと、鶏卵業大手「イセ食品」の伊勢彦信会長(89)は、国税当局から約7億円の所得の申告漏れを指摘されたということです。追徴税額は過少申告加算税を含めて約3億円とみられます。関東信越国税局と金沢国税局は、イセ食品の関連会社がニューヨークのビルを2014年に売却した際に伊勢会長が受け取った約19億円のうち約7億円を申告しなかったと判断したとみられます。ANNは会社を通じて伊勢会長に取材を申し込みましたが、回答を得られず、会社は「調査中でコメントできない」と説明しています。
ゴーン容疑者の息子を直撃「還流疑惑とは関係ない」
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン容疑者の息子を直撃「還流疑惑とは関係ない」  日産自動車の前会長、カルロス・ゴーン容疑者の息子・アンソニー氏がアメリカで取材に答え、日産の資金の一部が自身の会社に流れたとされる疑惑について否定しました。  ゴーン容疑者の息子・アンソニー氏:「(Q.アメリカで検察の捜査を受けているのか?)いいえ。この会社は疑惑とは無関係です。今、私からはコメントはありません」  ゴーン容疑者の息子のアンソニー氏を巡っては、自身が経営するアメリカの投資会社にゴーン容疑者の指示で日産の資金の一部が流れた疑惑が浮上しています。ANNの取材に対して、アンソニー氏は「疑惑とは無関係だ」と否定しました。東京地検特捜部はこの投資会社に資金が流れた疑いがあるとみて、アンソニー氏の聴取を検討しているということです。
横領1億円でブランド品 元会社役員の女に実刑判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 横領1億円でブランド品 元会社役員の女に実刑判決  横領した金でブランド品を買いあさったとされる女に実刑判決です。  判決によりますと、元会社役員の北村緑被告(56)は2014年からの4年間に当時、勤めていた兵庫県三木市の建築会社から1億円余りを横領しました。これまでの裁判で検察側は、横領した金を自宅のリフォームや高級ブランド品の購入につぎ込んでいたとして懲役6年を求刑していました。8日の判決で、神戸地裁は「信頼を悪用し、繰り返した犯行は著しく身勝手。被害の大きさを鑑みると執行猶予にはできない」として、懲役4年6カ月の実刑判決を言い渡しました。