「会社は学校じゃねえんだよ動画」の検索結果

今すぐ視聴する

#3:衝撃!サロンde全裸
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #3:衝撃!サロンde全裸 超有名投資家の森永泰三から出資を勝ち取った鉄平。社名を『サイファー・クリエイション』に決め、オフィスも構えた。事業の要となるインフルエンサーを集めるため、学生時代ともに『渋通』を起業した仲間・竜彦に協力を求める。
#6:私の生きている意味
会社は学校じゃねぇんだよ #6:私の生きている意味 ビットラブの開発資金として、インフルエンサー事業をビットバレーに売却すると伝えた鉄平。堀田が作ったビットラブのデモ版ができあがり、その映像を見た鉄平は自分たちが時代を変えることができると確信する。新規事業のためにインフルエンサー事業を売却すべきかどうか、鉄平は多数決で決めると一同に告げる。
#1:ギャル男社長の逆襲
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #1:ギャル男社長の逆襲 学生時代から起業していた渋谷のギャル男・藤村鉄平は、ベンチャー企業社長・沢辺の書籍に感銘を受け、彼が経営するビットバレーエージェントへの入社を決める。入社後、先輩の山野の理不尽な要求に耐えられなくなった鉄平は、沢辺に直談判するのだが……。沢辺の本当の顔を見た鉄平は、ある決意をする。
#4:起死回生の盗撮大作戦!
会社は学校じゃねぇんだよ #4:起死回生の盗撮大作戦! 大手お菓子メーカーのコンペに参加することになったが、競合にはビットバレー山野のチームも。プレゼンに勝つためには、インフルエンサーの確保が重要になる。ビットバレーは300人以上のモデルを囲い込む。対して華子が集めたのは32人と、その差は歴然。果たして鉄平はプレゼンで勝つことができるのだろうか。
#5:社内激震!社長の非情なる決断
会社は学校じゃねぇんだよ #5:社内激震!社長の非情なる決断 2年後。鉄平の会社・サイファークリエイションは大きく成長していた。インフルエンサー事業は業界で独走状態、新たに作った代理店事業も好調で、売上もかなり伸ばした。上場、そして21世紀を代表する会社を作ることを目指す鉄平は新規事業を立ち上げるべく、社内で毎日事業プランコンテストを開催する。
#7:忍び寄る崩壊の足音…
会社は学校じゃねぇんだよ #7:忍び寄る崩壊の足音… 華子亡きインフルエンサー事業は柱を失い、メンバーは途方に暮れていた。ビットバレーからは代わりに創業メンバーの一人を立てろと条件をつきつけられ、鉄平はある人物に白羽の矢を立てる。そんな時、華子と共に暮らしていた妹・雪子が、事故直前に華子が残したメッセージを届けに現れる。そこに書かれていた内容とは…。
#8:一発逆転!50億円の秘策!!
会社は学校じゃねぇんだよ #8:一発逆転!50億円の秘策!! ビットラブは順調。鉄平もカリス若手経営者としてもてはやされる。そんな中、特許侵害を主張する男が現れ、特許買取金額として50億を要求。サイファーにそんな資金はなく、このままではビットラブはサービス停止、サイファーも倒産してしまう。ビットラブ、サイファークリエーションの運命は?
#2:3000万の出資者を探せ!
無料
会社は学校じゃねぇんだよ #2:3000万の出資者を探せ! ともに会社を辞めた火高と起業の準備をする鉄平。そこにインターンを辞めてきた翔太も加わる。インフルエンサー事業を成功させるには3,000万円の資金が必要になり、金木社長からの投資を取り付ける。だが後日、出資が決裂し、最後の望みをかけ、鉄平たちは有名投資家が集まるシャンパンバーに向かう。

おすすめの作品

乗客など輸送する自動運転バスの実証実験 全日空
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 乗客など輸送する自動運転バスの実証実験 全日空  全日空は東京オリンピックの期間中までに羽田空港の制限区域で乗客や従業員の輸送を目指すとする自動運転バスの実証実験を始めました。  57人乗りの電気バスは運転手がハンドルから手を離した状態で羽田空港第2ターミナルの制限区域約2キロを走行しました。これはドライバーに代わってシステムが運転を担う自動運転の「レベル3」の実証実験で、31日まで実用化に向けた検証が行われるということです。訪日観光客が増えるなか、今後の人手不足に対応するため、航空会社はサービスの自動化を進めていて、全日空はこの夏の東京オリンピック・パラリンピック期間までに自動運転バスの試験運用を目指すとしています。
第2話 崩れていく幸せ
無料
華麗なる遺産 第2話 崩れていく幸せ 死んだのはピョンジュンではなく強盗だった。しかし、奪った財布や腕時計を身につけていたためピョンジュンと誤認され、ウンソンたちはピョンジュンの葬儀を出す。遠くからそれを見つめ、結局自分を死んだことにしてしまうピョンジュン。 一方、ピョンジュンの会社は倒産。ウンソンたちは一文無しになり、継母のソンヒからもこれ以上一緒には暮らせないと言われる。自閉症の弟を連れ知り合いに身を寄せるが、慣れない環境に弟が騒ぎ出し、再び行くあてを失い...
架空取引で13億円だまし取ったか 会社経営者ら逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 架空取引で13億円だまし取ったか 会社経営者ら逮捕  中国から化学原料の「炭化ケイ素」を輸入して販売すると嘘の話を持ち掛けて昭和電工の孫会社から13億円をだまし取ったとして、京都市の会社経営者の男ら2人が逮捕されました。  和田清容疑者(69)ら2人は2016年11月から2017年1月にかけて、自身が経営する会社が中国から化学原料の炭化ケイ素を輸入して販売すると偽り、昭和電工の孫会社から合わせて13億円をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、和田容疑者らは自身が経営する別の会社が買い取ると嘘の話を持ち掛けて、実際には輸入していない化学原料の代金を得ていたということです。和田容疑者は「取引が架空であったことは被害者も知っていたので、詐欺ではない」と容疑を否認しています。
第15話 99個の理由より大きな1個
内省的なボス 第15話 99個の理由より大きな1個 ロウンの父はロウンに対し、このまま会社に勤め続けるのかと聞くが、姉が導いてくれた会社であるし、自分の価値を認めてくれる人に出会ったのだから、会社を辞める気はないと答える。一方ウ記者はファンギに会い、ジヘが思いを寄せていたのはファンギであったと告げるのだが...。
第10話 たまには童心に返るのもよいじゃろ?
世話やきキツネの仙狐さん 第10話 たまには童心に返るのもよいじゃろ? しんと静まり返った早朝、カーテンを開けるとそこには一面に広がる雪景色が!こんな大雪では会社に行けるわけがない!と止める仙狐さんを尻目に、いつもどおり出勤しようとする中野くん。行く行かせないの押し問答のさなか、やっと会社からお休みの連絡が届きます。するとさっきまで出かけるのを止めていた仙狐さんが中野くんの手を引き、外に連れ出すのでした。「せっかくじゃし、雪遊びでもするかの!」
社員大喜び“どこでも社食”9000店舗が社員食堂!?
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 社員大喜び“どこでも社食”9000店舗が社員食堂!?  今、福利厚生の画期的なサービスが注目されています。その名も「どこでも社食」。一体、どんなサービスなんでしょうか。  東京・六本木にあるレストラン。都内のIT企業で働く増田龍ノ介さん(31)と仲村光季さん(31)は、会社の福利厚生サービスのおかげで今回、実質無料でランチが食べられるといいます。  そのサービスというのが、提携した飲食店約9000店舗を社員食堂として利用できるというもの。その名も、どこでも社食。増田さんたちの会社では社員一人ひとりにランチ代、月2万円を設定。提携の飲食店であればどのお店でも月2万円まで食事ができます。また、社員は専用のアプリを使って飲食店に設置されたQRコードを読み取るだけで、支払いはどこでも社食の運営会社が代行し、月末などに企業に請求する仕組みになっています。  ある会社のアンケート調査によりますと、「会社の福利厚生として良いと思うものは何ですか?」という質問に対し、3人に1人が「食事補助」と答えています。
第1話 オペラ座の怪人
無料
内省的なボス 第1話 オペラ座の怪人 広告会社のブレイン広告の秘書が社屋屋上から飛び降り自殺をした。それから3年後、ブレイン広告はオペラの宣伝プロジェクトのコンペに臨んでいたのだが、カン・ウイル代表らが準備した内容はライバル会社のものと同じであることが直前に発覚しピンチを迎えるのだが...。
不正アクセスで勤務先からビットコイン詐取の疑い
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 不正アクセスで勤務先からビットコイン詐取の疑い  他人のIDを使って仮想通貨取引所に不正にアクセスし、ビットコイン約7800万円分をだまし取ったとして仮想通貨運用会社の元幹部の男ら2人が逮捕されました。  「VIPSTAR」元幹部・鬼塚勇人容疑者(25)と無職・笹木拓磨容疑者(28)はおととし、仮想通貨取引所に12回にわたって不正にアクセスし、会社が所有するビットコイン約7800万円分をだまし取った疑いが持たれています。警視庁によりますと、鬼塚容疑者は当時、会社の技術責任者でIDやパスワードを知り得る立場にあり、インターネット上で知り合った笹木容疑者に指示をして不正にアクセスさせました。鬼塚容疑者は「社長の経営方針が気に食わなかった」「会社を潰そうと考えた」と容疑を認めています。
#28:住宅用消火器とベジまんをコンサル!
株式会社ニシノコンサル #28:住宅用消火器とベジまんをコンサル! ・モリタ宮田工業株式会社 北里さん・清水さん 相談内容:住宅用消火器を買ってもらいたい! ・ラッキーバンズ株式会社 松原さん 相談内容:ベジまんをもっと世に広めたい! ・ニシノコンサルNEWS ミズノとVANQUISHのコラボは実現したのか?など過去のクライアントの気になるその後をお届けします。
盗難車の事故…盗まれた側に賠償責任? 最高裁判決
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 盗難車の事故…盗まれた側に賠償責任? 最高裁判決  盗難車が起こした事故、盗まれた側に賠償責任は生じるのでしょうか。二審で盗まれた側に約790万円の賠償が命じられた裁判。21日に最高裁判所で判決が下されました。  交通事故の賠償を争う民事訴訟で21日、注目の最高裁判決が出ました。まず、事故の経緯はこうです。川崎市内にある会社が管理するワゴン車が未明に盗まれ、その約5時間後、盗んだ男が横浜市内で居眠り運転。停車中の大型トラックに追突し、他に2台のトラックを巻き込む多重事故を起こしました。ここで事故に巻き込まれた被害者側は盗まれた車の管理者に損害賠償を請求したのです。一見、盗まれた側も被害者のように感じますが、一体なぜなのでしょうか。  争点になったのが車を管理する会社の管理責任です。車のドライバーはドアを施錠せず、かつ車の鍵を運転席の上にある日よけに挟み込んだままにしていました。一審では管理上の過失があると認めた一方で、事故原因は盗難と居眠り運転だとして会社の責任を否定。しかし、二審の高裁判決でそれが一転、事故までの流れを予想できたとして、会社側に約790万円の賠償を命じていたのです。  そして、迎えた21日…。最高裁は二審の東京高裁の判決を破棄し、賠償責任を否定。会社側の逆転勝訴としました。