「会社員J」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

京都・龍安寺に落書きの疑い「創作意欲わいた…」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 京都・龍安寺に落書きの疑い「創作意欲わいた…」  京都市右京区の世界遺産「龍安寺」の山門の壁に油性ペンで落書きをしたとして、44歳の会社員の男が逮捕されました。  自称・横浜市の会社員、大西達也容疑者は24日午後3時40分ごろ、龍安寺の山門の内側にある白壁に「我青龍 感謝朱雀 待たせたな 白虎」と落書きをした疑いが持たれています。大西容疑者は調べに対して「将来は神話・SF作家になりたい」「きょうは創作意欲が湧いたので書いた」などと話し、容疑を認めているということです。
川崎トンネル通り魔殺人事件の被告に無期懲役求刑
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 川崎トンネル通り魔殺人事件の被告に無期懲役求刑  13年前、川崎市のトンネルで女性が刃物で刺されて殺害された通り魔事件の裁判で、検察は被告の男に無期懲役を求刑しました。  鈴木洋一被告(39)は2006年、川崎市宮前区のトンネルで帰宅途中だった当時27歳の女性会社員を刃物で刺して殺害した罪に問われています。鈴木被告は「殺意に基づいて刺した」と起訴内容を大筋で認めていました。今月2日の裁判で、検察側は無期懲役を求刑しました。判決は13日に言い渡されます。
「理不尽極まりない」無期求刑 トンネル通り魔殺人
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「理不尽極まりない」無期求刑 トンネル通り魔殺人  13年前の通り魔事件の被告の男に無期懲役を求刑です。  鈴木洋一被告(39)は2006年、川崎市のトンネルで帰宅途中だった当時27歳の女性会社員を刃物で刺して殺害した罪に問われています。今月2日の裁判で、検察側は「好みの女性の苦しむ表情が見たいというひと時の快楽だけを理由にした犯行は理不尽極まりない」「人の命を軽視する傾向が非常に強く、再犯の恐れも高い」と指摘し、無期懲役を求刑しました。判決は13日に言い渡されます。
第9話
無料
アフリカのサラリーマン 第9話 【無料最速】「アフリカのサラリーマン」毎週水曜日25時00分に最新話を無料最速配信!【Abemaビデオで最新話無料】
第4話 なぜ休日に仕事をせねばならんのじゃ!?
世話やきキツネの仙狐さん 第4話 なぜ休日に仕事をせねばならんのじゃ!? いつにも増してボロボロな姿で帰宅した中野くん。翌日は日曜日、ゆっくりと休むことをすすめる仙狐さんですが、なんと中野くん、日曜日も働かなければならないと言うではありませんか!いつか倒れてしまうのではと気が気でない仙狐さん、せめて気持ち良く目覚められるようにと、翌朝中野くんを起こしてあげると申し出るのですが……。
第7話 おぬし、別のキツネの匂いがするのう
世話やきキツネの仙狐さん 第7話 おぬし、別のキツネの匂いがするのう 仙狐さんとの晩御飯を終え、食器を下げようと立ち上がった中野くんに衝撃が走る!日々の運動不足と会社での慣れない肉体作業によってすっかり腰を痛めてしまった中野くん。そんな彼の体の凝りをほぐさねばと意気込む仙狐さんの、すっと足を差し出しながら放たれた一言に中野くんは我が耳を疑うのでした。「わらわが踏んでやるのじゃ!」
第11話 今夜は少し荒れそうじゃの
世話やきキツネの仙狐さん 第11話 今夜は少し荒れそうじゃの 仕事から帰った中野くんが自宅の扉を開けると、そこには割烹着姿で三つ指ついて出迎える仙狐さんの姿が! 何事かと驚く彼の目に入ったのは、暖簾に書かれた「居酒屋 仙狐」の文字でした。多種多様に取り揃えられたお酒と旬の素材を肴に堪能し、いつもより酔いが進んだ中野くんから思わず漏れる本音。そんな彼の心を、仙狐さんが優しく解きほぐします。
第12話 それでも、あやつを……
世話やきキツネの仙狐さん 第12話 それでも、あやつを…… 会社からの連絡で予定を早めに切り上げ、帰省から戻ってきた中野くん。帰ってきた彼を待っていたのは、預けた携帯電話だけを残し仙狐さんがいなくなった、空っぽの部屋でした。「良くないことが起きるかもしれない——」、という夜空の言葉が頭をよぎり、必死に仙狐さんを探す中野くんですが……。
新幹線殺傷事件の動機は「刑務所に入るのが夢」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新幹線殺傷事件の動機は「刑務所に入るのが夢」  「刑務所に入るのが子どものころからの夢だった」と話しました。  小島一朗被告(23)は去年6月、走行中の東海道新幹線の車内でなたなどで女性2人を切り付け、止めに入った男性会社員(38)を殺害したなどの罪に問われています。3日の裁判で、小島被告は弁護人に動機を問われると「刑務所に入るのが子どものころからの夢だった」「ホームレスをしていた去年3月に無差別殺人を計画した」と話しました。また、新幹線を犯行現場に選んだ理由について、「パッとひらめいて他に手段を考えなかった」と話しました。
野党追及本部が総理地元の「安倍事務所」に質問状
無料
最新の政治ニュース【随時更新】 野党追及本部が総理地元の「安倍事務所」に質問状  安倍総理大臣の地元・山口県で視察を続けている野党の追及チームは2日朝、ツアーを企画した旅行会社を訪問しました。安倍総理を追及するための材料は得られたのでしょうか。 「桜を見る会」を巡り、野党の追及本部のメンバーが調査のため安倍総理の地元・山口県下関市を訪れました。  朝に野党議員らが訪れたのは桜を見る会のツアーを企画した「旅行会社」です。手に資料を持った野党議員らは会社の中には入れてもらえず、旅行会社の玄関前で短時間でのやり取りとなりました。  野党側が旅行会社に質問した内容は、まず「2013年から2018年にかけての領収書はこちらの会社が発行したものなのか?」。2つ目が「旅費について、宿泊費などの詳しい内容」。3つ目が「安倍事務所との間で桜を見る会のツアーに合わせて旅費、宿泊費について取引をしたか?」などです。  立憲民主党・黒岩国対委員長:「今、ツアー会社さんに行ってきたんですけど、この桜を見る会に関わった人たちがおびえている状態なんですよね。安倍総理のおひざ元で職員が涙ぐんでいると、私も下関に入ってこれほどね、この街が安倍さんのプレッシャーに押し潰されそうだっていうのがよく分かりました」  さらに、「本来は安倍事務所がきちんと説明をするべきだ」と強調しています。  無所属・柚木道義議員:「旅行会社は誠実な対応で悪くなくて、本来は安倍事務所が説明をするべきですね。公選法違反、政治資金規正法違反など、ツアー会社は一切、関わっていない。実は私も、きのうもその前の日も含めて…