「佐川 会見」の検索結果

「佐川 会見」に関する情報は見つかりませんでした。
「佐川」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第19話
特命係長 只野仁(2005年1月~3月放送) 第19話 ある日、佐川の同期の取締役・浅間が突然行方不明になってしまう。現在進行中の大事なプロジェクトの責任者である彼がいないと、このままでは非常にマズい。ひょっとして何かの事件に巻き込まれたのだろうか? 黒川会長の特命を受けた只野は、手始めに浅間の行きつけだったクラブ「カリネ」のママ・咲子に接近する。彼女は失踪する前の浅間とかなり親密だったらしい。
第29話 ひかりピンチ!周二の罠!?
H2 第29話 ひかりピンチ!周二の罠!? ひかりは英雄の頼みで、彼の幼友達の佐川周二とデートさせられることに。どうして?
第5話
特命係長 只野仁(2003年7月~9月放送) 第5話 食品メーカーの新製品キャンペーンを手がけることになった電王堂。そのイベントの発注にあたり、第二企画部長の君津が業者から賄賂を受け取っているという噂が流れる。只野は君津を尾行、さびれたアパートで彼が一人の女性と抱き合う姿を目撃する。そんなある日、君津は只野と佐川課長に「オレは心の洗濯を始めたんだ」と語る。聞けば、退屈な日常から逃れるためにアパートを借りたが、ふとしたきっかけで隣室の美女と知り合い、そのまま深い仲になったという。女の名前はリョウコ。只野は彼女の身辺調査を開始する。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第1話「AV女優」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第1話「AV女優」 最近人気上昇中のセクシー女優・光田ヒマワリ(天使もえ)が、何者かに脅迫されているという。定規で引いたような直線の文字で「殺す」「引退しろ」などと書かれた物騒な脅迫文がマンションの郵便受けに頻繁に投げ込まれているらしい。彼女が所属する事務所「フォクシープロモーション」の社長・八木(金田明夫)は元電王堂の社員で、黒川会長(梅宮辰夫)も目をかけていた人物だった。警察に駆け込んでも実際に被害が出ないとなかなか動いてくれない。そこで八木は止むを得ず黒川に相談したのだ。 黒川会長の特命を受け、さっそく只野(高橋克典)は森脇(永井大)と共に調査を開始する。マンションの管理人・妙子(渡辺江里子(阿佐ヶ谷姉妹))に不審がられるもなんとか切り抜け、彼女の自宅マンションで張り込むが、なかなか犯人らしき人物は姿を現さない。その頃、事務所にかかってきた一本の電話に表情を曇らせる八木。いったい誰からの電話なのか。そんな折、撮影中の現場からヒマワリが突然、姿を消してしまう...!
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第4話「二股の女」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第4話「二股の女」 企画部の社員・上村あやか(園田みおん)が無断欠勤し、会社を一週間も休むという事態が発生した。自宅のマンションに篭っている様子もなく、連絡も一切取ることが出来ない。実は彼女は電王堂の大口クライアントであるウェーブ自動車の社長の昔の愛人の娘だった。 黒川会長(梅宮辰夫)から至急彼女を見つけ出すよう特命を受けた只野(高橋克典)が森脇(永井大)と共に彼女のマンションに向かい部屋へと入る。しかし、そこに彼女の姿はなく、男の側だけ破られて燃やされたツーショット写真が。どうやら男絡みの失踪のようだ。 調査を進めるうちに、二人の男が浮かび上がってきた。一人は同じ企画部のイケメンで仕事もバリバリ出来る島崎(武田航平)。そしてもう一人はシステム管理部のジミメンだが実家が資産家の野沢(金井勇太)。なんとあやかは異なるタイプの男二人に二股をかけていたらしいのだ。しかし、只野が二人それぞれに詳しい話を聞くと、島崎と野沢もあやかとは別の女性と二股をかけていたことが明らかになり...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第2話「特命の女」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第2話「特命の女」 ある日、黒川会長(梅宮辰夫)に呼び出された只野(高橋克典)は、企画制作部の元木部長(大河内浩)の調査を命じられる。部下からの信頼も厚く、将来の重役候補と言われていた彼だが、なんと急に事業局長への就任を辞退してきたのだという。 森脇(永井大)の情報によれば、元木の様子がおかしくなったのは今から三週間ほど前のこと。それまでは仕事にも前向きだった彼が、その日を境に人が変わったように元気が無くなってしまったらしい。元木を尾行していた只野は、帰り道、彼の前にいきなり現れた鮫島(木下政治)らを撃退する。 元木に詳しい事情を聞くと、1ヶ月ほど前にバーでたまたま知り合った若い女性・理恵(友田彩也香)と親密な仲になったが、情事の後、ホテルから出てきたところを写真に撮られ、それ以降、鮫島から何度も金を強請られているという。さらに真由子(三浦理恵子)から、ジャパンテレビでも同じようなケースがあったと聞いた只野は、すぐさまジャパンテレビに潜入。そこで偶然見かけた黒縁メガネに冴えないルックスのナオミ(篠田麻里子)という女性のことが気になるが...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第3話「帰国偽女」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第3話「帰国偽女」 電王堂の受付嬢・真鍋和美(高橋しょう子)が本物かどうか調べて欲しい、と黒川会長(梅宮辰夫)から特命を受けた只野(高橋克典)。彼女の両親(飯田基祐・舟木幸)の話によると、2年間留学していたアメリカから帰国した娘の性格が、今までとは正反対になってしまったという。それまでの地味さから一転し、香水をつけるなど明るく快活になった娘のあまりの変わりぶりに、両親も戸惑っているらしい。もしかしたら偽物と入れ替わっているのだろうか? 大事なクライアントの社長令嬢ということもあり、只野はさっそく調査を開始する。 ある日、合コン帰りの和美を尾行した只野と森脇(永井大)は、彼女がパイロットの誘いをあっさり断り、帰り道で待ち合わせていたケン(八神蓮)という男とホテルに入るところを目撃する。と同時に、一人の黒ずくめの女が彼女を尾行していたことに気づく。一方、両親が彼女の部屋に落ちていた髪の毛をDNA鑑定に出した結果、本物の和美であることが証明された。これですべては解決したかに思えたが、只野は黒ずくめの女のことがどうしても頭に引っかかるのだった...。
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第5話「会長退陣」
特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 特命係長 只野仁 AbemaTVオリジナル2 第5話「会長退陣」 来年開催される世界未来博覧会のプロデュースを電王堂が全面的に任されることになった。黒川会長(梅宮辰夫)からも常々期待をかけられており、次期会長とも噂されている前川社長(加藤雅也)の肝いりで進められてきた、総額二千億円にも上る巨大プロジェクトだ。 しかし、そんなある日、前川の部下でプロジェクトの実行部隊のトップだった吉野(吉家章人)が水死体で発見され、同時に前川の秘書である真由美(大島優香)の社員証も発見されるという事件が発生。二人は不倫の末に心中したらしいが、吉野は真面目な性格で有名だったし、真由美も浮いた話ひとつなかったという。黒川会長は只野(高橋克典)を呼び出し、噂が一人歩きしてスキャンダルが大ごとになる前に真相を突き止めるよう、“最後の特命”を下す。 心中事件が起きた現場の近くで森脇(永井大)と聞き込みをした只野は、その日の夜、吉野たちを尾行していた二人の男の存在を突き止める。そして、博覧会のプロジェクトチームに異動させてもらい、潜入調査を開始。どうやら吉野がいなくなった後、プロジェクトをわが物顔で仕切っているのが駒田部長(山口良一)らしいのだが...。

おすすめの作品

ゴーン被告側、世界に向けた会見へ戦略と準備着々 
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告側、世界に向けた会見へ戦略と準備着々   カルロス・ゴーン被告は8日夜、逃亡先のレバノンで記者会見を行います。数時間後に迫ったゴーン被告の会見はどのような形で行われるのでしょうか。会見が予定されているレバノンの会場前から報告です。  (阿部健士記者報告)  現地は朝から激しい雨が降るなど、あいにくの天気です。会見まで4時間ほどあるにもかかわらず、記者会見場の前には日本メディアをはじめ、世界中のメディアが駆け付けています。ゴーン被告の会見を世界中のメディアが注目しているといえます。会見場で動きがあり、10分ほど前にゴーン被告の弁護士が会場内に入っていきました。これから会見に向けて、色々な打ち合わせをするものとみられます。  そして、8日の会見で取材できるのは主に海外メディアや現地メディアに限られていて、日本メディアはごく限られた数社のみが取材を許されています。そして、会見のスタイルなんですが、フランスメディアは「ゴーン被告が冒頭30分、自らの主張を英語で話し、その後、1時間半ほど質疑応答で英語とフランス語で質問に応じる」と報じています。ただ、一部の現地メディアは質疑応答に関して、「アラビア語のみで応じる」と報じるなど、会見の進め方についても、まだ情報が錯綜(さくそう)している状況です。8日の会見ですが、融和的なメディアをゴーン被告側が選別し、自らの疑惑に対してなるべく厳しい質問が及ばないように進めたうえで、自らの発言をセンセーショナルに世界へ発信したいというゴーン被告の戦略がうかがえます。
ゴーン被告“逃亡劇” CNN単独インタビュー
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告“逃亡劇” CNN単独インタビュー  カルロス・ゴーン被告が逃亡先のレバノンで初めての記者会見を行い、無罪を主張しました。逃亡の経緯については明らかにしませんでした。  2時間半に及び、終始、持論を展開して逃亡の正当性や日本の司法制度に対する批判を繰り返したゴーン被告。会見への出席は主に海外メディアに限定され、ほとんどの日本のメディアは許可されていませんでした。熱く語ったゴーン被告同様、記者たちの熱気あふれる質疑が飛んだこの会見を海外メディアはどう見たのでしょうか。  アメリカの金融情報サービス大手「ブルームバーグ」は「世界の自動車産業でトップに上り詰める手助けをしたそのエネルギーと説得力をゴーンは会見でもいかんなく発揮し、自身に対して告発された罪を一つひとつ反証して見せた」。  フランスのメディア「フィガロ」は「記者会見はこの事件の根底にある彼の真実を伝える機会だった」。  一定の評価をしたメディアの一方で、アメリカの「ニューヨーク・タイムズ」はスクリーンに映し出された資料について「会見場にいる人たちは文字が小さすぎて何が書いているか読めなかった」と効果を疑問視。  CNNは「最大の関心はゴーン被告が日本からどう逃亡したのかだったにもかかわらず、会見では一切、触れられなかった」としています。そのCNNがゴーン被告への単独インタビューを行いました。話題はCNNが気になっていた日本からの逃亡についてでした。  ゴーン被告:「私はどこかに隠れるために日本を出たわけではありません。正義を求めるため、汚名を返上するため…
ゴーン被告が会見 無実主張と日本の司法批判展開
最新の国際ニュース【随時更新】 ゴーン被告が会見 無実主張と日本の司法批判展開  保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告の記者会見が日本時間の8日午後10時から首都ベイルートで始まりました。ゴーン被告は詰め掛けた報道陣を前に改めて無実を主張し、日本の司法制度を批判しました。また、日本からの脱出方法については「話さない」とし、詳細を一切語りませんでした。会見の冒頭を同時通訳付きで掲載します。
直木賞「熱源」の川越宗一さんが会見 ノーカット
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 直木賞「熱源」の川越宗一さんが会見 ノーカット  第162回直木賞に川越宗一さん(41)の「熱源」が選ばれ、川越さんが会見を行いました。その模様をノーカットでお届けします。
芥川賞「背高泡立草」の古川真人さん会見ノーカット
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 芥川賞「背高泡立草」の古川真人さん会見ノーカット  第162回芥川賞に古川真人さん(31)の「背高泡立草」が選ばれ、古川さんが会見を行いました。その模様をノーカットでお届けします。
会見を前にゴーン被告側声明「日産調査はこじつけ」
最新の国際ニュース【随時更新】 会見を前にゴーン被告側声明「日産調査はこじつけ」  保釈中にレバノンに逃亡したカルロス・ゴーン被告側が新たな声明を出し、日産の内部調査がこじ付けで失脚を狙ったものだと主張しました。  「ゴーン被告の弁護チーム」の声明とされたコメントでは、日産の内部調査を「こじ付けで、真実を知るためのものではない」と非難しました。また、調査は日産の西川元社長の不正を暴けなかったとしたほか、調査に関わった会社の独立性も疑問視しています。声明は日本時間の8日午後10時から予定されているレバノンのベイルートでの記者会見を前に出されました。記者会見への出席は主に海外メディアに限定されていて、ほとんどの日本のメディアは許可されていません。ゴーン被告は会見で「逮捕や日産の会長解任はクーデター」などと主張するとみられています。
新型コロナウイルス国内で初確認 厚労省が会見
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 新型コロナウイルス国内で初確認 厚労省が会見  中国・武漢で発生している肺炎の原因とみられる新型コロナウイルスに感染した患者が日本国内で初めて確認されました。これを受けて厚生労働省が会見を行い、注意を呼び掛けています。
ゴーン被告会見に日産冷ややか 「感情的」
無料
最新の経済ニュース【随時更新】 ゴーン被告会見に日産冷ややか 「感情的」  前会長、カルロス・ゴーン被告の会見について日産自動車は冷ややかに受け止めています。  日産はゴーン被告の逃亡後、「不正行為について責任を追及する方針は変わらない」とする声明を出していて、会見後も「声明以上のものはありません」とコメントし、方針に変化はありません。日産幹部は「感情的だった。内容は想定の範囲内」、別の関係者は「自己の正当性を繰り返して述べていただけ」と冷ややかに受け止めています。西川前社長などの実名を挙げて批判したことには「名前を挙げてもゴーン被告による不正の事実は変わらない」と指摘する声が上がっています。
#47:大悟が引退会見!ノブ感動…大悟にドッキリも!
チャンスの時間 #47:大悟が引退会見!ノブ感動…大悟にドッキリも! ★引退会見パンチライン王決定戦 将来あるかもしれない引退に備えてカミナリ・ジョイマン・千鳥大悟が引退会見のシュミレーション。ノブにささるパンチラインを決めるのは!? ★タトゥーの絵柄探しBINGO キレツッコミで人気急上昇中のきしたかのが、街角でタトゥー調査ロケ! ★大悟の人間性検証ドッキリ第7弾!
ゴーン被告の司法制度批判 東京地検次席検事が反論
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 ゴーン被告の司法制度批判 東京地検次席検事が反論  カルロス・ゴーン被告の記者会見について、東京地検の次席検事が会見で反論しました。  ゴーン被告は8日の会見で「取り調べが一日8時間に及び、自白を強要された」などと日本の司法制度について批判を繰り返しました。これに対し、東京地検の斎藤隆博次席は「平均の取り調べ時間は一日4時間弱で、取り調べは録音・録画されていて、検察官が自白を強要していないことは明らか」と述べました。また、「弁護士が実効性のない保釈条件を整え、裁判所が保釈したことには非常に不満を持っていた」などと検察が保釈について反対していたことを改めて強調しました。