「係長 只野仁」の検索結果

「係長 只野仁」に関する情報は見つかりませんでした。
「係長」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

第10話 嫌悪の誕生
ボイス2 ~112の奇跡~ 第10話 嫌悪の誕生 変死体事件を捜査していたナ係長は、被害者が住んでいたアパートの住人で警官のジェスが気になり、部屋で話を聞くことに。一方、警察ではガンウの衝撃の過去が明らかになり、グォンジュは思い悩む。さらにナ係長が失踪し、ガンウが容疑者に浮上する。ガンウを信じたい気持ちと疑心で揺らぐ中、グォンジュのもとにガンウから連絡が入る。指定の場所に向かったグォンジュに、ガンウは罠にはめられたと話すが...。
第8話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第8話 ジウクは弁護士事務所を去り独立。養父でもあるピョン、パン係長、そしてボンヒを迎えるもウニョクを歓迎できずにいた。ウニョクはジウクに、関係がこじれた原因でもある、ユジョンについて弁解しようとするが...。
第19話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第19話 パン係長が刺され、病院へ運ばれる。ジウクら事務所の人々は、それぞれ後悔と自責の念にかられていた。ジウクは、ヒョンスを呼び出し殴りかかり、2人は拘留されてしまうが、ジウクにはある思惑があり...。
第21話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第21話 パン係長も回復し、ウニョクは火災事件で有罪となった男を再び担当することになる。ジウクやボンヒに協力を仰ぐが、2人とも気が向かずにいた。ジウクとボンヒはデートをするが途中でそれぞれの母と会い...。
第11話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第11話 ジウクは、連絡がとれたカップルから事件当日の映像を見せてもらい、ヒョンスに対して不信感を募らせる。こっそりパン係長に、彼について調べるように話すが、ボンヒに対してはこの件を話すことができない。
第18話
あやしいパートナー ~Destiny Lovers~ 第18話 友人のため、48時間以内に凶器を見つけるため奔走するジウクとボンヒ。ウニョクはSNSを使い、目撃者を探すことに。そんな中、パン係長はジウクの指示を聞かず、ヒョンス周辺の調べを進めていた。
第5話
シグナル 第5話 ヘヨンは15年前に失踪したジェハンについて調べ始める。そんなヘヨンを見て当時ジェハンと強行班で一緒だった局長と係長は警戒する。当時、ジェハンは賄賂事件を起こし失踪した事になっているが、捏造だと思うヘヨンは内部の仕業だと考える。一方、1995年のジェハンは「大盗事件」と呼ばれる窃盗事件を捜査していた。
第9話
無料
シグナル 第9話 ヘヨンは、係長チスとジェハンが1999年の「インジュ市女子高生集団暴行事件」で出会ったと知る。ヘヨンの兄は事件の犯人とされて自殺していた。その頃、袋を被せられて絞殺された白骨死体が山で発見される。1997年に同様の手口で殺されそうになった経験があるスヒョンは山狩りを提言。すると複数の死体が見つかる。
第6話 人気におびえる共謀者たち
ボイス2 ~112の奇跡~ 第6話 人気におびえる共謀者たち 情報屋ドッキの話から、ガンウは強行係のナ・ホンス係長を3年前の事件の真犯人と疑う。話を聞いたグァンジュも怪しい点を感じ、2人はホンスについて調査を始める。だが、グォンジュからホンスについて資料検索を頼まれたソユルが警察内の秘密ファイルに手を出し、グォンジュらゴールデンタイムチームがホンスを疑っていることが知られてしまう。そんな中、ネット放送の視聴者から、配信者がゾンビに襲われたという通報が入る。
第8話 私は今日 花をもらいました
ボイス2 ~112の奇跡~ 第8話 私は今日 花をもらいました ナ係長から、ガンウには一時的に記憶を失う「ブラックアウト」の症状があり、幼少期は日本に住んでいたと聞き、混乱するグォンジュ。ぎくしゃくした様子のグォンジュにガンウも戸惑う。そんな中、変死体事件が発生。アパートの管理人が婦人会会長を殺し、自殺したのだった。一方、ゴールデンタイムチームのウンスは、別れた恋人ホミンからの脅迫で悩んでいた。彼女はデートDVを受けており、グォンジュに相談しようとするが...。
第5話 しっ!お客さん 秘密ですよ2
ボイス2 ~112の奇跡~ 第5話 しっ!お客さん 秘密ですよ2 ボイスフィッシング詐欺による独居老人殺人未遂事件が発生。ゴールデンタイムチームの刑事パクの妻ヒジンが事件に巻き込まれたことが判明する。グォンジュは、犯人クムがヒジンを刑事の妻だとわかったうえで拉致し逃走したことを知り、ガンウら出動チームは救出に向かう。一方、ナ係長ら強力班チームもある殺人事件の犯人としてクムを追っていた。事件を探るうち、スヨンを騙し、クムに指示を出していたペク・ミジャという女の存在が浮かぶ。