「元交際相手」の検索結果

今すぐ視聴する

おすすめの作品

故郷と生きる~西日本豪雨 被災集落の1年~
無料
ドキュメンタリー番組 テレメンタリー2019【土曜放送】 故郷と生きる~西日本豪雨 被災集落の1年~ 去年7月の西日本豪雨。 広島県呉市の市原地区は土砂崩れで3人が犠牲になった。父を亡くし消沈していた高取久美子さんは2ヵ月後、父の言葉を胸に前を向こうと決意する。ただ、思いの詰まった集落には戻れていない。 土砂に覆われた市原地区では24世帯58人のうちの半数以上が集落を離れた。残された住民は「米作りが再生につながる」と信じて復旧にあたり、6月には田植えに漕ぎつけた。多くが流され諦めもよぎる中、復興へ苦心する集落の1年を追った。
列車のドア閉め…線路に男児転落 JR西は公表せず
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 列車のドア閉め…線路に男児転落 JR西は公表せず  列車のドアが突然、閉められ、2歳の男の子がベビーカーごと線路に転落しました。  先月25日午前10時ごろ、兵庫県豊岡市のJR山陰線江原駅で、女性がベビーカーを列車内に引き込もうとしたところ、男性運転士がドアを閉め、ベビーカーをホームに残したまま発車させました。ベビーカーはその後、約1メートル下の線路に転落して係員が救助しましたが、2歳の男の子がかすり傷を負いました。JR西日本はこの事故を公表していませんでした。「ベビーカーが列車と接触していなかったため」と説明しています。
季節外れの“梅雨入り”?暖冬の次は…寒さと雨
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 季節外れの“梅雨入り”?暖冬の次は…寒さと雨  23日は突然の寒さと雨。「季節外れの梅雨入り」に各地で困惑が広がっています。  異例の暖かい冬。暖冬の影響で本州の南に前線が停滞。東日本や西日本ではくもりや雨の日が続き、梅雨のような天気になるというのです。この予報に各地で心配の声が上がっています。今月いっぱいまで雨やくもりが多い関東では…。  にぎわいを見せる横浜市内で行われているイベント「酒処 鍋小屋2020」。繁盛しているようにも見えますが、屋外スペースは…。普段にぎわう屋外スペースは雨などの影響で23日はガラガラ。今後、続く雨に客足が遠のくのではと気が気でないようです。  兵庫県豊岡市の奥神鍋スキー場では山肌がほとんど見えていて、人工雪でなんとかコースを確保してスキー場を運営しているという状況です。  異常ともいえる暖冬。気温にも影響が…。なんと、宮崎県延岡市では最高気温23.9度を記録。5月中旬並みの暖かさになりました。
第5話 言葉の星
宙のまにまに 第5話 言葉の星 夏合宿の地でも生徒会長・フーミンの大目玉を食らってしまう天文部員たち。フーミンは天文部に対し、夜の活動を禁止してしまう。なんとか汚名を晴らそうとする美星たちだったが・・・。
第9話 高校天文ネットワーク
宙のまにまに 第9話 高校天文ネットワーク 野木城高校天文部・近江部長から高校天文ネットワーク秋季観測会へ招待された朔たち天文部一同。初めての校外の人たちとの観測会に、美星は大いにはしゃいでいた。
第10話 いっしょに
宙のまにまに 第10話 いっしょに 休日になにか約束をしている様子の美星と草間。興味津々の姫と江戸川に連れられて、朔は美星と草間のあとをこっそりつけることに。そしてふたりが向かった先には・・・。
第12話 星空ループ
宙のまにまに 第12話 星空ループ 冬合宿3日目。 天気に恵まれずなかなか星を見れずにいた天文部一同は今夜の星に望みをかけていた。 そして、いよいよ夜は更け、朔たちは満天の星空を見上げるー。
第2話 ファーストスター
宙のまにまに 第2話 ファーストスター 必死の勧誘にもかかわらず、いまだ入部希望者があらわれない天文部。当然のように朔の教室に入り浸る美星たち天文部員だったが、朔のクラスメイト・蒔田姫は、そんな美星を苦々しく思っていた。
第3話 プラネタリウム
宙のまにまに 第3話 プラネタリウム あいかわらず朔にまとわりつく美星。美星のペースにかき乱され、朔は学園の注目の的となってしまっていた。目立たない存在を目指していた朔はついに限界を感じ、部活をエスケープし始める。
第4話 夜明けまで
宙のまにまに 第4話 夜明けまで 夏休みを直前にひかえ、夏合宿の計画を立てる天文部。姫は、朔と一緒に過ごせる夏合宿に思いをはせていた。朔との距離を縮めようと頑張る姫だったが、美星のせいで思い通りにいかず、ついに・・・。