「児童 最新」の検索結果

今すぐ視聴する

“担任から虐待”放置 学校は「児童に問題」と説明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “担任から虐待”放置 学校は「児童に問題」と説明  千葉県内の小学校で男子児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えた問題で、当初、学校側が母親に対して「児童の発達が幼い」などと児童に問題があるとして長期間、本格的な調査を開始しなかったことが分かりました。  2017年、千葉県流山市の小学校で児童が担任の男性教師に水筒を壊されたり「首を絞められた」などと訴えましたが、学校側は1年半にわたって調査しませんでした。その間、学校は母親に児童に原因があると説明していました。  児童の母親:「(学校側から)『発達が幼い』と言われたり『息子に何か問題がある』と言われたりしました」  児童を診察した医師は、発達障害などは認められなかったとしています。  守谷こどものこころとからだのクリニック・永吉亮院長:「学校や家での様子から、多動の傾向があると診断しました。声を掛けるだけでも落ち着く子どもはたくさんいるので、(当該の児童について)大人側の対応の仕方を変えて下さいという話をしました」  医師によりますと、児童にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状が出ているということです。
小5男児同級生に20万円渡す いじめ“重大事態”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小5男児同級生に20万円渡す いじめ“重大事態”  名古屋市の小学校の男子児童が同級生6人から現金を要求され、20万円ほどを支払っていたことが分かりました。教育委員会はいじめの「重大事態」と判断しました。  「いじめ」を受けていたのは名古屋市立の小学校に通う5年生の男子児童です。市教育委員会によりますと、男子児童は8月から10月にかけて同じクラスの男子児童6人から「お金を持ってこないと遊ばない」と現金を要求されました。男子児童は家の貯金箱から無断で現金を持ち出し、ゲームセンターなどで自分の分も含め10万円から20万円ほどを支払いました。男子児童の母親から学校へ相談があり、発覚しました。市教育委員会はいじめの「重大事態」と判断し、いじめ対策検討会議に報告するとしています。
担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置  千葉県内の小学校で児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えたものの、学校が約1年半にわたって調査せず放置していたことが分かりました。児童の両親は、速やかに調査を始める態勢づくりを自治体側に求めています。  学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年生の男子児童が担任の男性教師に水筒を床にたたき付けられて壊されたり、「首を絞められた」と被害を訴えました。  被害を訴える男子児童:「先生は床に向かって水筒を持ってバーンと投げました。僕の首にこうやって絞めた。『やめて苦しい』って言ったら、先生は手を離してくれて『わざとじゃありません』『自分が悪いことするからでしょ』って」  学校などが児童の母親の求めに応じて調査を始めたのは被害が分かってから1年半後でした。担任は水筒を壊したことは認めましたが、首を絞めたかについては「肩を持ちながら話しただけ」と否定しています。  男子児童の母親:「(水筒は入学祝いに)祖父母からもらったすごく大切なものでした」「(Q.息子さんの様子は?)指先を血が出るくらいかんだりだとか、夜中、寝ている時に尋常じゃない声を出したり、すごく不安定な様子でした」  児童の両親は流山市に対し、教師の体罰について被害の相談があれば速やかに調査が始まる態勢づくりなどを求めています。
体育授業で小6男児が失明 園芸用の支柱を手に…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 体育授業で小6男児が失明 園芸用の支柱を手に…  走り高跳び用の支柱の代わりに使っていた園芸用の支柱で失明しました。  神奈川県真鶴町の小学校で7日、体育の授業中に走り高跳びの支柱を持っていた6年の男子児童が左目にけがをしました。児童は救急搬送されましたが、左目を失明しました。真鶴町の教育委員会によりますと、支柱は長さ1.5メートル、直径1センチの園芸用の支柱で、教師が走り高跳びの支柱の代わりに用意したものでした。児童らは2本の支柱をゴムで結んで練習していて、片方を持っていた被害児童がけがをしたということです。この児童は13日に退院していて、すでに通学しています。
相談のふりで…元ボランティア男が男児にわいせつか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 相談のふりで…元ボランティア男が男児にわいせつか  いじめの相談など、小学校でボランティア活動をしていた30歳の男が小学5年の男子児童にわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。  細川将巧容疑者は先月1日から15日までの間、東京・町田市に住む小学5年の男子児童の下半身を無理やり触った疑いが持たれています。警視庁によりますと、細川容疑者は男子児童の通う小学校でいじめなどの相談を受ける支援ボランティアをしていました。細川容疑者は男子児童が家で1人になる放課後を狙って、相談を受けるふりをして自宅に上がり込んでいたということです。取り調べに対して、細川容疑者は「事実無根です」「自分から積極的に触れたことはない」と容疑を否認しています。
大阪小6女児不明 誘拐の疑いで35歳の男を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大阪小6女児不明 誘拐の疑いで35歳の男を逮捕  大阪で小学6年の女子児童(12)を誘拐した疑いで35歳の男が逮捕されました。男はSNSを通じてメッセージを送り、女の子を誘い出していました。  栃木県小山市に住む伊藤仁士容疑者は17日、大阪市住吉区に住む小学6年の女子児童を誘拐した疑いが持たれています。警察によりますと、伊藤容疑者は10日ごろにSNSを通じて「半年ぐらい前に来た女の子がいる。しゃべり相手になってほしい。うちに来ない?」と女子児童にメッセージを送りました。そして、17日午前10時半ごろ、女子児童を住吉区内の公園に誘い出し、在来線を乗り継いで栃木県の自宅に連れ込んだということです。伊藤容疑者は「誘拐したつもりはない」と容疑を否認しています。警察は、伊藤容疑者と一緒にいた15歳の少女も保護していて、自宅に連れ込んだ動機などを調べる方針です。
小4男児死亡 1週間前に児相から母親の元に帰る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小4男児死亡 1週間前に児相から母親の元に帰る  島根県で小学4年の男の子が自宅アパートで死亡した事件で、児童相談所が虐待の疑いで保護していた男の子を先週、母親の元に帰していたことが分かりました。  2日正午ごろ、島根県安来市のアパートで、小学4年の増田陸君(10)と母親(44)が血を流して倒れているのが見つかりました。陸君は死亡し、母親は意識不明の重体です。児童相談所によりますと、9月に市から「母親による身体的虐待やネグレクトの疑いがある」と通告があり、陸君を2カ月半にわたって保護していました。その後、児童相談所は、母親が精神的に安定したと判断して先月25日に陸君を母親の元に帰しました。  中央児童相談所・太田均所長:「保護を解除するにあたっては、医療機関の意見を聞きながらやった。判断は適切だったと考えている」  父親は長期間入院していて、陸君は母親と2人で暮らしていたということです。
養護施設への入所を提案も…一時保護解除の男児死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 養護施設への入所を提案も…一時保護解除の男児死亡  島根県安来市で小学4年の男児が児童相談所の一時保護を解除された後に死亡した事件で、児相が母親に男児を児童養護施設に入れるよう提案したものの、拒否されていたことが分かりました。  2日、安来市のアパートで小学4年の増田陸君(10)と母親(44)が血を流して倒れているのが見つかり、陸君が死亡して母親が意識不明の重体です。児相によりますと、陸君は母親による虐待の疑いがあるとして、2カ月半にわたって一時保護されていました。解除の際、児相は母親が精神的に不安定でネグレクトもみられたため、陸君を児童養護施設に入れるよう提案しましたが、母親と陸君本人に拒否されていました。  関西大学・山縣文治教授:「2カ月で解決できないような状況が親子のなかに存在したはずだ。児童相談所としては(一時保護解除に)かなり不安を持っていたのではないか」
野田市児童虐待死 児相の判断は「不適切」県が指摘
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 野田市児童虐待死 児相の判断は「不適切」県が指摘  「性的虐待があったのに一時保護を解除したのは不適切」と指摘しました。  千葉県野田市で当時10歳の女の子が児童相談所に一時保護されながら解除されて自宅に戻った後、父親の栗原勇一郎被告(41)から虐待されて死亡した事件で、千葉県が検証報告書をまとめました。報告書によりますと、一時保護していた柏児童相談所は女の子本人が嫌がっているのに栗原被告と面会させたり、性的な虐待を受けている事実を把握していたにもかかわらず、保護を解除したりしていました。報告書では、この判断を「不適切だった」と厳しく批判しています。
教師に「首絞められた」 男児訴えも調査は1年半後
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 教師に「首絞められた」 男児訴えも調査は1年半後  男子児童は教師から「首を絞められた」などと被害を訴えていました。  被害を訴える男子児童:「僕の首をこうやってきて、(先生は)『自分が悪いことするからでしょ』って言った」  学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年の男子児童が担任の男性教師に首を絞められたなどと被害を訴えました。母親の求めに応じて被害の調査が始まったのは1年半後でした。教師は首を絞めたことについては否定しています。学校は事故報告書でこの教師には他にも問題行為があったとして、原因は「人権意識の欠如」と結論付けました。
「回転ジャングル」根元折れる 男子児童7人けが
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「回転ジャングル」根元折れる 男子児童7人けが  公園の遊具が根元から折れ、子ども7人がけがをしました。  飯島町・下平洋一町長:「この度の事故に関しましては、その責任はすべて町にある」  長野県飯島町が管理する公園で先月11日、小学生が「回転ジャングル」と呼ばれる遊具で遊んでいたところ、支柱の根元が折れて倒れました。当時、遊具に乗っていた男子児童7人がすり傷や捻挫などのけがをしました。1月に行われた専門業者の点検で町は「修繕が必要で、完了まで使用不可」と指摘されていましたが、対策を取っていませんでした。
10万円以上払わされた「いじめ」小学校で緊急の集会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 10万円以上払わされた「いじめ」小学校で緊急の集会  小学生が10万円以上を支払わされた「いじめ」で、緊急集会が開かれました。  名古屋市の小学校で5年の男子児童が同級生からゲームセンター代などを10万円以上、支払わされていたことが発覚し、教育委員会は報告から2カ月近く経ってから「いじめの重大事態」と認めました。この小学校は3日、いじめのあった5年生を対象に集会を開いて「嫌な思いをした時は先生に相談すること」などと説明しました。教育委員会によりますと、男子児童の親はいじめた同級生からの謝罪を受け入れていないということです。
島根アパートで男児死亡 児相の一時保護解除直後か
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 島根アパートで男児死亡 児相の一時保護解除直後か  島根県安来市のアパートで小学生とみられる男の子の遺体が見つかりました。児童相談所の一時保護が解除された直後とみられています。  警察と消防によりますと、2日午前11時すぎ、安来市の職員から「児童相談所の一時保護が解除され、自宅へ戻った小学生の男の子が学校に来ないので、自宅に行くと血のようなものが見えた」と通報がありました。警察官が窓を壊して中に入ると、小学生くらいの男の子が血を流してすでに死亡していました。近くでは女性が意識がもうろうとした状態で正座していました。警察は男の子の死因と2人の身元を調べています。
ネットで虐待告発 北京郊外の施設 教師2人を逮捕
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 ネットで虐待告発 北京郊外の施設 教師2人を逮捕  横行していた障害者の児童への暴行。被害の声が届くまでにも時間がかかりました。  泣いている子どもをほうきでたたく大人。すると今度は頭をつかんで、たたき付けます。子どもは勢い余って倒れました。  虐待や劣悪な環境を告発した施設関係者。何とかできると思ったのか、力を借りたのは警察ではなく有名ネットユーザーでした。投稿依頼された写真には地面に横たわる児童にまたがって押さえ付けている姿も…。投稿した動画はなぜかその都度、削除され、コメント欄にも書き込めない状態が続きました。しかし、別の告発者も参戦し、さらに騒動は拡大。ついに地元警察が調査に乗り出し、2人の教師が逮捕されました。
小6女児を誘拐の疑い 伊藤容疑者を大阪へ移送
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小6女児を誘拐の疑い 伊藤容疑者を大阪へ移送  大阪で小学6年の女子児童を誘拐した疑いで逮捕された伊藤仁士容疑者(35)が24日午前、栃木県小山警察署から大阪へ移送されました。  伊藤容疑者は「誘拐したつもりはない」と容疑を否認しています。警察は伊藤容疑者と一緒にいた15歳の少女も保護していて、自宅に連れ込んだ動機などを調べる方針です。
“女児殺害、線路に遺棄”は殺意明らか…死刑求刑
最新の社会ニュース【随時更新】 “女児殺害、線路に遺棄”は殺意明らか…死刑求刑  新潟市で女児が殺害された事件の裁判で、検察は小林遼被告(25)に死刑を求刑しました。  小林被告は去年5月、新潟市で女子児童をわいせつ目的で連れ去り、首を絞めて殺害、遺体を線路に遺棄した罪などに問われています。22日の論告求刑公判で、検察は「被害者は少なくとも5分程度、首を圧迫され続け、被告に殺意があったことは明らか」と主張しました。また、「事件から1年半もの間、謝罪もなく被告に反省の態度は全く見られない」とし、死刑を求刑しました。判決は来月4日に言い渡されます。
大川小津波訴訟 敗訴で石巻市長が児童遺族に謝罪
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 大川小津波訴訟 敗訴で石巻市長が児童遺族に謝罪  東日本大震災の津波で多くの子どもたちが犠牲になった宮城県石巻市の大川小学校を巡る裁判で、県と市に賠償を命じた判決が確定したことを受けて石巻市長が遺族に謝罪しました。  宮城県石巻市・亀山紘市長:「本当に申し訳ございませんでした」  大川小学校の子どもたち23人の遺族が訴えた裁判で、今年10月に最高裁判所は事前の防災対策に不備があったとして市と県に賠償を命じた判決が確定しました。これを受けて今月1日に石巻市の亀山市長が遺族と面会し、子どもたちの捜索を十分にできなかったことやこれまでの対応で配慮が足りなかったことを謝罪しました。この後、遺族の要望で大川小学校に移動して慰霊碑に手を合わせました。市長が公の場で遺族と面会したのは約5年半ぶりです。
親から子どもに「長時間正座」は体罰 厚労省が指針
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 親から子どもに「長時間正座」は体罰 厚労省が指針  親による子どもへの「体罰」について、厚生労働省は長時間、正座させるなど「体に苦痛や不快感を引き起こす行為」と定義付ける案を有識者会議に示しました。  来年4月に施行される改正児童虐待防止法では、親から子どもへの体罰が禁止されます。厚労省は体罰の定義について示したガイドラインを作ることにしていて、3日の有識者会議で「長時間、正座をさせる」や「夕食を与えない」「頬をたたく」など5つの例を盛り込んだ案を示しました。しつけとの違いを明確にしていて、「体に苦痛や不快感を引き起こす行為はどんなに軽くても体罰」であるとしています。体罰の定義を厚労省が示したのは初めてで、会議では大筋で了承されました。厚労省は来月にかけてこの指針案を公表して意見を募集し、年度内の策定を目指しています。
射殺された幹部と顔見知りか 飲食店で呼び出し発砲
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 射殺された幹部と顔見知りか 飲食店で呼び出し発砲  兵庫県尼崎市で神戸山口組の幹部が山口組関係者とみられる男に射殺された事件で、2人は顔見知りだった可能性があることが分かりました。  事件発生直後の現場付近にある防犯カメラの映像です。白い車が猛スピードで走り去っていきます。27日午後5時ごろ、尼崎市の路上で神戸山口組の古川恵一幹部(59)が頭や首などを撃たれて死亡しました。警察は現場から車で逃走したとみられる朝比奈久徳容疑者(52)を京都市内で逮捕し、拳銃と自動小銃を押収しました。捜査関係者によりますと、「古川幹部を撃って逃げてきた」と話しているということです。2人は顔見知りで、現場近くの飲食店で古川幹部が知人男性と食事をしていたところ、店内に入ってきた朝比奈容疑者に外に呼び出されて撃たれたということです。現場近くの小学校では児童らが警察官に見守られながら登校しました。警察は、「山口組」と「神戸山口組」の抗争の可能性があるとみて警戒を強めています。
「食事は一日1回」…軟禁状態か 大阪小6女児誘拐
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「食事は一日1回」…軟禁状態か 大阪小6女児誘拐  小学6年の女子児童を誘拐した疑いで逮捕された伊藤仁士容疑者(35)が24日昼すぎ、栃木から大阪に移送されました。伊藤容疑者の取り調べが続く大阪府警本部から報告です。  (宮本華記者報告)  伊藤容疑者は午後1時前に大阪府警本部に移送され、警察が動機などを調べています。伊藤容疑者は大阪府警本部に入る際は頭を伏せていて、その表情をうかがい知ることはできませんでした。警察は午後2時半すぎから、行方不明だった女の子が約1週間、寝泊りさせられていた栃木県小山市の伊藤容疑者の自宅を捜索しています。捜査関係者への取材で、伊藤容疑者は女の子を自宅に連れ込んだ後、スマートフォンのSIMカードを外して通信ができない状態にしたうえで取り上げ、食事は一日1回しか与えていなかったことが新たに分かりました。靴も取り上げられていて、軟禁状態だったとみられます。23日に保護された女の子は23日のうちに警察の車で栃木県を離れ、24日午前中に自宅のある大阪府内で母親と再会しました。女の子は24日も昼食を取っていて、体調に問題はなく、病院に行く予定は今のところないということです。
「中学までの印象しか…」伊藤容疑者 周囲の記憶
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「中学までの印象しか…」伊藤容疑者 周囲の記憶  小学6年の女子児童を誘拐した疑いで逮捕された伊藤仁士容疑者(35)が24日昼すぎ、栃木から大阪に移送されました。伊藤容疑者の自宅近くから報告です。  (仁科健吾アナウンサー報告)  午後2時半ごろから大阪府警の捜査員によって家宅捜索が始まっています。今も捜査員が入ったり出たりを繰り返している姿がうかがえました。2時間以上、経過している今でも続いています。周辺を取材してみると、伊藤容疑者は「中学のころは特に印象は悪くなく、明るく元気だった」「おばあちゃんの面倒をよく見ていた」という良い面ばかりでした。ところが、それ以降についてはあまり覚えている人がいませんでした。高校受験に失敗したことで大きく変わってしまったのかもしれません。伊藤容疑者にとって何がきっかけになったのかは分かりませんが、その違いが取材で特に印象に残りました。  伊藤容疑者の自宅は雨戸を締め切ったままです。近隣の人によりますと、10年近くこのような状態が続いているそうです。誰が住んでいるのか、人がいるのかどうかも分からない状態だったそうです。しかし、近隣住民の人々に取材してみると、不安を感じたり危険に思ったり、異変を感じたりしたことはなかったといいます。そんななかで、こういった事件が起こってしまい、驚きとともに不安の声が多く聞かれました。
厄介者「ぎんなん」超人気に 市役所が商品化なぜ?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 厄介者「ぎんなん」超人気に 市役所が商品化なぜ?  多くの学校にあるイチョウの木、そのギンナンが児童の皮膚をかぶれさせる原因となっていました。そんな「厄介者」を逆転の発想で有効活用する市の取り組みを取材しました。  東京・清瀬市役所の窓口案内の前で売られているギンナン。そこには「清瀬市の市役所産」という文字が。実は今、この清瀬市役所産のギンナンが人気だというのです。それにしても、なぜ市役所がギンナンを商品化したのでしょうか。  その訳は小学校にありました。向かってみると、そこにはイチョウの木。その下には大量のギンナンがありました。これが厄介者になっているといいます。  清瀬小学校・長沼正城校長:「子どもたちがおもしろがって拾ってしまう。そうすると、子どもによってはかぶれてしまうっていう子も出てくるので」  そこで、市は子どもの安全などのため回収するようにしていました。これが悩みの種に。  清瀬市総務課営繕係・海老澤雄一係長:「今まではお金をかけて処分していたというのが現状だった」  そこで市は処分費削減などのため商品化を考えたのです。費用を抑えるため、収穫や加工などすべて市の職員が行っています。まずは、市内にある4つの小学校から集めたギンナンを網で果肉と種に分離します。その後、種を水洗いして1週間ほど天日干しをすれば完成です。出来上がったギンナンはすぐさま市役所に並びます。また、清瀬市役所では熟して落ちた実が「地面を汚す」などと苦情がきていた柿を落ちる前に収穫し、販売。  清瀬市総務課営繕係・海老澤雄一係長:「市役所ってどう…
第2話
無料
ボイス~112の奇跡~ 第2話 劇的にボンニムを救出したゴールデンタイム・チームは、ソンウン地方警察庁長から6ヶ月の期限付きで運営の許可を得る。緊急通報センターのセンター長グォンジュは、ム・ジニョク警査をチーム員に抜擢するが、ジニョクはことごとく反発する。そんなある日、アラムという7歳の少年の、児童虐待事件が起きる。