「児童福祉司 増員」の検索結果

「児童福祉司 増員」に関する情報は見つかりませんでした。
「増員」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

おすすめの作品

“担任から虐待”放置 学校は「児童に問題」と説明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “担任から虐待”放置 学校は「児童に問題」と説明  千葉県内の小学校で男子児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えた問題で、当初、学校側が母親に対して「児童の発達が幼い」などと児童に問題があるとして長期間、本格的な調査を開始しなかったことが分かりました。  2017年、千葉県流山市の小学校で児童が担任の男性教師に水筒を壊されたり「首を絞められた」などと訴えましたが、学校側は1年半にわたって調査しませんでした。その間、学校は母親に児童に原因があると説明していました。  児童の母親:「(学校側から)『発達が幼い』と言われたり『息子に何か問題がある』と言われたりしました」  児童を診察した医師は、発達障害などは認められなかったとしています。  守谷こどものこころとからだのクリニック・永吉亮院長:「学校や家での様子から、多動の傾向があると診断しました。声を掛けるだけでも落ち着く子どもはたくさんいるので、(当該の児童について)大人側の対応の仕方を変えて下さいという話をしました」  医師によりますと、児童にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状が出ているということです。
小5男児同級生に20万円渡す いじめ“重大事態”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小5男児同級生に20万円渡す いじめ“重大事態”  名古屋市の小学校の男子児童が同級生6人から現金を要求され、20万円ほどを支払っていたことが分かりました。教育委員会はいじめの「重大事態」と判断しました。  「いじめ」を受けていたのは名古屋市立の小学校に通う5年生の男子児童です。市教育委員会によりますと、男子児童は8月から10月にかけて同じクラスの男子児童6人から「お金を持ってこないと遊ばない」と現金を要求されました。男子児童は家の貯金箱から無断で現金を持ち出し、ゲームセンターなどで自分の分も含め10万円から20万円ほどを支払いました。男子児童の母親から学校へ相談があり、発覚しました。市教育委員会はいじめの「重大事態」と判断し、いじめ対策検討会議に報告するとしています。
担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置  千葉県内の小学校で児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えたものの、学校が約1年半にわたって調査せず放置していたことが分かりました。児童の両親は、速やかに調査を始める態勢づくりを自治体側に求めています。  学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年生の男子児童が担任の男性教師に水筒を床にたたき付けられて壊されたり、「首を絞められた」と被害を訴えました。  被害を訴える男子児童:「先生は床に向かって水筒を持ってバーンと投げました。僕の首にこうやって絞めた。『やめて苦しい』って言ったら、先生は手を離してくれて『わざとじゃありません』『自分が悪いことするからでしょ』って」  学校などが児童の母親の求めに応じて調査を始めたのは被害が分かってから1年半後でした。担任は水筒を壊したことは認めましたが、首を絞めたかについては「肩を持ちながら話しただけ」と否定しています。  男子児童の母親:「(水筒は入学祝いに)祖父母からもらったすごく大切なものでした」「(Q.息子さんの様子は?)指先を血が出るくらいかんだりだとか、夜中、寝ている時に尋常じゃない声を出したり、すごく不安定な様子でした」  児童の両親は流山市に対し、教師の体罰について被害の相談があれば速やかに調査が始まる態勢づくりなどを求めています。
児童虐待防止で連携 足立区と4警察署が協定
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 児童虐待防止で連携 足立区と4警察署が協定  近年、増え続ける児童虐待を未然に防ごうと、東京・足立区と区内を管轄する警視庁の4つの警察署が被害児童の情報に関して連携を図る協定を結びました。  協定は足立区を管轄する千住、西新井、竹の塚、綾瀬の各警察署と区が連携して虐待被害に遭った児童の情報を共有することで、事態の素早い把握を目的に締結されました。警視庁によりますと、虐待に関する通報件数は世間の関心の高まりから増加していて、足立区では今年に入って虐待が疑われる事案が去年を上回る320件に上っています。足立区は警視庁との連携を強めることで、児童の家族が住民票を移さないまま引っ越した結果、児童の所在が分からなくなるケースの対応や、役場が業務をしていない夜間の取り扱いがスムーズに行われることを期待しています。
体罰訴え放置 児童の両親が市議会に「体制作りを」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 体罰訴え放置 児童の両親が市議会に「体制作りを」  2年前に千葉県流山市の小学校で「担任に首を絞められた」などと児童が訴えたものの、長期間放置された問題で、児童の両親が市議会で「問題が起きた際の適切で迅速な体制作り」を訴えました。  児童の父親:「(市内の子どもたちに)今後、同じようなことが起きないというのが一つなんですけど、それ以上に起こった後に適切な対応をして頂けるようにという目的があって陳情しました」  10日の流山市議会には被害児童の両親がそろって出席しました。両親は自分の子どもに関する再調査だけでなく、今後、他の児童や生徒に体罰があった場合は迅速で正確な情報収集や問題を起こした教師をサポートする体制を作るよう訴えました。  流山市教育委員会:「体罰があった場合は速やかに状況収集する仕組みを強化して参ります」  教育委員会は対応に問題があったとしたうえで、両親からの訴えを今後、生かしていくと約束しました。
小4男児死亡 1週間前に児相から母親の元に帰る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小4男児死亡 1週間前に児相から母親の元に帰る  島根県で小学4年の男の子が自宅アパートで死亡した事件で、児童相談所が虐待の疑いで保護していた男の子を先週、母親の元に帰していたことが分かりました。  2日正午ごろ、島根県安来市のアパートで、小学4年の増田陸君(10)と母親(44)が血を流して倒れているのが見つかりました。陸君は死亡し、母親は意識不明の重体です。児童相談所によりますと、9月に市から「母親による身体的虐待やネグレクトの疑いがある」と通告があり、陸君を2カ月半にわたって保護していました。その後、児童相談所は、母親が精神的に安定したと判断して先月25日に陸君を母親の元に帰しました。  中央児童相談所・太田均所長:「保護を解除するにあたっては、医療機関の意見を聞きながらやった。判断は適切だったと考えている」  父親は長期間入院していて、陸君は母親と2人で暮らしていたということです。
養護施設への入所を提案も…一時保護解除の男児死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 養護施設への入所を提案も…一時保護解除の男児死亡  島根県安来市で小学4年の男児が児童相談所の一時保護を解除された後に死亡した事件で、児相が母親に男児を児童養護施設に入れるよう提案したものの、拒否されていたことが分かりました。  2日、安来市のアパートで小学4年の増田陸君(10)と母親(44)が血を流して倒れているのが見つかり、陸君が死亡して母親が意識不明の重体です。児相によりますと、陸君は母親による虐待の疑いがあるとして、2カ月半にわたって一時保護されていました。解除の際、児相は母親が精神的に不安定でネグレクトもみられたため、陸君を児童養護施設に入れるよう提案しましたが、母親と陸君本人に拒否されていました。  関西大学・山縣文治教授:「2カ月で解決できないような状況が親子のなかに存在したはずだ。児童相談所としては(一時保護解除に)かなり不安を持っていたのではないか」
教師に「首絞められた」 男児訴えも調査は1年半後
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 教師に「首絞められた」 男児訴えも調査は1年半後  男子児童は教師から「首を絞められた」などと被害を訴えていました。  被害を訴える男子児童:「僕の首をこうやってきて、(先生は)『自分が悪いことするからでしょ』って言った」  学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年の男子児童が担任の男性教師に首を絞められたなどと被害を訴えました。母親の求めに応じて被害の調査が始まったのは1年半後でした。教師は首を絞めたことについては否定しています。学校は事故報告書でこの教師には他にも問題行為があったとして、原因は「人権意識の欠如」と結論付けました。
同級生に20万円渡す「いじめ」問題で保護者説明会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 同級生に20万円渡す「いじめ」問題で保護者説明会  名古屋市の小学校で男子児童が同級生からの要求で現金20万円ほどを払う「いじめ」があった問題で5日夜、学校で保護者説明会が開かれました。  男子児童が通う小学校で5日夜に開かれた保護者説明会では、学校側が今回の問題の経緯を報告して謝罪しました。保護者からは「学校の外でどう子どもを見守ることができるか」などの質問が出ました。  保護者:「もうちょっと早く動けたんじゃないかなと。子どもたちの話を聞いたりすることができたのではないかなと」「説明に大体、納得はしたが、早く解決してほしい。当事者同士がちゃんと」  市の教育委員会によりますと、男子児童が自宅から持ち出した現金合わせて20万円ほどのうち一部を同級生に直接、手渡ししていたということです。
児童の被害訴え放置問題 文科大臣「極めて遺憾」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 児童の被害訴え放置問題 文科大臣「極めて遺憾」  千葉県流山市の小学校で児童が担任から「首を絞められた」などと訴えた被害が1年半にわたって放置されていた問題で、萩生田光一文部科学大臣は6日に「極めて遺憾」で「処分は自治体の責任で行うべき」などとコメントしました。  2017年、流山市の小学校で1年生の男子児童が担任の男性教師に「首を絞められた」などと被害を訴えました。しかし、学校の教頭や校長は母親の求めに応じず、調査が始まったのは1年半後でした。  文部科学省・萩生田光一大臣:「文部科学省としては極めて遺憾だと思っています。懲戒処分などについては各自治体の責任と権限において行うべきもの。必要に応じて指導や助言を行いたいと思います」  文科省は事実関係の確認をして、市の教育委員会に適切な対応を取るよう助言と指導をしていくということです。