「児童福祉司 増員」の検索結果

「児童福祉司 増員」に関する情報は見つかりませんでした。
「増員」に関する情報を表示しています。

今すぐ視聴する

氾濫情報の発表遅れ 関東地方整備局「現場が混乱」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 氾濫情報の発表遅れ 関東地方整備局「現場が混乱」  茨城県の那珂川の氾濫を確認していながら氾濫情報の発表が遅れた問題で、河川を管理する国土交通省の関東地方整備局が会見し、現場が混乱して情報伝達ができなかったと釈明しました。  那珂川の氾濫を巡っては、13日午前1時半と午前4時半に常陸河川国道事務所の職員らが越水を確認して事務所に報告していました。しかし、事務所が氾濫情報を発表したのは2回目の報告から約11時間後でした。関東地方整備局は18日の会見で、他の河川も氾濫して事務所内が混乱したため、現場からの報告が事務所内で共有されずに発表が大幅に遅れたと説明しました。週末の雨に向けては河川の氾濫情報の連絡担当者を増員するとしています。
第10話 「キライキライ、ダイスキ」
無料
さくら荘のペットな彼女 第10話 「キライキライ、ダイスキ」 文化祭の出し物として「にゃぼろん」の制作を開始したさくら荘の面々。ディレクターとなった空太だが、絵コンテが全くはかどらない。数日後、徐々にスケジュールが遅れ始めているところに、生徒会から参加条件として企画内容をプレゼンするよう要求される。空太は、作業の遅れを取り戻すため、増員を決断し、現状のクオリティに見合う人材として、ましろがイギリスにいた頃のルームメイトであるリタを勧誘しようとするのだが…。

おすすめの作品

第92話 偽善の奉仕活動
福寿草 第92話 偽善の奉仕活動 ユンジェとテイルは、パクを騙して事故の証拠を金庫から出すように仕向ける。そしてパクを拉致し、証拠を渡すよう脅す。一方、ヨナはインソクに選挙活動のアピールのため児童福祉施設での奉仕活動を提案する。
第93話 すれ違う母子
福寿草 第93話 すれ違う母子 選挙運動を手伝うため児童福祉施設に出向いたユラ。そこにはインソクと祖母に連れられて来たジュンヒョクの姿が。ヨナとジュンヒョクが対面してしまい、動揺するユラ。ユラの異様な慌てぶりを見てヨナは訝しげに思う。
児童の深刻ないじめ“3年間”放置 隠ぺい行為も?
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 児童の深刻ないじめ“3年間”放置 隠ぺい行為も?  千葉県流山市で、児童への深刻ないじめが3年間放置されていたことが分かりました。市の第三者委員会の元会長は学校などが児童の訴えに向き合わず、異変を隠蔽するような行為もあったと批判しています。  流山市の中間報告書によりますと、2014年、当時小学6年の男子児童は複数の同級生から暴行されて鼻から出血するなどの悪質ないじめを受けました。児童は30日以上学校を欠席し、家族はいじめの被害を学校に訴えました。いじめでけがをしたり30日程度の欠席があれば、「重大事態」として調査委員会の設置が決められていますが、委員会が設置されたのは3年後でした。  流山市いじめ対策調査会・藤川大祐元会長:「(児童に対するいじめが)3年ほど放置されていた。(その間)調査会に対しても何の報告もありませんでした。(教育委員会などが)組織としていじめ問題にきちんと向き合う姿勢が一切みられなかった。教育行政を預かる方々として許されるのか非常に強い疑問を覚える」  児童は中学校でも30日以上、欠席しましたが、学校側は一部を出席扱いにしていました。市の教育委員会は「精一杯努力をしてきた」「保護者に理解して頂けず、非常に残念です」などとコメントしています。
中国の小学校で教師が児童らにごみを食べさせる
無料
最新の国際ニュース【随時更新】 中国の小学校で教師が児童らにごみを食べさせる  中国の小学校で男性教師が児童らに無理やりごみを食べさせて問題となっています。  事件が起きたのは河南省周口市の私立小学校です。先月7日、寮のごみ箱にごみがたまったままになっているのを生活指導の教師が見とがめ、児童らを集めて誰が掃除の当番かなどと問い詰めました。しかし、児童らが口を閉ざしたため、教師はごみ箱にあった果物の食べかすやプラスチック、紙などを無理やり1人ずつ食べさせたということです。児童4人が体調不良を訴え、病院に運ばれました。この男性教師は4日後に警察に拘束され、校長ら2人が懲戒免職になったということです。
教師間いじめの影響深刻 ショックで不登校の児童も
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 教師間いじめの影響深刻 ショックで不登校の児童も  神戸市立東須磨小学校の教師間のいじめ問題で、問題を知った児童ら4人が不登校になっていたことが分かりました。  16日夜に開かれた保護者説明会では、カレーを無理やり食べさせている動画にショックを受けた児童らへの対応として給食のカレーを一時、中止することなどが発表されました。  保護者:「保護者の感覚と学校の対応がずれているなって。(加害教師は)療養中って言ってますけど、出てきて悪いことしたらごめんなさいって言えって先生らが言うことやん、それは」  小学校では一連の問題にショックを受けた児童4人が不登校になり、うち2人は今も休んでいます。一方、17日朝に開かれた市の総合教育会議では児童へのサポートや教師の採用方法について協議されました。
加害教師の授業で児童骨折 神戸・教師間いじめ問題
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 加害教師の授業で児童骨折 神戸・教師間いじめ問題  神戸市の小学校で起きた教師間のいじめ問題で、加害者の男性教師が2016年、体育の授業中に児童の手を引いた際、児童が倒れて骨折していたことが新たに分かりました。  神戸市立東須磨小学校では30代から40代の男女4人の教師が同僚の20代男性教師を羽交い締めにし、激辛カレーを無理やり食べさせるなどの悪質な嫌がらせを去年から続けていました。2016年に加害者側の1人である30代の男性教師がバレーボールの授業中にコートに入ろうとする児童を止めようと手を引いた際に児童が転倒し、右腕を2カ所骨折する全治2カ月のけがをさせていたことが新たに分かりました。市教委は「指導上の事故で体罰にはあたらない」と判断したということです。校長が9日に開いた会見では「40代女性教師から暴言や暴行を受けた」と話す生徒が複数いて、市教委が調べを進めています。
いじめ受けていた教師が児童に手紙「ごめんなさい」
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 いじめ受けていた教師が児童に手紙「ごめんなさい」  同僚からいじめを受けていた教師が子どもたちに宛てた手紙でその苦しい胸の内を明かしました。  激辛カレーを羽交い絞めにして食べさせるなど同僚教師らによる悪質な行為は約50項目に上ることが分かりました。また、いじめの影響は学校の児童にまで及んでいたといいます。いじめを受けた男性教師は10日、代理人を通じて東須磨小学校の児童に手紙を寄せました。  被害教師が児童に宛てた手紙:「子どもたちへ、急に先生が変わってびっくりしたね、ごめんね。先生はよく『いじめられたら誰かに相談しなさい』とよく言っていましたね。しかし、その先生が助けを求められずに最後は体調まで崩してしましました、『ごめんなさい』。今の先生だからこそお願いです。つらい時、悲しい時、自分一人で抱え込まずに誰かに相談して下さい。必ず誰かが手を差し伸べてくれます」
広域で浸水被害の常陸大宮市 すべての小中学校再開
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 広域で浸水被害の常陸大宮市 すべての小中学校再開  久慈川の堤防が決壊して広範囲で浸水した茨城県常陸大宮市では、16日から市内すべての小中学校が再開しました。  児童:「ずいぶん学校に来ていないので、勉強を頑張りたいと思います」「水浸しになって、じじの家が水がここまで(来た)」  児童の母親:「床上60センチぐらい浸水してしまって1階部分が全然、生活できる状態ではないので、2階で今、おじいちゃん、おばあちゃんは生活しています」  この小学校の児童は通常、スクールバスで登校していますが、道路に危険な場所があるため安全が確認できるまでバスの運行は見送り、保護者が車で送り迎えするということです。市では、各家庭の被災の状況よっては無理に登校しないよう呼び掛けています。
「給食のカレーやめます」教員いじめで保護者説明会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 「給食のカレーやめます」教員いじめで保護者説明会  教師が教師に激辛カレーを無理やり食べさせるなど理解し難い行為が繰り返された小学校。保護者向けに開催された説明会も理解し難い内容でした。  無理やり激辛カレーを食べされるなど、後輩の教師にいじめを繰り返していた4人の教師。保護者への説明会では動画にショックを受けた児童への対応として給食のカレーを一時、中止することや動画が撮影された家庭科室を改修することが発表されたほか、加害教師4人の謝罪コメントが読み上げられました。  これに対して保護者からは直接、謝罪すべきとの声がありました。なぜ児童に直接、謝罪しないのか、明確な説明はありませんでした。  東須磨小学校ではショックを受けた児童4人が不登校となり、うち2人は今も休んでいるということです。
小5男児に重傷負わせたか 児童施設役員の男を逮捕
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小5男児に重傷負わせたか 児童施設役員の男を逮捕  東京・江戸川区の児童施設で小学5年の男の子(10)に頭の骨を折る大けがをさせたとして、施設の運営会社役員の男が逮捕されました。  江戸川区の児童デイサービス「みずならの木」の役員・田辺勇太容疑者(32)は5月、施設内で小学5年の男の子に暴行を加え、頭部骨折など全治3カ月の重傷を負わせた疑いが持たれています。警視庁によりますと、田辺容疑者は男の子の頭に自分の服をかぶせて足払いをして床の上に倒すなどしたということです。男の子の母親には「服を脱ごうとしたら男の子が袖につかまっていて、倒れてしまった」と嘘の説明をしていました。田辺容疑者は「腕にかみ付いてきたのでとっさに投げてしまった」と容疑を認めています。