「児童養護施設」の検索結果

今すぐ視聴する

養護施設への入所を提案も…一時保護解除の男児死亡
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 養護施設への入所を提案も…一時保護解除の男児死亡  島根県安来市で小学4年の男児が児童相談所の一時保護を解除された後に死亡した事件で、児相が母親に男児を児童養護施設に入れるよう提案したものの、拒否されていたことが分かりました。  2日、安来市のアパートで小学4年の増田陸君(10)と母親(44)が血を流して倒れているのが見つかり、陸君が死亡して母親が意識不明の重体です。児相によりますと、陸君は母親による虐待の疑いがあるとして、2カ月半にわたって一時保護されていました。解除の際、児相は母親が精神的に不安定でネグレクトもみられたため、陸君を児童養護施設に入れるよう提案しましたが、母親と陸君本人に拒否されていました。  関西大学・山縣文治教授:「2カ月で解決できないような状況が親子のなかに存在したはずだ。児童相談所としては(一時保護解除に)かなり不安を持っていたのではないか」
第8話 非社交的な社交性
内省的なボス 第8話 非社交的な社交性 児童養護施設“白い雲学園”の児童たちとマレーシアを旅行中のサイレントモンスターの社員たち。そこに空港で女の子が無くしてしまったぬいぐるみを捜していたファンギが遅れて来ただけでなく、別の急用で一行からは外れていたウイルまでも合流したのだが...。
第7話 脇役の品格
内省的なボス 第7話 脇役の品格 クリスマスに2人で児童養護施設へ慰問に訪れたロウンとファンギ。慰問のステージが終わったあとファンギは、自殺した秘書はいい人だったのだが褒めてあげられずに後悔していることを打ち明ける。一方のロウンも、姉が死に、それを追うようにして母親も病死したことを打ち明ける。
第56話
棚ぼたのあなた 第56話 グィナムと2人で児童養護施設に行ったユニは、訪問客に酷い態度をとられたジファンを見て真剣に養子縁組しようと決心する。そして、後輩たちを集め「これからは互いに助け合って子育てとキャリアを両立させていきましょう」と提案する。
第5話 裂目
東京喰種トーキョーグール√A 第5話 裂目 安久(ヤスヒサ)クロナとナシロ、そして鈴屋什造(スズヤ ジュウゾウ)は、かつては共にCCGの児童養護施設で暮らしていた。その後、嘉納(カノウ)教授の手で半喰種となったクロナとナシロ、CCGの二等捜査官となった什造は、コクリアで敵として対峙する。だが、什造の躊躇のない一方的な攻撃に、クロナとナシロは追い詰められて行き…。一方、自身の父「アラタ」をクインケとして装着した篠原と戦うアヤトもまた、苦戦を強いられていた。
第18話 あすなろ園
とある科学の超電磁砲 第18話 あすなろ園 寮則を破るたびに、寮監から厳しい罰則(体罰付き)を受けている美琴たち。いい加減、我慢の限界だという黒子は、腹いせとばかり、とある事件の調査に乗り出すことに。美琴を巻き込み、目指した先は第13学区の児童養護施設・あすなろ園。「置き去り(チャイルドエラー)」で学園都市に置き去りにされた身寄りのない子どもたちを集め、保護している施設だった。調査を進めようとするふたりだったが、偶然、ボランティア活動であすなろ園を訪れていた初春と佐天に巻き込まれて、子供たちの相手をすることに。そんな中、美琴は木山とのやり取りを思い出してしまい……。
第22話 レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの)
とある科学の超電磁砲 第22話 レベル6(神ならぬ身にて天上の意志に辿り着くもの) チャイルドエラーとして児童養護施設で育った春上。幼いころ、施設で仲の良かった少女――枝先との間でだけ、「念話能力(テレパス)」の強度が上がる特性を持っていたが、最近になって、別の施設に移されてしまったはずの彼女の声が聞こえるのだという。話を聞いた美琴は、「幻想御手(レベルアッパー)」事件についてテレスティーナに打ち明ける。暴走能力実験の被験者となった子供たちがポルターガイストの原因になっているのではという仮説をもとに、行き先を探る美琴たち。そこにテレスティーナから、木山が保釈されたという連絡が入り……。

おすすめの作品

“担任から虐待”放置 学校は「児童に問題」と説明
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 “担任から虐待”放置 学校は「児童に問題」と説明  千葉県内の小学校で男子児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えた問題で、当初、学校側が母親に対して「児童の発達が幼い」などと児童に問題があるとして長期間、本格的な調査を開始しなかったことが分かりました。  2017年、千葉県流山市の小学校で児童が担任の男性教師に水筒を壊されたり「首を絞められた」などと訴えましたが、学校側は1年半にわたって調査しませんでした。その間、学校は母親に児童に原因があると説明していました。  児童の母親:「(学校側から)『発達が幼い』と言われたり『息子に何か問題がある』と言われたりしました」  児童を診察した医師は、発達障害などは認められなかったとしています。  守谷こどものこころとからだのクリニック・永吉亮院長:「学校や家での様子から、多動の傾向があると診断しました。声を掛けるだけでも落ち着く子どもはたくさんいるので、(当該の児童について)大人側の対応の仕方を変えて下さいという話をしました」  医師によりますと、児童にはPTSD(心的外傷後ストレス障害)の症状が出ているということです。
小5男児同級生に20万円渡す いじめ“重大事態”
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小5男児同級生に20万円渡す いじめ“重大事態”  名古屋市の小学校の男子児童が同級生6人から現金を要求され、20万円ほどを支払っていたことが分かりました。教育委員会はいじめの「重大事態」と判断しました。  「いじめ」を受けていたのは名古屋市立の小学校に通う5年生の男子児童です。市教育委員会によりますと、男子児童は8月から10月にかけて同じクラスの男子児童6人から「お金を持ってこないと遊ばない」と現金を要求されました。男子児童は家の貯金箱から無断で現金を持ち出し、ゲームセンターなどで自分の分も含め10万円から20万円ほどを支払いました。男子児童の母親から学校へ相談があり、発覚しました。市教育委員会はいじめの「重大事態」と判断し、いじめ対策検討会議に報告するとしています。
担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 担任が児童の首絞めたか 学校側が訴えを1年半放置  千葉県内の小学校で児童が担任から「首を絞められた」などと被害を訴えたものの、学校が約1年半にわたって調査せず放置していたことが分かりました。児童の両親は、速やかに調査を始める態勢づくりを自治体側に求めています。  学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年生の男子児童が担任の男性教師に水筒を床にたたき付けられて壊されたり、「首を絞められた」と被害を訴えました。  被害を訴える男子児童:「先生は床に向かって水筒を持ってバーンと投げました。僕の首にこうやって絞めた。『やめて苦しい』って言ったら、先生は手を離してくれて『わざとじゃありません』『自分が悪いことするからでしょ』って」  学校などが児童の母親の求めに応じて調査を始めたのは被害が分かってから1年半後でした。担任は水筒を壊したことは認めましたが、首を絞めたかについては「肩を持ちながら話しただけ」と否定しています。  男子児童の母親:「(水筒は入学祝いに)祖父母からもらったすごく大切なものでした」「(Q.息子さんの様子は?)指先を血が出るくらいかんだりだとか、夜中、寝ている時に尋常じゃない声を出したり、すごく不安定な様子でした」  児童の両親は流山市に対し、教師の体罰について被害の相談があれば速やかに調査が始まる態勢づくりなどを求めています。
体育授業で小6男児が失明 園芸用の支柱を手に…
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 体育授業で小6男児が失明 園芸用の支柱を手に…  走り高跳び用の支柱の代わりに使っていた園芸用の支柱で失明しました。  神奈川県真鶴町の小学校で7日、体育の授業中に走り高跳びの支柱を持っていた6年の男子児童が左目にけがをしました。児童は救急搬送されましたが、左目を失明しました。真鶴町の教育委員会によりますと、支柱は長さ1.5メートル、直径1センチの園芸用の支柱で、教師が走り高跳びの支柱の代わりに用意したものでした。児童らは2本の支柱をゴムで結んで練習していて、片方を持っていた被害児童がけがをしたということです。この児童は13日に退院していて、すでに通学しています。
相談のふりで…元ボランティア男が男児にわいせつか
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 相談のふりで…元ボランティア男が男児にわいせつか  いじめの相談など、小学校でボランティア活動をしていた30歳の男が小学5年の男子児童にわいせつな行為をした疑いで逮捕されました。  細川将巧容疑者は先月1日から15日までの間、東京・町田市に住む小学5年の男子児童の下半身を無理やり触った疑いが持たれています。警視庁によりますと、細川容疑者は男子児童の通う小学校でいじめなどの相談を受ける支援ボランティアをしていました。細川容疑者は男子児童が家で1人になる放課後を狙って、相談を受けるふりをして自宅に上がり込んでいたということです。取り調べに対して、細川容疑者は「事実無根です」「自分から積極的に触れたことはない」と容疑を否認しています。
小4男児死亡 1週間前に児相から母親の元に帰る
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 小4男児死亡 1週間前に児相から母親の元に帰る  島根県で小学4年の男の子が自宅アパートで死亡した事件で、児童相談所が虐待の疑いで保護していた男の子を先週、母親の元に帰していたことが分かりました。  2日正午ごろ、島根県安来市のアパートで、小学4年の増田陸君(10)と母親(44)が血を流して倒れているのが見つかりました。陸君は死亡し、母親は意識不明の重体です。児童相談所によりますと、9月に市から「母親による身体的虐待やネグレクトの疑いがある」と通告があり、陸君を2カ月半にわたって保護していました。その後、児童相談所は、母親が精神的に安定したと判断して先月25日に陸君を母親の元に帰しました。  中央児童相談所・太田均所長:「保護を解除するにあたっては、医療機関の意見を聞きながらやった。判断は適切だったと考えている」  父親は長期間入院していて、陸君は母親と2人で暮らしていたということです。
野田市児童虐待死 児相の判断は「不適切」県が指摘
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 野田市児童虐待死 児相の判断は「不適切」県が指摘  「性的虐待があったのに一時保護を解除したのは不適切」と指摘しました。  千葉県野田市で当時10歳の女の子が児童相談所に一時保護されながら解除されて自宅に戻った後、父親の栗原勇一郎被告(41)から虐待されて死亡した事件で、千葉県が検証報告書をまとめました。報告書によりますと、一時保護していた柏児童相談所は女の子本人が嫌がっているのに栗原被告と面会させたり、性的な虐待を受けている事実を把握していたにもかかわらず、保護を解除したりしていました。報告書では、この判断を「不適切だった」と厳しく批判しています。
教師に「首絞められた」 男児訴えも調査は1年半後
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 教師に「首絞められた」 男児訴えも調査は1年半後  男子児童は教師から「首を絞められた」などと被害を訴えていました。  被害を訴える男子児童:「僕の首をこうやってきて、(先生は)『自分が悪いことするからでしょ』って言った」  学校の事故報告書などによりますと、2017年、千葉県流山市の小学校で1年の男子児童が担任の男性教師に首を絞められたなどと被害を訴えました。母親の求めに応じて被害の調査が始まったのは1年半後でした。教師は首を絞めたことについては否定しています。学校は事故報告書でこの教師には他にも問題行為があったとして、原因は「人権意識の欠如」と結論付けました。
同級生に20万円渡す「いじめ」問題で保護者説明会
無料
最新の社会ニュース【随時更新】 同級生に20万円渡す「いじめ」問題で保護者説明会  名古屋市の小学校で男子児童が同級生からの要求で現金20万円ほどを払う「いじめ」があった問題で5日夜、学校で保護者説明会が開かれました。  男子児童が通う小学校で5日夜に開かれた保護者説明会では、学校側が今回の問題の経緯を報告して謝罪しました。保護者からは「学校の外でどう子どもを見守ることができるか」などの質問が出ました。  保護者:「もうちょっと早く動けたんじゃないかなと。子どもたちの話を聞いたりすることができたのではないかなと」「説明に大体、納得はしたが、早く解決してほしい。当事者同士がちゃんと」  市の教育委員会によりますと、男子児童が自宅から持ち出した現金合わせて20万円ほどのうち一部を同級生に直接、手渡ししていたということです。
第17回 呪いの始まり
奇皇后 第17回 呪いの始まり タファンはついにヨンチョルと戦うことを密かに決意する。一方、ヨンチョルの罪を告発する怪文書騒ぎを受け、皇太后はヨンチョルへの反撃にふさわしい時機の到来だと動き出す。ヨンチョルは、怪文書の手がかりも血書も見つからぬことに怒りを募らせ、見せしめとして捕えた妖術師たちを処刑する。それを知ったワン・ユは、次の作戦として今度は「皇帝の呪いが始まる」という怪文書を都中に張り出した。